ローディング中

Loading...

お弁当のおかずや常備菜に便利なピーマンの肉詰め。ついつい作りすぎてしまった時は、冷凍保存がおすすめです!今回は、ピーマンの肉詰めを冷凍保存する方法や保存期間、さらにおいしいレシピまで分かりやすく解説します。

ピーマンの肉詰めをおいしく冷凍

メインおかずとしてはもちろん、お弁当のおかずにもあると重宝するピーマンの肉詰め。ピーマンそのものはあまり好きではないけれど、肉詰めにするとおいしく食べられるという方も多いのではないでしょうか。

ですが、ひき肉の量に合わせて作るとついつい多く作りすぎてしまうピーマンの肉詰め。冷凍保存をすることができればとても便利ですよね。
お弁当用に加工された冷凍食品などでピーマンの肉詰めを見かけることはありますが、手作りのものに関しても冷凍保存が可能なのでしょうか。

冷凍は焼く前?焼いた後?

結論から言うと、手作りしたピーマンの肉詰めも冷凍保存が可能です。ただし、冷凍保存する際は、どのタイミングで冷凍庫に入れるのかが重要なポイントになるので気をつけましょう。必ずしっかりと中まで火を通し、焼いた状態で冷凍保存をすることが大切です。

生で冷凍すると味がおちる

ピーマンの肉詰めに火を通さず、生の状態で冷凍すると、食べる際に味が落ちてしまいます。一般的に、ひき肉は食材の中でも冷凍やけを起こしやすい食材です。そのため生のまま冷凍してしまうと、パサつきや旨みを逃してしまう原因になります。しっかりと加熱してから冷凍するようにしましょう。

また、ひき肉に限らず、お肉は冷凍保存されていてもスーパーから自宅まで持ち帰るまでの間や、自宅でお肉を出したまま他の下準備をしている間など、ちょっとの時間でも細菌が繁殖してしまうことも考えられます。

ピーマンの肉詰めを生のまま冷凍保存した場合、焼くタイミングで細菌が繁殖する可能性も否めません。万が一冷凍保存していた生のピーマンを生焼けの状態で食べてしまい、食べるまでの段階で細菌繁殖していれば食中毒を引き起こす原因にもなります。

また、上記はレアなケースではありますが、ひき肉は生の状態で冷凍保存をすると水分が抜け落ちてパサパサになってしまいます。これを避けるためにもしっかりと火を通し、ひき肉の脂で旨味を閉じ込めた状態で冷凍保存をしましょう。

また、ピーマンの肉詰めは焼いてから冷凍保存をする方がピーマンの苦味などが緩和され、とてもまろやかになります。お子様のお弁当などに最適な状態といえるでしょう。

ピーマンの肉詰めの冷凍方法

ピーマンの肉詰めを冷凍保存する場合は上記の通り、必ずしっかりと焼いてから冷凍保存することが大切です。この時、お皿などに焼いたピーマンの肉詰めを乗せて、ラップをかけたまま冷凍することは避けてください。

焼いたピーマンの肉詰めは、なるべく空気が入らないよう、一つ一つラップで包みます。そしてフリーザーバックなどに入れてから冷凍保存をしましょう。

こうすることによって、ピーマンの肉詰めから水分や旨味などが抜け落ちず、おいしいままの状態で保存することができますよ。

焼き方は?

冷凍していたピーマンの肉詰めを食べる際は、冷凍時にしっかりと火を入れているため、それほど神経質になる必要はありません。

程よく温まれば食べることができます。フライパンで焼くのが面倒だという場合は、電子レンジで加熱するのでも良いでしょう。フライパンなどで焼く場合も、一度電子レンジで加熱してからであれば温まりも早く、比較的短時間で焦がすことなく、こんがりと適度な焼き目をつけることができますよ。

ピーマンの肉詰めの保存期間

冷凍したピーマンの肉詰めは、保存状態にもよりますが、比較的良好であれば1か月程度は保存が可能です。最近はチルド機能が優れた冷凍庫なども出てきているため、このような最新の冷凍機能で保存した場合には、2ヶ月程度は問題なく食べることができるとも言われています。

ただし、冷凍庫から出した段階で霜が降りている場合や、明らかに冷凍焼けを起こしてしまっている場合は食べない方が良いでしょう。上記期間はあくまで目安ですので、食べる際は必ず見た目やニオイを確認するようにしてくださいね。

お弁当への入れ方

冷凍保存しておいたピーマンの肉詰めは、お弁当のおかずとしても重宝します。お弁当に冷凍保存しておいたピーマンの肉詰めを入れる際は、凍ったままの状態で入れても問題ありません

ただし、これはあくまでも「食べられないことはない」といった状態です。夏場などは保冷材代わりにもなってよいのですが、おいしく食べるためには一度電子レンジで加熱して温めてから、お弁当箱に詰めましょう

自然解凍させてしまうとピーマンから水分が出てしまい、水っぽくなってしまうことがあります。また、食べる時間帯によってはしっかりと解凍されておらず、ひき肉の中心部分が凍っていたということもありえますので、一度火を通した方が良いでしょう。

生のピーマンを冷凍するには

ピーマンの肉詰めのようにピーマンと他の食材と合わせてしまった状態ではなく、ピーマンだけを冷凍保存する場合にはどうすればよいのでしょうか?

この場合はピーマンをしっかりとキレイに洗い、水分を拭き取ることが大切です。水分が残ったまま冷凍してしまうと解凍して使う際には水っぽくなり、べちゃべちゃのピーマンになります。

洗って水分をよく拭き取ったピーマンは、丸ごと冷凍保存するのではなく、食べやすい大きさにカットしておきましょう。種の部分や綿の部分は取り除いてから冷凍することも忘れずに行ってくださいね。カットしたピーマンはタッパーなどの密閉可能な容器やフリーザーバックなどに入れて、そのまま冷凍庫で保存しましょう。

また、一度冷凍したピーマンを調理に使う際は解凍させると水分が出てしまうため、冷凍したままの状態で炒め物などに投入すると風味を損なうことなく食べることができますよ。

おいしいピーマンの肉詰めの作り方

食べ応えがあり、ジューシーなピーマン肉詰めは、どのご家庭でも食卓に上がると喜ばれるのではないでしょうか。

おいしいピーマン肉詰めを作るためにはソースにもコツが必要になります。とはいえ、家庭にあるような身近な食材かつ簡単な方法でなければ続きませんよね。こちらのレシピでは、ウスターソースやケチャップなど、どの家庭でも常備してあるような調味料で作ることができます。

まず、ピーマンは、ヘタをとってしまわずに切り落としましょう。しっかりとたねを混ぜ合わせ、内側に小麦粉をまぶしたピーマンの中に詰めます。熱したフライパンで肉の面を下にして焦げ目がつくぐらいまで焼き、ケチャップ、ウスターソース、醤油を加えて煮詰めていきます。赤ワインなどがあればより一層深みのあるピーマンの肉詰めが作れますよ。

お肉が剥がれないようにするコツ

ピーマンの肉詰めを作りたいと思っていても、ピーマンにひき肉を詰めて焼いている内にひき肉とピーマンがはがれてしまうことはありませんか?

どうすれば上手にピーマンの肉詰めを焼くことができるのだろう?と悩んでいる方は片栗粉に頼りましょう!

ひき肉を詰める前のピーマンの内側に片栗粉をまぶします。この時、手軽な方法としてはビニール袋の中に片栗粉を少量入れ、半分にカットしたピーマンを入れて振りましょう。袋の中には空気をたっぷりと入れることがポイントです。こうすることによって片栗粉がのりとしての役割を果たし、肉とピーマンが剥がれることを防いでくれますよ。

お子様のお弁当には輪切りピーマンの肉詰め

ピーマンを半分にカットし肉詰めを作った場合には、お子様の口に少々大きくなってしまうことがありますよね。お子様のお弁当などにピーマンの肉詰めを入れるのであれば、ピーマンを2センチほどの輪切りにして肉詰めを作ると良いでしょう。味付けなどはお好みで、小さなピーマンの肉詰めを作ることで、お子様でも食べやすくなりますよ。

冷凍保存の方法などもごく一般的なピーマンの肉詰めと同じです。半分にカットしたピーマンの肉詰めに比べ早く火が通りますので、焼くときの火加減と時間は上手に調節しましょう。

ピーマンの肉詰めを冷凍して時短調理!

既製品も多く売られているピーマンの肉詰め。しかし、コストを考えると自分で作る方が遥かにリーズナブルではないでしょうか。ひき肉やピーマンが安売りしているタイミングを狙い、多めに作って冷凍保存しておきましょう。

急遽一品プラスしたい時や、仕事で疲れてイチから料理をする気力がない時など、メインおかずにもなるピーマンの肉詰めはとても役立ちます。冷凍保存を利用して、日々の調理時間を短縮させましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

乾物の大豆は一度水で戻してから調理するのが基本ですが、上手で簡単な戻し方ってご存じですか?実は、誰でも簡単に大豆を戻すことができるのです。今回は大豆の基本的な戻し方、短時間で戻す方法、そして大豆を使ったおいし…

オクラ レシピ

シャキシャキ、ねばねばの食感が人気のオクラ。おいしいオクラは冷凍保存ができるのをご存じですか?たくさん買ってきたオクラの上手な冷凍方法と保存期間をご紹介します。オクラの冷凍はカットした後も可能です。小分けにし…

まとめ

お料理の下ごしらえの際、人参の皮って気になりませんか?なんとなくピーラーで皮をむいていても、実はむかずに食べても大丈夫なんです!今回は、人参の皮について解説します。皮ごと食べるレシピも併せてご紹介しますよ。

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

サラダ レシピ まとめ

焼肉屋さんで定番メニューといえばチョレギサラダ!肉料理の付け合わせにぴったり、野菜がたっぷり食べられるのが魅力ですね。ところでチョレギサラダってどういう意味?今回はチョレギサラダのドレッシングやさまざまな人気…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

ハロウィン レシピ まとめ

今年のハロウィンは、「はんぺんオバケ」でお料理をキュートにアレンジしませんか?かわいいオバケでお弁当を飾れば、みんなの視線は独り占め!今回は、簡単にできるお弁当向きのレシピから、ホームパーティーにぴったりのレ…

さんま ラザニア レシピ

「さんまのなんちゃってラザニア」のレシピを紹介します。パスタの代わりに使っているのは餃子の皮です。焼き時間を短縮できるし、パスタよりもお手ごろ価格。でも、食感はモッチモチ!むしろ餃子の皮のラザニアの方がおいし…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...