ローディング中

Loading...

煮ても焼いてもおいしい「椎茸」。いろいろな食べ方ができる椎茸ですが、石づきの部分は食べていますか?椎茸はどこまで食べられるのでしょう?椎茸の石づきや軸の扱い方や、椎茸のおいしい食べ方についてご紹介。傘から軸まで使った役立つレシピも参考に!

椎茸の石づき

煮物や、味噌汁、鍋など、煮ても焼いてもおいしい椎茸、。干し椎茸は季節を問わず食べられますし、おいしいお出汁を出してくれる人気のきのこですよね。

そんな椎茸ですが、調理する際、石づきを食べるか食べないか迷ったことはないでしょうか?すき焼きなどでは傘の部分だけを使っているお店もあるため、軸や石づきは食べられないと思っている方もいるのでは?

そもそも石づきの場所とはどこの部分を言うのかご存じでしょうか?今回は椎茸の軸や石づき、おいしい食べ方について調べてみました!おすすめの椎茸レシピや軸の活用法についてもご紹介します。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

そもそも石づきってどこ?

石づきとは?

そもそも、石づきとはどの部分のことを言うのでしょうか。何となく聞いたことはあってもはっきりとどの部分を指すのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。椎茸には「傘」「軸」「石づき」と呼ばれる部位があります。

「傘」は、椎茸の風味が一番強い部分。肉厚で、椎茸といえばここですよね。「軸」は、傘の下に伸びている棒のような部分を言います。縦に繊維が入っているここの部分も食べられます。そして「石づき」は、原木と接していた黒く硬い部分です。ここはとても固いので、食べるには適していません。

軸は傘に比べて風味は弱いと感じますが、繊維質で食感がよく、おいしく食べられます。軸と石づきの違いを知らず、全部食べられないと思っている方もいるようですが、軸はおいしい部分ですので、ぜひ捨てずに食べてみてくださいね。

石づきは、軸の延長にある部分ですが、原木と接していたため、この部分はとても硬く、食べられないわけではありませんが、おいしくは感じないでしょう。

ただし、石づきはおいしい出汁をとるのに適していますので、お出汁をとるにに利用ができますよ。

椎茸の石づきの取り方

石づきは食べてはいけないのではなく、硬くて食べられないだけです。毒があるわけではありませんので、黒く硬くなっている部分を切り落とすか、削り取れば大丈夫ですよ。手でちぎっても構いませんが、包丁でサクッと切り落としてしまいましょう。

軸は食べても出汁にしてもおいしい!

傘同様、旨味のつまった椎茸の軸は、お料理してもおいしく食べられます。お料理によっては傘だけを使いたい場合もありますよね。その場合には軸を取り除いて、別のひと皿に仕上げましょう。軸だけを使ったお料理もおいしいですし、お出汁としても活用できますよ。

出汁として使う方法

干し椎茸には、うまみ成分「グアニル酸」が豊富。お出汁に使うのに適しています。でも干し椎茸がない場合には、生の椎茸の軸と石づきで干し椎茸を作ることができるんですよ。

軸と石づきの部分を切り落としたら、天日干ししましょう。カラカラになったら完成です。あとは、お水で戻してみそ汁や煮物などの出汁として使います。

椎茸の軸できんぴら

縦に繊維が入っている椎茸の軸を手で割くか、包丁で細切りします。人参やいんげんなど、お好きな野菜と一緒にごま油で炒めます。醤油や砂糖、みりんなどの調味料で味付けし、鷹の爪で辛味を加えれば完成です。ご飯のすすむひと品ですよ。

みじん切りにして具材に

あまり食感が好きではない方にはこちらがおすすめ。椎茸嫌いのお子さんにも良いと思います。軸の部分をみじん切りにしたら、餃子やハンバーグ、つくねなどのタネに混ぜてしまいます。姿は見えませんが、旨味としてひと役買ってくれますよ。
▼椎茸の保存期間も参考に!

軸まで使う椎茸レシピ

先ほどは軸だけを使う方法をお伝えしましたが、やはり通常は傘と一緒に調理しますよね。そこで軸まで使う椎茸レシピ5選をご紹介します!

1 坦々ご飯

先ほどもご紹介しましたが、椎茸を傘から軸までみじん切りにするレシピです。具材がすべてみじん切りなので、そもそも椎茸が苦手という方でも美味しくいただけそうですね!豆板醤で辛さの調節をすれば、お子さまでもおいしくいただけます。麺類にのせたり、おにぎりにしてもいいですね!

2 きのこ入り炊き込み御飯

こちらは、椎茸の軸の食感をたのしめるレシピです。椎茸、しめじ、芽ひじきなど、具材が沢山はいった炊き込みご飯。きのこたっぷりで、味わい深いおいしさの炊き込みご飯ができ上がるはずですよ。

3 椎茸の春巻き

こちらは、大きめにカットした椎茸の食感がよいお料理です。椎茸を軸も含めて4等分にして調理します。春巻きにしても嚙んだ時に椎茸の存在を十分に感じられますよ。春巻きはスーパーなどのお惣菜でも見かけますが、ご自宅で作る揚げたてはやはりおすすめです。

4 きのこの佃煮

椎茸、マイタケ、シメジのきのこ3種類を使ったレシピ。ちょっと濃いめの味付けで、ご飯がすすむおかずです。お好みで一味唐辛子を仕上げにかけてもおいしそうですよ。うどんやお蕎麦にのせても合いそうです。

5 椎茸入りハンバーグ

お肉と椎茸の相性はとてもよく、ハンバーグのネタに椎茸を入れるととてもおいしいんですよ。いつものハンバーグのタネに椎茸のみじん切りを入れるだけで、普段よりもずっと旨味を感じられるはずです。

冷凍保存しておいても便利

椎は、冷凍保存にも適していると聞いたことはないでしょうか。冷凍することで、椎茸の細胞壁が壊れ、栄養素や味、風味が出やすくなるといいます。そのため、軸に限らず椎茸は冷凍しておいても便利でおいしくいただけます。

傘と軸を別に冷凍するときは、取り出した後すぐ使えるようにあらかじめカットしておきます。傘はスライス、軸は繊維に沿って割くかスライスします。ジッパー付きの保存袋に入れて、なるべく平らにならし冷凍庫へ。
また、調理する際は冷凍したまま使います。細胞壁が壊れているため、解凍してしまうと食感を損ねてしまいます。炒め物よりもスープや煮込み料理で使うといいでしょう。

椎茸を余すことなく賢く利用しよう!

いかがでしたか。椎茸は傘だけでなく軸までおいしく食べられます。これまで椎茸の軸は捨てていたという方も、今回の内容を参考に、よかったらぜひ、食べてみてくださいね。

石づきや天日干しした軸は干し椎茸のかわりにもなります。煮物やカレーなどの隠し味としても活用できますよ。石づきだけは固くて食べられませんが、その他の部分は出汁として利用するだけでなく立派な具材になります。椎茸をいろいろな使い方でまるごと味わいましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

ちくわ 鶏肉 レシピ まとめ

海苔や青のりを衣に使った「磯辺揚げ」。お弁当や居酒屋の定番メニューなので、誰でも一度は食べたことがあるのでは?この磯辺揚げ、作ってみるといろいろな食材にピッタリなんです!野菜や肉、魚介類と多彩なレシピがあるの…

レシピ 納豆 チャーハン まとめ

チャーハンのマンネリ化にはキムチがおすすめ!定番の豚キムチチャーハンや納豆を使ったものまで、人気のレシピ20選をご紹介します。べちゃっとなるから……という方にもぱらりと仕上がる作り方のコツを伝授いたします♩ …

レシピ キャベツ じゃがいも まとめ

玉ねぎのお味噌汁は、玉ねぎの甘みがあっておいしいですよね。一緒に入れる具材はじゃがいもやキャベツが定番ですが、他にもおいしく食べられるものがありそうです。どんな具材と相性がいいのか、今回は厳選した15種類のレ…

とうもろこし レシピ

6月~9月にかけてが旬のとうもろこし。暑い季節に茹でるのは面倒……なんて感じたことはありませんか?今回は、レンジを使ったとうもろこしの調理方法をご紹介!ラップを使った基本の方法や、皮ごと調理する裏技も♩茹でる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

アルミ製ののフライパンってくっつくし、なんだか使い辛そうなんて思っていませんか?ですが、正しい使い方と保存方法を知ればとても便利!アルミフライパンに抵抗のある人も、これを読めばきっとアルミフライパンを使ってみ…

食パン パン

バターたっぷりのクロワッサンやもちもちのベーグル・・・食べる人を幸せにするパンですが、ところで皆さんは食パンを英語で言えますか?今回は食パンの正しい英語に加えて、いろいろなパンの種類と英語をまとめて御紹介しま…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る