ローディング中

Loading...

飲料用としてはもちろん、お料理にも欠かせないお水。そんな水にも賞味期限が存在することをご存知でしたか?災害時に関しても、まずは水の確保が大切と言われています。今回は、水の賞味期限や保存のコツ、災害時に備えての準備についてまとめました。

水の賞味期限が切れたらどうしてる?

ペットボトルの水にも必ず記載のある賞味期限。でも、あまり水が腐ったという話は聞いたことはありませんよね。水の賞味期限なんて、意識されないで使うことの方が多いかもしれません。でも、水にも賞味期限があり、品質はその日を境に劣化していきます。

では、賞味期限が切れたら水はまずいんでしょうか?みなさんは賞味期限の切れたお水、飲みますか?

そもそも水は腐るの?

賞味期限とは、おいしさが保証される目安の期限。飲めない、食べられない期限とは異なります。賞味期限を過ぎたお水は、腐ってしまうのか?

実際のところ、賞味期限が切れた水の見た目はほとんど変わりがありません。賞味期限を気にしなければ、知らずに飲んでしまうこともあるはず。しかし、保存の方法によっては、水も飲まない方がよいものになっていくんですよ。

未開封であれば腐らない

保存の仕方によっては腐る水。未開封の状態の水であれば、基本的には腐らないと考えてよいでしょう。開封していなければ、賞味期限が多少過ぎた水も飲んだところで、すぐに体に変調をきたすことはありません。

開封後について

賞味期限が過ぎた水が危険なのは、開封している場合。ペットボトルの飲み口から直接飲んだ後は、口腔内の雑菌がペットボトルの中に入ってしまい、菌が繁殖します。また、開封したペットボトルを高温の場所に置いておくと、カビが発生してしまうことも。ペットボトルに記載されている賞味期限は、あくまでも未開封時についてになります。開封後はなるべく早く飲むようにしましょう。

水の賞味期限

水の賞味期限は、500mlのペットボトルで未開封の状態の場合、平均1年、1.5〜2Lのもので2〜3年です。さらに、備蓄用のお水になると、5年の賞味期限があるものもあります。

ペットボトルの素材による違い

同じお水を入れたペットボトルでも、その形や素材は様々です。エコを意識した柔らかいものもあれば、海外製のめずらしいボトルなど、素材によって中の水への影響に多少違いが出てくるんですよ。

ミネラルウォーターの場合、使用しているペットボトルは比較的頑丈ものが多いようで、素材が固く分厚く、外部のにおいをシャットアウトする効果もあります。そのため、しっかりとした作りのペットボトルに入ったミネラルウォーターは、柔らかい素材のペットボトルに入ったお水よりも賞味期限は長くなっています。

災害に備えた備蓄用のお水も、賞味期限を長く設定できるよう、固い素材のペットボトルを使っているはずですよ。

賞味期限を過ぎた水はどうなる?

賞味期限を過ぎてしまったペットボトルの水は、わずかずつですが中のお水が蒸発していきます。また、高温の場所にペットボトルを置いておくと、徐々に容器の形が変化し、凹んでしまうことも。

未開封の状態であっても、長期間放置したペットボトルの中の水には外部のにおいがついてしまうことがあります。見た目には変化がないように見えますが、ペットボトルは気体を通してしまう性質がありますから、少しずつ中のお水にも影響を与えてしまうんですよ。

水を保存する際のポイント

未開封の場合

温度の影響が少なく、湿度の低い場所を選びましょう。温度が高いと容器が変形する原因になります。また、においの強いものと一緒に保存することを避け、におい移りしない環境での収納がおすすめです。

開封後の保存

ペットボトルに記載されている賞味期限は未開封の状態が基本。開封してしまった場合は、賞味期限以内でも保存の方法には注意してください。開封後のお水を常温で保存する場合、保存期間の目安は、実は丸1日程度しかありません。冷蔵庫で保存する場合も、1週間以内には使うようにしてくださいね。

非常時用の水の準備の仕方

非常時のために保存しておくお水は1人当たり何本くらい用意しておけばよいか知っていますか?日々何気なく使っているお水ですが、飲料水やお料理の際に使うだけでなく、生活の中ではいろいろなシーンで必要ですよね。最低でも1人当たり1日3リットルのお水を準備しておくのがよいでしょう。

震災などが起きてしまった際は、基本的なライフラインがストップしてしまう可能性が高く、普段使うシーンのお水を自分たちで全て用意しなくてはなりません。家族が多い方は、余裕を持って備えておくのがよいでしょう。

賞味期限を管理して無駄なく活用

非常時用に向けてたくさんの水を保存しておくのはよいことですが、賞味期限をうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。開封しなければ腐ることはありませんが、劣化が進む前に、賞味期限が近くなったものは、お料理や飲料水として早めに使いましょう。

もし賞味期限が過ぎてしまい、口にするのがためらわれる場合には、下記のようなシーンで活用できますよ。

・お風呂に使う
・洗濯に使う
・植物の水やりに使う
・掃除の際の水拭きに使う

いざという時のための正しい保存

お水の賞味期限についていかがでしたか。お水は、未開封であれば長期的に保存することが可能です。しかし、開封したペットボトルの水の中には細菌が繁殖しますので、開けた後のお水の賞味期限はしっかり確認してくださいね。

涼しく、湿度の低い場所であれば数年は問題なく飲めるお水。災害時に備えてまとめて備蓄しておけば、いざという時に安心ですよね。生活に欠かせないお水の保存について、正しく理解しておきましょう。
▼加工食品、調味料の賞味期限について詳しくはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル

ロシアで定番のお酒と言えば、ウォッカ。ビールやワインなどの醸造酒は、ロシアではお酒と思っていない人がほとんどだとか。今回は、ウォッカの基本的な飲み方、おすすめカクテル、度数などを総ガイド!お店やご自宅で楽しむ…

お菓子

最近じわじわ人気が高まっている、お菓子袋のリメイク。中でも話題になっているのが、お菓子袋を使ったポーチです。自分好みな菓子袋を手に入れたら、100均でファスナーをゲット!あとはちょっとした工作道具さえあれば、…

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おしゃれ 調味料

キッチンの生活感を減らすことは、調味料ボトルとラベルを変えるだけでお手軽に実現できます。セリアやIKEAの市販品だけではなく、自作ラベルも素敵♩また、無料でテンプレートのダウンロードもできるんです!今回は、調…

お弁当

100円とは思えないデザイン性で大人気のセリアから、おしゃれなアルミホイルが登場しました!普段使いはもちろん、ピクニックやおもてなしにも使える優れもの♩みんなの素敵な使い方や、食べ物以外にも使えるアレンジアイ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る