ローディング中

Loading...

最近、日本でも少しずつ定着し始めている「イースター」の意味、ご存じですか?カラフルに彩られた卵やうさぎを飾るかわいらしいイメージがありますが、その意味や楽しみ方が気になりますよね。今回は、イースターについてまとめてみました。

イースターってどんな日?どんな意味?

イースターとは

イースターとは、キリスト教の祭事のことで、日本語では「復活祭」と言われています。十字架にかけられて命を落としたイエス・キリストが、3日後に復活したことを記憶・祝うお祭りで、キリスト教徒にとっては最も重要なお祭りとされています。

イースター当日は日曜日の1日だけですが、その前後1週間ほどを「イースター期間」としている国や地域もあり、この時期の多くの教会で特別な礼拝が行われています。キリスト教信仰心が強い国や地域では、お店なども早く閉まってしまうことや長期休みに入ってしまうことが多いため、旅行の際は注意が必要です。日本で言う年末年始のような感覚ですね。

そんなイースターですが、ハロウィンやクリスマスなどと比べるとまだまだ日本での認知度は低め。「卵やうさぎをかわいく飾る」ということは分かっていても、そもそも何を祝う日なの?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回はイースターの由来や楽しみ方などについてまとめてみました。

イースターの由来

キリスト教徒にとって最も大切なイベントと言っても過言ではないイースター。ですが、元々はキリスト教とは全く関係のない、春の訪れを祝うお祭りだったのです。

今では国や地域に関係なく信仰者がいるキリスト教ですが、布教の際、その土地その土地の風習を取り入れて少しずつ形を変え、現在の形に至ったとされています。

そのなかで、現在のイースターを作るきっかけとなったのがアングロサクソン地方(現在のデンマークやドイツ付近)で行われていたお祭りでした。この地方では、古くから春の女神「Eostre」を奉り、冬から春へと季節の移ろいを祝うお祭りが行われていたのです。寒さが厳しいデンマークやドイツ。植物が芽吹く春の訪れはたいそう嬉しいことだったのでしょう。

草木が芽吹き、動物たちが生気を取り戻す様が、十字架で処刑されたのちに復活したイエス・キリストのイメージと重なり、現在のイースターの形になったとされています。

2017年のイースターは4月16日!

ハロウィンやクリスマスと異なり、イースターは毎年日付けが異なります。具体的には、「春分の日の後、最初の満月から最も近い日曜日」とされており、3月20日~4月25日の間に該当することが多くなっています。

ですが、この数え方に関しては、私たちが普段慣れ親しんでいる西暦(別名:グレゴリオ暦)なのか、ギリシア正教などの間で親しまれているユリウス暦なのかによって異なります。ずれ幅が大きい年には、1ヵ月以上も差があるとは驚きですよね。

ちなみに、2017年のイースターに関しては、グレゴリオ暦で計算した場合もユリウス暦で計算した場合も4月16日に当たるそうですので、迷わなくて良さそうですね。今年を逃すと、次は2025年まで日付けが一致することはないそうですので、2017年はとても貴重なイースター年と言えるのではないでしょうか。

イースターは信仰を深める1日

前述の通り、イエス・キリストの復活を祝うイースターは、キリスト教徒にとって敬虔な日とされています。イースター当日も含め、前後1週間ほどのイースター期間中の教会では、聖歌を歌ったり、聖書を朗読するほか、献金や共同祈願、聖餐式などいつも以上に熱心に取り組む信者も多いのだそうです。

食事の一部を断つ儀式も

イースター当日までの40日間を「レント」(日本語では四旬節)と呼び、ここからイースター前日まで断食または節食をする儀式もあるのだそうです。私たち日本人の感覚からすると、いくら信仰心が強くても1か月以上断食までする必要があるのかと思ってしまいますよね。

これは、イエス・キリストが荒れ野で40日間断食を行なったことにちなんでいます。この期間中は、節食の場合も卵や肉、乳製品、油を控え、魚や野菜をメインにするのが一般的です。お酒類の制限は特にないようですが、栄養源である卵や肉などを1か月以上も控えなければならないのはなかなか厳しいですね。

この他、レント(四旬節)の前日にあたる火曜日に、これから当面控えなければならない卵を大量消費してしまおうという意味でパンケーキを食べる習慣もあるのだとか。現在ではこの決まりもかなり緩やかになったようですが、いかにキリスト教徒にとってイースターが大切な日であるかが分かりますよね。

イースターエッグって何?

「イースターエッグ」とは、色を付けたり、花やリボンをあしらってかわいらしくデコレーションされた卵のことを言います。イースターの詳しい歴史や由来は分からなくても、このイースターエッグについては知っているという方も多いのではないでしょうか。

最近では、日本でもイースター付近になるとこのイースターエッグをモチーフにしたスイーツなどが販売されており、少しずつ知名度も上がってきているようです。そんなイースターエッグですが、そもそもなぜイースターに卵を飾るのでしょうか。イエス・キリストとどのような関係があるのでしょうか。

なぜイースターに卵を飾るの?

先ほどからお伝えしている通り、イースターとは、十字架に架けられて命を落としたイエス・キリストが復活した日です。そこから、イースターは生命の復活(誕生)を意味し、誕生の証とも言える卵を飾るようになったのだそうです。

イースターエッグの色や飾りに関しての決まりは当時も今も特にないようですが、春を思わせるパステルカラーや花柄が多いのも、「元々は春の訪れを祝うお祭り」「生命の誕生=春」などが関係しているのかもしれませんね。

再生のシンボルはうさぎ?イースターバニー

「イースター」と聞いて、卵と同様、もうひとつ思い浮かべるのがうさぎではないでしょうか。最近はイースター付近になると、うさぎがイースターエッグを運んでいる絵が描かれたスイーツや雑貨などを見かけるようになりました。

そんなイースターに欠かせない存在であるうさぎですが、これにはどのような意味があるのでしょうか。

なぜうさぎがシンボルになったのか

古代より、うさぎは子孫繁栄のシンボルとして親しまれてきました。また、春の象徴としてもうさぎは知られていますよね。このことから、卵が生命の誕生を表すことと合わさって、うさぎもイースターのシンボルになったのではないかと言われています。

生命の誕生を祝い、子孫繁栄を願う・・・イースターエッグとイースターバニーにはこのような想いが込められているのですね。

イースターの楽しみ方

日本でも少しずつ認知度が上がってきたとは言え、まだまだ知られていないイースター。キリスト教徒ではないし、具体的に何をすればよいの?と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、イースターの楽しみ方をいくつかご紹介します。

イースターエッグペイント

イースターエッグペイントには、ゆで卵にペイントする方法と、生卵に穴を開けて中身を取り出してからペイントする方法があります。後者はうまくできればペイントし終わった卵を長く飾って置けるというメリットがありますが、卵が割れてしまう可能性があるため、初めての方や自信のない方はゆで卵を使用することをおすすめします。

食紅やクレヨン、マジック、スパンコールなどを使ってお好みのイースターエッグを作りましょう。海外では、イースターエッグ用のペイントキットも販売されているそうですよ。

お部屋をデコレーション

イースターの2つめの楽しみ方は、お部屋をかわいくデコレーション!前述のイースターエッグをはじめ、うさぎモチーフのものや、春を思わせるパステルカラーのものを取り入れてみても良いですね。卵から連想できるひよこのアイテムなどもおすすめです。

100円ショップなどのリーズナブルなアイテムを上手に使い、賢くかわいくお部屋をDIYしてみましょう♪

イースターエッグロール

イースターエッグロールとは、別名「卵転がし」と言います。主に、小さなお子様が楽しむための遊びとされていますが、イベントなどでは親子で楽しむ場合もあるようです。

イースターエッグを割らないようにスプーンで転がしつつ、ゴールまで走るシンプルな遊びです。アメリカでは、ホワイトハウスで開催されるイースターパーティでも行われるほど一般的なのだとか。

卵を割らずに最後まで運べるかを競う場合や、速さを競う場合など、ルールは国や地域によって異なるようです。

イースターエッグハント

イースターエッグを家の中や庭や公園に隠し、みんなで探しに行く遊びです。前述のイースターエッグロールと比べると、家の中でもできることから取り入れやすいと人気のようですね。

気候も良く、家族や友人など参加者同士の絆を深めるのにもおすすめのこのエッグハント。運動不足解消にも良さそうですよね。ご家族で夕食を食べた後などに試してみてはいかがでしょうか。

ボンネットパーティー

あまり聞きなれない呼び名ですが、海外ではとてもポピュラーなボンネットパーティー。ボンネットとは帽子を意味します。卵やうさぎなど、イースターの飾りをつけた帽子を被って街をパレードするパーティーで、ハロウィンと同じと思って良いでしょう。

ニューヨークのマンハッタンでは毎年このボンネットパーティーが開催されており、春の訪れを祝い意味でもとても人気を集めているそうです。日本でブームが来る日も近いのではないでしょうか。

イースターメニューを楽しむ

海外では特別な日というだけあり、普段よりも豪華な食事でイースターを祝う家庭が多いそうです。アスパラなどの春の食材を取り入れたり、卵やうさぎをモチーフとしたメニューを取り入れたり・・・食材も豊富な春は料理にもより一層力が入りそうですね。

イースターエッグペイントをやろう!

イースターの楽しみ方のひとつとしてご紹介したイースターエッグペイントですが、「やってみたい!」と思った方も多いのではないでしょうか。そこで、皆さんが気になる卵の中身を取り出して作る方法をご紹介します。

まずは卵の中身を取り出そう

まずは、卵の中身を出しましょう!ここでは、力加減がポイントとなっています。力を入れすぎると卵が割れてしまいますので、注意しましょう。
用意するもの
・生卵
・画鋲
・針金
・タッパーなどの卵の中身を入れられるもの
手順
1.卵の上に画鋲で穴を開けます。
2.卵の下に、上よりも少し大きめの穴を開けます。
3.針金を卵の下の穴に入れ、よくかき混ぜます。
4.卵の上の穴から息を吹き、タッパーに出てきた卵の中身を入れます。

好みのデザインにデコレーション

海外ではペイント用のキットも販売されているようですが、日本ではなかなか手に入りません。そこで、食紅やネイル、スパンコールなどを使用してお好みのデザインのイースターエッグを作りましょう!

タッパーに水を張り、そこにネイルを落としてグラデーションを作れば難しいデザインも可能に!ぜひ世界にひとつだけのイースターエッグを作ってみてくださいね。

イースターに家族と食べたいメニュー3選

次に、イースターに欠かせないおすすめのメニューをいくつかご紹介します。SNS映えもバツグンなレシピもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

ローストラムチョップ

手がかかるイメージがあるラムチョップですが、前日のうちからしっかりと仕込んでおけばイースター当日は焼くだけでOK!

200℃にセットしたオーブンで、表面がこんがりなるまで15分ほど焼けばできあがりです。コリアンダーパウダーが食欲をそそる、おもてなし料理としてもおすすめの一品です。

デビルドエッグ

茹で卵の黄身の部分を取り出し、ベーコンや玉ねぎを合わせて白身部分にのせた見た目もかわいらしい一品です。黄味をのせる際、絞り袋を使えば見た目も良くなりますよ。

本場でもレシピは様々なようで、粒マスタードなどを入れて大人好みに仕上げる場合もあれば、お子様でも楽しめるよう、アボカドとマヨネーズにクリーミーにする場合もあるのだとか。仕上げにディルなどのハーブをあしらえば、プロ顔負けのおもてなし料理になりますよ。

ホットクロスバンズ

本場では、卵や乳製品が食べられない(もしくは控える)「レント」前に食べる習慣があるこのホットクロスパン。クロスになっているのは、イエス・キリストの十字架にちなんでなのだとか。

こちらのレシピでは、レーズンを入れたシンプルなものですが、この他にもいちじくやデーツなどお好みのドライフルーツやナッツを入れて楽しんでみてくださいね。

イースターを楽しもう!

日本ではまだまだ認知度が低いイースター。なんとなく知っているつもりではいたけれど、由来や歴史については初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。今回の記事で、少しでもイースターという祭事について興味を持っていただけたら幸いです。

イースターは食事から家の飾り、友人とのパーティーなど様々な楽しみ方があります。ぜひ大切な方と、楽しいひとときを過ごしてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ スープ カレー まとめ

今日はカレーにしよう!と決めた後、サイドメニューがなかなか思い浮かばずに献立が決められないことはありませんか?今回は、カレーによく合うスープやサラダなど、献立決めに役立つ副菜のレシピをまとめてご紹介します。

池袋 沖縄

東武百貨店 池袋本店で「島の恵み、あふれる。沖縄展」が開催!東京初出店となる沖縄の素材を使ったハンバーガーや、冷たいスイーツ、見た目色鮮やかなタルトなど、食品約40店舗が出店します。沖縄の魅力をたっぷり堪能し…

レシピ

博多名物「おきゅうと」をご存じですか?こんにゃくのような見た目ですが、こんにゃくではありません。独特の食感が人気のおきゅうととは?名前の由来や作り方、味、食べ方までご紹介。知らなかった人は、食べてみたくなるか…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィンですが、インスタグラムでもキュートなハロウィンのキャラ弁・デコ弁が投稿されていますよ。どんなお弁当があるんでしょうか?ご紹介しますね。あなたもハロウィンに向けて可愛いお弁当を作りませんか?

コロッケ レシピ まとめ

丸めず揚げず作れる「スコップコロッケ」は、低カロリーの新定番レシピ。今回は「スコップコロッケ」の人気レシピをいくつか厳選してご紹介します。かぼちゃなど野菜を使ったレシピやリメイクレシピなど、ズボラさん必見のメ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る