ローディング中

Loading...

カレーにはトロトロに煮込んだカレーと、水っぽいサラサラのカレーがあります。トロトロカレーが好きな方には、水っぽいカレーはちょっと物足りないですよね。カレーにとろみを付ける方法はたくさんあります。ぜひお好きな固さのカレーを楽しんでください!

せっかくのカレーが水っぽい!

子供から大人までみんな大好きなカレー。簡単に作れるだけでなく、一度に何日分もまとめて作れることから、忙しい方の味方とも言えるメニューですよね。

そんなカレーですが、市販のカレールウを使って作ったのに、水の分量を間違えて水っぽくなってしまった、スパイスから本格的に作りたいのにどうしても好みの固さにならない、そんな経験はありませんか?そんな時のために、ちょっとしたコツで水っぽいカレーをトロトロにする便利な方法があります!

味は濃いのにとろみだけ足りないとき、味もとろみも足りないとき、今回ご紹介する方法を使えば簡単に好みのカレーが作れます。ぜひカレー作りの参考にしてください!

カレーが水っぽくなる原因

レシピ通りに作ってもカレーが水っぽくなってしまう原因は色々あります。まずは水っぽくなる原因を知っておきましょう。

調理中に意識しておけば、水っぽいカレーにならないかもしれません。

水分の多い具材のせい

レシピに合わせて分量通りに作っているのに、カレーが水っぽくなってしまう。それは野菜の水分量の違いかもしれません。

水はレシピ通りに計量できますが、野菜に含まれる水分までは考慮されていません。旬のみずみずしい野菜を使うと、レシピに使われている野菜と水分量が大きく変わる場合があります。

はちみつを入れるタイミング

カレーの辛さをマイルドにするために、はちみつが使われることがあります。はちみつには「アミラーゼ」という酵素が含まれていて、この酵素がカレーを水っぽくする原因かもしれません。

「アミラーゼ」はとろみの素となるでんぷんを分解し、カレーからとろみを奪ってしまいます。はちみつを入れて調理する場合はこの「アミラーゼ」の働きを止めるため、ルウを入れる前に20分以上加熱しましょう。

味見したスプーンで混ぜない

調理中に味見をするとき、調理に使っているお玉やスプーンに直接口を付けて味見をしたことはありませんか?なんとこのときに付いた少量の唾液が、カレーを水っぽくしてしまうこともあるんです。

唾液にもはちみつと同じ「アミラーゼ」という酵素が含まれていて、でんぷんを分解してとろみを奪ってしまいます。味見はお玉やスプーンで小皿に入れるなどしてから口をつけましょう。

ルウを入れてからの加熱不足

市販のカレールウを使う場合、野菜をやわらかく煮込んでからルウを入れる場合がほとんどです。野菜はすでに火が通っているので、ルウを入れてから煮込まずに調理を終わらせてしまうことも。この時に煮込みが足りないと、とろみが付きません。

ルウを入れた後は、パッケージに記載されている煮込み時間を守るようにしましょう。

カレーにとろみをつける方法

しっかりと煮込んでもカレーにとろみが付かないとき、とろみをつける方法は色々あります。味に変化が出るものもあるので、お好きな味に近づくとろみ付けを探してみてください。

それぞれたくさん入れると固いカレーになってしまうので、少しずつ様子を見ながら入れていきましょう。とろみが付いたカレーを加熱していると焦げやすくなるので、小まめにかき混ぜながら加熱するのがポイントです。

小麦粉を水で溶いて入れる

小麦粉大さじ2を水大さじ2で溶き、できあがったカレーを加熱して沸騰しているところに少しずつ加えていきます。弱火で5~10分ほど煮込むととろみがついてきます。

片栗粉を水で溶いて入れる

料理のとろみ付けとしてよく使用される片栗粉。これはカレーのとろみ付けにも使用できます。あまり入れすぎると固まってしまったりダマになってしまうので、薄めの水溶き片栗粉を少しずつ入れていきましょう。

片栗粉でのとろみ付けは粘りも出てしまうので、カレーには小麦粉でとろみをつける方が向いています。片栗粉は小麦粉が家にないときの代用として利用してみてください。

小麦粉とバターを溶かしたものを入れる

レンジなどでやわらかくしたバターに同量の小麦粉を加えて作る、ブールマニエという手法があります。

ブールマニエを使うことで、カレーにバターのコクも加わりおいしく仕上がります。

バターと小麦粉をよく混ぜてブールマニエを作っておき、そこにカレーを煮込んでいるときの煮汁を加えて伸ばしてから加えると溶けやすくダマになりません。

溶けるチーズ入れる

少量のカレーのとろみをつけたい時は、溶けるチーズを入れてもとろみが付きます。チーズのコクも加わりおいしくなりますよ。

溶けるチーズでたくさんのカレーにとろみをつけるのには量が必要になり、塩分が上がりコストもかかります。少量のカレーにとろみを付けたい場合におすすめです。

すりつぶしたバナナを入れる

カレーにバナナ!?どんな味がするの?と思うかもしれませんが、ほんのり甘めのカレーに仕上がります。辛くなり過ぎたカレーを甘く、そしてとろみをつけて仕上げたいときはぜひ試してみてください。
▼カレーにコクを増すなら!牛乳はどうですか?

薄味に効く!カレーの隠し味

ちょっと味が薄い、決まらないと思ったら、ほんの少し隠し味を足してみましょう。家庭で本格的な味にチャレンジしたいときや子供用に作った甘口カレーを辛くしたいときなど、覚えておくと便利な隠し味をご紹介します。

味をはっきりさせたい

味がうすくぼんやりとしてしまったときは、醤油を試してみてください。たくさん入れると和風テイストになりますが、少量入れるとスパイスの辛さを引き立てつつはっきりとした味わいになります。

醤油ははちみつと同じく、カレーのとろみを弱くする「アミラーゼ」という酵素が含まれます。カレールウで調理した後に醤油を加える場合は、ぐつぐつと沸騰した状態で入れます。醤油を入れたらかき混ぜながら10分ほど煮込むと、とろみも付いたままおいしく仕上がります

もっと辛くしたい

子供用に作った甘口カレーを辛くしたい場合は、一味唐辛子やブラックペッパーがおすすめです。一味唐辛子の原料は乾燥した唐辛子のみなので、出来上がったカレーに余計な香りなどを加えず辛味だけを追加できます。

ブラックペッパーを加えると、ピリッと刺激的な味わいになります。ブラックペッパーは香りも辛味も強く、大人向けの味付けができます。

甘くマイルドにしたい

逆に大人用のカレーを子供に食べさせるとき、辛いカレーを甘く仕上げる方法もあります。

まずは牛乳でカレーを伸ばす方法です。牛乳のやさしい甘味がカレーをマイルドにしてくれます。水っぽくなってしまったら、上でご紹介したバターと小麦粉で作るブールマニエを加えてみましょう。

コーンスープも、カレーにコクを追加しつつマイルドにしてくれます。インスタントの粉末コーンスープを使えば手間もかかりません。

じっくりと炒めたあめ色玉ねぎを加えるのもおすすめです。玉ねぎはじっくりと加熱することで甘味が増します。野菜嫌いな子供もカレーに入れると玉ねぎの栄養がたくさん摂れて一石二鳥です。
▼カレーのお肉を柔らかくする方法、あります!

水っぽいカレーのリメイクレシピ

カレーが水っぽくなってしまったら、その水っぽさを活かしてカレーライス以外の楽しみ方をするのもありですね!おすすめの食べ方とレシピをご紹介していきます。

カレー鍋

めんつゆとカレーで汁を作って煮込むだけの簡単リメイクです。こちらのレシピでは少量の豆乳を入れています。好きな具で作れるので、水っぽいカレーや、カレーが少し残った時などに重宝しますね。

カレーパスタ

カレーはうどんだけでなく、パスタにも良く合います!作り方はチーズと生クリームを入れて煮詰めたカレーに、茹でたパスタを加えるだけ。

カレーの具が少しでも残っていれば、パスタ用に具を用意する必要がありません。夕飯の残りを使ってサッと作りたいお昼ご飯におすすめです。

カレードリア

バターと小麦粉を混ぜ、牛乳を少しずつ加えながらコンソメ、塩を入れてホワイトソースを作ります。器にご飯を入れ、ホワイトソースを流し混ぜてカレーをよそります。チーズを全体的に入れ、その上にパン粉を乗せ、オーブントースターで焼いたら完成です。

水っぽいカレーとはさよなら!

トロトロのカレーが好きな方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。市販のルウを使う時も、スパイスから本格的に作る時も、どちらも応用できる方法です。

とろみ付けをする食材を多めに入れて固めのカレーを作れば、カレーパンなどアレンジもしやすくなりますよ。

大人も子供も大好きなカレー。隠し味も様々なので、ぜひ色々と試してみてお好きな固さ・味を試してみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

オートミール レシピ

オートミールをご存じですか?シリアルの食べ方とは少し違うオートミール。実はスイーツとしても食事としても食べられる健康的な食べ物です。オートミールについての詳しい内容と、おすすめの簡単でおいしい食べ方とレシピを…

お弁当 レシピ

そろそろあちこちで花火大会が話題になる季節になってきました。そんな夏の風物詩、花火をモチーフにした花火弁当をご存知でしょうか。今回は、お弁当箱の中で打ち上がる花火とはどんなものなのか、その詳細や作り方、アレン…

レシピ まとめ

ジューシーな味わいで人気のロールキャベツ。ロールキャベツの日の献立はどうしていますか?パンやご飯をつけ合わせるだけでもよいのですが、副菜をプラスしてバランスよく立てたいもの。きっと役立つロールキャベツにおすす…

レシピ

ガチャガチャクッキーやスイカクッキーなど、インスタを中心にキュートなクッキーが人気を集めていますよね。梅雨時期に注目のデコクッキーは、傘クッキーです。一見難しそうに見えますが、作り方は実はカンタン。ここではそ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

フルーツ

初夏が旬の桃。何となく皮をむいて食べていますが、おいしい食べ方は「皮ごと」らしいんですよ。今回は、皮ごと桃を食べる際のコツやおいしい食べ方、選び方など、桃についてまとめてみました。この夏は、とことん桃を味わい…

レシピ まとめ

皆さん「ビビンバ」はお好きですか?おうちで簡単に作れたら嬉しいですよね。今回は、基本のビビンバから、さまざまな具材を使った丼、フライパンやホットプレートで調理できるもの、変り種のビビンバまで、一挙大公開します!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る