ローディング中

Loading...

カレーは作りたてで食べるより、時間が経過したものを食べるほうがコクがあって美味しいですね。短時間でカレーにコクを加えるためには、どのような隠し味が良いのでしょうか?手軽に準備ができる隠し味をご紹介します。

簡単にカレーにコクを出す方法

カレーにコクを出すためには、翌日まで待たなくては……と思っている方もいるようです。しかし、カレーにコクを出すのであれば、身近な調味料などを使うことでプロ並みの仕上がりになるのです。

どのような調味料を使うかでカレーのテイストにも変化があるため、お好みのアレンジを考えていきましょう。一つの隠し味だけではなく複数の隠し味を加えても、おいしいカレーが出来上がりますよ。

激ウマカレーに変身させる調味料

いつも作っているカレーをプロ並みの激ウマカレーに変身させるためには、以下でご紹介する調味料や材料を使ってみてください。それぞれの特徴や量などについても詳しくご紹介していきます。

インスタントコーヒー

ドリップしたコーヒーよりも、インスタントコーヒーが使いやすくておすすめです。コーヒーをカレーに加えることで、たちまちコクが出てきます。なおかつコーヒーのほろ苦さが加わるため大人好みのカレーになりますよ。加える量は小鍋に対しティースプーンで半分から一杯程度がベストでしょう。

オイスターソース

オイスターソースは中華料理に使用するイメージが強いのですが、実はカレーの隠し味にぴったりなのです。ウスターソースをカレーに加えるというご家庭もあるようですが、ウスターソースはフルーティな仕上がりになりますよね。一方、オイスターソースはシーフードの風味が高いカレーを作ることができるのです。

そのため具材も新鮮なシーフードを加えると、プロ並みの仕上がりになりますよ。オイスターソースを隠し味に加える際には、お鍋に対し小さじ一杯程度で十分です。

チョコレート

チョコレートはミルクチョコレートよりビターチョコレートが向いています。ビターチョコレートには元々深いコクがあり、カレーに加えることで瞬時にコクを出してくれるのです。

ただしチョコレートを入れすぎてしまうとカレーの風味が損なわれてしまうため、板チョコレートであれば「ひとかけら」から「ふたかけら」程度を加えてみましょう。

ココア

ココアはカレーの辛味をまろやかにするといった特徴とともに、コクもプラスする隠し味になります。強い甘みのないココアパウダーを加える際にはお鍋一つに対し、大さじ一杯程度を加えればとてもおいしくなりますよ。甘みのあるココアパウダーを加える際には小さじ一杯程度から様子を見ましょう。

砂糖

お砂糖を加えることでカレーが甘くなってしまうと懸念する方もいるようですが、少量のお砂糖はカレーにコクを与えてくれるのです。一般的な上白糖ではなく黒糖などを加えることで、使用する砂糖の量も少なくなり深いコクを出すことができますよ。

はちみつ

カレーの隠し味としても定番のはちみつ。はちみつでコクが出るだけではなく、カレーにツヤが出て見た目にもおいしそうになります。

無塩バター

無塩バターは多くの料理にコクをプラスするため、活用される食材です。 カレーに加える際には無塩バターを10g程度加えましょう。また、食べる前に電子レンジで溶かした無塩バターをお好みでカレーにかけるといった方法もおすすめです。

ジャム類

イチゴジャムをはじめとして、その他にもママレードジャムなどをカレーに加えるのもおいしい隠し味としてぴったりです。コクだけではなく、それぞれのジャムが持つテイストがそのままカレーに移りますので、フルーティで高級感のあるカレーに仕上げることができます。

使用する食材にお野菜などがあれば、こうしたお野菜の甘みもしっかり感じることができるでしょう。

にんにく

にんにくは具材を炒める段階から使用することによってカレーの風味がアップし、さらにコクもプラスされることになります。使い過ぎてしまうとニンニクが強すぎるので、お鍋一つに対し小さじ半分から3分の2程度がベストです。刻んだニンニクよりもすりおろしたニンニクの方が風味は強くなります。

複数のルウを使用するのもおすすめ

市販されているカレーのルウを使って自宅でカレーを作る場合には、一つのカレールウのみを使うというご家庭がほとんどです。しかし複数のカレールウで作った方が、コクも深くおいしいカレーができるのです。

カレールウは銘柄によりそれぞれで使用するスパイスの量や原材料となるお野菜、さらにはフルーツのエキスなども違います。そのため複数のルウを混ぜれば、それだけで本格的な味を簡単に出すことができるのです。

ただしルウを混ぜる際には、多くても3種類程度までにしましょう。それ以上を混ぜてしまうと味のバランスが崩れてしまう事もあります。

火加減とルウの入れ方がコクを深める

おいしいカレーを作る際には、カレーを作る際の火加減そしてカレーのルウを加えるタイミングが重要なポイントになります。

水を加えたら最後まで弱火で

最初にお鍋の中で具材を炒め、その後お水を加えて煮ていきますが、お水を加えた段階で、強火ではなく弱火もしくは中火で、具材に火を通していきましょう。強火のまま火を通してしまうと煮崩れを起こしてしまったり、具材が固くなってしまうことがあります。しっかりと具材のおいしさ、そしてコクを出すためにも弱火から中火で煮てください。

ルウを入れたら再び弱火

具材に火が通りカレーのルウを加える際には、一度火を止めます。火をつけた状態でルウを加えてしまうとルウが固まってしまうので、舌ざわりも悪くなるでしょう。ジャガイモなどの具材が煮崩れてしまう事を防ぐためにも、一度火を止めてカレーのルウを加えましょう。

またルウを加えた後は再び火をつけますが、ここでもやはり弱火でしばらく煮込んでください。ルウを加える際には、スピーディーに溶かすため、あらかじめカレーのルウを刻んでおくと滑らかなカレーに仕上がりますよ。

入れるタイミングも大切

隠し味として、調味料などを加える際も、お鍋の中に入れるタイミングが大切になります。ニンニクなどは具材を炒める段階から加えていても良いですが、その他の隠し味に関しては基本的にカレーのルウを入れた後に加えましょう。カレーのルウがしっかりと溶けた後に、隠し味を加えることにより味の調節もしやすくなりますね。

「1日寝かす」は嘘!?

カレーは1日寝かしておくとコクが深くなり、おいしくなるとされています。しかし実際にカレーを一晩寝かせてしまうのは少々危険なことなのです。

カレーにはお野菜だけではなく、シーフードやお肉などを使用することも多いでしょう。こういった具材が傷んでしまったり、カレーが冷める間に鍋の中には沢山の雑菌などが繁殖したりするリスクが高いのです。

作りたてのカレーを冷まし、お鍋のまま冷蔵庫に入れるのであれば翌日でも食べることはできますが、常温保存で翌日まで持ち越すことは避けましょう。どうしても翌日まで寝かせたカレーを食べたい際には、朝昼晩と最低でも1日3回、カレーの全体に火を通しましょう。

冷めてしまったカレーを温め直す際、お鍋に火をつけてしばらく放置するだけで鍋底が焦げ付いてしまいます。一部でも焦げ付いてしまうとカレーの風味も損なわれてしまうため、焦げないようにしっかりと木しゃもじなどで混ぜながら火を入れてください

翌日に食べることを考えて前日から作っておくのであれば、出来上がったカレーは小分け容器などに移し、しっかりと密閉して冷蔵庫で保管しましょう。食べる直前に電子レンジで温めるという方法が、最もおいしく翌日のカレーを食べる方法になりますよ。

隠し味で市販のルウを家庭の味に!

カレーの隠し味はご家庭によって違っているでしょう。複数の隠し味を使用するというご家庭もありますよね。
どんなものをプラスしたらカレーにコクが出るのか、カレーの美味しさがアップするのかを自分なりに研究しみてはいかがでしょうか?「我が家のカレーの隠し味は〇〇...」なんてお友達同士のお話のネタにするのも楽しそうですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

「お値段以上」というキャッチフレーズで有名なニトリ。なかでもハイクオリティなキッチングッズが大人気!「ニトラー」や「ニトパト」という言葉も生まれるほどニトリのキッチングッズにハマる方が続出中。テレビでも紹介さ…

サラダ たまご レシピ まとめ

ゆで卵を使ったサラダのバリエーションに悩んでいませんか?サラダにゆで卵を加えれば、彩りがよくなりますし、栄養も摂れていいことづくし!今回は、ゆで卵を使った人気のサラダレシピをたっぷりと紹介いたします。

小松菜 レシピ パスタ まとめ

クセのない小松菜は青菜野菜の代表選手。食べやすさだけではなく栄養価も高く、いろいろなレシピに応用できるところも魅力です。今回は人気の小松菜パスタレシピを紹介します。トマト系やクリーム系、ペペロンチーノ、もちろ…

レシピ まとめ

すっかり日本の定番おかずになったジャーマンポテト。コンソメやマスタードが一般的な味付けですね。しかし、他にもいろいろな味で楽しむことができます。また、じゃがいも以外を使ったアレンジも♩今回は簡単に作れる人気の…

レシピ ポトフ まとめ

作り置きしておくと便利な「塩豚」。寝かせる時間は必要ですが、仕込みはとっても簡単なんです。今回は、塩豚の作り方とアレンジ、そして塩豚を活用する人気レシピをご紹介します。スープにポトフ、パスタ、炒め物、どれもお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パスタ レシピ まとめ

春に旬を迎える「グリンピース」。実は苦手ってひとも多い食材ですが、旬のものはやっぱりおいしいんです。そんなグリンピースをつかったオシャレでおいしいパスタのレシピをご紹介!ちょっと苦手って人も、この機会にぜひチ…

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

レシピ まとめ

いつも使っている油を牛脂に変えるだけで、お料理にぐっとコクと深みが出るってご存知でしたか?しかも無料のもので十分おいしいのですから、言うことなしですよね。今回はそんな牛脂を使ったアレンジレシピを7つご紹介。早…

レシピ まとめ

食感は柔らかく、甘くて生でもおいしく食べられる新玉ねぎ。春だけに出回るので、限られた時期にしか食べられない新玉ねぎを丸ごとレンジチンするだけで絶品になると話題になっているとか!さっそくアレンジレシピを紹介しま…

レシピ サラダ まとめ

メインの料理に合わせる脇役の野菜達にもしっかり存在感を持たせたいですよね。でも手間暇はかけたくない。そんな時に役立つ海外のアイデアレシピ10選をご紹介します。栄養豊富な野菜でサイドを固めてヘルシーな食事を心が…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

チョコレート スイーツ 愛知

このチョコレートが詰まった極上のバウムクーヘンは「愛知県小牧市のチョコクーヘン 」といい、「執事の館」というサイトで販売されています。温めると、中心のフランボワーズ味のガナッシュチョコレートが溶けだして極上の…

ピザ レシピ ニューヨーク

ブルックリンでピザと言えば「Roberta's(ロベルタ)」の名前を挙げる人も多いほど、ニューヨーカーにとってはおなじみのピッツェリアがその人気の生地のレシピを公開しています!とっても簡単なので早速…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...