ローディング中

Loading...

春から夏にかけて旬を迎える新じゃが。ほくほくとした食感が人気ですが、新じゃがは皮まで食べる?皮をむいて食べる?どちらもおいしくいただけますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、そんな新じゃがと皮の関係についてご紹介します。

旬の新じゃが、皮まで食べる?

春から初夏にかけて旬を迎える新じゃが。新玉ねぎや春キャベツ、菜の花などとともに、新じゃがを見かけると春の訪れを実感するという方も多いのではないでしょうか。

新じゃがの皮はとても薄く、皮まで食べられるものが多いのが特徴です。そんな新じゃがですが、皆さんは新じゃがの皮はむきますか?むきませんか?

今回は、まもなく旬を迎える新じゃがのおいしい食べ方についてご紹介します。

新じゃがと普通のじゃがいもの違いは?

そもそも、新じゃがと普通のじゃがいもって何が違うの?と、二つの違いが分からない方もいらっしゃるでしょう。

新じゃがとは、春先(2月頃)から初夏(6月頃)に収穫されるじゃがいものことをさします。一方、普通のじゃがいもは、冬から春先にかけて植えられたものを秋に収穫し出荷されるじゃがいもをさします。つまり、新じゃがと普通のじゃがいもの違いは収穫時期の差だったのですね。

新じゃがの旬

先述の通り、新じゃがは「冬に植えたもの」を春先に収穫し、貯蔵されずにそのまま出荷されるじゃがいものことをいいます。

2月から6月に収穫され出荷された新じゃがは、鹿児島など九州の暖かい地域で収穫されたものが多くなっています。5月から8月に収穫され出荷された新じゃがは千葉などの関東で収穫されたもの、7月から8月頃に収穫され出荷されたものは北海道産とどんどん北上していきます。

地域によって収穫時期が異なりますが、生産の8割は北海道なので、春先の九州で収穫された新じゃがは貴重品と言えますね。

新じゃがの食べ方

新じゃがの特徴は「皮が薄いので皮まで食べられる」という点です。また、貯蔵されていないためやわらかくホクホク感が強いのも良いですね。

きれいに泥を洗って、そのままゆでてお塩をふりかけたり、じゃがバターなどでもおいしくいただけますね。まるごとカリッと揚げてもおいしいですよ。

皮のむき方

どうしても皮は食べたくない!そんなときもあるでしょう。

新じゃがの皮はとても薄いため、手で皮をむくこともできます。いったんゆでて皮をやわらかくしてから、丁寧にキッチンペーパーで包んでやさしく拭くようにすると、するっと皮がむけてきます。

ゆでる前に皮をむきたい時は、なるべく薄く包丁やピーラーなどでむきましょう。じゃがいもも果物と同様、皮の近くに栄養素が多く含まれているため、新じゃがの場合はできるだけ皮ごといただくことをおすすめします。

新じゃがを皮ごと食べられるレシピ

それでは、新じゃがを皮ごと食べられるおすすめのレシピをいくつかご紹介します。食べられる期間が限られている新じゃが。こちらのレシピを参考に、旬の旨みを存分に味わいましょう。

新ジャガと鶏手羽の煮物

ポイントはスナップえんどうです。緑の彩りがとてもきれいですね。新じゃがと一緒にゆでてしまっても大丈夫ですよ。

新じゃがを皮ごと洗い、大きめのひとくち大の大きさにカットし、水にさらしておきます。手羽元をフライパンでしっかりと焼き、新じゃがを加えて炒めましょう。水と調味料を入れて中火で煮込み、スナップえんどうを添えて盛りつければ完成です。目で見て、食べて春の訪れを楽しめる一品ですね。

甘辛味の素揚げ

揚げ油はあらかじめ熱しておきます。新じゃがを皮ごと洗い、耐熱皿に入れてレンジで熱を通しましょう。取り出して水気を切り、油で素揚げして油をよく切ります。鍋に水と調味料を入れ、強めの弱火で新じゃがをからめ、盛りつけたら完成です。

新じゃがのガーリックフライ

おかずとしてはもちろん、お酒のおともとしてもおすすめのガーリックフライです。

すりおろしニンニクをボウルに入れておきます。新じゃがを皮ごと洗い、食べやすい大きさにカットしたら、油を注ぎ入れ、弱火の中火にかけます。キツネ色になったら取り出し、熱いうちにボウルに入れて調味料で味つけをします。ドライパセリをふりかけたら完成です。

新ジャガイモのカラフルサラダ

目でも楽しめる彩り豊かなサラダです。

鍋に新ジャガイモ、卵、水を入れて火にかけ、煮たったら火を弱めます。そのまま10分ほどゆで、卵を取り出して水につけます。新じゃがは茹ったらザルに上げておきます。新じゃがはたべやすい大きさにカットし、ゆで卵はざく切りにしてドレッシングにサヤインゲンを入れて混ぜ、最後にプチトマトとゆで卵と一緒に盛りつけたら完成です。

新じゃがのオーブン焼き

新じゃがは皮をきれいに洗って十字の切れ目を入れ、サラダ油を塗ります。天板に並べてアルミホイルをかぶせてオーブンで焼いたらいったん取り出し、味噌とマヨネーズのソースをかけ、アルミホイルなしでまた焼きます。ネギやパセリをふりかけたら完成です。

新じゃがの明太マヨ炒め

じゃがいもと明太マヨの相性は抜群!新じゃがはよく洗って皮つきのまま輪切りにして水にさらしておきます。明太子は皮をとっておきましょう。

切った新じゃがをフライパンで色がよくなるまで焼きます。ニンニクを加えて炒め、さらに明太子とマヨネーズを加えて炒めたらできあがり。海苔を乗せていただきます。

芽や緑化したものは注意!

皮まで食べられる新じゃがですが、芽が出ている場合はしっかりと取り除きましょう

じゃがいもの芽には毒があると言われています。その毒とは「ソラニン」や「チャコニン」と呼ばれる神経毒の一種で、「サリン」と似た作用をもち、神経に影響を及ぼします。食べてしまったときの症状としては、吐き気、下痢、嘔吐、腹痛、頭痛、めまいなどが出ることがありますので、特にお子様は十分注意をしましょう。

また、緑化した新じゃがは、「クロロフィル」という成分が作られた証拠であり、芽に含まれている「ソラニン」や「チャコニン」が増加しているサインでもあるので、そのような新じゃがは食べないほうがよいでしょう。

新じゃがは皮ごと食べるのが正解!

新じゃがは皮ごと全部食べられる手間いらずの食材です。特に、皮の近くに栄養成分が多く含まれているので、皮は剥かずに食べた方が栄養素も多く摂り入れることができますよ。

よく屋台で売られている「じゃがバター」などは皮ごと焼いた新じゃがにバターが乗っていて、とてもコクがありますよね。お子様たちにも大人気のメニューです。

ただ、新じゃがならばなんでも皮ごと食べてもよいというわけではないので、新じゃがは必ず常温の涼しいところで保存しておいてくださいね。日の光を浴びると発芽したり毒性物質が発生して緑化してしまったりするので、そういった点に注意して、新じゃがをおいしくいただきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さつまいも レシピ まとめ

秋が旬の甘いさつまいも。美容と栄養満点のさつまいもをまるごと美味しくいただくには、なんと言ってもお味噌汁が一番! 定番から新しい組み合わせの簡単レシピ20品をご紹介します。ほっこり美味しいさつまいもの新しい組…

ブロッコリー レシピ サラダ まとめ

エビとブロッコリーを使った、おすすめのレシピを20選してご紹介します。定番のパスタから炒めもの、サラダまで大きく4つに分け、各5レシピずつをピックアップしました。エビ×ブロッコリーを使った料理のレパートリーを…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

ハヤシライス レシピ

マイルドでコク深い「ハヤシライス」は、子どもから大人まで大人気の料理!今回は、市販のルーを使わずにトマト缶で作る、本格ハヤシライスのレシピをご紹介します。余った次の日は、ドリアやグラタン、コロッケにリメイクで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ハワイアン まとめ 鶏肉

パンケーキの影響もあり同じハワイ料理として注目されつつある「モチコチキン」の(レシピ)をご紹介します。いわばハワイのから揚げなのですが、醤油や生姜、ニンニクなどに漬け込んだ鶏肉にもち米から作ったモチコをまぶし…

スイーツ 和菓子 レシピ まとめ

そろそろお彼岸の時期がやってきますね♫お彼岸といえば「ぼた餅」!でも、ぼた餅やおはぎって作るのに手間がかかって大変そうなイメージ…。今回は、そんなイメージを覆すくらい、簡単で美味しいぼた餅・おはぎのアイデアレ…

まとめ レシピ サラダ

今、人参やキュウリをうすーくながーくスライスした「リボンサラダ」が注目を浴びています。基本的にピーラーで剥けばいいだけなのでとっても簡単、そして見た目は普通のサラダよりもおしゃれ♪と一石二鳥なリボンサラダのレ…

レシピ まとめ カフェ

syunkonでおなじみの人気料理ブロガー、山本ゆりさんをご存知ですか?彼女のレシピは多くの人から支持され、ブログも本になって200万部突破の大ヒットを記録するほど。そんな山本さんのカフェ風ごはんからおすすめ…

サラダ おつまみ レシピ まとめ

お酒もできればヘルシーに楽しみたい!それにはおつまみ選びも大きなポイント。そこで今回はおつまみサラダのレシピをご紹介。お肉やチーズなど脂っこいものにかたよりがちですが、サラダなら安心ですよね。ぜひご家庭にある…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ にんにく 夏野菜

暑くてジメジメする季節は、爽やかなしそでリフレッシュしませんか?たっぷりのしそを使って、お酒に合うナムルに仕上げました。ちょっとにんにくを効かせて、ビールに合う味に。野菜をおいしく摂れるおつまみです。

ラーメン レシピ

「カルボナーララーメン」って知っていますか?インスタントラーメンをベースに作る料理で、簡単でおいしい!と大評判♩そこで今回は、初めてでも作れる基本のレシピや、ワンランク上のアレンジレシピ、東京や大阪で食べられ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る