ローディング中

Loading...

やわらか豆腐が特徴のスンドゥブチゲはいかがですか?熱々スパイシーな味わいが、身体を芯から温めてくれますね。今回は、お店に負けないご家庭でもできる本格的なレシピと、もっとお手軽にできる人気レシピもあわせてご紹介いたします!

柔らか豆腐のスンドゥブチゲレシピ

スンドゥブ(純豆腐)とは韓国式のお豆腐のことで、日本のおぼろ豆腐と同じように水分を絞っていないので、フンワリやわらかな食感です。数年前から純豆腐のチェーン店も展開され、その味わいは多くの人に広まっています。今回は、スーパーで手に入る日本のお豆腐を使って作る、辛くておいしいスンドゥブチゲの魅力とレシピをご紹介いたします!

スンドゥブチゲとキムチ鍋の違いは?

スンドゥブチゲは、トゥッペギと呼ばれる土鍋などにアサリやシジミを敷き、スンドゥブと肉・野菜を入れて水またはスープを張り、コチュジャン、唐辛子粉、ニンニク、ごま油などを使った合わせ調味料で辛味の味付けをして煮込んだものを指します。そして、最後に生卵を落とすのが定番の韓国料理の鍋物として有名です。お豆腐は豆乳に凝固剤を加えた状態で、絞らないので水分を多く含んで柔らかなんですよ。
キムチ鍋の方は、見た目は真っ赤でスンドゥブチゲと似ていますが、白菜キムチをメインに具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われます。お豆腐は脇役なんですね。ちなみにキムチ鍋は、最初からスープで煮込むのではなくて、キムチと肉類を炒めてからスープを注ぐのが本格的な作り方です。キムチは発酵が進んで酸味が強い物ほど味わい深いようです。

食べ方は?

スンドゥブチゲの食べ方については厳格なルールはありませんが、まずは玉子を混ぜずにスープの味を確かめ、次に玉子を混ぜてマイルドになった味わいを楽しみ、スンドゥブとキムチをおかずにご飯を食べましょう。そしてお楽しみは、スンドゥブチゲをご飯に掛けていただきます。日本の豆腐と違ってフンワリやわらかなので、ご飯によく絡みますよ。

本格スンドゥブチゲの作り方6選

1. 身近な食材で野菜たっぷりのスンドゥブチゲ

「いわゆる本場の食材や調味料」を使わずに、身近な材料で作れるレシピです。豚肉と調味料を炒めて香りを引き出し、あさりとお好みの具材をたっぷりと加えて鶏ガラスープで煮込みましょう。最後にゴマ油を加えて、韓国料理らしい香りを立てるのがポイントです。お好みで卵を割り入れていただきます。

2. 煮干しダシのスープから作る!あっさりスンドゥブチゲ

煮干しを3時間以上水に浸けてダシを採ります。土鍋に煮干しダシとコチジャンとお醤油ベースの調味料を加えて中火にかけます。沸騰したら弱火にして野菜とアサリ、キムチを加えます。アサリの口が開いたら、絹ごし豆腐を加えて煮たったら卵黄をそっと入れ、仕上げに一味唐辛子を振り、ゴマ油をたらします。キムチの量で辛さを加減してください。

3. 市販の素で再現!スンドゥブチゲ

カルディで販売されているチゲスープ「マッスンブ スンドゥブチゲ」を使って簡単かつ本格的な味をめざします。石鍋にスープを入れて火にかけ、沸いたら豚肉と野菜を煮込み、豆腐をスプーンですくって入れます。最後に卵を割り入れ、ニラ、もやしとすりごま・刻みネギを乗せてできあがりです。かなりパンチの効いた辛さなので、辛過ぎる場合は、お酒やみりんを加えて調整してください。

4. 木綿豆腐でしっかりめ♩スンドゥブ

木綿豆腐はひと口大に切って下ゆでしておきます。お鍋を中火にかけ、豚肉・白菜の順に炒め、コチュジャンを加えて味を引き立てます。鶏ガラスープを加えて沸いたら白ネギの芯と木綿豆腐を加え、弱火にして3分間煮込みます。ニラを加えてひと混ぜし、器に盛って白髪(しらが)ネギを飾ります。

5. からだの芯から温まる、みそ味スンドゥブチゲ

コチュジャンと日本のお味噌で食べやすいチゲに。鍋にゴマ油、しょうがのすりおろしを入れて弱火で加熱して、いい香りが立ってきたら豚肉を加え中火で炒め、コチュジャンと味噌を加え炒めます。鶏ガラスープを水、お豆腐を加えて煮込みます。塩で味を調え、ニラを加えてひと煮立ちしたら、仕上げにゴマ油をたらします。

6. 韓国調味料「ダシダ」を使った、本格スンドゥブチゲ

鍋にキムチと肉を混ぜ合わせてしばらく置き、火にかけて炒め、調味料を加えてさらに軽く炒めます。昆布だしとキムチの漬けダレ、鷹の爪を加えてフタをして、沸いたら弱火にします。韓国調味料の「ダシダ」と塩を加えて、さらに10分ほど煮込み、残りの野菜と豆腐、卵を落とし入れて、2分ほど煮ます。

もっと手軽に♩スンドゥブチゲレシピ12選

1. ほかほか生姜スンドゥブチゲ

生姜を効かせた脂肪燃焼系スープです。お鍋に水とお野菜、キムチ、すりおろしニンニクを入れて火にかけます。沸いたら豚肉と豆腐、調味料を入れて煮込みます。適当な大きさに切った青野菜と生姜のすりおろしを入れて、ひと煮立ちしたら完成!キムチとコチュジャン、粉唐辛子の量は、お好みの辛さに調節してくださいね。

2. アサリ入り簡単スンドゥブ

仕上げに入れる卵とネギ以外の材料を、すべてお鍋に入れて火にかけます。豆乳を入れる場合は、スープがなじむまではゆっくり弱火で加熱します。辛味はコチュジャンの量で調節するか、唐辛子粉をアクセントにお使いになってもいいでしょう。

3. 島豆腐と魚醤、ツナ入りスンドゥブチゲ

鍋底に少量のごま油をひき、キムチを炒めます。じゃがいも、たまねぎを入れて軽く炒め、油がまわったらニンニクと唐辛子を入れて具にからめます。ツナ缶を入れ、フタをして5分ほど蒸し煮にします。具材がひたひたになるくらいの水とチキンスープの素を入れて火にかけます。沸いたら島豆腐を入れ、魚醤または醤油で味を整えて、最後に玉子を割入れます。

4. ちょっと和風、甘酒入りのスンドゥブチゲ

いりこと鰹と昆布でダシをとり、野菜を入れてコトコト煮込みます。お味噌とコチュジャン、隠し味に麹で作った甘酒を入れて味を整えます。お味噌は2種類をブレンド。最後にお豆腐を手でくずして入れ、豚肉をのせて火が通ったらできあがりです。

5. 甘辛にんにく!和風スンドゥブチゲ鍋

お醤油をベースに昆布ポン酢と梨やマーマレードなどを加えた自家製タレに牛肉の切り落としを10分間漬けておきます。その間に鍋でゴマ油を熱して野菜類を炒めます。一旦材料を取り出し、お肉を焼きます。野菜を鍋に戻して、お豆腐を加えます。卵を入れ、ひと煮立ちさせて完成です。

6. ルクエで使ってチン!お手軽スンドゥブ風煮

材料をルクエに入れてチンするだけの簡単レシピです。下から豆腐、その上にキムチ、塩コショウを振った豚バラ肉、あさり、ニラの順に重ねます。ごま油を振ってフタをしたら、レンジで5分。あさりの口が開いて、お肉に火が通ったのを確認できたら完成です。

7. キムチの素で簡単スンドゥブチゲ

水、キムチの素、豆板醤、味噌を鍋に入れて、味を好みに整えて沸騰させます。野菜と水餃子を入れて煮込み、食べる直前に豆腐と豚肉を入れて、さらに数分煮込みます。お豆腐はやわらかいおぼろ豆腐を使いました。

8. 昆布と煮干しの和風ダシのスンドゥブチゲ

石鍋にゴマ油を引き、あさり、玉ねぎ、豚細切れ、キムチ、唐辛子を15分くらい炒めます。昆布と煮干しでダシを取ったスープを加え、豆腐とネギを入れて10分くらい煮込みます。味が薄かったら薄口醤油で整え、最後にエノキと卵を入れます。

9. 海老とアサリ水煮缶を使った海鮮スンドゥブチゲ

短冊切りにした大根を、土鍋で水から煮ます。その間に、フライパンにゴマ油を入れて豚肉、とネギを調味料を加えながら炒めます。大根が柔らかくなったら白菜を投入し、フライパンで炒めた具材、エビとホタテも土鍋に入れます。具材に火が通ったら顆粒だしで味を調え、お豆腐を崩しながら加えます。フタをして、ひと煮立ちしたら完成です。

10. ウィンナー入り洋風スンドゥブチゲ!

鶏肉の代用にウィンナーを使いました。卵と豆腐以外の材料を鍋に入れ鶏ガラスープと調味料を加えて煮込みます。火が通ったら豆腐とコチジャン・砂糖を加えてひと煮たち。最後に卵を落としてできあがりです。

11. 顆粒のダシダを使って簡単本格スンドゥブチゲ

フライパンか 鍋で、ゴマ油・粉唐辛子・キムチを炒めて香りを立てます。豆腐と卵以外の具材を加えて炒め、豚肉に火が通ったらスープの材料を加えひと煮立ちさせる。ひとり用の土鍋に豆腐・卵の順に入れ、お好みの固さに卵が煮えれば完成です。

新陳代謝を高めよう

いかがでしたか?本格派からお手軽なレシピまで、さまざまでしたね。温かな鍋物はそれだけで身体を温め、ほっこりさせてくれます。しかも唐辛子を使った辛い食べ物は、カプサイシン効果で新陳代謝を促し、脂肪を燃焼させてくれます。女性にピッタリの食べ物なんです。辛い物が苦手な方は、唐辛子やキムチの量を控えて豆乳を使うなど工夫してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 韓国料理 まとめ

韓国料理のなかでも人気のチヂミですが、お店では食べたことがあってもレシピをご存知の方はあまり多くはないようです。材料を混ぜて焼くだけと簡単にできるチヂミの基本レシピから、おすすめしたいタレまでまとめてご紹介い…

アボカド サラダ レシピ まとめ

アボカドはサラダに加えるだけで、ボリューム&美しさが増しますね。そして何よりレシピが多彩!今回は、アボカドにトマトや豆腐、わさびなどを合わせた人気サラダレシピをご紹介します。おすすめドレッシングも取り上げます…

アボカド レシピ まとめ

とろとろクリーミーな食感が人気のアボカド。前菜やサラダはもちろん丼にもぴったり。お肉や海鮮と合わせてご飯の上に盛り付けるだけでごちそうになりますよ。さっぱりと食べられるものから、ガッツリお腹いっぱいになるもの…

まとめ

派手なパフォーマンスとして有名なフランベですが、実は食材をおいしく仕上げるための調理法。フランベする意味とやり方のコツを覚えて、料理の幅を広げてみませんか?今回は、自宅で行う際の注意点も含めて、フランベについ…

お弁当 レシピ まとめ

ベーコンを使った、お弁当のおかずにぴったりのレシピをご紹介します。定番のベーコン巻き以外にも、煮物や炒め物などもピックアップしていますよ。時短レシピを中心に、時間のない朝でも気楽に作れるものばかりです。ぜひご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

レシピ まとめ マヨネーズ

味つきで油を引く手間も省ける「マヨネーズ」手軽においしく作ることのできる「マヨ炒め」のすぐれものレシピを今回はご紹介していきます♪野菜炒めは好きだけどワンパターンになりがち...なんてときに試してみてはいかが?

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

ピクルス レシピ まとめ

ピクルスとは、キュウリなど野菜を酢・砂糖などからなる漬け液に漬けて乳酸発酵させたもの。最近では日本でもお馴染みですよね。今回は、浅漬け風やしっかり漬けなど、ご自宅でもお手軽に作れちゃうレシピを集めてみました。

サラダ 作り置き レシピ まとめ

サラダは毎日食べたい!でもその都度作るのは大変。そこで、今回は便利な「作り置きサラダ」の人気レシピをまとめました。時間があるときに作って冷蔵庫で寝かせておけば、すぐにおいしく食べられるのが魅力的ですよね。毎日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

缶詰

大地震や火山噴火、自然災害はある日突然、予期せぬタイミングでやってくるものです。そこで今回は、あると助かるお菓子や缶詰、レトルト食品のおすすめ商品や、その保存方法までを事細かにご紹介したいと思います。備えあれ…

アイスクリーム まとめ

朝の情報番組「ZIP!」の中で、アイスマン福留さんおすすめ、この夏ぜひ食べるべき『コンビニアイス』が紹介されました。どのアイスもとてもおいしそうで、目移りしてしまいそうです。数量限定、コンビニ限定の商品も含め…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/