ローディング中

Loading...

けんちん汁と豚汁、同じお料理にも見えますが、違いについてみなさんはご存じですか?どちらも多くの野菜を使った汁物でも、呼び方は全然違います。このふたつ、実ははっきりとした差があるんです。けんちん汁を豚汁と呼んだら、バチがあたるかもしれません!

けんちん汁と豚汁の違いって何?

「けんちん汁」と「豚汁」はどちらも同じように思えるけど、何がどう違うんでしょう?そんな疑問を持たれたことがある方もいるでしょう。具材もほとんど変わらないですし、見た目もとても似ていますよね?このふたつ、本当に別のもの?

知っているようで知らない、けんちん汁と豚汁の違いに迫ります。

けんちん汁に豚肉を入れたらバチがあたるの?

けんちん汁とは

基本的にけんちん汁には豚肉は入れません。けんちん汁の発祥は、お寺の食事。仏教の教えでは生き物の肉を口に入れることが禁じられていますから、けんちん汁は、野菜を中心に作られている料理なのです。

僧侶は生き物の肉を口にしてはいけませ。このようないきさつから、けんちん汁には豚肉が入っていないのが基本なのです。
上記でもお話ししたように、けんちん汁は元々は精進料理。出汁も昆布やしいたけから取り、具材には動物や魚など、生きていたものを使いません。修行僧に出される料理は、野菜くずも無駄のないよう作られています。

精進料理とは

そもそも精進とは、雑念を取り去り、仏道修行に励む意味があります。「精進料理」とは仏教の戒律に基づいた、修行僧のための料理で、生き物の肉を使用せずに作られた料理のこと。仏教徒は四足または二足の足で歩く生き物(牛や豚、鶏など)の肉を口に入れることが禁じられていますから、精進料理料理は野菜や山菜でできています。

「けんちん汁」の呼び名は、鎌倉時代に創建された禅寺である建長寺(けんちょうじ)が発祥といわれています。「建長寺の汁」がいつのまにか「建長(けんちん)の汁」、「けんちん汁」となり広まったようですよ。

けんちん汁の主な具材

けんちん汁には、ゴボウやニンジン、大根、サトイモなどの根菜を中心とした野菜と、コンニャク、ネギ、キノコ類、豆腐などの素材で作られています。場合によってはこれに油揚げを入れたり、白菜や小松菜などの葉物野菜も加えて具だくさんの汁物にすることもあります。

豚肉を入れた味噌汁が豚汁?

豚汁とは

「けんちん汁」には生き物の肉を使わずに野菜のみで醤油仕立てで作る精進料理ということをご紹介しましたが、それに豚肉を加えて味噌仕立てに仕上げてある汁物を一般的に「豚汁」と呼ぶようになりました。
豚肉が入った味噌汁というと、よりわかりやすいかもしれませんね。味噌汁の具材は地域、各ご家庭でさまざま。どんな食材を利用しても間違いではありません。サツマイモを入れて甘みを出したり、キムチを入れてチゲ鍋風にもアレンジする方もいるようです。

基本は「けんちん汁」の具材と同じですが、豚汁のほうがバリエーション豊かに料理することができるでしょう。

豚汁の主な具材

ゴボウや大根、ニンジン、サトイモなど、豚汁に入れる野菜も根菜を中心にお料理されている場合が多いでしょう。そのほか、コンニャクや油揚げ、ネギ、豆腐、きぬさやなどを入れたり、サトイモではなく、ジャガイモを入れて甘みとボリュームのある汁物にしていることもあります。

地域によって異なる呼び方

豚汁は、「とんじる」または「ぶたじる」と、地域や人によって呼び方に差があります。具材に関しては、地域を問わずいろいろですが、呼び名は関西方面や東北、九州の南部では「ぶたじる」、関東では「とんじる」と呼んでいる人が多くみられます。

東京の言葉が標準語として成り立っている関係で「とんじる」と統一する傾向が高いです。
また、「けんちん汁」のことを「豚汁」と呼ぶかどうかよりも、その逆で「豚汁」を「けんちん汁」と呼んでいる地域もあるようですよ。

調理法がだいぶ違う?

「けんちん汁」には動物性のものは一切使わず、対して「豚汁」は豚肉が加わり、味噌仕立てが多いという違いが、ふたつを分けるわかりやすい違いです。このほか、作り方についても少しずつ差があります。

ごま油で炒めるけんちん汁

けんちん汁は、一度ごま油で炒めてから、昆布やシイタケから出汁を取り、醤油で味付けします。油や味付けの調味料についても植物性のもので作るのが基本のようですね。

お味噌で味を付けるのは豚汁?

「豚汁」は、野菜をどんな油で炒めるなどの指定はなく、お味噌で味付けをするのが基本。

基本的なけんちん汁の作り方

鍋にごま油を熱し、具材を入れて強火で炒めます。全体に油がまわったら、出し汁を加え、具材がやわらかくなるまで煮込みます。豆腐を入れて弱火で火を通してから火を止め、きざみショウガとネギを添えて完成。最後に加えるショウガが味のポイントです。野菜を煮込んで味が染みわたり味わい深い風味に仕上がります。
野菜たっぷりの「けんちん汁」は食べ応えもあり、繊維質もたっぷり。根菜類が体を温めてくれるのも嬉しいお料理です。

基本的な豚汁の作り方

豚肉はひとくちサイズにカットし、ゴボウは泥を洗い流して斜め切りかささがきに。根菜類はアクが強いので、アクを取りながら強火で煮込みます。豚肉と油揚げを入れ、豚肉の色が変わったら味噌と醤油の調味料を加えます。飾りにキザミネギを散らして盛り付けると彩り豊かに。
豚汁の具材はけんちん汁とほぼ同じですが、豚肉が加わることによってタンパク質も摂れますね。ひとつのお椀にお野菜もこんにゃくもお肉も入っていますから、食欲のない時にも、これだけ食べればなんとか元気になりますね。

彩り豊かな食卓にしたい時には

緑黄色野菜を付け合わせに添えて

「けんちん汁」、「豚汁」両者とも材料が色の薄い野菜がメインとなっていて少し物足りなさを感じたら、少し彩りのある料理をプラスしてみませんか?色の濃い野菜は栄養価が高いものが多いです。ほうれん草やブロッコリー、菜の花は火を通すと鮮やかな色に変化します。カボチャの黄色も華やかになってよいですよ。
ほうれん草のソテーや、おひたし、緑黄色野菜の煮物などを添えるとオレンジやグリーンが食卓のアクセントになります。豚汁やけんちん汁、ご飯だけでは補いきれないおかずをカラフルなものにすると、おいしそうな献立が完成しますね。

どっちもおいしいジャバニーズスープ

けんちん汁と豚汁の違いについて、いかがでしたか?似ているふたつですが、豚肉が入っていると入っていないとでは全然違いますよね。「けんちん汁」は精進料理ですから豚肉は基本入れません。とはいえどちらもおいしい汁物。

一般的にはあまり難しく考えずに、好きな時に好きなように食べればよいでしょう。とくに豚汁は具材や味付けもお好みでいろいろなアレンジができますから、お好きな野菜や素材を組み合わせておいしい豚汁をたのしみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ本に書いてある「しそ」を買いに行ったとき、「大葉」なら売っているのに……なんて経験はありませんか?そもそも、大葉としそって違うものなのでしょうか?この疑問、一気に解決しましょう!じつは意外な答えがありま…

花椒とは主に中華料理に使われるスパイスです。独特な風味はひと振りかけるだけで一気に料理を香り豊かに仕上げてくれます。そんな花椒、日本の山椒とは違うのでしょうか?また、花椒を山椒で代用できるのか?など、今回はそ…

レシピ まとめ

具だくさんな「けんちん汁」は野菜がたくさん摂れるのが魅力。今回は、けんちん汁の基本レシピや、圧力鍋を使った時短レシピ、味付けで楽しむアレンジレシピもご紹介!おいしく作るための下ごしらえのポイントも実践編で説明…

レシピ

日本を代表する調味料の味噌、中でも赤味噌と白味噌の違いはご存知ですか?今回は赤味噌をはじめ、味噌の種類やその違いをご紹介。また、赤味噌を使ったおいしいおすすめレシピも併せてお伝えします。ぜひ日々の料理にお役立…

ムース レシピ

冷やしておいしい「ババロア」と「ムース」。どちらも口どけのよい人気のデザートですが、ふたつの違いを説明できますか?ババロアはプリンとも似ています。パンナコッタとの違いも気になりますよね。似ているけれど異なるデ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チョコレート レシピ アレンジレシピ まとめ

だんだんとバレンタインの日が近づいてきましたね♡女子にとってはこの日が勝負!という人も多いのでは?そうじゃない人でも、今年は手作りで女子力をアピールしちゃいませんか?♡カルディからおすすめのバレンタインレシピ…

レシピ 寿司 まとめ

もうすぐひな祭りですね♫ひな祭りといえばちらし寿司!まだ少し時間がありますが、今年のちらし寿司はいつもと少し違ったおしゃれなものにしてみませんか?今回は見た目もとっても可愛くておしゃれなちらし寿司をご紹介しま…

寿司 まとめ

三月三日のひな祭りに是非作りたい、かわいいちらし寿司のアイデアを「8」個ご紹介します!女の子のための日に雛飾りと一緒にかわいいちらし寿司を作れば喜ばれること間違い無し!お子さんがいる方は必見です♫

レシピ いちご スイーツ フルーツ まとめ

冷凍フルーツを使ったレシピというと、スムージーが定番ですよね。今回は冷凍いちごをそれ以外のものにも活かせるレシピをご紹介します。飲み物はもちろん、デザートにも使える冷凍いちご、ぜひ活用してみてくださいね。

イワシ レシピ まとめ

カルシウムやビタミンDが豊富なイワシ。イワシは、秋に旬を迎える美味しい食材です。いざ調理しようとすると、何を作ろうか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんなイワシを使ったおすすめレシピをいくつかまと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

カフェ まとめ

いま若者の間で話題のスポットと言えば「ダガヤサンドウ」。グルメ家さんも注目のおしゃれでおいしいお店が大集結したとってもホットなエリアなんです。そこで今回はおすすめのカフェやレストランを一挙公開しちゃいます。デ…

たけのこ レシピ

旬のたけのこが主役の「焼きたけのこ炊き込みご飯」のレシピをご紹介します!炊く前に食材を炒めることで、ホクホク食感と豊かな香りを楽しめますよ♩お肉を使わずお財布に優しいところ。あっさりとした味わいなので、何杯で…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る