ローディング中

Loading...

薬味として、しゃきしゃきの食感を楽しむのはもちろん、煮込めば甘みが増すネギ。風邪の流行る冬場に欠かせない野菜ですよね。そんな長ネギですが、皆さんはどのように保存していますか。今回は、長ネギの保存方法や新鮮なものの見分け方をご紹介します。

体にもよい長ネギを食べよう

長ネギは11月から2月に旬を迎える野菜。そのまま刻んで薬味として食べる以外にも、熱を加えることでとろりと甘くなります。鍋物の具材にも欠かせない野菜のひとつですよね。焼き鳥の人気メニューである「ねぎま」や、お味噌汁、中華スープなど、長ネギを入れることでおいしさがアップするメニューもたくさん。
長ネギは、体を温めてくれたり、疲労回復に効果になったりなど、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。風邪をひいたときに、長ネギを首にまくと喉の痛みや咳が治まるよと言われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この他にも殺菌効果など、ネギには寒い冬を元気に乗り越えられる効果がいっぱい。おいしく食べて、健康的に過ごせるのはとっても嬉しいですよね。

日々の食卓に欠かせない長ネギ、どう保存してる?

ネギには大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。「根深ねぎ」が、「長ネギ」「白ネギ」と呼ばれるもの。土から生えてきた部分に、土を寄せ、日に当たらないようにすることで、白い部分が長くなるように育てられます。以前は「関東は白、関西は緑」と言われ、長ネギは関東地方で食べられることが多かったようですが、最近では地域を問わず食べられるようになりました。
長ネギを買ってきた場合、みなさんはどのように保管されていますか。野菜室で保存する方、長くて立てられないから横にして冷蔵庫に入れる方、常温でそのまま保存するという方もいるかもしれませんね。今回は、長ネギをどのように保管すればよいのか、保存方法によってそれぞれどれくらいの賞味期限かをご紹介します。

長ネギの賞味期限はどれくらい?

長ネギの賞味期限は平均1週間です。ただ、そのままの状態のものと包丁で切った状態のものでは期間も変わってきますし、同じ形状でも温度や保存状況によっても変わります。長ネギを始めとした生鮮食品は賞味期限の記載がされていないため、新鮮な長ネギと傷み始めている長ネギの特徴を知っておくことが大切です。それでは、順番に見ていきましょう。

長ネギの痛み始めのサイン

長ネギが傷み始めると、先端の方から白色が変色してきます。そのため、その部分はカットして早めに使いきってしまいましょう。また、表面が乾燥した場合は、一皮剥くと、中は新鮮な状態なので美味しくいただけますよ。
残念ながら、傷んだ状態から1歩進んでしまい、腐ってしまった場合もご紹介しましょう。もともと粘り気のある長ネギですが、腐るとさらに粘り気が強くなり、ドロドロになったり、汁気が出たりします。また、元々匂いのキツイ野菜ではありますが、腐るとネギの匂いではない異臭がしますので、その場合は処分しましょう。

新鮮な長ネギを買うポイント

美味しい長ネギを食べる為には、やはり新鮮な状態のものを買うことが大事です。では、購入する時に、どのような状態のものを選べばよいのでしょうか。長ネギの表面がつやつやとしていて、白い部分が真っ白、緑の部分が鮮やかな緑で、白と緑の境目がはっきりとしているものが良いようです。葉先の部分までピンとしっかりしていてハリのあるものを選びましょう。白い部分の方が多いものがいいようですよ。
また、古くなるとネギの外側から水分が抜けて乾燥し、硬くなっていきます。そのため、触ってフワフワしているものは中身も詰まっていないので、しっかり詰まっている重みと弾力のあるものを選びましょう。最後に、切り口が新鮮なものを選ぶことも大切です。長ネギの購入時の心得、覚えておくと便利ですね。

長ネギを常温保存する場合の方法

冬が旬の長ネギは寒い環境を好みます。そのため、冬であれば冷蔵庫ではなく自宅の冷暗所で保存することも可能です。その場合は、新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存しましょう。保存期間は1週間程です。
また、泥付きの長ネギで根(ヒゲ)が付いているものは、青い部分だけ出して土に埋めると、長期保存できます。土に埋めておけば、なんと1~2か月程度も長持ちするようですよ。埋める場所がある方には、たくさん買ってしまった時におすすめです。しかし、これらは、長ネギをカットしていない状態の場合です。切った場合は速やかに冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。

長ネギの冷蔵保存方法

長ネギの保存温度は0~2℃。基本は冷蔵庫の野菜室で保存するのがよいでしょう。次に、冷蔵庫で保存する際のポイントをご紹介します。

そのままの形で冷蔵保存する場合

まず、切っていないそのままの長ネギは、白い部分と緑の部分の境目で切り分けて、それぞれをキッチンペーパーや新聞紙に包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室になるべく立てた状態で保存します。この場合の保存期間は、10日程度です。

もっと長持ちさせる冷蔵保存

通常は、1週間ほどの保存期間が可能な長ネギですが、できることなら、おいしい状態でもっと長持ちさせたいですよね。そこで、冷蔵庫で長期保存できる方法をご紹介しましょう。
1.長ネギをジッパー付きビニール袋に入る長さにカットし、薄いビニール袋にネギを入れ、底から3~5cmくらいの水を入れて軽く袋を縛ります。

2.ジッパー付きの保存袋に入れて、倒れないように冷蔵庫で保管し、長ネギを使う度に水を入れ替えてください。
この保存方法であれば、3週間たってもひと皮剥けばシャキシャキ状態で食べられるようです。しかし、青い部分は白い部分より早く傷みますので、早めに使いきりましょう。長い長ネギはそのままの状態では冷蔵庫に立てて入らないですし、長ネギを長く使えるこの方法はとても便利です。

刻んだ長ネギの場合

最後に、刻んだ長ネギの保存方法です。刻んだ長ネギは、キッチンペーパーを敷いたタッパーに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。2日くらいでキッチンペーパーが濡れてきますので、新しいものと交換すれば、保存期間は1~2週間になります。
鍋物や炒め物用に斜め切り、味噌汁用に小口切りにしておけば、使いたい時に入れるだけです。調理時間の短縮ができてとても便利ですね。このやり方は「葉ネギ」にも使えますから、常に冷蔵庫に常備しておくのもいいですね。

いつでも新鮮なまま!長ネギは冷凍保存がおすすめ

長期保存するなら、やはり冷凍保存ですよね。いつでも新鮮なまま食べられる保存方法としておすすめです。しかし、解凍すると水っぽくなってしまうため、調理する際は、解凍せずにそのまま使いましょう。冷凍保存した場合の長ネギの保存期間は1か月程です。では、長ネギをそのままの状態で冷凍保存する方法と、切った状態で冷凍保存する方法の2通りをご紹介しましょう。

そのまま冷凍保存

そのまま冷凍しておけば、その時に作りたい料理に合わせて切り方が自由自在に変えられます。使い道は決まっていないけれど、とりあえず買ったという方におすすめの方法です。

準備するもの

長ネギ、ジッパー付きの保存袋

手順

1.長ネギを洗って水分をしっかり拭き取ります。
2.ジッパー付きの保存袋の大きさに合わせて切ります。
3.保存袋に入れて空気をしっかり抜き、袋を閉じて冷凍庫にいれます。
4.使う時は、解凍せずにそのまま切ります。手早く切ることがポイントです。

おすすめ料理

煮物、味噌汁、スープ等、生で使う薬味以外は何にでも使えます。

炒めてから冷凍保存

準備するもの

長ネギ、ごま油またはオリーブオイル、ジッパー付きの保存袋

手順

1.長ネギを3cmほどの長さに切ります。
2.保存袋に入れて、ごま油(またはオリーブオイル)を加えて全体にからめます。
3.空気をしっかりと抜き、冷凍庫で保存します。

おすすめ料理

炒飯、パスタ、味噌汁、お好み焼き等

刻みネギの冷凍保存

刻んだ長ネギを冷凍したら塊になってしまい、使いにくかったってことはありませんか。こちらのやり方でしたら、パラパラになり、困ることもありませんよ。しかし、細かく刻んで冷凍すると長ネギの栄養が次第に落ちていきます。刻んで冷凍した場合の保存期間は、約2週間ですが、なるべく早めに使い切るのがよいでしょう。

準備するもの

長ネギ、ビニール袋、ジッパー付きの保存袋またはタッパー

手順

1.好みのサイズに刻んだ長ネギを、袋にいれ空気を入れた状態で冷凍庫にいれます。
2.冷凍庫に入れて1時間程経ったら一度取り出し、長ネギを振り長ネギをバラバラにします。これを2回ほど繰り返します。
3.パラパラになったら、ジッパー付きの保存袋かタッパーに移します。保存袋の場合は、空気を抜いてから冷凍庫に入れましょう。

おすすめ料理

味噌汁、スープ、炒飯等

長ネギを上手に保存して、最後まで美味しく食べよう

長ネギの保存方法についてはいかがでしたか。長ネギの青い部分は捨てる方も多いかもしれませんが、調理法次第ではおいしく食べられるので、捨てずに使ってみてくださいね。また、消臭効果のあるネギは、青い部分を魚などの煮物に入れて煮ることで生臭さをとってくれますし、スープのダシとしても利用すれば香味野菜の味わいもできます。
栄養価もた高く、風邪やインフルエンザが流行する寒い季節に食べたい長ネギ。今回ご紹介した保存方法を参考に、長ねぎを悪くさせず最後までぜひ使い切ってくださいね。
▼丸ごと使い切ろう!長ネギのおすすめレシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

春巻き 揚げ物

春巻きは作りすぎてしまったら、賢く冷凍保存するのがおすすめです。でも、上手に冷凍保存をするためのコツって?保存期間は?冷凍保存した春巻きを上手に揚げるコツは?今回は、「春巻きの冷凍」について詳しくまとめました。

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

カリフラワー ニューヨーク

今、NYで話題のカリフラワーダイエット。中でも、お米の代わりに食べる「カリフラワーライス」を使ったものが人気を集めています。今日は、その「カリフラワーライス」の基本の作り方、そしてアレンジレシピをまとめてご紹…

調味料 おしゃれ

たかはしよしこさんが作る「エジプト塩」には数種類のナッツとスパイス、天然塩などが使われており、それらを絶妙な配合で組み合わせたことによって誕生しました。ひとふりするだけでも普段の料理をレベルアップさせることが…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る