ローディング中

Loading...

食事に欠かせない卵ですが、割ってみたら血が混ざっていた!経験をしたことがある方がいるかもしれません。血の混ざった卵は腐っているのか、食べても大丈夫なのかなど、卵に混じった血の正体についてご紹介します!これまで捨てていた方はぜひ参考に!

卵に血が混じってる!

朝食からお弁当のおかず、お菓子作りなど、私たちの日々の食生活に欠かせない卵。栄養価も高いことから、冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか。

そんな卵ですが、割った際、血のようなものが混ざっていたという経験はありませんか?あれはいったい何なのでしょうか。もし見つけたらその卵は捨てるべき?食べたらどうなる?など、「卵の血」の疑問にお答えします!

あの赤いものの正体は何?

ブラッドスポット

卵に混じった血のようなものの正体は「ブラッドスポット」と呼ばれるものです。これは、その卵自体に問題はなく、食べられます。また、割った卵にブラッドスポットが混ざっていたとしても、味への影響もほとんどありません。では、なぜこのブラッドスポットは混ざってしまうのでしょうか。

なぜ血が混じるのか

ごくまれに血が混ざってしまうのは、鶏の卵管内において、たまごの成形段階で毛細血管に傷がついてしまうことによって起こります。

通常、このブラッドスポットは卵黄に付着しています。鶏の卵巣にはブドウの房状卵胞がいくつもついており、それらには卵黄前駆物質が逐次運ばれてきます。成熟した卵胞は破裂口が裂けて卵黄が排出されます。

通常、破裂口は血管が少なく、排卵時にも出血しにくい構造になっていますが、なかには破裂口に血管がかかっている場合があり、その場合は血管が破れて血液が混入してしまい、ブラッドスポットができてしまうのです。

食べても大丈夫?

先述の通り、このブラッドスポットは食べてしまっても問題はありません。また、ブラッドスポットが混ざっていたからと言って、卵の鮮度が落ちているということもありません。ですが、見た目上、ブラッドスポットが混ざっていとあまりおいしそうではないため、気持ちが悪ければ、取り除いてから食べるとよいですよ。

混じっている可能性は少ない

ブラッドスポットについてご紹介しましたが、これまでこのブラッドスポットに一度も出くわしたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ブラッドスポットがある卵はそれだけで商品価値を下げてしまうため、ブラッドスポットがある卵は「規格外品」で基本的には出荷前にはじかれます。

味や質に問題ないと言われても、やはり見た目上気分のよいものではないですし、できればブラッドスポットのない卵の方がよいですよね。こういった理由から、ブラッドスポットに遭遇する確率は低くなっているのです。

こんなものも!混じっている可能性のあるもの

ブラッドスポットについてご紹介しましたが、実はこの他にも卵に混ざっている可能性があるものをご存じですか。順番に見ていきましょう。

黒い肉片

赤っぽい「ブラッドスポット」に対し、茶色っぽいものを「ミートスポット」と言います。これは、鶏のからだの器官の組織片が混ざってしまったものです。

ミートスポットが入ってしまう原因としては、ブラッドスポット同様、たまごを形成する際、卵管内に何らかの理由で組織片が混入してしまうことが考えられます。

ミートスポットの出現率は有色卵と白色卵で少し異なっています。有色卵では約30%、白色卵では1~3%とかなり低くなります。なぜ有色卵の方が出現率が高いのかはさだかではありませんが、おそらく遺伝的要素が強いとされています。

また、ミートスポットもブラッドスポット同様、ミートスポットが入っていたからといって栄養面や質には問題ありません。十分食べることはできます。ですが、やはり見た目上あまり美しくないという理由から、出荷前にはじかれてしまうことが多いようです。

白いねじれたひも状のもの

卵を割った際、白い糸のようなものが混ざっているのを見たことがありませんか。おそらく、上述のブラッドスポットやミートスポットと比べると、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

これは「カラザ」と呼ばれるもので、卵白の一種です。卵黄を卵の中心部分に固定させ、外部の衝撃から守るという大切な役目を担っています。カラザも食べてしまっても何の悪影響もありません。

新鮮な卵の選び方

「ブラッドスポット」や「ミートスポット」など、食べても問題のないものばかりですが、常備している方も多い卵、毎日体の中に取り入れる食材であれば、やはり新鮮でおいしい卵がよいですよね。購入時により新鮮な卵を選ぶポイントについてご紹介します。

表面がザラザラしているもの

意外と思われる方も多いかもしれませんが、卵は表面がツルツルしているものよりも、ザラザラしているものの方が新鮮です。実際に触れない場合は、パックの上から表面の状態を目でチェックしてみましょう。

ツヤがないもの

表面がぴかぴかと光沢がある場合は、古くなっている可能性があります。表面の質感は、マットなものを選ぶようにしましょう。

少し透明がかっているもの

卵を照明をあてて、中がうっすらと透けて見えるようなものは新鮮な証とされています。スーパーなどで販売されている卵は、ある程度個数がまとまってパッケージされているため、ひとつひとつの卵を透かして見ることは難しいかもしれませんが、こちらの点も参考にしてみてくださいね。

水に浮かべた時に沈むもの

なかなかスーパーなどで売っている卵をこの方法で試すことはできないかもしれませんが、水に浮かべた際に沈むものは中身がしっかりとしている、新鮮な証拠です。古くなればなるほどぷかぷかと浮かんできますので、目安にしてみてくださいね。

毎日の食卓に新鮮でおいしい卵を取り入れよう!

いかがでしたか?ごく稀に混ざっている可能性がある卵の血、「ブラッドスポット」。これまでブラッドスポットを見つけた際、卵を捨ててしまっていたという方もいたかもしれませんが、健康を害するものではありませんので、よかったら取り除いて食べてくださいね。

栄養価が高い卵は、私たちの健康的な食生活に役立つ大切な食材。体のために定期的に食事に取り入れたいもの。今回ご紹介した、卵の選び方のポイントも参考に、より新鮮でおいしい卵を選んでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ

「湯煎焼き」って聞いたことがあるけど、どのようなものなのでしょうか?代表的なお料理の紹介をいたしつつ、湯煎焼きの基本的な仕方や、天板がない際の代用方法を分かりやすくご説明いたします。これを知ることで、あなたも…

カレー まとめ

カレーは作りたてで食べるより、時間が経過したものを食べるほうがコクがあって美味しいですね。短時間でカレーにコクを加えるためには、どのような隠し味が良いのでしょうか?手軽に準備ができる隠し味をご紹介します。

サラダ 小松菜 まとめ

栄養価が高くておサイフにもやさしい小松菜。炒めたり煮たり、さまざまな料理に使われていますが、小松菜は生でもおいしく食べることができます。食感や風味を残しつついろいろな味で食べられる、人気の小松菜サラダレシピを…

パン

パン作りには欠かせないのがドライイースト。このドライイーストのベストな代用品、ご存じですか?ドライイーストなしでも作れるパンはあるの?天然酵母と何が違う?今回は、ドライイーストの代用品や代用レシピについて詳し…

大根

大根はクセがないので煮て良し、生で食べても良しの優秀野菜。でも、大根の甘い方って上と下どっちだかご存じですか?今回は、大根の甘い方の解説や部位ごとの特性、さらに使い分ける方法を詳しくまとめました。今日から大根…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

覚えていますか?「ミルメーク」。まだ牛乳が苦手だった子供の頃、その存在に助けられたという人はとても多いのでは。その一方で、まったく知らないという人もいるであろうこの魅力的なアイテムについて、この記事でがっつり…

かぼちゃ バター ワイン おつまみ

秋に美味しくなる食材を使った、赤ワインにぴったりな一品をご紹介。今が旬のかぼちゃを、ヘルシーなのにがっつり美味しいガーリックバター炒めに仕立てます。ほくほくのかぼちゃに、舞茸の食感がマッチ。かぼちゃはレンジで…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...