ローディング中

Loading...

カップ寿司は、酢飯やでんぶなどを層にして入れることで断面が美しくなります。トップにはカラフルな具材をのせたり、季節に合わせたりと自由自在です。カップは100均などで手軽に入るので、今回紹介する人気レシピにチャレンジしてみてくださいね。

パーティーにおすすめ!カップ寿司

カップ寿司はトップのデコレーションを工夫することでバリエーションが楽しめるパーティーレシピです。年間の行事ごとのカップ寿司を楽しんでいる方々は、SNSで「#カップ寿司」と検索すれば皆さんのかわいいカップ寿司をたくさん見ることができます。また、100均ではさまざまなデザインやサイズの透明カップが販売されています。100均のお手頃価格のカップにさっとお寿司を詰めるだけのカップ寿司は、ポットラックパーティーや、お花見などにもっていくのにもお手軽で便利です。

インスタで盛り上がり♩おしゃれなカップ寿司

それではさっそく見ているだけで楽しいおしゃれなカップ寿司をご紹介します。ポイントは、色合いと、トップからご飯を見えなくすることです。

カップ寿司は透明なカップを使うと横から断面が見えるので、食材の色やふりかけなどを使ってすし飯に色付けをし、いろんな色のすし飯を重ねていくことで美しくなります。また、そうなっていることで食べ進めても味に変化を感じ、最後まで飽きがきません。

エビと野菜でシンプルだけどおしゃれに

インスタグラムで紹介されているカップ寿司はどれもとてもおしゃれです。カップ寿司のポイントは詰めた後のトップのデコレーションです。エビのオレンジや花野菜のグリーンを使うと自然体で見栄えのいいカップ寿司になります。器から少しはみ出る範囲に飾るとボリューム感も出ますね。

季節ごとの行事を楽しむ

カップ寿司はトップが平らなのでその部分にキャラクターや食材で作ったデコレーションをのせればイベントに合わせて楽しむことができます。お雛祭りや端午の節句、ハロウィンなど季節ごとにカップ寿司を食べるのもいいですね。
うずらを顔に見立ててかわいいピックをさせばアッという間にお雛様になります。

四角のクリアカップは断面を美しく

四角くてクリアなカップは断面の美しさを表現するのにぴったりのカップです。さくらでんぶやきゅうりなど、素材の色が美しいものとすし飯を層にして入れていくだけで見ていて楽しい層になりますね。四角いカップは安定感もあるので詰めやすいです。詰めるときにはスプーンを使うとうまくいきますよ。

断面もトップもかわいい!レシピ20選

カップ寿司のアレンジレシピをご紹介していきます。基本はすし飯と、具材にしたい食材を飾るだけですので、どれも画像を見れば簡単に作ることができます。
慣れたら、あとはご自分のお好みで、季節の食材を使ってアレンジを楽しんでください。

1.15分で完成小松菜酢飯

すし飯に小松菜と綱を混ぜただけのご飯をカップに盛り付けます。あとは、ゆでたまごのマヨネーズ和えとプチトマトを添えるだけですので、工程全部を合わせても15分で完成します。小松菜のグリーンがすし飯の部分に色をそえてくれます。トップに黄色と赤の色合いも加わり、色も味も楽しめるカップ寿司です。

2.ぶきっちょでも大丈夫、チラシ寿司

ちらし寿司をカップに詰めるだけでもカップ寿司になります。ちらし寿司は、具材も入ったちらし寿司の素を使えば混ぜるだけでできますね。詰めたお寿司の上には炒り卵、ハムやキュウリを切ってのせるだけです。

こちらのレシピではレンジを使って簡単にきれいな炒り卵を作っています。参考にしてみてください。

3.時短!デコふりでカラフルに

キャラ弁のデコレーション用に色を付けるためのふりかけが販売されています。こちらは3色のふりかけを使用して断面が美しいカップ寿司にしています。トップには豪華にイクラがたっぷりのっています。花かまぼこの入ったゴマ塩を振りかけて完成!混ぜて詰めてのせるだけの超簡単レシピです。

4.海鮮カップ寿司

トップに、ピーラーで薄くスライスしたきゅうりでふちを作り、サーモン、厚焼き玉子の角切り、そしてイクラをのせます。海の親子丼風のカップ寿司ですね。カップの中には、酢飯と錦糸卵を層にしてつめているので断面も美しいですよ!
きゅうりのリボンは具材がこぼれないように安定させるのにも便利です。盛り付けに自信のない方にもおすすめ。

5.イクラで彩りカップ寿司

こちらのレシピは菜の花の塩ゆでや綱のそぼろなど、ひと手間かけて丁寧に作っているカップ寿司です。旬の食材を使えば風味も高く、季節感もアップします。炒り卵には牛乳を入れているのでふんわりとした卵になります。

6.生ハムのピンクがかわいいカップ寿司

すし飯にゴマを混ぜたものをベースに、でんぶで断面に華やかさを出します。トップには生ハムとプチトマト、錦糸卵と三つ葉で彩りよく飾ります。生ハムはくるりとまいてお花のイメージにしてあげると、より華やかになります。普通のハムやビアハムを使ってもかわいいお花が作れますよ。

7.うなぎのかば焼きで豪華なカップ寿司

うなぎのかば焼きがのった豪華なカップ寿司です。レンコンの甘酢漬けのシャキッとした歯ざわりがアクセントになっていて、ニンジンで作ったモミジもとてもきれいです。かば焼きをのせるだけなので、ほかの具材に少し時間をかけてゴージャス感をさらにアップさせてくださいね。

生ものを使っていないので、少し暖かい季節でも安心してお弁当にすることができるカップ寿司です。

8.サーモン&生ハムでブーケっぽく

すし飯と鶏肉そぼろなどお好みの食材で層にしたあとに、生ハムとスモークサーモンをくるくると巻いたバラを飾り付ければ豪華なアレンジメントフラワー風のカップ寿司になります。トップからご飯が見えないようにするとより豪華な見栄えになります。

9.女子におすすめアボカド&シュリンプ

女子が喜ぶ食材アボガドはすし飯との相性が抜群です。エビとのカラーの対比が美しいカップ寿司ですね。リーフレタスを使うなど、サラダっぽさも楽しめるカップ寿司ですので、女子会のポットラックパーティにおすすめです。

10.はんなり春色のカップ寿司

酢飯を透明カップに詰め、トップに錦糸卵、ツナマヨきぬさやなどを飾り付けます。酢飯にもさくらでんぶを混ぜているのでご飯がほんのりと桜色に仕上がります。こちらのカップ寿司は全体が春を感じるかわいい色合いです。ツナマヨなのでお子さんも喜んで食べてくれますよ。

11.カップケーキみたいなカップ寿司

カップ寿司は透明カップを使う場合が多いのですが、こちらのレシピではカップケーキ用のカップを使っています。すし飯の上には角切りにしたお刺身や卵、キュウリなどをご飯が見えないようにのせています。カップケーキ用のカップで、よりかわいらしくポップなものに仕上がっています。

12.パフェ風カップ寿司海ぶどう添え

容器にガラスのおちょこや小鉢を使ったら、すてきなカップ寿司になります。こちらでは、ちらし寿司の素を使ったお寿司を詰めているので、すぐにできます。錦糸卵の上には海ぶどうを添えて、磯の香りが楽しめます。海ぶどうの透ける感じも涼しげな夏におすすめのカップ寿司です。ガラスの器を使うことでまるで懐石料理のような上品さが出ますね。

13.白だしで〆た刺身がおいしいカップ寿司

鯛とサーモンの刺身を白だしでシメてきゅうりと一緒にトップに飾っています。白だしのうまみがしみこんだお刺身はすし飯と一緒に食べると贅沢な気分にさせてくれます。ラディッシュの鮮やかな赤色がとてもきれいですね。

14.そぼろを使ったキャラカップ寿司

そぼろを使ってキャラにしてあげると子供たちが喜ぶカップ寿司になります。こちらでは、炒り卵と鶏そぼろでくまちゃんの色を出しています。チーズやノリで目鼻を作ってあげてくださいね。折り紙のかぶとでこどもの日のパーティーにピッタリです。

15.ご飯も3色ハロウィンデコレーションカップ寿司

こちらはハロウィンの飾りのカップ寿司です。のりや紫芋のフレークでハロウィンカラーを再現しています。お化けはウィンナーやうずら卵で簡単にできますよ!かぼちゃの飾りはマッシュしたカボチャを成型しています。見た目だけでなく栄養バランスもいいハロウィンカップ寿司です。

16.カップの内側に♩クリスマスカップ寿司

星形に型抜きしたニンジンをカップの表面に張り付けてからご飯を詰めると、クリスマスっぽいカップ寿司になります。でんぶで色付けしたご飯の層もきれいですね。ピンクがメインのカップ寿司は女の子のハートをつかみそうです。天盛りにしたエビとスプラウトの周りにラディッシュがきちんと並べられているのでどこから見ても美しい仕上がりですね。

17.桜の花を添えて彩り豊かに

彩のいい野菜やエビをぎっしりと詰めた、見るのも食べるのも楽しいカップ寿司です。中央には桜の花の塩漬けを添えていますよ!桜の香りはもちろん、塩気が入ることで味が締まりますね。具材の種類が多いときは欲張らず、少しずつをぎゅっとカップに飾ってくださいね。

18.焼きウニで大人向けカップ寿司

生うにをたっぷりとのせたシンプルなカップ寿司です。うには、焼くことで甘みやとろっとした感じが減るのでウニの風味が苦手な方にも食べやすくなります。大葉の香りと焼き海苔でシンプルですがとても贅沢なひと品ですよ!メインのお食事としてもおいしいのですが、飲んだ後の〆にもピッタリな大人向けのカップ寿司です。

19.カップ寿司で海鮮丼

カップ寿司の上には海鮮丼の具材に使われるお刺身を角切りにしてぎっしりと詰めています。お刺身や、スモークサーモンの切り落とし部分を使ったら、少しお安く作ることもできますよ!こちらのレシピでは赤身のお魚がメインになっています。エビの殻をむいた部分の白っぽさが引き立って紅白のおめでたいカップ寿司になりますので、お祝いの席におすすめです。

20.カニカマがとってもきれいなカップ寿司

カニカマときゅうりのカラーの対比がきれいなカップ寿司です。加熱調理は炒り卵だけ、あとは切った食材を順番にすし飯と一緒に詰めていくだけです。すし飯の間に水菜や卵を入れるだけでカラーのバランスがよくなりますね。カニカマの赤をとても引き立ててくれています。

アレンジ無限大!季節ごとに飾りを変えよう

いかがでしたか?カップ寿司は調理があまり必要がないのに見た目が豪華に仕上がりますよ!お花見弁当に入れても食べやすく華やかです。また、パーティーなどのシーンでは、トップの飾りを変えるだけであっという間に数種類のカップ寿司にアレンジすることが可能です。

季節ごとのアレンジも楽しめるカップ寿司をぜひ作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かぼちゃ サラダ スープ まとめ

夏から冬にかけて旬を迎えるかぼちゃは、ほくほくとした食感と程よい甘味さで、煮物やサラダ、お菓子までレシピが豊富にあります。今回は、定番からアレンジまで人気のかぼちゃレシピを紹介!1個買ったら、食事からスイーツ…

ケーキ おやつ まとめ

ケーキは手間と時間がかかるイメージが……しかし!今回ご紹介するレシピを参考にすれば、簡単にチーズケーキやロールケーキが作れるんです。ホットケーキミックスを使った材料少なめのレシピや、時短で作れるレシピなどを参…

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

まとめ

2017年夏、ビーチにフラミンゴを連れて行く若者が急増中!今夏はフラミンゴデザインが大ブームとなり、世界中でかわいいフラミンゴグッズが販売されているんですよ。お皿やマグカップ、ストローまでピンク一色!大人気の…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ パン サンドイッチ

カルボナーラといえばパスタ、はもう一昔前の常識になっているようです!今回はカルボナーラサンドのレシピをご紹介します。色目も美しく栄養も満点♩お子様も一緒に作ってみるのも楽しそうです!

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

レシピ まとめ

豆腐がつくれる豆乳も販売されていますが、豆乳は体にやさしく、コレステロールも0!美容にいいと言われるビタミンBやビタミンEが非常に多く含まれているということで女性の強い味方です。そのまま飲むのが苦手な方も料理…

レシピ おつまみ まとめ アレンジレシピ

ポテトチップそのまま食べてもおいしくてついつい食べすぎちゃいます。でも、コストコのポテチ大袋!アメリカンサイズ!!もてあます事ありません?ポテトチップをお料理に使って一気に消費!大丈夫♡だっておいもが原料です…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

パスタ 大阪

不動の人気を誇る日本のハンバーガー店「モスバーガー」が、パスタの専門店を出していたのをご存知ですか?「ミアクッチーナ」は、尼崎のキューズモール内にある、フードコートで味わえる本格パスタ専門店です。

サンドイッチ パン まとめ

「マルチシリアル」とは、オーツ麦や大豆・亜麻仁など穀物がバランスよく混合されたもの。これでパンを焼けばふわふわでおいしく、そのままでもサンドイッチにしても美味なんです。皆さんがどんな風にマルチシリアルパンを活…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る