ローディング中

Loading...

きんぴらや煮物においしいごぼうですが、ごぼうの賞味期限がいつまでかご存じですか?1本買ったものの使い切れずに冷蔵庫に入れっぱなしにしてしまうことも。ごぼうの賞味期限と無駄にしない保存方法を知って、ごぼうを最後までおいしくたのしみましょう!

ごぼうの賞味期限はどれくらい?

きんぴらや豚汁など和食に欠かせないごぼう。サラダやごぼうチップスなど、和食だけじゃなく、色々な料理に使える人気の食材ですよね。食物繊維が豊富なため、特に女性は積極的に食べたい野菜ですが、まるまる1本買ってくると、保存にちょっと困ったりしませんか?

ごぼうっていつまで食べられるのか、今回は、ごぼうを長持ちさせて大いに活用できる保存方法と、賞味期限についてご紹介します。

ごぼうの賞味期限目安

賞味期限とは、その食材のおいしさを保証する期間になりますが、ごぼうを含め野菜は、購入時の状態や鮮度にそれぞれ違いがあるため、明確な賞味期限はありません。保存状態によっても状態が変わってきます。

土付きのごぼうの賞味期限

ごぼうは、土付きのものだと賞味期限は14日程度。出荷されてから店頭での陳列期間などを考え、1週間程度で食べきるのがおすすめです。

水洗いされたごぼうの賞味期限

水洗いされたごぼうの賞味期限は4~6日程度です。水洗いされたごぼうの賞味期限はさほど長くありません。

ごぼうの常温保存について

ごぼうの最適な保存温度は、0℃。冬場などであれば、冷暗所での常温保存も可能です。夏場や湿度の高い季節には、野菜室で保存しましょう。

常温保存の仕方

ごぼうを常温で保存したい場合にはなるべく土付きのごぼうを用意しましょう。土がついたまま新聞紙に包んで、根が下になるように冷暗所に立てて保存します。もし立てる場所がない場合は、半分に切っても構いません。

半分にカットした際は、カットした断面に土をつけて新聞紙で包みましょう。切ってしまうと、賞味期限が短くなりますので気を付けてくださいね。

常温保存での保存期間

土付きのごぼうを冷暗所で保存した場合の保存期間は、1~2週間程度ですが、冬場は1か月以上日持ちできることもあります。ちなみに、新ゴボウは、鮮度が落ちやすいので賞味期限は3~4日程度が目安です。

冷蔵保存について

ごぼうを適度な長さにカットし、湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存します。密閉できる保存袋や、蓋つきの保存容器に入れて保存してください。

ごぼうは乾燥に弱いので、空気に触れると劣化を早めます。冷蔵保存したごぼうは、なるべく早めに使いきりましょう。

冷蔵保存の仕方

ささがきごぼう・乱切りごぼうの冷蔵

ささがきや乱切りにしたごぼうは、薄い酢水に浸した状態で冷蔵庫に入れましょう。酢水は毎日交換してくださいね。

冷蔵保存での保存期間

水洗いしたごぼうやカットしたごぼう、下処理済みごぼうの保存期間は3~4日程度です。

冷凍保存で長期保存

ごぼうは冷蔵でも保存が可能ですが、長期保存したいなら冷凍保存がよいですね。特にカットしたごぼうは調理に使いやすいので、まとめてささがきなどにして冷凍すれば毎日のお料理の時短にもつながり一石二鳥です。

カットごぼう

適当なサイズにカットしたごぼうを30分~1時間程度酢水にさらした後、キッチンペーパーなどでよく水気をふき取ってから、ジップ付き保存袋に入れるか、ラップに包んで冷凍します。

ささがき・乱切りごぼう

ささがきごぼうの水分をしっかり取り、平らになるように保存袋に入れます。急速冷凍することで歯ごたえが損ないにくくなりますので、金属トレイ、もしくはアルミ箔の上に置いて冷凍してください。

しばらく冷凍したあと、保存袋の上から軽く揉むと凍ったごぼう同士がくっつかずに使いやすくなりますよ。

解凍のコツ

冷凍したごぼうは、解凍するときに水分が抜けて、食感が悪くなりがち。冷凍したごぼうを使う際には、凍ったまま加熱調理するのがおすすめです。汁物や、炒め物がおいしく作れます。

冷凍保存での保存期間

冷凍したごぼうは、約1か月日持ちしますが、時間の経過とともに鮮度は少しずつ落ちていきますので、おいしく食べるには、2週間を目安に使い切るのがよさそうです。

悪くなったごぼうはどんな状態になる?

土付きのままや冷凍保存で長期の保存が可能なごぼうですが、お料理に使う前には状態を確認して使ってくださいね。

スが入っていたり、干からびている、また触ってみてぐにゃっと柔らかくなっている時には、傷んでいますので使わないようにしてください。また、異臭がする場合、カビが生えてしまっているものも食べるのはやめましょう。

切った断面が、ピンクや黒っぽくなっている場合は、異臭や感触に異常がなければ、食べても問題ありません。少しシワシワになったごぼうも、水にさらしておくことでシャキシャキ感が戻りますよ。

新鮮なごぼうの見分け方

保存方法についてご紹介してきましたが、購入の際に鮮度が落ちているものを選んでしまったら元も子もないですよね。新鮮なごぼうは、太さが均一で、表面が硬いもの、そして根のヒゲが少ないものです。

洗ったごぼうは、ひびが入っていないものを選ぶようにしましょう。グニャグニャしているやわらかいごぼうは避けたほうがよいですね。土付きのごぼうの方が、鮮度がよく保存期間も長くもちます。

お弁当に食卓に便利なごぼうの保存

ごぼうの賞味期限と保存についていかがでしたか?土付きのまま立てて保存したり、冷凍保存したりすることで、ごぼうを長持ちさせられます。日々のお食事に少しずつでもごぼうを取り入れれば、体にもよいですよね。

ささがきにしたもの、細切りにしたものなど、よく作るお料理に合わてカットして保存しておけば、時短になって便利です。よかったらごぼうを買ってきたときには、今回の保存方法を参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

焼肉

お肉をガッツリ食べたい!というときに思いつく焼肉ですが、家でやりたくても煙や匂いが気になって諦めてしまう人、少なくないですよね。今回は、家で焼肉を行う際の煙や匂い対策、おいしく食べるコツなどを詳しくご紹介しま…

レシピ お弁当 お花見 おにぎらず まとめ

各地で桜が花開き、お花見の季節になりましたね。今回はそんなお花見に欠かせない「お花見弁当」のレシピをまとめてみました。定番人気メニューから簡単でおいしいおかずはもちろん、お弁当の詰め方のコツやおすすめのお弁当…

好きな肉料理ランキングがあれば上位間違いなしの生姜焼き。定食屋のように柔らかく仕上げる方法をご存じですか?自分で作るとなぜか固くなってしまう……そんな方に向けて今回は、生姜焼きを柔…

レシピ 唐揚げ まとめ

菊芋って、あまり聞きなれないですよね。まだまだ珍しい食材ですが、菊芋とはどんな野菜なのか、どんな食べ方ができるのかをご紹介。加熱して柔らかくするのもよし、生のままサラダにするのもよし!今回は菊芋を使った人気の…

食事に欠かせない卵ですが、割ってみたら血が混ざっていた!経験をしたことがある方がいるかもしれません。血の混ざった卵は腐っているのか、食べても大丈夫なのかなど、卵に混じった血の正体についてご紹介します!これまで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。最後に藤沢のお店も紹介していますよ。これで行…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

人気100円均一ショップ「セリア」から、手作りギフトにぴったりな「ビン型ギフトバッグ」が登場しました。入り口はチャックになっていて、スイーツを入れるだけでもとってもおしゃれ。今年はこのアイテムで手作りスイーツ…

お土産

いま、「オイルサバディン」が気になります。「オイルサーディン」ならぬ、「オイルサバディン」とは、サバの燻製のオイル漬けのこと。沼津のかねはちが売り出したサバのオイル漬けは、おしゃれなパッケージ!やみつきになる…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...