ローディング中

Loading...

会社のパーティー、同窓会など大勢の人が集まる「立食パーティー」。楽しみながらもスマートにマナーは守りたいですよね。知っていればできたのに…。そう後悔しないためにも是非読んでほしいです!

会社のパーティー、同窓会など大勢の人が集まる場で、立食パーティーへ出席することも案外多いかと思います。そしてそこで問われるのが「マナー力」です。マナーとは、決して難しいことではありません。周りの人や共にお食事する人に迷惑や不快感を与えることなく、楽しい食事時間をすごし、親交を深めるためのマナーは知っていれば大丈夫!目指せ、マナー美人。

立食パーティーの心構え

目的は交流であって、食事ではない

立食パーティーの目的は、たくさんの人々と会話を楽しみ、友好の輪を広げることです。パーティー会場に入ると、さっそく食事を取りに料理台へ向かいたいところですが、これはよくありません。料理より会話が大切です。食事は二の次、補助的な存在だと頭に入れておきましょう。

服装は「動きやすく」

立食パーティーはパーティーと言ってもガチガチの正装の必要はありません。立ったまま料理を取ったり、食べたりする事も考えて、動きやすい服装をおすすめします。バックは肩にかかるタイプのものを。取り皿やグラスなどを手に持つ事を考えると邪魔にならない事を配慮した為です。大きいものはクロークに預けましょう。あとは、立ち姿がキレイに見える服を選ぶことをオススメします。 男性はスーツ、女性は窮屈なものは避け、 女性らしい軽やかな服装が好ましいですね。

靴も重要

ずっと立っているので、足に負担がかかります。靴もデザインを重視した上で、履きやすいものを選びましょう。慣れたものなら美しい歩き方になります。
足が細く長く綺麗に見える高いヒールも魅力的ですが、高いヒールにすると疲れますし、歩き方も不自然になって全体のバランスが綺麗に見えません。

食事のマナー

お皿とグラスは片手で持つ

お皿とグラスは基本的に左手だけで持ちます。お皿の上の4分の1は空けておき、そのスペースにグラスを置きます。親指と人差し指でグラスを持ち、人差し指と中指の間にお皿をはさんだら、残りの指でお皿の底を支えましょう。

料理はコース順に

料理を取るときは好きなものが取れるからといって、好きなものばかり取るのは、マナー違反です。 前菜→魚料理→肉料理→デザート、の順にとることを意識しましょう。お料理の量は、人数分を目安に用意されるので、 それぞれの自分の量を守って取りましょう。

一皿に少しずつ盛る

たくさん取りすぎて食べ残すのは厳禁です。お料理そのものの盛り付けを、小皿に盛りなおしたように、 キレイに盛り付けることを心がけましょう。前菜なら3種類づつ、メインなら2品くらいずつ、バランスよく、あくまで「少量」とることを意識しましょう。

温かいものと冷たいものでお皿を分ける

暖かい料理と冷たい料理を同じ皿に盛ると、せっかくの料理の味を損ないますので慎みたいものです。また、ソースのものは一品一皿にした方がよいでしょう。お皿を分けた方が美味しく頂けますし、作り手へのマナーでもあります。

取り皿は1回に1枚

立食パーティーでは何度料理をとりにいってもいいですが、取り皿は1回に1枚が基本です。この理由は、お料理の味が混じってしまうからです。友人と一緒に1枚のお皿をみんなでつついて食べるのは見苦しい印象を受けます。ひとりずつ1皿に、2~3品を品よく盛り付け、 食べ終わったら使用済みのお皿を置く場所があれば その場所に片付けますが、テーブルが煩雑になる場合は、 ウェイターに下げてもらいましょう。

やってしまいそうなNGポイント

飲み食いしながら歩く

歩くのはいいのですが、飲み食いしながら歩くのはマナー違反です。口に何かを入れて歩いている姿は、紳士や淑女にふさわしくありません。「食べ歩き」「飲み歩き」は絶対にNGです。大勢の人が入り交じる会場ですから、落ち着きある行動を心がけましょう。

イスに座る、バックを置く

椅子は足が疲れたり体調が悪くなったりした際、使います。若い人たちが座り込 んで食事をする姿はあまり良い印象を与えないように思います。バッグや荷物でキープするなどは言語道断です。

壁際でじっとしている

誰の邪魔もしていないから、壁際で立っているくらいいいだろうと思いますがNGです。会場には 「雰囲気」というものがあります。いかにも「暇だ」「つまらなさそう」という雰囲気は、人と交流する温かい場が冷めてしまいます。 一生懸命、場を盛り上げたり温めたりしている主催者に失礼です。また、体調が悪いのではないかと、周りの人を心配させてしまいます。
みなさん1つくらいは「え!?そうだったの!?」と思ってしまうようなマナーがあったのではないでしょうか?マナーを知って、ぜひ身につけておきましょう!そうすれば気兼ねなくパーティーを楽しむことができますよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レストラン

葉山を代表する老舗のフレンチレストラン「LA MARÉE(レストラン ラ・マーレ)」の開業40周年を記念し、『40th Anniversary Summer Party』が開催!一夜限りのラグジュアリーサマー…

スイーツ レモン

「リサとガスパール」の新アトラクションがオープンする富士急ハイランドにて、「リサとガスパールのレモン祭り」が期間限定で開催されます!華やかなレモン色で彩られた園内で、レモンをテーマにしたスイーツを楽しんでみて…

カクテル

韓国発・話題の電球ソーダを、日本発の「電球カクテル」として提供する利き酒&飲み比べイベント『酒フェス流 電気ソーダ』が開催!今年は10種類のカクテルが登場します。電球ソーダの中身をカクテルにした、日本発のドリ…

有楽町

各店舗が地元の特産などをいかしたアイスやソフトクリームを販売し投票数を競う「ご当地アイス対決!in有楽町 交通会館」が開催!全国10店舗のアイスがエントリーします。頂点に立つのは、いったいどこのアイスになるの…

お茶 原宿

2017年7月21日(金)原宿に「お茶のいろはby namacha」がオープン!おいしいお茶の淹れ方や、お茶の製造過程など、お茶について丸ごと勉強できるミュージアムなんです!女優の波瑠さんが登場したオープンイ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

おしゃれ

一人暮らしをするとなると、必ず必要となってくるのキッチン家電。最近はおしゃれなキッチン家電がいっぱい。思わず欲しくなるおしゃれなアイテムを紹介します。これらを使ってせっかくの一人暮らしを楽しんでみて下さい♩

ルクエ スイーツ レシピ まとめ

「ルクエ」というシリコン製品を使って、おいしいスイーツを作っちゃいましょう♡今まで使ったことがない方でも大丈夫。ルクエはとても使い勝手が良いものなので、これを機会にぜひ使ってみてください。

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...

ページTOPに戻る