ローディング中

Loading...

おやつにもプレゼントにもよい手作りクッキー。賞味期限はどれくらいかご存知ですか?手作りクッキーの賞味期限は市販のクッキーとは異なります。サクサクの食感を損なわない保存の仕方や冷凍保存のコツなど、手作りクッキーをたくさん作っても、もう大丈夫!

手作りクッキーの賞味期限っていつまで?

プレゼントやおやつに大活躍の手作りのクッキー。子どもたちと一緒に作って食べるのもたのしいクッキーは、みんなの人気ものですよね。最近はかわいらしいデザインができるアイシングクッキーもはやっています。手作りくっきーには防腐剤や添加物も入れないので、小さなお子さんにも安心です。

作りすぎてしまいがちな手作りクッキー、作ったはいいけれど賞味期限はいつまで大丈夫なんでしょう?焼き菓子だから長持ちはしそうですが、どのように保存すればおいしく長く保存ができるのか、今回はそんな手作りクッキーの賞味期限と保存方法について紹介していきます。

お店のクッキーの賞味期限は長い

普段スーパーやコンビニで買うクッキーの賞味期限を気にしたことってありますか?市販クッキーの賞味期限は、数か月から1年が平均的。洋菓子店などのお菓子屋さんで販売されているものでも、およそ1か月程度はもつことが多いよう。

さらに、防災用に保存食として作られているクッキーは、5年以上の賞味期限があり、長期保存できるものがほとんどです。商品の種類や乾燥剤の有無、開封されているかいないか、保存温度など、保存環境によって前後はしますが、いずれにしても長期保存できる食べ物といえます。

手作りクッキーの賞味期限

手作りクッキーの場合、賞味期限はどのくらいなのでしょうか?一般的に言われているのは一週間程度で、常温保存でおいしい状態が保てるのは3日が目安です。

長く保存したい場合はシンプルクッキーを

市販品に比べるとやはり短い手作りクッキーの賞味期限。長くおいしく食べられるクッキーを作りたい場合は、シンプルなものがよいでしょう。また、保存時の水分、温度や湿度、日当たりなどの環境も関係してきます。

クッキーそのものに水分が少ない場合は、カビの発生を防ぎ日持ちすることができます。中にチョコやフルーツなど、水分が多く含まれるものが入っているもの、クッキーそのものがしっとりしてるタイプの場合は賞味期限が短くなります。

また、クッキーが水分を吸収しないようにするために湿度の低い環境で保存すると賞味期限を延ばすことができます。しっかりと密封して高温多湿と直射日光を避ければ一週間以上の保存も可能になります。

保存は常温で

クッキーは常温保存が可能なお菓子。焼き上げるときに高温になるので、カビや雑菌は死滅し、無菌に近い状態でできあがります。そのため、常温で保存しても傷みにくいのです。ただし、高温多湿、直射日光は避けて、風通しのいい涼しい場所で保存してくださいね。

湿度をさけるために、保存用の袋の空気はできるだけ抜いて、しっかり密封をします。乾燥剤と一緒に直射日光の当たらない涼しい場所に保存するとよりよいでしょう。乾燥剤がない場合は、未使用の紅茶のティーパックをそのまま一緒に入れておくと乾燥剤の代わりになり、香り付けにもなります。

手作りクッキーを長持ちさせるコツ

できるだけ早く食べた方がおいしいクッキーですが、少しでも長持ちさせてじっくりたのしみたいですよね。また、プレゼント用に用意するときも、せっかくなら長持ちするクッキーを渡したいもの。おいしい状態でクッキーを長持ちさせるコツを紹介します!

焼いた後はしっかり乾燥!

クッキーを長持ちさせるためには、水分もしっかり飛ばすことが大切です。クッキーの中に入っている水分は、焼かれた熱が冷めていくときに一緒に水蒸気として飛んでいきますので、焼きあがった後、水分が飛びやすい環境にすることが重要です。

クッキーの粗熱は、オーブンのプレートに置いたまま飛ばすと、クッキーの裏側に水分が残ってしまいますので、クッキーが焼きあがったら、まずは網の上にクッキーを置きましょう。このときの網の上にはオーブンシートなど置かず、クッキーが空気に触れやすい状態にしてください。

さらに、粗熱と水分が飛びやすいよううちわで軽く仰ぐのもよいですよ。これでクッキーの中に入っていた水分もしっかり飛んで、乾燥したクッキーが完成します。中に水分が残っていると、その水分が保存している間にクッキーの表面に出てきてしまい、カビや腐ってしまう原因にもなります。

真夏は冷蔵保存で

常温で保存ができるクッッキーですが、夏季の気温も湿度も高い環境の場合は、バターなどの油脂分は酸化してしまい、痛みやすくなる原因になりますので、冷蔵保存が長持ちします。冷蔵庫へ入れる際には、ジッパー付きの保存用袋へ入れて、しっかりと空気を抜き、乾燥剤を入れてから保存してくださいね。

食べるときに冷蔵庫から取り出したら、できるだけ早く風通しの良い環境に置いておいてください。冷たい場所から常温の場所へ移動させると、温度変化で結露が発生ししっけてしまうので注意してくださいね。

冷凍保存で長期保存

より長くクッキーを保存したい場合には冷凍してしまうとよいですよ。

冷凍保存の仕方

冷凍するときには、生地の状態で保存しましょう。焼いた後のクッキーを冷凍保存すると、クッキーの中の水分が凍ることで固まってしまい、解凍したときに湿気た状態になってしまいます。

保存期間

焼く前のクッキー生地も焼いた後のクッキーも冷凍保存できるのは1か月程度です。どちらの状態のクッキーも冷凍するときにはしっかりと密封する必要があります。

解凍の仕方

生地は冷蔵庫へ移動させるか、常温で成形しやすい硬さになるまで解凍してください。焼いた後のクッキーは自然解凍すると湿気てしまい、おいしくありません。凍ったままの状態で電子レンジで1分ほど加熱して、熱と一緒に水分を飛ばします。サクサクに戻すことができます。

クッキーをサクサクに戻す方法

クッキーが湿気てしまった場合は、電子レンジを使います。約30秒加熱して、網の上に置いて熱と一緒に水分を飛ばします。電子レンジよりさらにサクサクにしたい場合はオーブントースターで温めてください。ただし、オーブントースターの場合は焦げやすいので、加熱時間は1分を目安にしっかりと確認しながら温めてくださいね。

もう食べない方がよいクッキー

保存に気をつけていても、表面にカビが生えていたり、手で割ると糸を引くようなことがあれば食べないようにしましょう。また、バターが腐ると油臭さを感じます。そのような状態のものも避けた方がいいでしょう。食べてみておかしな味がしたら廃棄してくださいね。

楽しく作っておいしく食べよう!

作って楽しい、もらって嬉しい、さらに食べておいしい手作りクッキーの保存方法をご紹介しました。生地ごと冷凍しておけば、食べたいときや、おもてなししたい時にも慌てずにできて便利ですよね。今回の保存方法を活用して、ぜひ手作りクッキーをたのしんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ

パティスリー キハチに、パティシエが丁寧に作った焼菓子7種を自由に組み合わせるキュレーション型ギフト「ハブアグッドデイスイーツ」、「メイクユアデイスイーツ」の2種が登場!焼菓子7種の中から贈る相手、シーンによ…

ハロウィン スイーツ

パティスリー キハチで、ハロウィン向けのスイーツ、焼菓子が順次発売されます。スイーツは、ジャック・オ・ランタンを飾った期間限定ハロウィンバージョンの5種が登場!焼菓子は、ハロウィン限定のパッケージでギフトやパ…

スイーツ

キハチ カフェ各店舗で、ぶどう、いちじく、マロンを使った秋のスイーツ新作4種含む全6種が登場!秋の味覚を存分に楽しむことができるスイーツです♩また、福岡三越限定で福岡県産のいちじくを使ったパイと巨峰のスイーツ…

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

パンケーキ 渋谷 スイーツ

パンケーキショップ「J.S. PANCAKE CAFE(ジェイエス パンケーキカフェ) 渋谷店」がオープン!渋谷店限定で、フレンチトースト仕立ての限定スイーツや、フレンチパンケーキが展開されるのでお見逃しなく♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

毎朝、パンを食べる方には自信をもってオススメしたい「バルミューダ」のトースター。様々なモードで調理することができ、本当においしいトーストが焼けると食通のあいだで話題になっています。そんなバルミューダのトースタ…

まとめ

本みりんを作るときに出てくる粕のことを「みりん粕」というのですが、みりん粕の中に含まれている成分が腸内環境をととのえてくれたり、肥満を予防してくれたり…さまざまな健康効果のある食材として、今人気を集めているん…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る