ローディング中

Loading...

サクサクなコロッケや唐揚げは、準備や後片付けが大変。そこで今回は、揚げ物を賢く冷凍保存する方法やコツをご紹介します。あらかじめ冷凍しておけば、揚げたてのおいしさをいつでもお好きなときに楽しめますよ。ぜひ試してみてくださいね!

揚げ物って冷凍できるの?

子供も大人も大好きな揚げ物は、食卓にあるとうれしいおかずですよね。しかし揚げ物を作るのは下ごしらえも揚げるのも手間がかかってしまいます。片付けが面倒だから家では揚げ物をしない、というご家庭も多いのではないでしょうか。

下味をつけたり、粉を振ったり、たくさんの工程を経てから油であげる・・・と面倒な揚げ物は、じつは冷凍すると大活躍!下ごしらえを済ませた状態でも揚げた後でも、どちらでも冷凍ができます。

揚げてから冷凍するとお弁当にもそのまま入れられるので、朝の時短にもつながりますね。今回は揚げ物の冷凍保存方法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

揚げる前に冷凍?揚げてから冷凍?

揚げ物は揚げる前の状態で冷凍するのと、揚げてから冷凍する方法があります。どちらの方法が良いのでしょうか。

揚げ物は絶対揚げたてを味わいたい!という方は、ぜひ下味やパン粉などの粉を付けた、揚げる直前の状態で冷凍保存してみてください。あとは油を温めて揚げるだけなので、初めから準備するよりも格段と時間がかかりません。

ノンフライヤーなど一度揚げたものをカラッと温めることができる調理家電をお持ちであれば、揚げてから冷凍してもおいしく食べられます。余分な油も落ちてカラッとヘルシーになりますよ。

他にも、食べる時にすぐに食べられる電子レンジで温める方法やトースターで温める方法があります。ご飯の準備にかけられる時間に合わせて冷凍方法を変えてみましょう。

揚げ物の保存期間

冷凍保存した食材は冷蔵庫に入れて保存するよりも長持ちするので、ついつい冷凍庫に入れっぱなしにしてしまいがちです。しかし冷凍庫に入れた食材も少しずつ品質が劣化し、風味は変化してしまいます。揚げる前のものも揚げた後のものも、冷凍庫に入れたら1か月ほどで食べきるようにしましょう。揚げた後のものは油が少しずつ酸化してしまうので、なるべく早めに食べきることをおすすめします。

冷蔵保存は3日程度

食材を冷蔵保存する場合は、3日を目安に食べきることをおすすめします。あまり長時間冷蔵庫に入れておくと食材から水分が抜けてしまい、この水分と共においしさも出て行ってしまいます。

冷蔵保存の場合は一日でも早く食べた方が、味の変化を感じないようです。あまり長期間冷蔵保存すると、食材にカビがはえたり腐ってしまったりするのでご注意ください。

【下ごしらえ済】揚げ物の冷凍方法

準備するもの

食材を包むラップと、しっかりと口を閉じられるチャック付きのフリーザーバッグを用意してください。なるべく空気に触れないようにしっかりと密閉して冷凍することが、おいしさを保つコツです。

手順

下味を付ける、粉を振るなど揚げ物の下ごしらえが完了したら冷凍庫に入れる準備です!

1.小分けにしてラップに包む。
2.フリーザーバッグに入れ、なるべく空気を抜いて口を閉める。

衣を付けてから冷凍することもできますが、解凍するときに衣が水分を吸ってしまいます。衣が水っぽくなると油はねにもつながるので、衣を付けてから冷凍した場合は解凍せず凍ったままの状態で油に入れましょう。下味を付けた状態で冷凍する場合は、調理する前日に冷蔵庫に移して解凍してから衣を付けて揚げてくださいね。

食材は温度が下がるときに味が染み込みやすくなります。下味を付けて冷凍しておけば味がしっかりと付いて、調理するときに手間もかからないのでおすすめです。

冷凍した後はどうやって揚げる?

揚げる前の状態で冷凍し、解凍してから揚げる場合は普段の温度でOKです。

衣を付けてから冷凍して解凍せず冷凍のまま揚げる場合は、中まで火が通るか心配になりますよね。そこでおすすめの揚げ方が「コールドスタート」と呼ばれるものです。油を温めず常温の状態から揚げるため、外側がカラッとなる頃には中にも火が通ります。油はねも少ないので、揚げ物が苦手な方にもおすすめの方法です。

【調理済み】揚げ物の冷凍方法

準備するもの

こちらも食材を包むラップと、しっかりと口を閉じられるチャック付きのフリーザーバッグを用意してください。

手順

揚げた後の食材を冷凍保存する場合は、冷凍する前にしっかりと冷ますことが大切です!中まで冷まさないと密閉した時に水分が出てしまい、食べる時にベチャっとした食感になってしまいます。

1.揚げた後によく冷ます。
2.一つずつラップで包む。
3.フリーザーバッグに入れ、なるべく空気を抜いて口を閉める。
4.金属製のトレイに乗せて冷凍庫に入れる。

金属製のトレイに乗せることで温度が下がりやすくなり、冷凍されるまでの時間が短くなります。冷凍されるまでが短いほど水分が出にくく、おいしさも保てますよ。

レンジ以外にも!冷凍後の温めなおし方

揚げてから冷凍した揚げ物は、再び加熱せず解凍したらそのまま食べることができます。電子レンジで加熱するとすぐに解凍でき、アツアツに仕上がるので時間がないときに便利ですね。

おすすめの温め方は、トースターを使う方法です。トースターで加熱すると表面が高温になりやすく、油が染み出て食材を再度揚げてカラッと仕上がります。大き目の食材をトースターで温めるとき、表面は温まっても中は冷たいままの場合があります。初めに電子レンジで温めてからトースターで加熱すると、中までアツアツに仕上がりますよ。

そのままお弁当箱にもOK!

調理済の揚げ物は自然解凍で食べることができます。これはお弁当作りに重宝しますね。夕飯の残りを冷凍しておけば、朝はお弁当箱に入れるだけ!と、とても簡単です。

家庭で作る揚げ物は大きさを調整できるのでお弁当箱にも入れやすく、冷たいので保冷剤としても活躍します。食材の傷みやすい夏場にお弁当を持ち歩かなければならないとき、ぜひお試しください。

揚げ物の定番・唐揚げを冷凍するコツ

揚げ物といえば唐揚げ!揚げたてサクサクの唐揚げは夕飯のおかずにもお弁当にも喜ばれます。下味を付けてから粉をまぶしてあげるのは時間がかかるので、時間があるときに準備を済ませておきましょう!

唐揚げを揚げる前の状態と、揚げた後の状態での冷凍保存方法についてご紹介します。

揚げる前の唐揚げ

揚げる前の唐揚げの冷凍方法は2パターンあります。ひとつは下味のみ付けた状態で冷凍、もうひとつは衣を付けてから冷凍です。

唐揚げは下味を付けて時間を置くと中まで味が染みておいしくなりますが、忙しい日はこの時間を待っていられません。下味をつけておくと、あとは衣を付けて揚げるだけなのであまり調理に時間がかかりませんね。

衣を付けてから冷凍する場合は、解凍すると衣に水分が付いてしまうので冷凍したまま揚げるようにしましょう。鶏肉はフォークや竹串などで穴を開けると味が染み込みやすくなりますよ。

揚げた後の唐揚げ

揚げた後の唐揚げは、少しずつラップに包みフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れます。あまり長期間冷凍しないのであれば、そのままフリーザーバッグに入れてもOKです。

よく冷ましてからフリーザーバッグに入れた方が温めなおしたときに水っぽくなりません。唐揚げ同士もくっつかないので、取り出しやすくなりますよ。

揚げ物は冷凍保存で時短を意識!

アツアツ!サクサク!がおいしい揚げ物は、手間がかかる分、やっぱりおいしいですよね。毎日の生活で時間がなくて揚げ物なんて作れない!という方は、休日の時間がある日に下ごしらえをしてから冷凍し、食べたい時に揚げるということを試してみてください。

食材を切ったり下味を付けたりを済ませておくだけで、かなり時間が短縮されますよ。朝の時間がないときでも大助かりです。お弁当にも夕飯のおかずにもピッタリな揚げ物の冷凍保存を、ぜひお試しください。
▼知ってて便利!冷凍保存についての記事はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

桃の皮の剥き方や切り方、知っていますか?りんごように包丁で剥くのもいいですが、身が柔らかく繊細な桃にはもっとおすすめの剥き方があるんですよ!ツルンと気持ちよく剥くコツや、変色を防ぐ方法、楽しい飾り切りをご紹介…

たまご 東京 まとめ

みんな大好き、卵料理。最近ではちょっとフォトジェニックで変わったたまご料理のお店や、たまご専門のお店などがたくさん!今回は、東京だけでなくその近郊も含めて、おすすめのたまごグルメ8選をピックアップしました♩

ズッキーニ レシピ

美味しい夏野菜のひとつであるズッキーニですが、正しい保存方法をご存知ですか?ズッキーニは傷みやすい野菜なので、間違った保存方法ではすぐに食べられなくなってしまいます。今回は、ズッキーニに適した保存方法や保存期…

オムレツ レシピ おしゃれ まとめ

毎年6月はオムレツ月間!今回はスパニッシュオムレツの作り方とアレンジレシピをご紹介します。炊飯器で作れる簡単レシピもありますよ♩「たまごソムリエ」の時短テクを使えば、誰でもあっという間におしゃれなスパニッシュ…

唐揚げ 揚げ物 お弁当 まとめ

からっと揚がって、ジュワッと旨味があふれ出す手羽元唐揚げはいかが?今回は手羽元唐揚げの基本レシピやチューリップ唐揚げの作り方、さらにいろいろな手羽元唐揚げのアレンジレシピをご紹介します。お弁当やパーティーに、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

レシピ ミルフィーユ 豚肉 チーズ

パーティーでテーブルの中心にドンっと置いてみんなで食べたい!そんなインパクト大なメインディッシュ「豚バラミルフィーユ」の作り方を動画でご紹介します。見た目もさることながら、中からとろとろと溢れだすチーズと香ば…

唐揚げ レモン

からあげといえばパーティーや飲み会の定番料理ですが、了解なくレモンをかける人とそれを見て激怒する人、いますよね。周囲の人はそういう人をどう思っているのでしょう。「からあげレモン問題」について皆さんの声を聞くと…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る