ローディング中

Loading...

ティータイムはもちろん、朝食代わりにもできるパウンドケーキ。おいしくて便利なものの、保存方法に困ったことはありませんか。1日しか経っていないのに乾燥していたり・・・そこで、今回はパウンドケーキの正しい保存方法についてまとめてみました。

パウンドケーキの保存はどうしたら?

子供も大人も大好きなパウンドケーキ。ブランデーやドライフルーツのたっぷり入った大人向けの贅沢なものから、お子さまのおやつにぴったりなチョコチップ入りケーキなど、アレンジもしやすいスイーツのひとつです。小麦粉、砂糖、卵など自宅に常備している材料だけで作れるため、オリジナルのパウンドケーキを焼くという方もいらっしゃるでしょう。

ですが、パウンドケーキを購入したり焼いたりした際、一度に1本丸ごと食べ切ることってあまりないですよね。日持ちしないと思い、おやつが2日続けてパウンドケーキになって飽きてしまったなんてことはありませんか?また、少しでも持つようにと冷蔵庫に入れたら翌日パサパサになってしまっていた経験をお持ちの方もいらっしゃるはず!

いったい、残ったパウンドケーキをおいしく保存するにはどのようにしたらよいのでしょう。
実は、パウンドケーキは長期保存が可能なのです!手作りだと特に「すぐに食べ切れないから冷蔵庫に入れておこう」と思いがちですが、その必要はないのです。だからといってキッチンにそのまま置きっぱなしではいけません。

美味しさをキープするにはいくつかのポイントを押さえて保存する必要があります。そんな気になるパウンドケーキの保存方法を方法別に詳しくまとめてみました。さっそく見ていきましょう!

パウンドケーキってどんなケーキ?

保存方法を見ていく前に、改めてパウンドケーキの特徴をご紹介します。

パウンドケーキとは、フランスのブルターニュ地方が発祥ともいわれる家庭向けのケーキです。そのため家のオーブンでも失敗しにくく、オリジナルのレシピもたくさん出ていますよね。

パウンドケーキの最大の特徴は小麦粉、バター、砂糖、卵を同量ずつ使っていること。それぞれ1ポンドずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられたのだそうですよ。他のケーキに比べてバターの量が多く、しっとりと重量感のあるケーキです。

じつは、砂糖やバターをたっぷりと使用していること、そして火を通して焼いているという特徴から、プレーンのパウンドケーキは傷みにくく日持ちのしやすいお菓子だったのです。家庭で作りやすく日持ちもするなんて、ますますおうちで手作りしたくなりますね。

とはいえ、フルーツなど中に入れる材料によって適した保存の仕方があります。ここからは方法別に詳しくご紹介していきます。

パウンドケーキは常温保存がベスト!

パウンドケーキをよりおいしく保存するためには、常温保存が一番適しています。パウンドケーキにはたっぷりのバターが含まれているので、冷蔵庫にいれると、バターが冷えて固まり、食感が悪くなってしまうそうです。先ほどもご説明したように、パウンドケーキは傷みにくいお菓子ですので、基本的には常温での保存で大丈夫なのです。

と言っても、一般的に常温とは「25度以下」のことを指すので、夏場など室温が高くなる時期は注意が必要です。またバナナなど生のフルーツを入れた場合は、含まれる水分から傷みやすくなるので注意してくださいね。

砂糖やバターの量を少なめにした場合も、通常の分量で作るよりも日持ちしにくくなります。早めに食べ切るか、冷蔵・冷凍での保存をするようにしましょう。

常温保存でしっとり感をキープ

常温保存が最もおいしさを維持したまま保存できる、と言っても、ただ置いておくだけではよくありません。次のような方法でしっとりおいしく保存してみましょう。

しっとりとしたおいしさを保つための一番のポイントは乾燥を防ぐこと。焼きあがったらまだ熱いうちにラップでくるんでおきましょう。蒸気を逃さないのでよりしっとり感が残り、味もなじみます。このひと手間で、しっとりした食感をより長く楽しめるのですから試してみる価値はありますよね。

フルーツ入りのパウンドケーキは要注意

パウンドケーキの生地は常温保存がベストですが、中に入っている材料によっては常温だと傷みやすくなってしまう場合があります。

その材料と言うのがフルーツなのです。特に、バナナやリンゴなど生のフルーツを使ったパウンドケーキは、水分を多く含むため傷みやすいと言われています。室温が高くなる夏場などは特に常温での保存は避けた方がよいかもしれませんね。ちなみにブランデーや日本酒など、お酒が入っているケーキは傷みにくいそうですよ。

常温での保存期間

常温で保存した時の保存期間は一週間程度です。ただ、これはあくまでも目安です。中に何が入っているか、季節や部屋の環境などによって保存期間は大きく変わりますので注意くださいね。また、パウンドケーキは寝かせた方が味がなじみ、おいしくなると聞きますよね。これは事実で、焼いてから3日目くらいが食べ頃だそうですよ。

暑い時期は冷蔵保存もよし!

いくら日持ちがするといっても、パウンドケーキを夏場の暑いキッチンに置いておくのは不安ですよね。そんな時、その日に食べないのであれば冷蔵庫で一時的に保存することも可能です。

パウンドケーキにラップをしっかりと巻きつけ、冷蔵庫で保存しましょう。それでもバターが冷えて固まってしまったり乾燥してしまったりして、パサついてしまうことがありますので早めに食べるようにしましょう。

バナナ入りケーキは冷蔵庫でも固くならない!

バナナ入りのパウンドケーキは先ほど記載した通り、生のバナナに水分を多く含んでいるので傷みやすく、常温保存は適しません。これは、裏を返せば冷蔵保存が可能という事なのです!

バナナパウンドケーキは冷蔵庫で冷やしても硬くならず、しっとりおいしく食べられます。他のパウンドケーキと同様寝かせるとさらにおいしくなりますよ。特に、暑い夏など常温保存を避けたい時期は、バナナパウンドケーキを焼いて冷蔵庫で冷やして食べてみてはいかがでしょうか。

冷蔵での保存期間

冷蔵での保存期間は4~5日です。冷蔵庫に長い間置けば置くほどパサついてしまうので、できるだけ早くしっとりしているうちに食べ切りたいですね。

長持ちさせたいなら冷凍しよう

パウンドケーキは常温保存が一番、バナナ入りだったら冷蔵保存でもおいしく食べられることがわかりましたね。では夏場にバナナ入りではないパウンドケーキを保存したい場合はどうするのがよいでしょう。

それは、冷凍保存です。

パウンドケーキなどほとんどの焼き菓子は冷凍可能で、味もさほど落ちることはありません。冷凍する際は、パウンドケーキをスライスして一切れずつラップに包んで冷凍庫に入れましょう。冷凍できると分かれば、期限を気にして焦って食べ切る必要がなく、好きな時に食べられるので嬉しいですね。

冷凍での保存期間

パウンドケーキの冷凍保存期間は1カ月とも言われています。ですが、おいしさのことを考るなら2週間以内に食べるようにしましょう。長期保存が可能だからと言って、うっかり冷凍庫に何か月も残されたままなんてことのないように気をつけてくださいね。

おいしく食べるための解凍方法

冷凍保存してしまうと、気になるのは解凍方法です。おいしい状態で冷凍できていても解凍時にケーキがべちょべちょ、なんてことは避けたいものですよね。

冷凍したパウンドケーキを解凍する際は、常温で置いておくか、冷蔵庫に入れ直して自然解凍しましょう。冷蔵庫での解凍だと、ケーキの大きさにもよりますが4~6時間ほどで食べられます。またレンジやトースターで温めて解凍しても大丈夫です。

すぐに食べたい場合はレンジやトースターを利用すると早いですね。少し温かいパウンドケーキはアイスなどと一緒に食べてもおいしくいただけそうですね。

パウンドケーキを正しく保存しよう!

パウンドケーキの保存方法についてまとめてみました。参考になりましたか?

パウンドケーキはもともと常温保存が可能なお菓子ですが、生のフルーツを使ったものは保存状態に気を付けて冷蔵・冷凍保存するようにしましょう。また、保存する際はラップで乾燥を防ぐこともしっとり感を保つためのポイントですね。

おいしく焼きあがったパウンドケーキ、寝かせてさらにおいしく、そして正しく保存して、おいしいままでいただきたいものですね。毎日のティータイム用に、朝食用に、パウンドケーキを賢く保存しましょう。
▼ パウンドケーキを作りたくなったら… こちらの記事もチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

じゃがいも

食卓に登場することも多いじゃがいも。みなさんは、じゃがいもの賞味期限を知っていますか?気がついたら芽がでていることも多いはず。冷凍はできる?食べないほうがよい状態は?賞味期限から保存方法まで、じゃがいもをおい…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

マッシュルーム きのこ

マッシュルームは日持ちしない食材です。生のまま保存していると、2~3日で傷んでしまいますね。長期保存は冷凍保存やオイル漬けがおすすめ。マッシュルームのおいしさもアップしますよ。上手な保存方法についてご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

調味料 まとめ

みなさんご存知「伯方の塩」。もはや塩の代名詞といっても過言ではないぐらいの知名度ですよね。ところで、「伯方の塩」の原産地を知っていますか? 伯方でしょって? いやいや、違うんですよ。なんと生産地は意外すぎるあ…

フルーツ

女性が抱える永遠の悩み「むくみ」。男性と違い、筋肉量の少ない女性は常に「むくみ」に悩まされています。そんな女性が喜ぶ「むくみ」に効く食べ物の第1位が判明しましたので、むくみの原因とあわせてお知らせします!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る