ローディング中

Loading...

味がしみた人気の煮卵、手作りしたらどれくらい日持ちするかご存じですか?ラーメンの付け合わせはもちろん、ご飯の上にのせて崩して食べるだけでもおいしく、常備菜としてもおすすめです。煮卵の作り方から保存、日持ちについてまで、まとめてご紹介!

煮卵の日持ちはどれくらいなの?

ラーメンのトッピングやお酒のおつまみにも合う煮卵、半熟トロトロの食感に醤油味がしみておいしいですよね!大人も子供も大好きなメニューのひとつでもあるかと思います。時間を置くほどおいしくなる煮卵ですが、どれくらい日持ちするかご存知ですか?

今回は煮卵の日持ちについてや保存方法、オススメのアレンジレシピまでご紹介いたします。

煮卵の賞味期限

ゆで卵のような「加熱した卵」は一般的に日持ちしないと言われています。これは生卵を腐敗から守る酵素が、熱で分解されてしまうためです。そして、煮卵の場合も同様で、賞味期限は冷蔵庫で7日から10日程度と言われています。半熟の煮卵の場合はさらに短く3日から4日程度が目安です。

ゆで卵は殻を剥かずそのまま保存する方が、殻を剥いて保存するよりも日持ちすると言われています。ゆで具合や保存の仕方によって保存期間にバラつきがあることに注意してくださいね。保存の際は調理した日付やゆで加減を書いておくとよいですよ。

冷凍庫保存は出来るの?

では、賞味期限を少しでも長く持たせる簡単な方法として冷凍庫保管がありますが、煮卵にも有効なのでしょうか。結論から言うと、卵を冷凍することはオススメしません。理由として、冷凍することで白身部分がスカスカになり、品質の保証ができないためです。これは殻のありなし、ゆで卵、煮卵に共通して言えます。

調理の仕方によって日持ちが変わる?

煮卵は、調理方法によって日持ちがよくなったり、悪くなってしまうことがあります。濃いめの醤油やめんつゆで味付けすることで、7日から10日程度日持ちさせることができます。

味の濃さを気にしてつけ汁から出して保存してしまうと、賞味期限が短くなります。日持ちが長くなるのは、つけ汁につけ込んでいる状態になりますので、注意して下さいね。

トロトロの黄身は美味しいけれど…半熟卵には注意しよう。

卵のゆで具合のなかでも、やっぱりトロトロの黄身が魅力的な半熟卵はおいしいですよね。
しかし、半熟卵にしてしまうと日持ちは短くなってしまいます。通常の半熟ゆで卵の日持ちの目安はその日のうちか、長くても1日程度。煮卵にしても3日から4日程度と言われています。

おいしい半熟卵を食べるめにも、調理した日を確認してから食べるようにしましょう。

普通のゆで卵の日持ちについて

ゆで卵は煮卵にすると日持ちがよくなりますが、普通のゆで卵の場合はあまり日持ちしません。卵は、生の状態で保存するのが一番長持ちします。卵は熱を通すことで、腐敗から守るリゾチームといわれる酵素が分解されてしまうためなのです。

ゆで卵にした場合は、殻付き固ゆで卵での冷蔵保管は3日程度、殻無しの固ゆで卵の冷蔵保管は24時間以内と言われています。常温で放置する場合は殻付きで数時間可能とされていますが、殻をむいてしまった場合は、冷蔵保存にしてくださいね。

殻付きでも、ヒビが入ってしまっているものは、殻無しの卵と同様の扱いになりますので、注意してください。

お弁当に入れる時には注意が必要

煮卵を入れる場合

昼食まで常温で保存したい場合、煮卵は数時間であれば問題ないと言われています。しかし、半熟卵の場合は数時間でも注意してください。特に夏場は短時間で雑菌が発生し、腐りやすくなります。

細菌が最も繁殖しやすい温度として、37℃〜40℃と、日本の夏の気候に重なります。煮卵をお弁当に入れる場合は、固ゆで卵で作り、お昼までに食べきるのがよいでしょう。

ゆで卵を入れる場合

ゆで卵の場合は、数時間ももたないと考えます。普通のゆで卵をお弁当に入れる場合は煮卵同様、固ゆで卵にして、冬の季節のみにした方がよいでしょう。固ゆで卵を殻付きのままお弁当にいれると、むいた状態で入れるよりは傷みにくいですよ。

日持ちする煮卵レシピ

卵を中火でゆで、殻を剥いておきましょう。この際、卵のゆで加減によって日持ちが異なることを忘れないでくださいね。すぐに食べるおかずであれば半熟でもかまいませんが、お弁当用の場合は、固ゆでにしましょう。

小鍋にお醤油やお砂糖など、調味料を入れて火にかけ、沸騰したら卵を入れて弱火にします。数分煮たら火を止め、煮汁ごと保存容器に入れて完成です。完成したあとは、お好みの濃さになるまでつけ汁につけておきます。

調味料にお酢やオイスターソース、ナンプラーなどを使うことで、違った味わいの煮卵になります。色々と試して、好きな味の煮卵を作ってみてくださいね。

ただ食べるだけじゃもったいない!煮卵アレンジをご紹介

お好きな調味料で煮込むだけでもおいしいけれど、アレンジを加えることで、ただのおかずから主食にだってなれるんです!きっとご家族も大喜びの、オススメの煮卵アレンジレシピをご紹介いたします。

1 ウーロン茶煮

煮卵をウーロン茶で?とお思いの方も多いはず。実は台湾や中国ではポピュラーな食べ物のひとつなんだそうですよ。

豚バラ肉と一緒にトロトロになるまで煮込んだ煮卵は、おかずにボリュームを加えてくれます。ウーロン茶と紹興酒で煮ることで、すっきりとした後味にでき上がりますよ。

2 半熟煮卵の中華粥

味も見かけもシンプルになりがちなお粥ですが、煮卵を入れることでよいアクセントになります。大好きな人も多い、香菜(パクチー)を加えれば、アジアンなテイストに。体調を崩したときだけでなく、ランチにもなる、おしゃれなひと皿になりますね。

パクチーの他にも、皆さんの好きな薬味や調味料でアレンジしてみてくださいね。

3 キムチの素で作る半熟煮卵

夜のおつまみをパパっと作りたいときには、キムチの素を使った煮卵がオススメ!ビニール袋にキムチ鍋の素、砂糖を入れてつけ込むだけの、鍋さえ不要のレシピです。大人向けのレシピですが、ビールのおつまみに限らず、ご飯のお供やラーメンに乗せて食べるのももちろんおいしいですよ。

4 煮卵のおにぎり

おにぎりの具のレパートリーにお困りの方にはこちらのレシピはいかがでしょう。その名の通り、煮卵をおにぎりで包んでしまうだけの簡単レシピです。ごはんに煮卵のつけ汁を少し混ぜ込むことで、白米でそのまま握るよりも全体に味がついておいしいですよ。

合間に挟んだ大葉が爽やかな風味も加えてくれます。

5 煮卵のサンドイッチ

卵サンドイッチの進化版のような、煮卵サンド。卵そのものに味がついているので、マヨネーズや牛乳を入れて混ぜると、さらにコクのあるサンドイッチになります。レタスやトマトを足すと、味の濃さが調整できますよ。

小腹を満たすちょうどよい常備菜

煮卵の日持ちについてご紹介しましたが、いかがでしたか?味が染みたおいしい煮卵は、煮汁につけておくことで、ゆで卵よりも日持ちさせることができます。すでに味付きの煮卵であれば、塩いらず。小腹が空いたときのおやつや、夜食にもよいですね。

保存がきくので、作り置きしておけば、その都度ゆでる手間も省けます。そのまま食べても、おかずにしてもよい煮卵レシピ、よかったら参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ワイン 肉料理 まとめ

赤ワインは、特にお肉との相性が良いので肉料理によく用いられますが、お肉以外にも赤ワインを使った素敵なレシピがあります。ご飯ものやデザートも含めて、ワインマニアの私が赤ワインを使ったおすすめのレシピを24選、ま…

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

白菜 レシピ

シュウマイの皮でなく、白菜で包んで作るシュウマイのレシピをご紹介します!電子レンジで加熱するだけなので、とっても簡単。プリップリのエビとジューシーな肉汁が溢れ出す、満足度の高いごちそうメニューです。みんなで作…

大根

大根はクセがないので煮て良し、生で食べても良しの優秀野菜。でも、大根の甘い方って上と下どっちだかご存じですか?今回は、大根の甘い方の解説や部位ごとの特性、さらに使い分ける方法を詳しくまとめました。今日から大根…

焼きそば レシピ まとめ

手軽にできておいしい焼きそば。一品でもお腹を満たしてくれますが、相性のいい付け合わせがあればより満足感が増します。今回は、スープやおかず、そして主食まで、焼きそばの付け合わせをレシピ付きで一挙ご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

まとめ

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうから…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つ…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ケーキ スイーツ

フランスとベルギーで修行を積んだオーナーが運営している「ラ・パティスリー・ベルジュ」。ベルギーといえば、やはりケーキにもチョコレートを使用したものが多く含まれています。スイーツ、特にチョコレートが好きな人は必…

表参道 カレー バー おしゃれ

締めにカレー。というのは聞きなれないかもしれませんが、「モクバザ」は、何年も前から、お酒の後にも食べやすいカレーを提供し続けているお店です。肉、野菜、調理方法全てにこだわったカレーは、他のどこでも味わえないシ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...