ローディング中

Loading...

日本では、女性が意中の男性へチョコレートを渡して想いを伝える日として知られているバレンタインデー。ですが、そもそもバレンタインデーの意味は?海外事情は?今回はバレンタインについてまとめました。

2月14日はバレンタインデー!

日本では、女性から想いを寄せる男性へチョコレートを渡して気持ちを伝える日として知られているバレンタインデー。毎年、2月に入る頃には百貨店やコンビニでも様々なバレンタイン商品が販売されていますよね。
学生時代、意中の男性が受け取ってくれるかどうか、前日の晩は緊張して眠れなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか。また、直接渡すことができず、机の中に入れてしまったという方もいるでしょう。最近では、想いを寄せる男性のみならず、日頃お世話になっている方や、女性同士で交換する「友チョコ」なども普及し、少し前までとはバレンタインの意味合いも変わりつつあります。
そんなバレンタインデーですが、そもそもいつ頃から始まったのでしょうか。また、なぜバレンタインデー=チョコレートなのでしょうか。今回は、そんなバレンタインデーにまつわる由来や歴史、海外のバレンタイン事情についてまとめてみました。

バレンタインデーとは

そもそもバレンタインデーとはいったい何なのでしょうか。先述の通り、日本では、女性が想いを寄せる男性へチョコレートを渡して気持ちを伝える日と、女性にとって大切なイベントとなっていますが、本来はカップルが愛を誓う日なのです。
「お菓子屋さんが売り上げアップのために始めた施策だ」などと言った説もありますが、バレンタインデーは日本独自のものではなく、れっきとした世界共通のイベントなのです。では、海外のバレンタインデーはどのように取り扱われているのでしょうか。

海外では「Valentine's Day」

日本では「バレンタインデー」と言うのが一般的なのに対し、英語圏の国では「Saint Valentine's Day」と呼ぶのが一般的です。直訳すると「聖バレンタインの日」。つまり、バレンタインとは人の名前だったのです。世界規模のイベントになるほど影響力のあったバレンタイン氏とは、いったいどのような人物だったのでしょうか。

バレンタインのはじまりはいつから?

バレンタインのはじまりは実に古く、ローマ帝国の時代にまでさかのぼります。当時の兵士たちは、自分の家族や愛する人と別れたくないという理由から、戦争行きを拒否する者が後を絶えませんでした。これに見兼ねた当時の皇帝クラウディウス2世が、「このままでは国がダメになってしまう」と、結婚禁止令を出してしまったのです。
もちろん、これには兵士たちも大反対。そんな時、行動を起こしたのがキリスト教司祭であったバレンティヌス(バレンタイン)でした。彼は、こっそりと兵士たちの結婚を助けてしまったのです。ですが、このことがのちに皇帝の耳に入り、バレンティヌス(バレンタイン)は2月14日に処刑されてしまいました。兵士を救うために起こした善意の行動で命を落とすという悲しいエピソードがバレンタインデー始まりの背景にはあるのです。
以降、ローマでは2月14日は恋人たちがプレゼントやカードを贈り合う日となり、これが現在のバレンタインデーの始まりとなったと言われています。

獄中からはじまったバレンタインカード

皇帝に背いたとして、269年の2月14日に処刑されてしまったバレンティヌス(バレンタイン)ですが、その以前に皇帝はバレンティヌスにチャンスを与えようと、罪を認めローマ教に改宗させようとしました。しかし、これを拒否したことにより、バレンティヌス(バレンタイン)は投獄されます。
もしかしたら殺されてしまうかもしれないという状況のなかで、バレンティヌス(バレンタイン)は看守たちに愛を語り続けました。そして、獄中で1人の看守と親しくなり、処刑される前にその看守に手紙を残したのがバレンタインカードの始まりではないかと言われています。
このことがきっかけで、男性が女性に想いを伝える際、2月14日に手紙を出すようになり、これが次第に広まっていき、現在のようなスタイルになったとされています。現在では、男性からとは限定せず、男女からプレゼントする際にも使われるようになりました。その起源には、バレンティヌスの切ないエピソードがあったんですね。

バレンタインの別の意味

バレンタインは、「Valentine」と記載する場合と、小文字で「valentine」とする場合があります。小文字で記載されているvalentineには、先ほどご紹介したバレンティヌス(バレンタイン)の名前を表す以外に別の意味もあるんです。

カードの意味

小文字で記載された「valentine」には、それだけでバレンタインカードという名詞の意味合いがあります。使い方の例としては、「I'll send her a valentine on February14th.」(私は彼女へ2月14日にバレンタインカードを送ろうと思います。)というような感じです。valentineの後にcardとつけなくても、valentineだけでバレンタインカードの意味になるのですね。先ほどご紹介したバレンティヌス(バレンタイン)の獄中でのエピソードなどを思い出すとなんだかとても感慨深くなります。

特別な人への思い

もうひとつの意味としては、バレンタインカードを送りたいと思えるような家族・恋人など“大切な人”と言うものです。使い方としては、「You are my valentine」。日本ではまだあまりなじみのない使い方ですが、海外では大切な人、愛しい人にあたるsweet heart(スウィートハート) やhoney(ハニー)などと同じ意味合いで使われることが多いようです。
これも、先ほどご紹介したバレンティヌス(バレンタイン)のこっそりと兵士を結婚させたエピソードや獄中の行動がもとになっていそうですよね。

チョコレートを渡す意味は?

バレンタインデーの起源はローマ帝国の時代までさかのぼるのですが、日本でバレンタインデーが定着しはじめたのは1970年代とされています。皆さんは、バレンタインデーにチョコレートを贈るようになったのはもともとお菓子屋さんが売り上げアップのために考えた施策だという話を耳にしたことはありませんか。
その通り、バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は、1936年に神戸のモロゾフ洋菓子店が雑誌に広告を掲載したのがきっかけで始まったそう。当時はまだチョコレートは高級品であったため、すぐに広まることはありませんでしたが、チョコレートの消費量と経済状況の変化に伴い、1970年頃になると学生を中心に「女性が想いを寄せる男性にチョコレートを贈る」という習慣が定着してきたのです。
その頃は、女性が意中の男性に想いを伝えるためのものであり、「あなたのことが好きです」「付き合ってほしい」といった気持ちを伝える目的が強かったのですが、最近では日頃お世話になっている方への感謝や、「これからもよろしく」など、親しみを表現する意味を含むなど、目的が多様化してきています。
欧米の人と比べると、自分の想いをストレートに伝えることが苦手な日本人。チョコレートの力を借りることで自分の気持ちを伝えやすくなるといったこともあったのかもしれませんね。

アメリカやヨーロッパのバレンタインデー

日本では、女性主体のイベントと言った印象が強いバレンタインデーですが、アメリカやヨーロッパでは、男性から女性へ贈り物とするのが主流です。アメリカの場合、贈るものに関してもチョコレートではなく、お花やカード、なかにはジュエリーなどの高級品をプレゼントする男性も多いのだとか。そう聞くとなんだかちょっと羨ましいですよね。
また、日本のように意中の人に初めて気持ちを伝えるというよりは、恋人や家族などすでに身近なパートナーへ感謝の気持ちを伝えると言った意味合いが強いそうです。一方、ヨーロッパに関してはアメリカほど男性主体といった風習はなく、男性女性どちらからでも、親しい人へ感謝の気持ちを込めてスイーツやお花、プレゼントなどを贈り合う日なのだそうです。アメリカよりは気軽なイメージですね。

タイのバレンタインデー

タイのバレンタインデーは、アメリカやヨーロッパとも異なっています。男性から女性に物を贈るという点ではアメリカと同じですが、カードやチョコレートではなく、バラの花束が一般的な贈り物だそう。ロマンチックなシチュエーションをお好みの方は、タイのバレンタインを経験してみたくなりますよね。
タイでは、日本で言う「いい夫婦の日(11月22日)」のように、2月14日は縁起が良い人され、この日に合わせて入籍するカップルも多いのだそうです。毎年彼がいるタイの女性にとって、2月14日はプロポーズされるのではとそわそわした気持ちで迎える日なのでしょうね。

台湾やベトナムのバレンタインデー

タイと同じアジア圏に続する台湾やベトナムですが、こちらのバレンタイデーはまた違っています。チョコレートを贈ると言った点では日本と同じですが、贈るのは男性から女性。そして、日本ほどの盛り上がりはなく、ホワイトデーにお返しするといった習慣も根付いていません。
女性からするとこの習慣はありがたいのですが、お返しの習慣がないというは、意中の女性にチョコレートを贈った男性からするとどんな気持ちなんでしょうね。

お友達用バレンタインにはクッキーもあり♩

バレンタインは、お菓子屋さんが考案した日本独自の習慣だと思っていましたが、由来をたどると、とても歴史が深く、切ないお話の背景もあったんですね。また、国が変われば、贈る品物や相手など、バレンタインの意味も少しずつ異なることがわかりました。
日本では、恋人や好きな人に渡すだけでなく、お友達やお世話になった人へ日頃の感謝をこめて渡す習慣が随分と増えたように思います。そして、チョコレートではなく手作りクッキーをプレゼントする人も多いのだとか。今年の2月14日は、みなさんも大切な人にぴったりのバレンタインギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和菓子

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

クッキー チョコレート

サクラクレパス?と思って缶を開けたら、なんと中に並んでいたのはクッキー。いま、そんなクレヨン型のチョコサンドクッキーが話題になっているんです。今回は、人気上昇中の、なんともかわいらしいサクラクレパスクッキーを…

チョコレート ケーキ ドリンク いちご

スタバから、「チョコレートケーキトップフラペチーノ」の抹茶ショットに続いて、「ストロベリー ショット」が期間限定で登場。公式サイトでも予告されていなかったので、驚いた方も多いのでは?実食レビューでご紹介します!

チョコレート

2017年8月8日(火)、ゴディバ「ミルクチョコレートチップ」「ミルクチョコレートマンゴー」のコンビニサイズがセブン-イレブン限定で発売されました!ゴディバならではの特別な味わいです♩あっと驚くキュートな仕掛…

パスタ イタリアン

パスタソースにはさまざまな種類がありますが、今回は「アマトリチャーナ」についてご紹介。名前は聞いたことのある気がするアマトリチャーナとは、一体どのようなパスタソースなのでしょうか。名前の意味や、アラビアータと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ おつまみ 海老

エビとベーコンを組み合わせた、ご飯やパンにもよく合う海外レシピをご紹介します。料理のポイントは、大きめの海老を使うこと。ぷりぷりのエビの食感とカリカリに焼いたベーコンの美味しさは言わずもがな◎ぜひご自宅で作っ…

まとめ レシピ

小豆は、素朴な味わいと健康面から人気の食材です。でも下準備を面倒に思う人も多いでしょう。そんなズボラさんにおすすめなのが「ストック小豆(あずき)」です。これで小豆がいつでも簡単便利に食べられますよ。早速、作り…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る