ローディング中

Loading...

食べる機会も多いキャベツ。みなさんは正しいキャベツの洗い方を知っていますか?何層にも重なった葉っぱをきれいに洗うのは大変。そもそもキャベツは洗わないといけないのでしょうか?キャベツは洗った方がよいのか、知らなかった食べ方が発見できるかも。

キャベツは洗う?洗わない?

私達の身近な野菜のひとつであるキャベツ。生のままサラダにしたり、千切りにしてトンカツの付け合わせにしたり、ひき肉を巻いてロールキャベツにしたりと、おいしい食べ方はがたくさんあります。いろいろなお料理に使えるキャベツは、野菜室に常備している方も多いはず。

そんなキャベツですが、皆さんは食べる前にキャベツをしっかりと洗ってから使いますか?それとも洗わない?洗わないと農薬や虫、土などの汚れが気になるという声がある一方、最近は技術も発達しており、衛生面でもそれほど神経質になる必要はないという意見を持っている方も多いよう。

果たして、キャベツは洗うのが正しいのか、また洗う場合はどのように洗うのがいいのか、その方法と理由をご紹介いたします。

外側を数枚剥がすだけでOK

結論から言いますと、キャベツは外側の固くて色の濃い葉を数枚剥がせば、洗わずに使っても問題ないそうです。

表面に見える数枚の葉には汚れやホコリがついているため、剥がして使う方がよく、気の利いたスーパーには、キャベツの表面の葉を棄てられるゴミ箱を設置しているお店もあります。表に見えている数枚の葉っぱを剥がしてしまえば、中の葉は洗わずに食べてしまっても大丈夫なのだそうですよ。

洗わなくても平気なのはなぜ?

「洗わなくても問題ない」と言われても、なんとなく気になる方もいらっしゃいますよね。なぜ、洗わなくても平気なのでしょうか。

キャベツという野菜は、発芽してからスーパーで見かけるあの大きさになるまで、内側の葉がどんどん大きく育っていきます。そのため、一番大きく育つ外側のはの内側は、農薬などにほとんど触れません。

とは言え、虫などが葉っぱを食べ進んで中に入っている可能性もあるので、気になる場合は内側の葉も洗って食べるとよいでしょう。

キャベツの洗い方

次にキャベツの効果的な洗い方についてご紹介いたします。これまで、何となくサッと水洗いしていたという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外側の葉は取り除く

まずは外側の葉を取り除きましょう。農薬などが残っている可能性があるのと、虫や土がついている可能性もあります。また、外側の葉は固くて食べにくいことも多いので、取り除いた方が、お料理に使いやすいですよ。

芯をくりぬいて洗う

キャベツを丸ごと使う場合や、一度にたくさん使う場合は、芯をくり抜いてから洗うのが効率的です。キャベツをひっくり返して芯の部分だけを包丁でくり抜き、その部分を水洗いすることによって、キャベツ全体を一気に洗うことができます。

切る前に洗う

少量しか使わない場合は使う分だけを剥がして、洗ってから切りましょう。というのも、切ってから洗うと、キャベツの栄養成分が水に流れてしまうためです。キャベツに含まれる栄養素の多くは水溶性で、切り口から栄養が流れ出してしまうことがあるので、切る前に水洗いしましょう。

千切りキャベツの洗い方は?

キャベツを千切りにする場合も同じで、必要な分だけ剥がして洗ってから千切りにしましょう。剥がさずにキャベツを塊のままザクザクと切ってしまうのは、汚れなどが残っている可能性があることからお勧めできません。

もし農薬がどうしても気になる場合は、洗って千切りにしたキャベツを水にさらしていおくこと、残留している農薬を取り除けます。ですが、前述したように水にさらすと農薬だけでなく栄養成分も流れてしまいますので、短い時間で湯通しをして千切りにする方法もあります。

新鮮なキャベツの選び方

洗わずに食べてもよいと言われても、新鮮じゃないキャベツを口にするのは気が引けます。スーパーなどに並ぶキャベツの鮮度を見極めるポイントをご紹介。参考にしてみてくださいね。

・葉がみずみずしくつやのあるもの
・芯の切り口が変色していないもの
・重量感のあるもの
・カットされたキャベツの断面は隙間なくびっしりとしたもの

白菜もキャベツと同じ方法でOK!

キャベツと似た野菜の一つに白菜がありますが、白菜も同じように外側だけ洗えばOKな野菜だといいます。根本に土が付いていたり、汚れが気になる場合は、1枚ずつ剥がして軽く水洗いする程度で、農薬やほこりが口に入るのを防げるそうですよ。

ただし、それでも農薬が気になるという方は、重曹を使った洗い方がおすすめです。水で洗った白菜をボウルに入れ、ひとつまみの重曹を入れておきます。

しばらくすると、残留農薬が水面に浮き上がってきますので、全体を洗い流せば農薬を気にすることなく食べることができます。野菜を洗う際に使う重曹は、掃除などに使うものではなく、食用の重曹を使ってくださいね。

キャベツの下ごしらえは、これで楽チン

キャベツの洗い方についていかがでしたか?葉を一枚ずつ洗わなくても、基本的にはそのまま食べられると知って、ちょっと楽になりませんか?白菜についても、同じ考え方ができるので、鍋料理や炒め物も楽になりますよね。

和食から洋食、グリルや煮込み料理と、身近なたくさんの料理に登場するキャベツ。次回お料理に使う際には、今回の情報を思い出して、よかったら洗わずに調理してみてくださいね。
▼キャベツを使ったおすすめレシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

意外と難しいゆで卵の作り方。水から茹でた方がよいのか、お湯からの方がよいのか、ちょうどよい茹で方や茹で時間の基本をまとめました。失敗なく簡単にお好み加減に仕上がるゆで卵の作り方をご紹介します。朝食にランチにお…

たまご

ゆで卵は簡単な料理に思えますが、水から作る場合、お湯から作る場合で茹で時間が異なります。今回は、ゆで卵を水から作る際の茹で時間や、基本の作り方をご紹介します。簡単、時短、失敗しにくい!これで、いつでもおいしい…

キャベツ レシピ 豚肉 まとめ

おいしくてすぐ手に入る、何よりお財布にやさしい、豚こまとキャベツは主婦の味方!そんな豚こまとキャベツを使って簡単&コスパ最高!な、家計も胃袋も大満足なレシピをご紹介。安い・簡単・おいしいの三拍子揃ったレシピを…

たまご

ゆで卵の皮むきって面倒ですよね。実は、ゆでる前の卵に穴を開けるだけで、このイライラが解消されてしまうのです。おすすめ100均グッズのほか、画びょうやスプーンなど、誰でも簡単にできる方法をご紹介します。ぜひ実践…

ハンバーグ レシピ

子どもも大人も大好きなハンバーグを作る際、卵は必須材料ですよね。もし、卵なしでも作れると聞いたらびっくりしますか?今回は、ハンバーグを卵なしで作る方法、代用食材、おすすめの卵なしレシピまで詳しくご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

新宿 寿司 まとめ 日本料理

外国人観光客にも人気の「お寿司」。今回は、新宿のおいしいお寿司屋さんを紹介します。デートにもおすすめの高級店、コスパ最高のお店など12店舗ピックアップ!嬉しい食べ放題ができるお店もありますよ。ランチやディナー…

フレンチトースト 新宿 カフェ ランチ

新宿のカフェ「CAFE AALIYA(カフェ アリヤ)」は、ふわっふわもっちりの食感が絶妙なフレンチトーストが人気のお店です。その完璧な厚みとやわらかさと丁度いい甘さが病み付きになること間違いなしです!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る