ローディング中

Loading...

日本では、女性からチョコレートをもらった男性がお返しをする日として親しまれているホワイトデー。お返しに何をもらうかによって相手の気持ちまでわかってしまうらしいんです。お返しのお菓子に込められた意味やホワイトデーの由来まで、まとめてご紹介!

3月14日はホワイトデー!

日本では、バレンタインに女性からチョコレートをもらった男性が、お返しをする日として知られている「ホワイトデー」。子供の場合は、両想いであればお返しがあるという、子供独自のルールがあるところもあるようで、前日はドキドキして眠れなかったという経験がある人も多いかもしれませんんね。
日本ではバレンタインでもらった物のお返しをする目的の印象が強いホワイトデー、このイベントの始まりはいつ頃なのでしょうか。

ホワイトデーの歴史は意外と浅い?

ホワイトデーの起源については諸説あるようですが、もっとも有力と考えられているのは、日本発祥説。昭和50年代にのおかし製造会社が出した広告によってホワイトデーのイベントが広まっていったといわれています。徐々にバレンタインデーが定着しつつあった当時、これに目をつけたお菓子業界が新たな記念日を設立しようとしてできたのが、ホワイトデーだったといいます。
内祝いなど、「頂いたらお返しをする」と言った考え方がある日本人にとってこのホワイトデーはすんなりと受け入れられたようです。日本人男性の愛情表現が下手と言われている性質にも合っていたのでしょう。個人でお返しをするよりは、記念日になることで自然な形で渡しやすくなったのかもしれませんね。

ホワイトデーはアジア特有のイベント?

日本ではすっかり定着しているホワイトデーですが、世界共通でなく、韓国や台湾、中国などアジア圏の一部のみで行なわれている習慣のようです。

もともとは「マシュマロデー」だった!

ホワイトデーは始まった当初から今のようなスタイルだったわけではありません。もともとは、老舗和菓子屋の「石村萬盛堂」の現社長による思いつきで始められたものだったのです。
昭和52年、現在の社長である石村氏が雑誌を見ていたところ、「勇気を出してバレンタインデーにチョコレートをあげたのに、男性からは何もないのは不公平だ」という記事を目にします。これをきっかけに、当時から石村萬盛堂の看板商品であった「鶴乃子」(黄味餡をマシュマロで包んだ和菓子)を活用して、お返しをする日を新たに作れないかと思いついたのが始まりでした。
試行錯誤の上、バレンタインの1か月後である3月14日を「マシュマロデー」に定めました。クリスマス、年末年始、バレンタインと繁忙期が続くお菓子業界にとって、閑散期にあたる3月頃に再度売り上のアップを見込めるイベントを設定した案は功を奏したのです。
その後、百貨店からの申し出によりマシュマロに限定せずに、もっと幅広くお返しができないかという意見があり、名前もマシュマロデーからマシュマロを連想させる「ホワイトデー」に変えられ、現在のようなスタイルへと変化していったのだそうです。
今では、バレンタインに負けず劣らずと言っても過言ではないほど、売り場や特集が充実していているホワイトデーですが、実はこんな偶然から始まっていたのですね。

お返しのお菓子の種類で気持ちを確かめる!?

マシュマロデーからホワイトデーに改名された後も、しばらくはマシュマロをお返しするというのが定番スタイルだったようですが、最近ではお返しするお菓子の種類も様々になってきています。実は、そのお菓子の種類によって相手の気持ちを想像できることをご存じですか。それでは、次にホワイトデーの定番とも言えるお菓子をいくつか見ていきましょう。

キャンディー

マシュマロに次いで、ホワイトデーの定番とも言えるキャンディーですが、これには「あなたのことが好き」「お付き合いして欲しい」などのプラスの意味が込められているようです。
また、ここに挙がっている他のお菓子に比べると、キャンディーは食べた時に口の中に残っている時間が長いため、「長く一緒にいられる(いたい)」といった意味もあるのだとか。いずれにしても、お返しでキャンディーをもらった場合は、見込みアリと見なしてよさそうですね。

マカロン

今やオシャレなスイーツの代表格とも言えるマカロン。ホワイトデーのお返しに、有名ブランドのマカロンを頂いた日には、その男性のセンスの良さに感動してしまうかも。そんなマカロンですが、どのような意味が込められているのでしょうか。
マカロンは、ここに挙げた他のお菓子よりも少し価格が高めなことから、「特別な人」という意味が込められている場合があるようです。ホワイトデーのお返しにマカロンをもらった場合は、少し期待しちゃいますね。

クッキー

大好きな人も多いクッキーも、ホワイトデーのお返しの種類のひとつです。マカロンやマシュマロは独特な食感もあり、好き嫌いが分かれることもありますが、クッキーであれば、比較的安心して渡しやすいかもしれませんね。
しかし、もしホワイトデーにクッキーをもらった場合は、喜んでもいられないですよ。クッキーはサクサクした食感で渇いたスイーツ。渡す側の気持ちとしては、友達関係など、さっぱりとした親密ではない関係を望んでいるか、興味がないなど、ネガティブな意味合いが込められていることがあるのだとか。

マシュマロ

ホワイトデーができるきっかけにもなったマシュマロですが、お返しのマシュマロに含まれた意味はいくつか存在します。ひとつは、バレンタインに受け取ったチョコレート(気持ち)を、ふんわりと優しい愛(マシュマロ)で包み込むという説です。つまり、OKということですね。
これに対し、もう一方の説は真逆の意味合いで、マシュマロの口に入れた後、溶けてすぐになくなってしまう性質から、「すぐ終わらせる」「関わりたくない」など、距離を置きたい場合に使われているんだという説。
ホワイトデーの元になった石村萬盛堂のホームページでは、マシュマロのお返しに含まれた意味を前者の愛を包むとしていますので、もともとは、よい意味を持つものが正解のようですね。しかし、「あなたが嫌い」という意味だと思い込んでいる人もいるはずですので、もしマシュマロを返された場合には相手の気持ちを別の形で確かめなくてはならなそうですよね。

友チョコへのお返しにおすすめ!手作りクッキーレシピ

少し前まで、バレンタインは女性が本命の男性にチョコレートを贈るイベントといった印象がありましたが、最近ではお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈ったり、女性同士で交換したりなど、バレンタインの意味自体が変わりつつありますよね。それに伴い、お返しに悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、次に、友チョコへのお返しにもおすすめな、クッキーのレシピをご紹介します。

1.ステンドグラスクッキー

通常の型抜きクッキーでは物足りないという方におすすめの、ステンドグラスクッキーです。好みのキャンディーを使用すれば、オレンジやグリーンなどカラフルなものから、ミルクなど落ち着いた優しい色合いのものまで自由自在!
通常の型抜きクッキーを焼く要領でクッキー生地を作り、温めたオーブンで焼きます。焼いている間に、お好みのキャンディーを細かく砕き、あらかじめくりぬいておいたクッキーのスペースにキャンディーの粉を入れ、再びオーブンで焼きます。あとは、キャンディーが固まるまで常温でさませばできあがりです。

2.紅茶のクッキー

簡単に作りたいけど、センスの良さはアピールしたい!という方におすすめのレシピです。紅茶のよい香りとサクサクの食感が楽しく、女性からも喜んでもらえると思いますよ。
材料を絞り袋に入れ、クッキングシートをひいた天板にお好みの形で絞り出します。高温に余熱したオーブンで焼けば完成です。アールグレイやダージリンなど、お好みに応じて紅茶の茶葉を変え、香りの違いを楽しんでみるのも良いですね。

3.スノーボールクッキー

ほろほろとした食感が、大人から子供まで人気のスノーボールクッキー。簡単に作れるのにも関わらず、紅茶にもコーヒーにも合う、とってもおいしいお菓子です。材料すべてをビニール袋に入れ、ひとまとまりになるまで手で揉んで混ぜ合わせます。
クッキングシートをひいた天板に丸めた生地をのせ、オーブンで焼きあげ、粗熱が取れたら粉糖をまんべんなくまぶせばできあがりです。

4.生クリーム入り絞り出しクッキー

簡単なのに、見た目も味も女性から支持をうけそうなおすすめクッキー。中途半端に余ってしまった生クリームの残りも消費できて一石二鳥です。材料をボウルに入れ、固めのクリーム状になるまで混ぜ合わせます。
口金付きの絞り袋に材料を入れ、お好みの形に絞り出したら高温のオーブンで焼いて完成です。トッピングにアラザンを使用していますが、カラースプレーやチョコチップを飾ってもかわいいですよ。

5.アーモンドフロランタン

手が込んでいそうなイメージがあるフロランタンも、自宅で簡単につくることができます。クッキー生地を作り、高温に余熱したオーブンで15分程焼いておきます。
焼いている間に、鍋トッピングを作ります。バター、砂糖、はちみつ、生クリームを入れて煮詰まったらアーモンドを加えます。混ぜ合わせたものをクッキー生地の上にのせ、再度オーブンで焼けばできあがりです。完成後、カットする場合は、まだ温かさが残るうちに切った方がキレイに仕上がりますよ。

何がもらえる?ホワイトデーをたのしんで♩

ホワイトデーの意味についていかがでしたか?いまやすっかり定番化しつつあるホワイトデーですが、実は歴史が浅く、また、海外でも定着しているようなイベントではなかったというのには驚いたかたもいるのではないでしょうか。
お返しの定番お菓子それぞれに込められた意味は、必ずしも相手がそれを知ってくれたかどうかはわかりませんので、もし悪い意味を含むものをお返しされたとしても一喜一憂せずに、大切な人とのコミュニケーションを続けてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和菓子 京都

京都の名産品「水無月」という和菓子をご存じですか?なぜこの和菓子には6月を指す水無月の名がついたのでしょう?水無月の名がついた由来や、どんな風に食べるのか、また、京都へ行ったらぜひ立ち寄ってほしい水無月のおい…

レシピ 寿司

人気の寿司ネタでもある「ネギトロ」。みなさんはネギトロがどんな食べものか説明できますか?葱とマグロのトロでネギトロ?違います。本来のネギトロは、葱もマグロのトロも使っていないんです。じゃあ、今まで食べていたネ…

ホワイトデー スイーツ おしゃれ まとめ マカロン チョコレート キャンディー マシュマロ ケーキ

まもなくやってくる「ホワイトデー」。もうお返しのスイーツは購入しましたか?今回はお返しにぴったりな、2017年おすすめのスイーツを15選まとめてみました。ケーキにマカロン、チョコレートまで、女子受け抜群なスイ…

和食

煮切るという言葉は、日本酒とみりんにしか使わない言葉です。でも、意外と意味や方法をご存知ない方、いらっしゃるかもしれませんね。今回は、煮崩れ知らず、旨みも逃がさない「煮切る」についてお伝えします。これで今日か…

お菓子 マシュマロ

とろけるような口どけのすっぱいマシュマロ「とろマロ ライム味」がブルボンから新登場!ライム果汁をたっぷり使ったさわやかな味わいで早くも話題になっています。マシュマロのイメージを大きく変えてしまいそうなその味わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

ニョッキ パスタ レシピ まとめ イタリアン

ころりとしたまるいフォルムがかわいらしいパスタ、ニョッキをご存知ですか?もちもちとした食感が特徴のニョッキは、お家でもお手軽に作ることができるんですよ。イタリアでは食べる曜日も決まっているのだとか?今回はニョ…

みなさんは、「いもばん」を作ったことはありますか?実はあれ、お芋以外でも様々な野菜で作れるんですよ。今回は、そんないもばんの作り方をご紹介。本格的なものから、お子様と作れるものまで…&helli…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...