ローディング中

Loading...

日本の伝統和菓子のひとつお饅頭。そのお饅頭を代表する「日本三大まんじゅう」をご存じでしょうか?歴史が深いのはもちろん、中のあんこにもこだわりが詰まっています。丸い形やなぜ小豆あんを使ったのか?など、知らなかったお饅頭のことも知れますよ。

日本三大まんじゅうって何か知ってる?

日本の伝統和菓子の代表、お饅頭。みなさんも一度は口にしたことがあるはずです。お饅頭といっても、全国には種類も内容もさまざまなものがあり、各県それぞれに銘菓と呼ばれるお饅頭が必ずあると言ってもよいですよね。

日本中にあるお饅頭の中でも、「日本三大まんじゅう」と呼ばれているものがあることはご存じでしょうか?公的な機関が定めたわけではありませんが、2007年に三笠書房出版から出版された『日本の「三大」なんでも事典』に明記されたのをきっかけに、認知されるようになったようです。

1【福島県】柏屋 薄皮まんじゅう

日本三大饅頭のひとつは、福島県の「柏屋薄皮まんじゅう」。柏屋は、嘉永5年(1852年)創業の歴史の深いお店で、温泉まんじゅうの元祖とも言われています。本店は福島県郡山市ににあり、県内では大手スーパーにも店舗を構え、たくさんの人に親しまれています。

百貨店以外にも催事や高速道路のサービスエリア、オンラインショッピングで購入することが可能です。

どんな味?

やわらかな薄皮につつまれたお饅頭の中には、ぎっしりとあんこが入っています。あんこは、こしあんとつぶあんがあり、こしあんは上品な甘さとなめらかな舌触りが特徴。つぶあんも、甘さ控えめで、小豆本来の素朴な風味と、ふっくらとしたつぶとした食感がたのしめます。

薄皮とあんこのとってもシンプルなお饅頭ですが、これだけ長い間愛され続けるというのはなかなかできることじゃなさそうですよね。

2【東京都】塩瀬総本家 志ほせまんじゅう

塩瀬(しおせ)の歴史は、660年ほど前に遡った、貞和5年(1349年)、宋から来朝した林淨因が奈良でおまんじゅうを作って売りだしたのが始まりです。東京都中央区に本店を構え、松坂屋や高島屋、大丸など、有名百貨店にも店舗があります。

東京都以外にも茨城県や千葉県にも店舗があり、オンラインショップを利用して購入ができます。お饅頭だけでなく、焼き菓子や羊羹、最中なども扱っています。

どんな味?

志ほせまんじゅうはつまんで食べやすいひと口サイズ。皮の部分に擦り下ろした山芋が入っていて、しっとりとした食感が特徴です。中はこしあんが詰まっています。上品な白くこぶりな見た目は、ご挨拶や贈答品によいですね。

3【岡山県】大手饅頭伊部屋 大手まんじゅう

大手饅頭伊部屋(おおてまんじゅういんべや)天保8年(1837年)に京橋町で創業。170年以上の歴史を誇ります。伊部屋のお饅頭は、茶会の席で伊部焼の茶器とともに食べられてきたとも。備前(岡山県)の名物として、長く愛され続けています。

本店は、岡山市北区にあり、岡山県内にたくさんの店舗を構えています。近県では、兵庫県、大阪府にも店舗があり、東京都や神奈川県など、関東の一部百貨店でも買い求めることができます。

その他、こちらもオンラインショッピングの利用もできます。岡山の本店と工場では、できたての大手まんじゅうを食べることもできるそうですよ。

どんな味?

大手まんじゅうは、甘酒を使った酒まんじゅうです。あんこにぴったりはりつくような、薄皮の中に、こしあんがぎゅっと詰まっています。麹のふんわりとした香りと、やさしい甘さのあんがほどよく調和し、味わい深いおまんじゅうです。

意外と知らない?まんじゅうのアレコレ

温泉のある観光地の多くには温泉饅頭があり、コンビニやスーパーでは手軽においしいお饅頭が買えます。身近な存在のお饅頭ですが、歴史や、丸い形の由来など、案外知らないことが多いものです。お饅頭のアレコレを知って、話題にしてみてくださいね。

歴史

お饅頭の由来には2つの説があります。ひとつは、仁治2年(1241年)に聖一国師(しょういちこくし)が、中国の宋から帰国し、福岡県の茶店に酒麹で作る酒まんじゅうを教えたことが始まりだという説です。

もうひとつは、貞和5年(1349年)に京都建仁寺の住職が、中国の元から林浄因を招き、お饅頭の作り方を伝えたという説。今のお饅頭のもともとの形は中国の点心。しかし、肉食を禁じられていた僧侶のために、肉の代わりに中身をあんこに変えて皮でくるんだと言われています。

林神社

奈良県奈良市にある漢國神社(かんごうじんじゃ)をご存じでしょうか?この漢國神社の中に林神社(りんじんじゃ)という社があり、この林神社は日本で唯一のまんじゅうの神社なのです。日本で初めてまんじゅうを作ったとされている、林浄因命(りんじょういんのみこと)の偉業を讃えるために建てられたといいます。

春には菓子業界の繁栄を祈願する「饅頭まつり」が行なわれ、全国から、たくさんの種類のまんじゅうが献上されます。

なぜ丸いものが多いの?

まんじゅうの形はなぜ丸いものが多いのでしょうか。諸説あるのですが、日本人は丸いものや球体のものを「たま」と言うことが多く、たまという言葉は「魂」を連想する言葉。ここから魂と丸いものが紐づくようになりました。

そして仏様へ捧げる供物は、自分の魂の代わりである丸いもののお饅頭になったと言われています

小豆餡が使われている理由

中国からまんじゅうが伝わったとき、中に入っているのは肉の餡でした。まずは日本の禅僧たちに伝わりましたが、肉食を禁じられていた彼らのために、中国から伝わり、すでに日本で収穫されていた小豆を使った餡を入れたといいます。

当時の小豆餡は肉の代わりとして入れられたため、今のように甘い餡ではなかったのです。茶の湯文化が広く知れ渡るにつれて和菓子が発達し、まんじゅうに入っていた餡も今のような甘いものに変化したそうです。

和菓子って魅力的!三大銘菓はこちら

日本各地に数多く銘菓がありますが、三大銘菓の存在はご存じですか?三大銘菓は、すべて落雁です。

【新潟県】大和屋 越乃雪

三大銘菓のひとつは、大和屋 越乃雪の落雁(らくがん)。餅米の粉と和三盆糖を配合した口どけのよい上品な甘さの和菓子です。新潟県長岡市に本店を構える大和屋が作っています。

【石川県】森八 長生殿

石川県、森八 長生殿の落雁は、2色がセットになって華やか。お祝い事の贈答品にもぴったりです。ふわりとした口溶けと豊かな風味が特徴で、きめ細かく食べやすい食感です。

【島根県】風流堂 山川

島根県、風流堂 山川の落雁は、赤が紅葉の山を白が川を表しています。口にふくんだときに、さっと溶けて甘みが後を引きません。トゲのない上品な甘さは緑茶にぴったり合いそうですね。

日本三大を味わってみよう

日本三大まんじゅうと日本三大銘菓についていかがでしたか?県外に住んでいても、オンラインショップで手軽に購入ができるので、代表と言われる和菓子は一度食べてみたいものですよね。機会があれば発祥の地に出向き、できたてのものを味わえればなおよいでしょう。

気になるものがあれば、ぜひ一度食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お土産 群馬

群馬県の代表的なおやつのひとつでもある焼きまんじゅう。子どもからお年寄りまで、老若男女問わず愛されています。今回は、焼きまんじゅうの歴史や作り方、おいしい地元のお店などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださ…

和菓子 岐阜 スイーツ かき氷 ハイブリッドスイーツ

夏の和菓子の定番、水まんじゅう。冷蔵庫で冷やして食べれば、冷え冷えぷるぷるでとってもおいしいですよね!今、この水まんじゅうの進化系「水まん氷」が話題になっているんです。一体どんな新スイーツなのでしょうか?その…

和菓子

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

スイーツ 和菓子 表参道

表参道にある「HIGASHIYA man(ヒガシヤ)」は、和を大切にした銀座のティーサロン「HIGASHIYA(ひがしや)」が運営するお饅頭専門店。美味しい蒸したてのお饅頭や、季節感を大切にした上品でオシャレ…

和菓子 お土産 まとめ

名古屋土産にもいろいろですが「カエルまんじゅう」というお菓子があるのをご存じですか?かわいいカエルがモチーフで、素朴な味が老若男女に愛されています。どんなラインナップがあるのか、そのほかの気になる商品もご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新宿 和食 まとめ

国際コンクールにおける食味値の点数をもとに全国選りすぐりの生産者のお米を展開するブランド「米風土(まいふうど)」。11月24日《和食の日》に合わせて、新宿 小田急百貨店・ハルクフードで11月19日(水)から2…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

お土産 横浜 おしゃれ スイーツ まとめ

関東随一の観光地「横浜」で人気のお土産をご紹介します。定番の肉まんはもちろん、こだわりが詰まったお菓子もおすすめです!しっとりとしたチョコケーキやお酒が入った大人のクリーム入りビスケットなど。通販で購入可能な…

秋田 お土産 お菓子 まとめ

秋田といえば豊かな自然と伝統を誇る東北有数の観光地。十和田湖、奥入瀬渓流などは四季それぞれに美しい表情を見せてくれます。そして、秋田にはおいしいものもたくさん!秋田に行ったら買うべきお土産をご紹介します。

スイーツ まとめ

instagram内では、「パスタ部」「スイーツ部」「サラダ部」のように自分が食べた、もしくは作った美味しいものを「#◯◯部」として投稿するのが定番になっています。さっそく何があるのか見ていきましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ サラダ まとめ

カルパッチョを食べたことある人はたくさんいらっしゃると思いますが、一体どんな料理がカルパッチョなのか、そもそもカルパッチョとは何なのか、知らない人が多いのでは?これを機に詳しくなっちゃいましょう。レシピも紹介…

コーヒーフィルターを使った手作り加湿器、ご存じですか?冬になると乾燥して肌のカサカサや風邪の原因になり、加湿器を使っている人も多いはず。でもコーヒーフィルターの加湿器なら、電気代もかからず、しかもキュート!作…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る