ローディング中

Loading...

「薄力粉がない!」料理をはじめた後、台所でそのようなことはありませんか?そんな時に、薄力粉の代用として活躍してくれる身近なものをご紹介します。台所から離れない状況でも、代用品を知ればわざわざ買いに行く必要はありません!

薄力粉がない!どうしよう!

料理で使う粉には、主に「薄力粉」「中力粉」「強力粉」などがあります。このうち、最もよく使われるのが薄力粉ではないでしょうか。日々のおかずからお菓子作りまで、幅広く活用される薄力粉。

そんな薄力粉ですが、気が付いた時には切らしていたといった経験はありませんか。片栗粉や強力粉など他の粉で代用することはできるのでしょうか。今回は、それぞれの粉がもつ特徴と代用する際に向いている料理、おすすめレシピなどについてご紹介します。

小麦粉で代用できる?

小麦粉の特徴

小麦粉は、でんぷん、たんぱく質などの成分を含んでいます。なかでもグルテンというたんぱく質は、小麦独自のものです。小麦粉に水を加えてこねると粘りと弾力性が出てきますよね。これはグルテンのためなのです。

ちなみにグルテンの量が多く、質の強いものから順に強力粉、中力粉、薄力粉となっています。パンや麺などのいろいろな食品がグルテンの性質を利用してつくられています。

下記に分かりやすく小麦粉の種類の違いについてまとめてみました。

・薄力粉(はくりきこ)
タンパク質の割合が8.5%以下のものでケーキなどの菓子類・天ぷらに使われます。

・中力粉(ちゅうりきこ)
タンパク質の割合が9%前後のものでうどんによく使われるほか、お好み焼き、たこ焼きなどに用います。

・強力粉(きょうりきこ)
タンパク質の割合が12%以上のものでパン・中華麺・学校給食で出てくるソフト麺等に使われます。

上記から分かるように、性質によって料理に向き不向きがあるようですね。また、適したタイプを選ぶことによってよりよい効果が得られそうです。

強力粉で代用したい!

強力粉の特徴

強力粉(きょうりきこ)はタンパク質の割合が12%以上のもので、パンや中華麺などに使われる場合が多くあります。ではどのような料理に使えば、風味や食感を損なうことなく代用ができるのでしょうか。

代用する場合

例えば、歯ごたえのある香ばしいクッキーを作る場合や、天ぷらをモチっとした衣にしたい、シュー生地をカリっとザクザクした食感にしたい。

こういった時に強力粉を代用することをおすすめします。いつもの食感ではなく、よりサクサクもしくはもちっとさせたい時に強力粉を使えば素材のおいしさが引き立ちますよ。
▼泡立て器がないときにケーキを作るには?

片栗粉で代用したい!

片栗粉の特徴

小麦粉は、精白した小麦を挽いた粉になります。一方、片栗粉はジャガイモのデンプンです。見た目も小麦粉の方はサラサラしており、片栗粉の方がつやっぽいのが特徴です。

代用する場合

小麦粉に含まれるグルテンはやわらかい食感を作ります。一方、グルテンの含まれない片栗粉はカリッとした食感を作ります。代用する場合は、天ぷらやフライの衣がおすすめです。

片栗粉は水に溶けにくいという性質があるため、片栗粉に吸水させないと材料から衣がはがれやすくなってしまいます。

片栗粉の方がサクサク感がより強く、小麦粉の方がしっとり感が強いということになります。完全に入れ替えて代用すればそれぞれの食感が楽しめますし、小麦粉と片栗粉をブレンドすることで、このサクサク感とモチモチ感、一緒に楽しむことができるのです。

唐揚げの場合、片栗粉を使用すればなかは柔かく外はカリッとジューシーな唐揚げに仕上がります。ただし、片栗粉は焦げがつきにくいため、焼き加減は上手に調節してくださいね。

天ぷら粉で代用したい!

天ぷら粉の特徴

メーカーによって成分は異なりますが、基本的に天ぷら粉に含まれるものは小麦粉とデンプン、卵、ベーキングパウダーです。天ぷら粉の特徴としては、衣をサクサク、軽やかに仕上げてくれます。

それほど頻繁に使うものではないため、天ぷら用としてだけ天ぷら粉を使っているとなかなか減らず、気が付いたら賞味期限が過ぎていたということもあるでしょう。そういった場合は、小麦粉の代用品として様々なものに使用してみましょう。

代用する場合

他の粉類と違い、天ぷら粉には卵が入っているため、揚げ物に適しており、バッター液の役割をしてくれます。

唐揚げや竜田揚げを作るのであれば自分で衣を作る手間が省け、サクッと美味しく仕上がるため、おすすめです。

これは余談になりますが、例えばお菓子や料理をしようと思って小麦粉がない場合も、天ぷら粉は万能なのです!

天ぷら粉にはベーキングパウダーや卵が入っていることからクッキーはサクサク、パウンドケーキはしっとりフワフワに。また、お好み焼きはモチモチとした食感に仕上がります。あまり登場する機会がないと思っていた天ぷら粉がこれほど万能とは驚きですね。

米粉で代用したい!

米粉の特徴

米粉とは、お米ともち米を細かく砕き粉上にしたもののことを言います。このほか、米を粉末状にした上新粉や白玉粉などもあります。パンやケーキを作る際に使われる米粉は上新粉や白玉よりももっと細かくしたものを使うことが多いようです。

米粉と小麦粉の違いですが、二つを比較すると米粉の方がやや低カロリーで良質なアミノ酸がバランス良く含まれています。また、米粉には小麦粉には含まれているグルテンが含まれません

一見高カロリーなイメージがありますが、実は小麦よりも低カロリーのため、ダイエット食品にも用いられています。米粉を使った麺「フォー」などは、日本でもすっかりおなじみになっていますよね。腹持ちがよく、空腹感によるイライラを妨げるので大変注目されています。

代用する場合

米粉はパンやパンケーキの原料として使用されることが多くなってきました。スイーツのお店でも「米粉使用」のパンケーキやスコーンといった商品が増え、ヘルシーな印象を持ちますよね。

また、グルテンアレルギーがある方にとっても小麦粉が米粉で代用できることはとても嬉しいことですね。何と言ってもデンプンによるあのモチモチ感がやみつきになり、多くの人を魅了するのでしょう。

米粉の栄養価については白米とほぼ同じですが、お菓子などに同じように使える薄力粉と比較するとどうなのでしょうか。

カロリーはほぼ同じですが、一番違いを感じるのは、グルテンの有無です。薄力粉は小麦粉としては少なめなもののグルテンを含んでいるため、米粉よりもたんぱく質の量がはっきりと多くなっています。また脂質も少し多くなっています。しかし、小麦よりも米粉の方がアミノ酸スコアが高いのも特徴です。

でんぷんは冷めると固くなりますが、砂糖や油脂を加えることによってもちもち感をキープすることができます。米粉には生地にコシを与える役割を持つタンパク質のひとつのグルテンが含まれていないので、小麦粉のように振るう必要はありませんし、水に溶かしてもダマになりづらいです。

また泡立て器やヘラなどで混ぜすぎても固くなることもないので、とても扱いやすい粉といえます。

米粉でクッキーを焼くとグルテンがない分サクサクとした食感になり、天ぷらに使うとヘルシーになったりと活用の範囲も広い便利な粉です。

ただし、小麦粉と同じ感覚で使うと、衣が硬くなってしまうため、使う量には注意しましょう。米粉によって違いますが、小麦粉よりもちょっと少なめがおすすめです。
▼おかし作りの定番、ショートニングの代用は?

代用でトライ!アレンジレシピ

それでは、代用粉で作れるおすすめアレンジレシピをご紹介します。どれも簡単に作れるものばかりですよ。

天ぷら粉で作るクッキー

柔らかくしたバターに砂糖、卵黄、アーモンドプードルを加え、天ぷら粉を加えたら切るように混ぜ合わせていきます。ひとまとまりになったら冷蔵庫で寝かせ、薄くのばして型をぬき、オーブンで焼けば完成です!サクサクとした香ばしい食感が楽しめます。

米粉で作るマフィン

ボウルにバター、砂糖、サラダ油、卵をを入れ、分離しないように混ぜます。粉類はふるい入れ、牛乳と交互に混ぜ入れ生地→カスタード→生地を入れてオーブンで焼けば完成です!

米粉を使うことでもちもちとした食感に仕上がります。ほろ苦いココアとカスタードクリームが絶妙にマッチ!

片栗粉で鶏むね肉のフリット

鶏むね肉は一口大にカットし、下味をつけて冷蔵庫で寝かせておきます。卵白は片栗粉と混ぜて泡立て、卵黄はマヨネーズとケチャップと合わせてソースにします。鶏肉を卵白で包むようにし、焦げ目がつくまで揚げればできあがり!

ふんわりと軽やかな口当たりのフリットはいくらでも食べられてしまいます。冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

強力粉で作るパンケーキ

強力粉、グラニュー糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、牛乳、卵、マヨネーズを合わせたものを加えます。中火に熱したフライパンで焼き、中まで火が通ったらできあがり!ふわふわしっとりとした食感に仕上がります。

薄力粉の個性を理解して上手に代用!

今回は、あまり気にとめることのなかったかもしれない小麦粉の特徴や代用についてお話ししました。それぞれの特徴を知れば、もっとおいしい料理になってくるかもしれませんね。

最後に小麦粉の保存の注意点についてですが、小麦粉はニオイを吸着しやすい性質をもっているので、ニオイの強いものの近くに置かないようにしましょう。また、湿気を含みやすいため保存するときは、涼しい、乾燥した場所を選んでください。穀物を好む虫が外部から侵入する可能性もありますので、きちんと密封して保存しましょう。

冷蔵庫での保管は、結露による固まりやカビの発生、冷蔵庫内のにおいがうつってしまうことがありますので、おすすめではありません。薄力粉・中力粉は約1年以内、強力粉は約6カ月以内に使い切りましょう。開封後はできるだけ早く使い切るようにしてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

京都 カフェ

京都にある八坂の塔、そこにたたずむ町屋風カフェはキーコーヒーが提案するセルフカフェ「キーズカフェ」。そのなかでインスタ女子にも人気なのが、京都のシンボルである八坂の塔が描かれたアイスやラテ。今回はそんな八坂の…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

スタバ好きに朗報♩なんと……!スターバックスでは今、ラテのおかわりキャンペーン「Rediscover Your Latte」を開催中なんです。8月31日までの限定イベントなのでまだ利用していない人は急いで!気…

レシピ まとめ

鮭でいただくムニエルはおいしいですよね♩カリッとジューシーな仕上がりにリピートする人も多いはず。ですが、ソースの種類がマンネリになってしまう危険も!今回は基本のムニエルレシピから、ソースのアレンジに注目したレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

普通のたまねぎよりも甘みがあって柔らかい新たまねぎを使ったレシピを紹介します。新たまねぎは生で食べても加熱しても美味しいので、ぜひこちらのレシピをお試しくださいませ♡

レシピ まとめ 卵かけごはん

ひと昔前「TKG(卵かけご飯)」という言葉がはやり、TKG専用のお醤油が販売されるなど大ブームになりました。しかし、卵かけご飯はブームなんて関係ないのです。日本人に永遠に愛される定番メニューですから。今回はお…

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

お弁当 レシピ まとめ

お弁当ってメインのおかずを詰めていっても結構すきまがあいちゃうことないですか?ぎっしり詰めないとお弁当が寄ってしまってちょっと残念なことになっちゃいますね^^;そんなときにうまくすきまを埋められるおかずのレシ…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

コロッケ レシピ

揚げないコロッケとして人気になったスプーンですくって食べる「スコップコロッケ」。一般的には耐熱のお皿にグラタンのような形でオーブンで焼いて仕上げるのですが、これをもっと簡単にフライパンで作ってみませんか?

レシピ ケーキ ヴィーガン まとめ

ホームメイドのケーキで、卵を使わずに焼ける簡単でおいしいレシピをご紹介します。卵アレルギーの方でもこれなら安心していろいろな種類のケーキが楽しめます。牛乳やバターを植物性のものに変えるとヴィーガン向けにもなり…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る