ローディング中

Loading...

連載:気になる新商品を食べてみた!〈毎日更新〉macaroniレビュー

まさかこんな対決が実現するとは……。2大カップやきそばメーカーが同時期にチョコレート味のやきそばを発売したのです。ネットでも阿鼻叫喚、賛否両論の嵐が吹き荒れていますが、どちらの方がおいしいのか、編集部10人で食べ比べてみました!

一平ちゃん&ペヤングのチョコ味やきそば食べ比べ!

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。本日はいつもとちょっと趣向を変えて、最近発売されたカップ焼きそばの食べ比べをお届けします。
ひとつは2017年1月9日(月)より全国で発売されている「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」、もうひとつは同年1月16日(月)にリリースされた「ペヤングチョコレートやきそばギリ」。上画像を見ていただければわかるとおり……、どちらもチョコレート味。
これまで本当にさまざまなカップ麺が発売されてきましたが、 味が気になるという意味ではどちらも過去に例のないほど突出した存在ではないでしょうか。一平ちゃんについては先日すでに実食レビューをお届けしましたが、スイーツ系やきそばという新たな地平へ向かおうという明星食品のモチベーションの高さが感じられる出来栄えでした。
これからこのふたつを食べなければならないという気重さについ文章が硬くなりましたが……、しっかりと食べ比べ、いったいどちらがマ……おいしいのか、はりきってジャッジしたいと思います!

同じチョコ味ですが…中身を検証

いかにも甘いものが入っていそうなチョコレート色のパッケージを破り捨て、まずはそれぞれの中身を見てみましょう。
まずはめん。上の画像を見てください。左が「一平ちゃん」で右が「ペヤング」です。どちらも油揚げめんですが、一平ちゃんの方はココアパウダーが練りこまれており、茶色がかっています。ペヤングの方はというと、おなじみのいつものめん。
お次は内容物。一平ちゃんにはソースがふたつとあとのせのかやくがひとつ。ペヤングにはソースとあとのせのかやくがひとつずつ入っていました。

一平ちゃんはココアパウダー、フルーツペースト、マンゴーチャツネ、ビーフエキスなどが入った甘めのソースとチョコソースを分けているんですね。ペヤングはというと、チョコレートをそのまま液体にしたような甘〜いソースだけ。ある意味思い切りがいいともいえますが、味の方はどうなんでしょう。

調理開始。お湯を注いで3分待ちます

熱湯を注いでからの待ち時間は、どちらも同じ3分間。
どちらもラインきっかりお湯を入れ、香りひとつ漏れないようきっちりとフタをしました。
3分後、湯切りをしたあとの状態がこちら。色味など特に変わりありません。
そして……、それぞれのソースをかけてよく混ぜ合わせ、最後にあとのせかやくをふりかけたのが上画像。どうですか?スイーツっぽい感じ、出てきたでしょうか。
ちなみに、一平ちゃんのかやくはパッケージに大文字で書かれていた「謎チョコキューブ」。チョコと名前はついていますが、実態はココアパウダーでコーティングされたパフのような物体です。ペヤングのかやくはドライストロベリーとクルトン。赤い粉状のものがドライストロベリー、黄色いキューブがクルトンです。

食べ比べスタート!

ひとりでふたつを食べきる自信がなかったので、どんな味でもへっちゃらだという猛者10人を集めて審査員に任命。これで準備は万端です。
全員で箸を伸ばして、食べ比べスタート。とたん、ふたりから聞いたことがないような声が上がりました。どちらもペヤングに箸を伸ばした審査員。半笑いで目を見開くという形容しづらい表情をしています。
片や、一平ちゃんを食べている審査員も驚き顔。もぐもぐと咀嚼を続けているところを見ると、口に合わないということはなかったようですが……。
全員でしっかり食べきって、審査は終了。ふたつのチョコレート味のやきそば、はたしてその勝者は……?

結果発表!よりアレな味だったのは!

どちらの味がよかったか。これはもう、比べものにならないくらいの大差がつきました。
9対1で、一平ちゃんの圧勝!!
以下、審査員のコメントを紹介します。
一平ちゃんに票を入れた審査員
「一平ちゃん、まったく問題ない。これならふつうに食べられます」
「どちらも……だったけど、一平ちゃんの方はまだ、チョコレート味のやきそばをどう食べさせようか、考えられている気がする」
「めんの違いが大きいかも。一平ちゃんのめんはペヤングと比べてチョコソースの風味になじんでいた」
「一平ちゃんの方が完成度が高い。それに尽きる」
ちなみに、ほぼ全員が口をそろえて、「ペヤングはふつうのペヤングのめんにただチョコソースをかけただけ」と言っていました。実情はわかりませんが、食べ比べてみるとたしかにそんな印象です。
最後に、唯一ペヤングに票を入れた審査員のコメントを。

「どちらも苦手だったけど、ほぼチョコソースだけと思えるシンプルさが清々しいと思えた」
……というわけで、今回の2大カップやきそばメーカーの対決は明星食品に軍配が上がりました。今後、またふたつのメーカーが同じ味を同時期に発売し、売り上げを競うこともあるかもしれませんが、そのときはぜひ、チョコレートではないフレーバーでお願いしたいところです、本当の本当に。
(文・写真:植松)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

商品情報&成分表示

明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース
価格:194円(税込)
発売日:2017年1月9日(月)
発売場所:全国

エネルギー 489kcal
たんぱく質 9.3g
脂質 20.1g
炭水化物 67.7g
ナトリウム 0.8g
ペヤングチョコレートやきそばギリ
価格:199円(税込)
発売日:2017年1月16日(月)
発売場所:全国

エネルギー 492kcal
たんぱく質 8.2g
脂質 20.9g
炭水化物 67.7g
ナトリウム 490mg
こちらの食べ比べもぜひご一読を!

《気になる新商品を食べてみた!〈毎日更新〉macaroniレビュー》の記事一覧

ハンバーガー

2017年6月21日(水)、モスバーガーから「にくにくにくバーガー」が発売されました!テレビ番組『有吉弘行のダレトク!?』で話題となったこちらの商品。パティ、牛肉、テリヤキチキン、レタスで構成されたバーガーで…

ラーメン

1995年から1999年まで人気を集めた夏の限定商品「日清 夏のラ王」。当時の味わいやパッケージを再現し、2017年6月19日(月)、18年ぶりに限定復刻発売されました!ひと口食べれば、当時を思い出すことまち…

レモン

濃厚食感で2016年冬に大人気を博した「ミルクレア」シリーズ。2017年6月13日(火)に夏の新作「ミルクレア キリッとレモン」が発売されました!爽やかさと濃厚さを兼ね備えた、夏の始まりにぴったりなひと品。実…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ チーズ おつまみ まとめ

本当にこれだけでいいの!?と思ってしまうぐらい簡単な、クリームチーズを使った絶品おつまみの人気レシピを8つご紹介します。しかもなんだかおしゃれ♩こんなに万能なクリームチーズを好きなだけ使っちゃってください。ヘ…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

ヴィーガン まとめ

日本でも豆乳やアーモンドミルク、そしてライスミルクが知られるようになってきましたよね。でもアメリカではもうすでに新しい植物性ミルクが話題なのです。そう、スーパードリンクを含んだミルクなんですよ。

パンケーキ スイーツ ハイブリッドスイーツ まとめ

クロナッツなどを筆頭に、2種類以上の異なるメニューを掛けあわせたハイブリッドスイーツが話題になっていますよね。大人気のパンケーキにもそのブームは到来しており、続々とハイブリッドパンケーキが登場♪食べられるお店…

まとめ

もう日本人にもすっかり定着した感のあるコストコ。会員制ストアですが、量が多く安くまとめ買いしているユーザーさんも多いようです。そんな常連さんが「これは買うべき!」と声を大にしておすすめしている商品を紹介します…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

花見 東京 まとめ レストラン カフェ

東京都内で、花見をしながら楽しめるレストラン・カフェを5店舗厳選しました。桜の見えるお店でゆったり腰を落ち着けて愛でれば、食事も一層美味しく、思い出深いものになるはずです。ライトアップする夜桜も素敵なお店をご…

ファミレス サラダ

サイゼリヤの「柔らか青豆の温サラダ」がとっても安いのに美味しいと、常に話題になっているんです!そのまま単品で頼んで、お酒のおつまみにしても良いし、他のメニューと組み合わせてトッピングとして注文するのも良し。そ…

macaroni_review

気になる新発売商品をmacaroni編集部スタッフが実際に食べて、...

ページTOPに戻る