ローディング中

Loading...

和菓子には欠かせないあんこ。つぶあん、こしあんで好みがわかれますよね。ところで小倉あんはつぶあんだと思いますか?こしあんだと思いますか?小倉あんの小倉とは、つぶあんとこしあんとは違うものなのかなど、小倉あんの正体をさぐります!

小倉あんは普通のあんこじゃないの?

あんこといえば、まず思い浮かべるのが「つぶあん」と「こしあん」ではないでしょうか。このふたつの違いは、文字を見たとおり、粒のあんか、こしたなめらかなあんかで予想がつきますよね。しかし、もうひとつよく見かける「小倉あん」、こちらも同じあんこですが、これはつぶあんなのでしょうか?それともこしあん?

つぶあんとこしあんの違いは知っていても、小倉あんがどのようなあんこなのか、みなさんは説明できますか?一般的なあんこと小倉あんとでは何が違うのか?そもそも「小倉」にはどのような意味があるのか調べてみました!

それぞれのあんこ

小豆と砂糖を原材料に作られるあんこにはいくつかの種類があります。耳にするのが多いのは、つぶあんとこしあん、つぶしあん、そして小倉あんの4つでしょう。耳にして聞いたことはあっても、それぞれの特徴はとらえにくいところもありますよね。まずは、小倉あん以外のあんこについて説明していきます。

つぶあんとは

小豆の粒をつぶさないように炊き上げたものをつぶあんと呼びます。見た目にもつぶつぶとしたあんこで、小豆の食感を残したあんこです。

あんこを使った食べ物は、つぶあんか、こしあんかで好みの分かれる代表的なものですよね。好みは分かれますが、つぶあんは、関東よりも関西方面で好まれることが多いようです。

こしあんとは

小豆の粒を裏ごしして外皮を取り除き、砂糖を混ぜて滑らかに練り上げたものをこしあんと呼びます。ようかんや薄皮まんじゅうなどにはこしあんが使われていることが多いですよね。

つぶしあんとは

つぶしあんは、あまり聞きなれない方もいるかもしれませんが、小豆を煮たものをすり潰して砂糖を混ぜ、練り上げたものをつぶしあんと呼びます。

こちらも和菓子によく使われています。食感はこしあんに近いのですが、皮が残る程度につぶすのが特徴です。つぶあんとこしあんの中間のようなあんこです。

で、小倉あんとは?

さて問題の小倉あんですが、小倉あんは、こしあんに蜜で煮た大納言小豆などの大粒の小豆を粒状のまま混ぜたあんこを小倉あんと呼びます。他のあんことはひと手間違うんですね。ただし、単純につぶあんとこしあんを混ぜ合わせたものを小倉あんと呼んでいる場合もあるようです。

小倉あんというと、名古屋名物の小倉トーストが有名ですね。

小倉あんの「小倉」ってなに?

つぶあん、こしあん、つぶしあんは製造方法が名前の由来になっていることが分かりました。ですが、小倉あんの「小倉」にはどのような意味があるのでしょうか?

この「小倉」には、百人一首でも有名な京都の北西部にある「小倉山」に由来があります。小倉あんに使われている大納言小豆は、この小倉山周辺を産地とするものが最も良質と言われていました。

そもそもの始まりは、西暦809年頃に空海が中国から持ち帰った小豆の種を、小倉山近辺で栽培し、和三郎という菓子職人が砂糖を混ぜて練り上げ、あんことして御所に献上したのが発祥だと言われています。

その後、小豆の生産地が移ったり品種改良が進んだりしたことから、本来の「小倉大納言小豆」は減少していきましたが、近年になって再び小倉山周辺でも栽培されるようになったそう。江戸時代では茶道のお菓子として使われていたようですが、江戸周辺ではこの大納言が生産されていなかったため、とても貴重なものだったようですよ。
▼東京の必見どら焼き情報

大納言と小豆の違いはちょっと切ない

小豆の中でも特に大粒の品種を「大納言」と呼びます。選別の際に5.8mmのふるいかかるものが大納言とされています。

その名前の由来は、煮たときに皮が破れにい特徴を持ち、「腹切れ」を起こしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位の「大納言」の呼び名が付けられたと言われています。普通の小豆と大納言の大きいな違いは「大きさ」に加え、皮の破れにくさもあるんですね。

とっておきの簡単小倉あんレシピ

こしあんやつぶあん、また他のあんこと小倉あんの違いや由来、発祥についてご紹介してきました。由来や歴史が分かったところで、おいしい食べ方についても気になりませんか?つづいて小倉あんをたっぷり使って、簡単に作れるおやつレシピをご紹介。

1. カステラアイス

抹茶カステラと生クリームを容器にいれて、冷凍庫で冷やし固めるだけの簡単レシピ!ひんやりした抹茶味のカステラが生クリームをいっぱいに吸い込んでいます。

あっという間にカフェで食べるような本格スイーツに変身します。仕上げに抹茶と相性バツグンの小倉あんをお好みの量を添えていただきます。

2. お麩で小倉フレンチトースト

小倉あんの甘さとバターの塩気が絶妙にマッチする、和風フレンチトースト。お麩で作ると、食パンよりも低カロリーでヘルシーなのが嬉しいですね。通常のフレンチトーストと同じ作り方で、卵と牛乳をたっぷりと染み込ませ焦げ目がつくまで焼きましょう。

仕上げに生クリームと小倉あんを好きなだけ添えてでき上がりです!アイスクリームを加えればさらに豪華。

3. 白玉入りあんこパイ

春巻きの皮をパイ生地のように使い、中にホクホクの小倉あんと白玉を入れた贅沢スイーツ!春巻きの皮を広げ、白玉と小倉あんをのせたら破れないように包みます。あんを入れすぎると、揚げた時に破裂してしまいやすいので注意してくださいね。包み終わったあんこ入りの春巻きを、きつね色になるまで揚げれば完成です。
▼ご自宅で作れるどら焼きれしぴはこちら

あんことはひと味違う「小倉あん」

いかがでしたか?一見、つぶあんのように見えていた小倉あんが、ただのつぶあんとは違うことがわかりましたよね?丹波や小倉山の大納言を使っている小倉あんは、ちょっと高級な小倉あん。

小倉あんを使った和菓子や菓子パンなどについて、今度食べるときには、他のあんことの違いを意識して食べるとたのしいかもしれませんね。よかったら、いろいろなあんこと食べ比べてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

銀座 北海道 スイーツ パン

銀座三越で「北海道展」が初開催されます。北海道ならではのスイーツや、素材にこだわる専門店など全39ブランドの美味が勢揃い!今だけ、ここだけの期間限定カフェや北海道のビストロを楽しめるフードコートも登場するので…

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

ハロウィン スイーツ

パティスリー キハチで、ハロウィン向けのスイーツ、焼菓子が順次発売されます。スイーツは、ジャック・オ・ランタンを飾った期間限定ハロウィンバージョンの5種が登場!焼菓子は、ハロウィン限定のパッケージでギフトやパ…

吉祥寺 パンケーキ スイーツ 東京

「住みたい街」の代名詞ともいわれている吉祥寺。そのなかで、ひと口食べると幸せな気持ちになれる「幸せのパンケーキ」が大人気なんです。アクセスや待ち時間、店舗限定メニューまで、幸せのパンケーキを120%楽しめるよ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

おにぎり まとめ

常に進化し続けているコンビニおにぎり。様々な種類がありますが、今注目のコンビニおにぎり35品を編集部で全て実食してみました!ツナマヨ、明太子などの人気具材を、セブン、ローソン、ファミマの3社を徹底比較したラン…

スイーツ お土産

本日ご紹介するのは、愛媛の伝統的な和菓子「一六タルト」。四国では知らない人がいないと言われるほど人気の郷土菓子で、キメが細かくふわふわなスポンジの中には、柚子の風味がする餡がたっぷりと入っています。四国のおみ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る