ローディング中

Loading...

気温の上昇と共にキリリと冷えた白ワインが恋しい季節になりますね。でも、おつまみに迷っていませんか?今回は、白ワインに合う、チーズやハム系、魚系のおつまみを紹介します。手軽に購入できるコンビニおつまみからレシピまで盛りだくさんですよ。

白ワインに合うおつまみで、ひとりおいしく!

白ワインには新緑を感じさせるような、爽やかな草っぽい香りや柑橘系の香りがありますね。そんな白ワインの特徴に合うおつまみの選び方をご紹介しましょう。赤ワインにくらべるとさっぱりテイストなので、塩気のあるもの(チーズやハム)と相性がいいようです。

今回は、お手軽にコンビニで買えるスナックやお惣菜を10選。チーズ系、お魚系、お肉系それぞれのおつまみレシピを28選もご紹介いたします!この記事さえあれば、白ワインのおつまみに困ることなし!

コンビニで手軽に買える、人気のおつまみ10選

1. 大人気スナック、生チーズのチーザ

生チーズをたっぷりと使って、チーズ感がハンパない風味のグリコのチーザが大人気です。写真の製品は、クリームチーズ48%にカマンベールチーズを5%加えて深いコクを出しています。このシリーズでチェダーチーズや4種類のチーズのバージョンがあり、姉妹品にチーズの含有率が10%台の「プッチーザ」シリーズがありますので、そちらもおすすめです。

2. スペイン産の豚肉を使った生ハムロース

ワインのおつまみとしてはすっかり定着した感のある生ハムですが、昨年発売されたこの製品は、産地を指定したスペイン産豚ロース肉使用し、桜のチップでほどよくスモーク。口の中に広がるコクとうま味が楽しめる生ハムです。しかもお値段が、とってもリーズナブル。お気軽に購入できますね。

3. 白ワインと好相性のポテトサラダ

お惣菜・おつまみとして人気が高いポテトサラダですが、この商品は東日本の地域限定販売です。北海道の契約農家で作った「男爵いも」を使用して、ゴロリとした大きめにカットされていて食べごたえがあります。マヨネーズのほどよい味付けが、素材のよさを最大限に引き出しています。ビールだけでなく、白ワインにもピッタリですよ。

4. ヘルシー食材をミックス、おつまみアーモンドフィッシュ

http://macaro-ni.jp/40059

Photo by shucyan

204円(税込)

白ワインと相性がよいナッツと小魚。アメリカ産のスライスアーモンドと瀬戸内海産の片口いわしがミックスされています。おしょうゆをベースにした軽い味付けで、白ごまの風味が利いています。少量ですが、健康効果も期待しちゃいますね。

5. 味噌マヨが激うま!と人気の野菜スティック

野菜スティックに特製の味噌味のマヨネーズソースがセットになっています。一般的なサラダドレッシングと違って、野菜スティックに付けやすいディップタイプになっています。この味噌マヨが抜群においしいと、ネットでも話題になっています。唐辛子がほどよく入っていて味のアクセントになっているんです。

6.1本釣りのいわしを使ったオイルサーディン

http://macaro-ni.jp/40059

Photo by shucyan

432円(税込)

イワシは漢字で書くと、魚偏に弱い「鰯」。とても傷みやすいデリケートな魚ですが、多くの漁場では網で水揚げされます。大ぶりなイワシを1本釣りをすることによって、魚同士がこすれ合うことなく鮮度を保つことができるのです。平成24年度、農林水産省食料産業局長賞を受賞しました。これはコンビニで購入できる逸品ですよ。

7. お手軽でヘルシーなカニかま

12本入りで税込100円の激安商品です。マヨネーズを付けてそのままいただいたり、サラダやフリットなどお料理にも応用できて便利です。主原料は魚のすり身なので、お肉や揚げ物よりずっと低カロリー。ほぐしてカニあんかけなどにすると高級感も出ますよ。カニかまを使った押し寿司も大人気です。

8. イタリア産のグリーンオリーブ

http://macaro-ni.jp/40059

Photo by shucyan

627円(税込)

成城石井を傘下に収めたローソングループの中で、ナチュラルローソンは輸入食材も充実。オリーブオイルの産地としても有名なイタリア・シシリー島のグリーンオリーブが販売されています。さわやかなフレッシュ感が白ワインにピッタリですよ。

9. 超ロングセラーのかっぱえびせん最新版

超ロングセラー商品の「かっぱえびせん」。おいしさの秘密は、天然のえびを丸ごと殻ごと生地に練りこんでいるから豊かな風味がするんです。殻の赤い色は、紅サケの身の色と同様にサプリメントなどでおなじみの抗酸化力が期待されるアスタキサンチン。おいしくてヘルシー。食べ過ぎに注意です。やめられない・・・。

10. マスカルポーネチーズを使ったチーズ鱈

http://macaro-ni.jp/40059

Photo by shucyan

204円(税込)

各種おつまみのトップメーカーである「なとり」の製品。ティラミスに使われることで有名なマスカルポーネチーズを使用。何とも言えないクリーミーな食感です。日本酒だけでなく、白ワインにも最適ですよ。最近は駅ナカのコンビニでもワインのアイテムが増えているので、旅行でも活躍しますよ。

定番!チーズ系おつまみレシピ8選

1. 生麩を使った3色のチーズピンチョス

お正月で余った生麩を洋風にアレンジしたレシピ!クリームチーズ、アボカド、生麩の順に重ねて、ピン(楊枝)を刺して止めます。お皿に並べて軽く塩をふり、オリーブオイルを回しかけて、お好みで黒コショウを掛けてください。ホームパーティーにもいかがですか?

2. 混ぜるだけの簡単ツナチーズディップ

混ぜるだけの簡単ディップです。常温に戻したクリームチーズと油を切ったツナ、すりおろしたニンニクを加えまぜます。塩・コショウで味を整え、パセリも加えて混ぜれば完成です。バゲットにディップを塗ってからトーストすると、香ばしさも加っておすすめです!

3. 熱々とろ~り、カマンベールチーズのフライ

カマンベールチーズを放射状に4等分に切り、粗びき黒コショウを振ります。衣を付けて、170℃の油で色よく揚げます。バジルの葉を素揚げにしてレモンを添えます。揚げ過ぎるとチーズが溶け出てしまうことがあるので、注意してくださいね。

4. 和洋折衷のいぶりがっこクリームチーズ

秋田名産の煙で燻った漬物「いぶりがっこ」。クリームチーズを挟んで、アクセントに七味唐辛子と粗挽きの黒コショウで味付けをしました。とても簡単ですが、「いぶりがっこ」とチーズの香りがワインとよくマッチします。

5. ハンペンのチーズソテー

ハンペンを食べやすい大きさに切って全体に粉チーズを振り、チーズが落ちないように手のひらで軽く押さえます。フライパンでサラダ油・バターを入れて中火にかけ、両面をキツネ色になるまで焼きます。季節の野菜といっしょにお皿に盛りましょう。チーズとバターで洋風の味と香りにするところがポイントです。

6. チーズ入りちくわの天ぷら

プロセスチーズを棒状に切って、竹輪の穴に詰めます。竹輪を食べやすく半分に切って、衣を付けて、170℃の油でサックリと揚げます。揚がったら油を切って、器に盛りましょう。プロセスチーズではなくて、クリームチーズをスプーンで詰めても結構ですが、溶けやすいので注意してください。

7. クリームチーズの簡単みそ漬け

みりんとお酒を耐熱容器に入れて、電子レンジで加熱してアルコールを飛ばします。これにお味噌を合わせて味噌床は完成です。カマンベールチーズは3日~1週間、クリームチーズは2~3日くらい漬けてください。表面を少し焼いたり、パン粉を付けて揚げるなどアレンジもできますよ。

8. 白ワインと塩だけ!カマンベールのオリーブオイル鍋

キャベツをザク切りにして鍋に敷き詰め、その上にもやしをのせます。白ワインとお塩をかけて、フタをして弱~中火で10分煮込みます。次にウインナー、輪切りにしたミニトマト・オリーブを散らし、さらに2~3分加熱します。カマンベールチーズを8等分にカットしてトッピング。溶けやすいので、火から降して予熱で温める程度でOKです。

白ワインといえば…カルパッチョ♩魚介系レシピ10選

1. サーモンのカルパッチョ

カルパッチョは、白ワインのおつまみの定番ですね。いろいろなお魚が使われますが、スモークサーモンがあれば調理は簡単。水にさらした玉ねぎと葉野菜を盛りつけ、ミルびき岩塩を振り、オリーブ油、レモン汁をかけて、マヨネーズを細く絞って飾ります。お好みで相性のよいケッパーを加えてください。

2. ムール貝の白ワイン蒸し(サフラン風味)

白ワインとは相性抜群の組み合わせです。ちょっとおしゃれにサフラン風味に。直接お鍋にではなく、白ワインにサフランを入れておきます。数分ですぐに真っ黄色に変色しますので、お鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、玉ねぎを炒めます。サフラン風味の白ワインとムール貝、スパイスなどを加えて蒸し煮にします。さあ、ワインと共に磯の香りを召しあがれ。

3. サワラのアクアパッツァ

イタリア風魚介類のごった煮です。特別なブイヨンは用いず、素材とトマトやオリーブオイル、スパイスで煮込んで作ります。魚はサワラに限らず、主に白身系の切り身だったら何でもOK。貝もアサリだけでなく、ハマグリやムール貝など旬の素材を使いましょう。

4. アンコウのイタリアン・ソテー

和食では鍋物などでおなじみの食材ですが、これを白ワインに合わせてイタリアンに仕立てます。調理は極めて簡単。ニンニクのみじん切りとオリーブオイルを弱火にかけて香りが立って来たらメインのアンコウとその他の食材を加えます。トマト・黒オリーブ・バジルのイタリア食材がポイント。お好みで粉チーズを振っても。

5. 白子と鱈の親子グラタン

鱈(たら)とその白子を友和え的に使った「なんちゃって親子グラタン」です。食材は季節なら簡単に手に入りますが、お店でも味わえないアイデアレシピです。うま味出しにマッシュルームを加えますが、玉葱は使いません。缶詰やレトルトのホワイトソースを使う場合は、焼きムラが起きないように温めてから使ってください。

6. サクサクカキフライ

今やすっかり和食のお惣菜の定番にもなったカキフライですが、洋食が元になっているだけに白ワインとの相性は抜群です。生カキを塩水で洗い、生臭さが気になるようならミルクにしばらく浸しておきます。あとは油でカラリと揚げて、レモンとタルタルソースでハフハフ喰らい付きましょう。

7. 白ワインにも相性が抜群、フィッシュ&チップス

イギリスの料理でローストビーフと並んで有名なのがこのお料理ですが、白身魚のフライなのでビールだけでなく、白ワインにもピッタリですよ。地元イギリスではモルトビネガーをかけていただくのが伝統的な食べ方ですが、ワインのお供ならタルタルソースもおススメです。

8. ハマグリの白ワイン蒸し

日本酒の酒蒸しもいいけど、白ワインで蒸してもおいしいんですよ。ニンニクもショウガもバターも不要です。鍋にハマグリ、白ワイン、水を入れて弱火にかけてひと煮立ちさせます。ハマグリの口が開いたのを確認したら、火を止めて芽キャベツを入れて、フタをして5分ほど置いて完成です。シンプル・イズ・ベスト。素材のうま味を堪能しましょう。

9. かぶとホタテのレモンマリネ

かぶの皮を厚めにむき、1.5cm角にカットします。ホタテは十字に切って、4等分にカットして、かぶと大きさをそろえます。ボウルに入れたら調味料で和えてレモンやオレンジの皮に盛り、ブロッコリースプラウト(イタリアンパセリでも可)を1.5cmくらいに切って飾ります。冬なら柚子でもOKです。

10. ふんわり食感のエビカツ

下処理をしたエビを少し粗めにカットし、手でちぎったハンペン、片栗粉・塩コショウを加えて混ぜ合わせます。スプーンを使って丸めたら、パン粉をつけて170℃の油でカラリと揚げます。ふわふわなエビカツをタルタルソースで召し上がれ。
▼海老カツのレシピはこちらの記事でも紹介しています!

肉系も負けてない!おつまみレシピ10選

1. トースターでできる、鶏肉の唐揚げ

鶏むね肉を漬けダレの入った保存袋に入れてもみ込み、1時間ほど漬けておきます。片栗粉と薄力粉を混ぜて鶏肉にまぶして、クッキングシートを敷いたトースターに並べ、オリーブオイルを全体にのせていきます。15分ほど焼いて焼き目がついたら裏返し、焼き色がつくまで焼きます。

2. きのことベーコンのホイル焼き

ベーコンをフライパンで両面焼きます。きのこを巻いて楊枝で止め、ケチャップ、チーズの順にかけます。アルミホイルで包み、予熱したオーブンの下段に入れて10分焼いたらパセリを散らして完成です。

3. 手羽元とゆで玉子、大根のあっさり煮

鍋にだし昆布を入れて沸かします。沸騰直前に昆布を取り出して、最初に大根だけを煮ます。透明感が出てきたら手羽元とゆで卵を入れ、調味料を加えて弱火で味が馴染むまでさらに煮込みます。できればひと晩置いたほうが味がしみ込みます。和食ですが白ワインにも好適で、酸が脂っぽさを引き締めてくれます。女性にはうれしいコラーゲンたっぷりですよ。

4. サラダ感覚で食べられる、生姜ソースのゆで豚

豚肉に塩・白コショウをよくもみ込みます。鍋に豚肉が浸るくらいの水と長ネギの青い部分、生姜を入れ、強火に掛けて沸騰したら弱火にして10分ほどで茹でます。火を止めてそのまま冷めるまで待ち、スライスして生姜ソースと野菜を盛り付けます。お肉ですが白ワインが好適。食材の色にワインの色を合わせれば間違いありません。

5. ギョウザの皮を使わない、湯葉しゅうまい

湯葉で包み、餡は高野豆腐を入れてお肉の量を減らしたヘルシーなギョウザです。中国湯葉を水でしんなりとさせ、8角形もしくは円形にキッチンバサミでカットします。お肉・むき海老・高野豆腐・野菜・調味料を混ぜた具を包んで、10~12分くらい蒸します。見た目も普通のしゅうまいより華やかでしょ?ホームパーティーにおすすめです。

6. 炒り大豆を使った煮込み料理のカスレ

残りがちな炒り豆を活用してフランス南部の郷土料理を作ります。厚手の鍋に炒り大豆と豚バラ肉、野菜を入れて、フタをして中火で10分煮ます。弱火にして40分くらいさらにじっくりと煮込ます。塩・コショウで味を調えて完成。バラ肉の代わりにベーコンやソーセージを使ってもおいしくできますよ。

7. 簡単サムゲタン

本当は丸鶏のお腹にいろ具材を詰めて煮込む薬膳み料理ですが、骨付きもも肉を使います。手羽元でも代用できます。材料を鍋に入れて弱火でコトコト30分煮込みます。最後に塩コショウで味を整えて完成です。辛口の白ワインかスパークリングワインが合いますよ。

8. まるでフォアグラ!鶏レバーの湯煎蒸し

鶏レバーは血や筋があれば除き、食べやすい大きさにカットします。鶏レバーをボウルに入れ、臭み取りに牛乳を入れて10分待ちます。水気を拭き取ったら、ジップ付き袋に入れてゴマ油を加えます。空気を抜いて袋ごと65度の湯に50分浸けます。お皿に盛って塩を添えてできあがりです。

9. 薔薇餃子のほうれん草とトマトソースがけ

中身の具の材料をボールに入れて、粘りが出るまでよくこねてください。次に餃子の皮を3枚並べて、つなぎ目と端に水をつけます。真中に具をのせて餃子の皮を半分に折って端をくっつけてクルクルと巻きます。残り3枚の皮も同様に作ります。たっぷりのお湯で餃子をゆで、たっぷりのトマトソースの上に崩れないように置きます。粉チーズを振って完成です。
▼薔薇餃子のレシピはこちらの記事でも紹介しています!

10. 塩糀漬け・卵のポークピカタ

豚ヒレ肉を塩糀に1時間位漬けます。塩糀をふき取り、小麦粉を薄くまぶしてください。フライパンにサラダ油とバターを熱し、豚肉を溶き卵にくぐらせ、フタをして両面がきつね色になるまで焼きます。残りの卵液も肉の上に回しかけ、お皿に盛って、生野菜とソースを添えて完成です。

白ワインを楽しめる食材は豊富!

仕事帰りにコンビニに寄るだけで、白ワインに合うお惣菜がリーズナブルに手に入ります。手料理派なら、面倒くさがらずにキッチンに立ちましょう。簡単にできるおいしいレシピも多数あります。

海に囲まれた日本では、新鮮な魚介が豊富に手に入ります。お野菜やチーズも白ワインに合いますね。せっかくですから、白ワインに合うおつまみをご用意して楽しんでください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐辛子 カレー まとめ

暑い夏にも寒い冬にも、辛いものが食べたい!という方は多いのではないでしょうか。今回はそんな激辛マニアさんのために、東京の芝商店街にある「激辛ストリート」をご紹介します。一体どんな激辛メニューが味わえるのでしょ…

まとめ

先日のスマステで紹介された「行列グルメ」が話題になっています。とんかつ専門店「成蔵」や海老フライ専門店「海老昌」など、どこも1時間以上の行列ができる人気店ばかり。いったいどんな料理を目当てに並んでいるのか、お…

レシピ ワイン 肉料理 まとめ

赤ワインは、特にお肉との相性が良いので肉料理によく用いられますが、お肉以外にも赤ワインを使った素敵なレシピがあります。ご飯ものやデザートも含めて、ワインマニアの私が赤ワインを使ったおすすめのレシピを24選、ま…

レシピ アスパラガス 夏野菜 まとめ

グリーンアスパラに比べて、食べる機会の少ないホワイトアスパラ。じつは5〜6月が旬の野菜なんです。今回は、そんなホワイトアスパラの人気レシピをご紹介!おいしい茹で方から、今すぐ作りたくなるおすすめレシピをお届け…

ピザ おつまみ おしゃれ まとめ

余ってしまった春巻きの皮、どうしていますか?冷蔵庫に保存をしてもすぐに固くなってしまうので、できるだけ早く使い切りたいですよね。そんなときはピザ生地として使うのがおすすめ。今回は、トースターやオーブンで簡単に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ルクエ スイーツ レシピ まとめ

「ルクエ」というシリコン製品を使って、おいしいスイーツを作っちゃいましょう♡今まで使ったことがない方でも大丈夫。ルクエはとても使い勝手が良いものなので、これを機会にぜひ使ってみてください。

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

レシピ まとめ

身近にある食材を使った家庭料理をベースに、センスのいいアイディアが光り、多くの年齢層から注目される料理家の飛田和緒さん。今回は飛田さんの常備菜レシピを集めてみました。東京から相模湾の近くに移り住みその生活スタ…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

サラダ レシピ まとめ

日本でもすっかりおなじみの「パクチー」。ビタミンも豊富でアンチエイジングやデトックス効果もあるとされていますね^^抗酸化作用にもとてもすぐれて大豆の10倍パワーがあるともされています。パクチーを使ったサラダの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

コロッケ 揚げ物

コンビニやスーパーでもよく目にする日本人に馴染みのあるコロッケ。身近なコロッケですが、「コロッケ」って日本語ではないんですよ。さらに英語でもないんです。では、一体どこの国のお料理なんでしょう?英語ではなんと言…

コーヒー

みなさんは普段どのような朝食を食べていますか。同じトーストとコーヒーでも、自宅で食べるのと外で食べるのとでは全く違いますよね。最近は朝から営業しているコーヒー店が多くありますが、なかでも星野珈琲の朝食が凄いの…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/