ローディング中

Loading...

パン作りには欠かせないのがドライイースト。このドライイーストのベストな代用品、ご存じですか?ドライイーストなしでも作れるパンはあるの?天然酵母と何が違う?今回は、ドライイーストの代用品や代用レシピについて詳しくお伝えします。

ドライイーストがなくてもパンは作れる?

ホームベーカリーを使う家庭が増えてきて、とても身近になったパン作り。そんなパン作りに欠かせないのがドライイーストです。でもドライイーストとは何なのでしょうか?ドライイーストがなくても作れるパンはあるのでしょうか?

今回はそんなドライイーストの疑問にお答えします!

そもそもドライイーストって何?

ドライイーストとは

ドライイーストは、一言で言うと酵母菌を乾燥させて顆粒状にしたものです。イーストとは日本語で酵母を意味します。ドライイーストは乾燥させていない生イーストのように予備発酵の手間もなく、材料に直接混ぜ込んで使えるので簡単に使用できるのが特徴です。

ドライイーストの役割

ドライイーストのイースト菌は、パンの材料である小麦粉や糖分を栄養にして発酵していきます。発酵するときに糖を分解し、アルコールと炭酸ガスを発生させます。この炭酸ガスがパンの生地をふくらませます。そしてイースト菌は独特の風味を出すので、焼き上がりが香ばしくなります

ベーキングパウダーでの代用について

ベーキングパウダーとは

パンやケーキなどの「ふくらし粉」として、ドライイースト以外でよく名前が挙がるのがベーキングパウダーです。

ベーキングパウダーは菌であるドライイーストと異なり、重曹に酸性剤を混ぜ合わせて作った膨張剤のことを言います。ベーキングパウダーは水を加えて加熱すると、ドライイーストのように炭酸ガスを発生させます。その炭酸ガスを使ってパンやケーキなどをふくらませているのです。どちらも炭酸ガスでふくらませるので同じように感じますが、ふくらませる力や過程が異なります。

ベーキングパウダーでも代用できる?

まずは、ドライイーストとベーキングパウダーの違いである「ふくらむメカニズム」をご説明します。

ドライイーストは発酵する過程で炭酸ガスを発生させます。しっかり発酵させるには、時間をかけて生地を寝かせる必要があります。時間はかかるけれど強い力でふくらみ、もっちりとした弾力のある仕上がりになります。ふくらます力が強いので、弾力のある強力粉を使った生地に向いています。メニューで言えば、やはりパン作りには欠かせない材料です。

対してベーキングパウダーは、焼いているときにふくらみます。そのため、ドライイーストのように寝かせる時間が必要ありません。

またサクサクとした食感で繊細な仕上がりになります。しかしふくらませる力は弱いため、強力粉のように粘りのある粉ではなく薄力粉を使ったメニューに向いています。パウンドケーキやホットケーキ、ドーナツのような焼き菓子には最適です。

このようにドライイーストとベーキングパウダーは特徴が異なるため、作れるメニューも異ります。食感が大きく変わってくるので、基本的には代用しない方がいいかと思います。ドライイーストを切らしてしまっているときは、ベーキングパウダーで作れるレシピを参考にすればパンなども作ることができます。

天然酵母で代用

天然酵母とは

天然酵母もドライイーストも同じイースト(酵母)菌ですが、何が違うのでしょうか?天然酵母に対してドライイーストは人工的なものなのかと言うと、そうではありません。どちらも自然界に存在するイースト菌であることは同じ。その違いは菌の種類です。

ドライイーストはパンを焼くときに適した菌を抜粋して培養している単一種です。それに対し、天然酵母はブドウなど果実や穀物に付いている野生の酵母を利用して種を作っています。つまり、菌の種類が単一ではなく複数含まれています。そのためドライイーストよりも風味豊かに焼きあがります。

しかし天然酵母は温度管理が難しく、手間と時間がかかります。室温が常に一定で衛生的な環境で管理しなければ、逆に雑菌などが繁殖してしまいます。そうなると、酵母本来のふくらませる力や風味にも影響してしまう可能性があります。

また培養される酵母菌数が一定でないため発酵力も弱く、パン作りに使うには慣れが必要です。発酵に失敗するとうまくふくらまず固いパンになったり、そもそもふくらまないこともあります。

使うのが難しそうな天然酵母ですが、その天然酵母自体は自宅で簡単に作ることができます。しかも材料は湯冷ましにレーズンなどの果物、ガラス瓶だけ!雑菌に注意してうまく作ると、酵母の養分になるはちみつや砂糖を加えるだけで数年使い続けることもできますよ。

天然酵母でパンを作るには?

天然酵母の種類にもよりますが、市販の粉末のものは水と混ぜて発酵させ、生種というドロドロの状態にしてから使います。使い方が記載されている場合は、必ずその方法に従ってください。自家製酵母は粉と混ぜてパン生地のような状態にした元種という状態で使います。塩や砂糖などの調味料はそのままの分量で問題ありません。

自家製の天然酵母を使う場合、酵母種は粉の40%前後入れます。例えば粉100グラムならば40グラム、200グラムなら80グラムです。ただし、天然酵母はそれぞれ性質に違いがあるので一概に分量を決められるものではありません。

次に発酵時間についてですが、ドライイーストよりかなり時間がかかります。一次発酵では、だいたい生地が2倍から3倍の大きさになるまで発酵させます。目安としては気温18度の環境で14時間程度、20度では10時間程度、25度で5時間程度かかります。発酵時間も分量と同様に性質による違いがあるので、様子を見ながら調整してください。

自分で調整したり判断したりする必要があるので少し難しそうに見えますが、加減するのも楽しみのひとつです。ぜひ楽しみながら作ってみてくださいね。

ドライイーストなしでもピザは作れる

ベーキングパウダーでもちもちピザ

本来もちもちとした食感はドライイーストの特徴ですが、ベーキングパウダーでも作り出すことができます。ベーキングパウダーを使うと小麦粉特有の小麦臭さは残りやすくなってしまいますが、寝かす時間が必要ないので時短で作ることができます

ベーキングパウダーでピザを作るときの注意点ですが、ホームベーカリーは使用しないでください。ホームベーカリーはドライイーストを使うことを想定しているため、温度や寝かせる時間などがベーキングパウダーには合いません。そのためパサパサした焼き上がりになってしまいます。ベーキングパウダーでピザ生地を作るときは手作業でおこなってくださいね。

作り方はとても簡単で、材料の強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、塩、牛乳を混ぜて焼くだけです。ピザ生地には強力粉を使うことがほとんどですが、ベーキングパウダーでふくらませる場合は強力粉と薄力粉を半分ずつ混ぜるのがポイントです。そしてお好みの具材を乗せればあとは200度のオーブンで15分ほど焼くだけでもちもちのピザが完成します。

べーキングパウダーでパリパリピザ

パリパリとしたピザがお好みの方も、ベーキングパウダーで焼いてみてください。こちらもポイントは強力粉と薄力粉を半分ずつ混ぜて生地を作ることです。強力粉、薄力粉、塩、オリーブオイル、水を混ぜてこねた後にラップをして常温で15分寝かせます。

もちもちピザとの違いは、この15分寝かせるかどうかにあります。そして焼くときは薄めに伸ばして具材を乗せます。あとはもちもちピザと同じで、200度のオーブンで15分焼きます。

オーブンがない方は、トースターや魚焼きグリル、フライパンでも焼けるので試してみてくださいね。

ドライイーストを使わないパンレシピ

ドライイーストなしでも作れちゃうパンのレシピをご紹介します!簡単に作れるものから本格的なものまであるので、ぜひ試してみてください。

簡単4色パン

プレーン・黒ごま・抹茶・ココアの4つの味が楽しめる簡単パンです。シチューなどの煮込み料理によく合います。ベーキングパウダーを使うので、薄力粉と強力粉を4:1で混ぜます。また、たまごや牛乳、バターを入れるので、風味豊かに仕上がります。

フライパンカルツォーネ

おしゃれなカルツォーネがドライイーストなしで、しかもフライパンで焼けるお手軽レシピです。ベーキングパウダーでふくらませるので、粉は強力粉と薄力粉を半分ずつ混ぜて作るのが特徴です。

材料を混ぜて常温で30分寝かせ、具材を包んでフライパンで焼くだけでできてしまいます。フライパン用のホイルシートを使って焼くので、焼いている途中で形を整えることができます。また、フライパンの表面に焦げが付かないので後片付けの洗い物も楽ちんです。

簡単もちもちナン

カレーのお供、子どもにも大人気のナンです。もちもち食感のためにはドライイーストが必要かと思いきや、ベーキングパウダーでも作れちゃいます。発酵時間が不要なので、忙しい朝でも焼くことができ、朝カレーにもぴったりです。強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、塩、牛乳を混ぜてフライパンで焼くだけでできるお手軽レシピです。

レーズンスコーン

強力粉とベーキングパウダーで作るさくさくのスコーンです。ベーキングパウダーではふくらませるのが難しい強力粉をあえて使うことで、スコーン独特の食感をうまく作りだすことができます。生クリームやたまごが入っているので、パサつきもなくほどよい甘味のスコーンに仕上がります。

天然酵母フランスパン

こねあげまでをホームベーカリーに任せることで、楽に作れるフランスパンです。市販の天然酵母の代表格であるホシノ天然酵母を使う本格的なレシピです。発酵時間に4時間かけるなどプロのような工程ですが、できあがりの味は絶品です。パン作りが好きな方はぜひ作ってみてください。

それぞれの特性を理解して料理上手!

ドライイーストとベーキングパウダー、天然酵母の違いはご理解いただけましたでしょうか。レシピにあるから、と普段何気なく使っている材料でも、意味を理解して使っているとなんだか料理上手になった気がしますよね。

代わりになる場合やならない場合もあるため、それぞれの特徴を理解してうまく使い分けてくださいね。
▼いろいろなパンを作ってみよう!
▼米粉も家で作れるって知ってた?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、究極の半熟卵の作り方を動画つきで紹介します!卵の選び方・茹で時間・むき方はもちろん、水から茹でる場合やレンジを使う場合など、全部丸ごと教えちゃいます。誰でも簡単にで…

サンドイッチ パン ランチ お弁当

今ツイッターで話題になっている、美味しいサンドイッチを作るコツってご存知ですか?なんでも、とある3つのポイントが共感を呼んでいるんですって。いったいどう味に差が出るのか…気になる作り方や違いを実食レビューでご…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

アイスクリーム パン ドーナツ まとめ

暑くなると冷たいものが欲しくなりますよね。冷たいものと言えばアイスクリーム?いいえ、いま、ヨーグルトやパン、お菓子、飲み物などを凍らせた新しいスイーツが話題になっているんです。今回はそんなアイススイーツの作り…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

レシピ まとめ イタリアン おしゃれ リゾット

自宅で作るイタリアンというと皆さんパスタがまず思いつくと思いますが、実はリゾットも意外と簡単に作れることをご存知ですか?しかもリゾットには非日常感もあり、食卓に並ぶといつもよりちょっとオシャレになった感じもし…

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ 菜の花 まとめ

春を感じさせる野菜「菜の花」を使ったレシピの紹介です。菜の花は万能食材で、和・洋・中・そしてスイーツにも使えます!菜の花料理のバリエーションが少ないと思われた方は、ぜひ参考にしてみてください。

レシピ まとめ

「ラクうまごはん」「のっけごはん100」の作者、瀬尾幸子さんのラクで美味しいレシピを探してみました♪あまり手間ひまかけないのに美味しく作れるコツや、作り置きしておくと便利な一品もご紹介。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

自由が丘 カフェ マフィン

自由が丘にある「セキルバーグカフェ」は、Mr.都市伝説こと、ハローバイバイの関暁夫が手がけるお店。実際の集会で使われていたという本物のフリーメイソンの椅子など、かなりオーナーのこだわりが詰まっています。

スイーツ 表参道 パンケーキ フレンチトースト カフェ

皆さんは「ピタヤボウル」をご存知ですか?アサイーボウルの次に流行るとされているスイーツなんですよ。「ピタヤ」とはいったい何を原料としているのでしょう。そして、この「ピタヤボウル」が食べられるお店原宿表参道「C…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る