ローディング中

Loading...

何げなく食べている「カツ」と「フライ」。このふたつの違い、すぐに答えられますか?カツとフライは、はっきりとした違いがあります。豚カツを豚フライと呼ばない理由もご紹介!身近にあっても、よく知らなかったカツとフライの違いがわかります!

「カツ」と「フライ」の違い説明できる?

サクサクとした衣が食欲をそそる揚げ物。揚げたてのものは本当においしく、ソースやタレをつけなくても、どんどん食べ進められますよね。

揚げ物と、ひと言で言ってもその種類はいろいろありますが、一般的には、肉や魚、野菜などに衣をつけて油で揚げた料理をさしますよね。唐揚げやエビフライ、トンカツ、ハムカツなど、おいしそうな揚げ物はすぐに浮かんできます。

さて、揚げ物の中でも食べることが多い、「カツ」と「フライ」、みなさんはこの2つの違いをすぐに説明できますか?どちらも同じじゃないの?と思う方もいるかもしれません。しかし、豚肉にパン粉をつけて揚げたものは「トンカツ」とは言いますが、「トンフライ」とは言いません。また、牡蠣にパン粉をつけて揚げたものを「牡蠣フライ」と言いますが、「牡蠣カツ」とは言わない理由はちゃんとあるんです。

この「カツ」と「フライ」の違い、なにげなく使い分けていますが、改めて考えてみると不思議です。

「カツ」とは

「カツ』とは、牛豚鶏の肉類にパン粉をつけて揚げたものをさします。基本的には、野菜や魚にパン粉をつけて揚げたものは、カツとは呼ばないのです。

「カツ」の語源は英語のcutlet(カツレツ)。もともとcutletは肉の切り身そのものを指す言葉で、料理名ではなく食材名でした。それが現在は、肉類に、パン粉を含む衣をつけて揚げた料理を指すようになりました。

カツカレーやかつ丼など、日本で「カツ」というと、「トンカツ」の印象が強いのですが、「メンチカツ」や「チキンカツ」、「ビーフカツ」、「ハムカツ」なども、思い出してみると、確かに肉類にパン粉をつけて揚げた料理です。

なお、トンカツを初めて売り出したのは、昭和4年、上野御徒町の「ポンチ軒」。現在は、廃業していてすでにないお店ということですが、コックの島田信二郎氏が、この洋食屋でトンカツを出したのが日本のトンカツの始まりと言われています。

「フライ」とは

「フライ」は、主に魚や貝、野菜に衣をつけて揚げたものをいいます。

「フライ」の語源は英語のfry(フライ)からきています。fryには油で焼く、炒めるという意味も含まれていて、例えば英語でフライドエッグと言えば目玉焼きをさします。日本で使われているフライを表すのはdeep-fry(ディープフライ)。カツ同様に、フライも日本独自の発展をしてきた料理のようです。

「フライ」の代表的なものには、「エビフライ」「アジフライ」「牡蠣フライ」などの魚介類がありますが、「オニオンフライ」などの野菜を揚げたものも含まれます。フライは、もともと揚げ物の単語からきているので、カツよりも広い意味があります。

フリットは?

フライと天ぷらの間のような、フリットという料理もありますが、フリットは、衣にメレンゲを加えて揚げたものをいいます。

天ぷらは?

天ぷらは、肉、野菜、魚の食材の種類は問わず、卵と小麦粉で作った衣をつけて揚げたもののことをさします。

カツレツとカツは違う?

カツレツはフランス生まれ

さきほど、カツの語源は英語のcutlet(カツレツ)と話しました。しかし、さらに遡るとcutletの語源は、骨付き背肉を意味するフランス語のcotelette(コートレット)からきています。

日本では、1860年に福沢諭吉が発表した「増訂華英通語」の中でカツレツが登場しています。かなり昔から日本にあった食べ物ですが、実はこのカツレツ、私たちが想像する今のような調理法ではなかったようなんです。

もともとは揚げなかった!?

フランスから日本に伝わったコートレット(カツレツ)は、当時、仔牛の肉をスライスしたものに細かいパン粉をつけてフライパンなど炒め焼きする料理でした。今でも海外では、オーブンで焼いたりパン粉を付けずに炒めるなどの肉料理をコートレット(カツレツ)と呼んでいる場合もあります。

外国から伝わったカツレツですが、多くの日本人がイメージする「カツレツ」は、肉にパン粉をつけて揚げたものが多いでしょう。時を経て日本独自の食べ物へと定着したのですね。

これぞカツ!おいしいトンカツレシピ

主役の豚ロース肉は、脂身と赤身の境の部分を包丁の先で数カ所切り込みを入れるのが、おいしくきれいに揚げるコツです。パン粉はやさしく、ふんわり付けると、サクサクに仕上がりますよ。

買ってきたり、外食で食べるトンカツもおいしいですが、ご家庭で作った、でき立てのトンカツはもっとおいしいはず!

これぞフライ!おすすめのエビフライレシピ

エビの背ワタを取ったら、腹側に3~4ヶ所切り込みを入れて、背側から押さえてまっすぐに身をのばしておくと、きれいに揚がりますよ。エビの身にはお酒を少しふりかけておきましょう。付け合わせになる、彩の野菜も一緒に揚げるとさらによいごちそうになります。

ゆで卵・きゅうり・玉ねぎで、エビフライにぴったりの自家製のタルタルソースが添えられるとなおよいですね。

カツとフライの違いがすっきり

いかがでしたか?どちらも同じ揚げ物ですが、魚や野菜は基本「カツ」ではないことに、驚きませんでしたか?食卓に出すときには、とくに名前を重視する場面もないかもしれませんが、違いを知ると、はっきりした違いがわかって、すっきりしたんではないでしょうか?

ご飯のおかずに、おつまみに、大人から子供まで人気の揚げ物料理、ご家庭で食べる際によかったら、今回の情報をネタにたのしんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

クッキー レシピ お菓子 スイーツ アメリカ おしゃれ

まるでポテト!? アメリカ発の「クッキーフライ」がインスタグラムを中心に話題になっています。今回は気になる作り方やレシピのコツをお伝えするべく、実際に作ってみました。味や食感、みなさんのアイデアを含め実食レビ…

レシピ

日本を代表する調味料の味噌、中でも赤味噌と白味噌の違いはご存知ですか?今回は赤味噌をはじめ、味噌の種類やその違いをご紹介。また、赤味噌を使ったおいしいおすすめレシピも併せてお伝えします。ぜひ日々の料理にお役立…

揚げ物

イトーヨーカドーの揚げ油が、「コレステロール0(ゼロ)」に生まれ変わります!身体にいい栄養素「オメガ3」「ビタミンE」も含まれ、低吸油なフライオイルです。全てのお惣菜が新たな揚げ油に変わるので、そのおいしさを…

自宅で晩酌する際も、外食する際も、サワーはとても人気のあるお酒の一つです。そもそもサワーとはどんなお酒なのでしょうか?チューハイ、ハイボールと何が違う?サワーにまつわるさまざまな疑問についてお伝えします。

レシピ まとめ

お手頃価格の「いわし」でフライを作りませんか?下処理をしっかりしておけば生臭くなく、外はサクサク、中はふっくらと仕上がります。大葉やチーズなど、合わせる食材でアレンジもいろいろ!子どもにも大人にも喜ばれる、人…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

デンマーク

ZIP!でも紹介された話題の雑貨屋さん「ソストレーネグレーネ」にはもう行きましたか?デンマークのライフスタイルブランドで、北欧風のシンプルでおしゃれな雑貨が驚くほどのプチプラで買える人気店です。どんな商品があ…

アメリカ エスニック タイ 調味料

アメリカでは知らない者はいないエスニックなチリソース「スリラチャ」をあなたはご存知ですか?ピリ辛でホットなソース「スリラチャの赤備え」が、今じわじわと日本でも人気になっているんですよ。一体、どんなソースなのか…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る