ローディング中

Loading...

食卓に登場する機会も多い大根ですが、ちょっとからいのが苦手な方もいますよね?大根がからい理由は、食べる部位によることも多いんです。季節によっても辛味は異なりますので、食べ方や食べる部分によって、大根をもっとおいしく食べることができますよ!

大根辛すぎる!

煮物などにした大根は味がしみ込んでとてもおいしいですが、生の状態で食べる大根はからいと感じてしまうこともあるでしょう。大根は季節や調理方法などによって辛みが違うのです。用途に合わせて、大根のからさを上手に調節することができたらよいですね。

今回は、部位ごとの辛みの違いと、その辛みを生かした調理法などについてご紹介していきます。

大根の辛い方

大根は様々な種類がありますので、元々どの部位を食べても辛いと感じるようなものもあります。しかしスーパーなどで一般的に販売されている、白くて大きな大根は食べる部位によって辛みが違ってくるのです。

頻繁に食卓に登場する大根、上手な食べ方やどの部分が辛いのかを知っておくことで、調理にとても役立ちますよ。

部位によって違う辛さ

スーパーなどで最も多く販売されているのは、「青首大根」と言われる種類になります。こちらの青首大根は根元、真ん中、先端の三つの部位によって辛さが違っています。葉に近い部分の方が甘みが強く、先端部分にいくほど辛みが強くなっています。

ちょうど大根の中心部分を境に、甘みを感じることが多い部位と辛さを感じることが多い部位で使い分けると良いでしょう。

季節によっても辛さが違う

大根は季節によっても辛さが違っています。夏と冬では夏の方が圧倒的に辛いのです。これは大根に含まれている辛味成分である「イソチオシアネート」という成分によるもの。

夏場の大根はイソチオシアネートが多く、反対に秋から冬にかけては寒さから身を守るためにイソチオシアネートの生成を抑え、甘みを感じられる大根になります。

秋冬大根は皮を厚めにむく

秋冬の大根は夏に比べて甘みが強くなりますが、皮に近い部分はイソチオシアネートが多いので、辛さを感じやすくなっています。そのため、秋冬の甘くておいしい大根を食べるには、皮を厚めに剥くといのもポイントです。大根は中心部分に甘み成分があり、外側に行くほど辛味成分が強くなっています。

大根おろしはおろし方次第

大根おろしは思わず顔が歪んでしまうほど辛いものもあれば、甘くて美味しいものもありますね。大根おろしはどのようにおろすのか、どんなおろし器を使うのかによって辛みが違ってきます。どのようなおろし器でどのようなおろし方をすると、甘い大根おろしになるのでしょうか。

おろし器の選び方

辛くない大根おろしを作るのであれば、昔ながらのおろし金を使いましょう。スピーディーにできるからといってプラスチック製のおろし器などを使ってしまうと、辛みが強くなってしまいます。

これはどうしてなのかというと、大根おろしを作る際に発生する酵素によるものです。酸素がたくさん発生する方が辛味成分が弱くなります。昔ながらのおろし金の場合には大根おろしを作る過程の中で、大根の繊維が崩れ、たくさんの酵素が生まれています。

しかしプラスチック製のおろし器を使ってしまうと酵素がたくさん発生することがなく、辛み成分を抑えられないままになってしまうのです。

ゆっくりおろす

大根おろしを作る時に急いでおろししまうと辛み成分が多くなり、とても辛い大根おろしになってしまいます。これは一気に大根への衝撃を与えることになってしまうため、大根が身を守るために辛味成分であるイソチオシアネートをたくさん出してしまうことが理由です。ゆっくりと円を書くようにしながら、大根おろしを作りましょう。

おろす角度

大根は繊維がとても豊富な野菜。大根おろしを作る際に、おろし器に対し大根を垂直に立ててしまうと繊維をザクザクと切り刻むような形となり、辛味成分が増えてしまいます。大根おろしを作る際にはおろし器に対して大根を45度程度に傾けてすりおろしましょう。

レモンやお酢を振る

大根おろしにレモン汁やお酢をごく少量ふりかけることによって、辛み成分を緩和させることができます。とても辛い大根おろしができてしまったと思った場合には、こちらの方法で辛みを和らげましょう。

しばらく放置

大根おろしを作った際に発生する辛味成分、イソチオシアネートは揮発性の物質になります。30分から1時間程度放置しておくと辛み成分が揮発して辛さも和らぎます。

しかし、放置し過ぎてしまうと大根おろしの水分が抜けてしまい、パサパサの状態になってしまうことがありますので注意してください。しばらく放置する場合にはラップなどを掛けず30分から1時間程度放置しましょう。

もう辛くない!大根サラダレシピ

大根は先端部分が最も辛いので、葉に近い部分を使っておいしい大根サラダを作りましょう。
上部の方であれば、生の状態でサラダとして食べても食べやすいですよ。

焼肉屋さんのサラダ

焼肉屋さんで見かけることの多い、透き通るほど薄くスライスした大根サラダです。ご家庭にあるものを使って手軽に作ることができますよ。お肉料理の合間に食べると、さっぱりと食べられます。

ほうれん草と大根のナムル風サラダ

ご飯がすすむ大根のナムル。ほうれん草を加えて彩りもよく、見た目にも鮮やかな大根メニューを作ってみましょう。冷やし麺の付け合わせとしてもおすすめです。

大根の中間部は煮物に

大根の真ん中部分は水分が多く、最も太い部分ですので、煮物などにするのがおすすめです。

大根とツナとしめじの煮物

生の魚ではなく、ツナを使って大根の煮物を作りましょう。しめじ以外のお好みのきのこでもおいしくできます。ご飯にも麺メニューのおかずにも合う、ヘルシーでボリュームのある煮物のでき上がりです。

鶏肉と大根の煮物

鶏肉と大根は非常に相性がよく、煮物にすると鶏肉はとろとろにしあがり、ご飯と一緒に食べるのもとてもおいしいですよね。お好みに合わせてこんにゃくやモツなどのホルモンを加えてもよいでしょう。

ふろふき大根

太くて立派な大根が手に入ったら、ぜひふろふき大根に。甘味噌を添えて、お好みでゴマなどを混ぜれば、さらに風味のあるふろふき大根が味わえます。お酒のおともにもぴったり。

辛い部分はお漬物に

先端部分の最もからい部分は、食感をいかして、お漬物にするとよいですよ。また、辛味が控えめに感じる汁物に使うのもよいでしょう。

大根のゆかり漬け

とても簡単にできる大根のゆかり漬け。辛い大根をゆかり漬けにすることで辛味が控えめになり、シャキシャキとした食感をたのしみながら食べることができます。ビニール袋と材料だけでできるのも嬉しいメニューです。

大根の麹漬け

手軽にできるのに、手の込んだお漬物のような仕上がりになるお漬物レシピ。麹の間に大根を挟んで漬け、しっかりと麹の風味を大根にしみ込ませます。市販のものではなく、時にはご自宅で手作りした、本格的なお漬け物をたのしむのもよいですよね。

バルサミコ酢の洋風漬物

和の素材大根は、意外にもバルサミコ酢との相性も良いのです。ちょっとおしゃれなお漬物が簡単にできますよ。他の野菜も合わせて彩もたのしみましょう。焼酎などのお酒のおつまみにもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?大根を1本まるまるで購入した場合は、部位によってお料理を変えれば、全部をおいしく食べられますね。

今まで、からい部分をがまんして食べていた方は、葉に近い部分を使ってみてください。さらに中心の部分は甘みを感じられますから、サラダにして生の大根にもぜひ挑戦してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根 おつまみ

暑い季節は、冷たいふろふき大根をさっぱりおいしくいただきませんか?夏らしく、すっきりとした口当たりのすだち味噌でいただきましょう。爽やかな味わいで、ほてった体もクールダウンできます。白ワインや日本酒など、繊細…

大根 お弁当 レシピ

お弁当のおかずに入れたり、おもてなしに添えるのにぴったりな「大根ローズ」が、SNSなどで話題になっています。作り方は、甘酢に漬けた大根をバラの花びらのようにデコレートするだけ。今回は食卓が華やかになる大根ロー…

大根 鶏肉料理 まとめ

スーパーなどでいつでも手に入る手羽元と大根は、安くて美味しい家計の味方ですよね。今回は、そんな手羽元と大根を使った煮物の、お鍋、フライパン、圧力鍋、炊飯器で作れるレシピ20選をご紹介していきます。ぜひ参考にし…

大根 和食 まとめ

昆布だしで優しく煮込んだ大根に、味噌だれをかけて楽しむ「ふろふき大根」。今回は、しっかり下処理で本格的な味に仕上がる基本のレシピや、圧力鍋やレンジで作れる人気の簡単アレンジなど、ふろふき大根レシピをたっぷりと…

レシピ 大根 炊き込みご飯

お箸が止まらないこと間違いなしの「豚バラと焼き大根の炊き込みご飯」のレシピをご紹介します。豚バラと大根といえば、好相性の鉄板コンビ。おいしくないわけがありません♩大根を使ってカロリーを抑えているので、罪悪感な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっているので、その中か…

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

レシピ まとめ

最近フレンチやイタリアンでも注目の「旨み」。その「旨み」がたっぷりの「塩昆布」はアレンジ幅は無限大でメイン料理から汁物、はたまたデザートにまで使えちゃう魅力的な食品です♪今回は「塩昆布」を使ったおいしいレシピ…

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

レシピ まとめ お弁当

レシピブログのユーザーであるkotoriさんの「男子中学生弁当」。ガッツリだけどとってもキレイな盛り付けが参考になります。今回は、kotoriさんの「男子中学生弁当」のお弁当のアイデアをまとめました。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

横浜 まとめ

横浜市民はもちろん、多くの人に愛されている崎陽軒のシウマイ。そんな崎陽軒が、実はシウマイのホットドッグ「シウセージドッグ」を販売しているのを知っていましたか?今回は、横浜市民でも知らない人が多い、崎陽軒のシウ…

カクテル レシピ

甘くてほろ苦いアイリッシュコーヒー。今回は基本の作り方から正しい飲み方、アレンジレシピまで、アイリッシュコーヒーについて丸ごとご紹介!名前は聞いたことがあるけど、詳しく知らない人はきっと多いのでは。東京で飲め…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る