ローディング中

Loading...

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてくださいね。

1月7日の朝に食べる「七草粥」

日本では、お正月も終わり1月7日の朝に、七草粥を食べる習慣があります。しかしどうして食べる習慣があるのか、これら7つの草が選ばれたのか……など疑問に思うことも多いのではないでしょうか?

七草粥を作る前に、その歴史について触れてみませんか。この記事では、七草粥の歴史・七草の表す意味について触れたあと、七草粥の作り方についてもご紹介いたします。

七草粥が生まれるまでのエピソードは?

七草粥は、日本で古くから行われてきた「若菜摘み」の習慣と、唐の時代にたべられていた「七種類の野菜を入れた汁物」が掛け合わさってできたと言われています。

七種類の野菜が入った汁物は「七種菜羹(しちしゅさいこう)」と呼ばれており、七草粥は日本においては平安時代に誕生したそうなんですよ。

お正月明けに七草粥をたべる理由って?

お正月明けは、お雑煮やおせち調理をたべ過ぎてしまったり、お酒を飲み過ぎてしまったりして胃が疲れています。そんな胃を休めることと、冬場に不足しがちな栄養素を補うために、お正月明けのこのタイミングで七草粥をたべる習慣となっているそうなんです。

春の七草それぞれが示す意味は?

春の七草それぞれにも実は意味があり、さまざまな効能が期待されているんですよ。どんな植物であるのを照らし合わせながらご紹介いたします。

セリ

セリはセリ科の多年草で、「シロネグサ」とも呼ばれています。小さなかわいらしい花を咲かせ、独特の香りがあるのが特徴です。七草粥では、「競争に競り勝つ」という意味が込められています。

ナズナ

「撫でて汚れをはらう」という意味が込められているナズナ。別名の「ぺんぺん草」のほうが馴染みがある方も多いかもしれませんね。アブラナ科ナズナ属の越年草で、道端や荒れ地に生える強い植物です。

ゴギョウ

キク科ハハコグサ属の植物です。漢字では「御形」と書き、「仏さまの体」を指す場合が多いそう。人形を指し、母と子の人形が多かったことから「母子草(ハハコグサ)」と呼ばれるようになったという話もあるんですよ。

ハコベラ

ハコベラはナデシコ科ハコベ属で、通常は「ハコベ」と呼ばれることが多く、更には古名は「ハクベラ」といわれていたそうです。ハクは綿布、ベラは群がることを表し、繁栄がはびこるという意味が込められているんですよ。

ホトケノザ

ホトケノザはキク科に属する越年草で、和名は「コオニタビラコ」と言います。漢字では「仏の座」と書き、この漢字からも想像できるように、仏さまが座っている様子を表しています。シソ科にも同じ名前の植物がありますが、こちらは食用ではないので注意してくださいね。

スズナ

スズナは現在の蕪のことを指します。漢字では「鈴菜」とも書くことから、神様を呼ぶための鈴という意味が込められているんですよ。

スズシロ

スズシロとは現在の大根のこと。漢字では「蘿蔔」ですが「清白」とかかれることもあり、穢れのない純白さという意味が込められています。根から葉までまるごといただいてもいいですね。

食べる日付・時間に由来や理由はある?

七草粥をたべる「1月7日の朝」という日付と時間帯には、何か理由があるのでしょうか?

七草粥は「人日の節句」にたべるもの

中国では、当てはめられた動物で新年の運勢を占い、その動物を指定された日には特に大切に扱うような風習がありました。元日が鶏、2日が犬、3日が猪、4日が羊、5日が牛、6日が馬、そして7日が人と指定されていたんです。

そのため1月7日は、「人日の節句」と呼ばれるようになり、「人を大切に」という意味から、無病息災を祈って七種菜羹を食べるようになったことが始まりです。ちなみに2017年1月7日は土曜日となっていますね。

中国では1月7日に役人の昇進が決定される日であったことから、それを願って朝にたべられるようになったそうです。朝にたべるために、前日6日の夜から用意されることが多いようですよ。

基本的な七草粥の作り方は?

家にある調味料で簡単にできちゃう上に、七草粥に限らず他のお粥にアレンジ可能というおすすめレシピです。刻むのには時間がかかりますが、それ以外の手順自体は簡単ですよ。

炊いたご飯を鍋に入れ、ご飯が隠れるくらいの水を入れて軽く混ぜます。中火にかけてご飯がふやけてきたらほんだし・薄口醤油で味を整え、刻んだ七草を入れて鮮やかな色に変わったらできあがりです。お餅を加えてもおいしいですね。

秋の七草も存在する?

「秋の七草」は観賞用のもので、正式な行事となっているわけではありません。奈良時代の歌人である山上憶良が詠んだ歌の2つに、7つの植物が登場していることから、秋の代表的な植物とされたそうなんです。

その7つとは、オバナ・オミナエシ・キキョウ・クズ・ナデシコ・ハギ・フジバカマのことを指しています。つまり特にたべるための七草粥がある訳ではなく、見て植物を楽しむためにあるんだそうですよ。

ぜひ七草粥を作ってみてください!

こうして七草粥の由来や意味まで遡ってみると、古くから人々に親しまれてきた理由がよく分かりますね。昔からの風習だからだけではなく、健康によい効能もあるのがポイントなんですよ。

今まで七草粥は草をたべるだけだと思ってはいませんでしたか?でも今年一年や今後を過ごすために、大切な栄養素を含んでいるんですよ。ぜひ毎年作っていない方も、今年こそは挑戦してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

うどん レシピ

みなさんは普段うどんを食べる際に、どのような付け合わせをして食べていますか?うどんでも、温かい(かけ)うどんやきつねうどん、たぬきうどんなど様々な食べ方があります。今回は、食べ方別に、付け合わせにぴったりのお…

ハンバーグ レシピ まとめ

ハンバーグはシンプルな見た目ですが、パン粉や牛乳など、いろいろな材料を使いますよね。でも、牛乳なしでハンバーグを作っても、ちゃんとおいしく作れます。別の食材を、牛乳の代わりにした牛乳なしハンバーグのレシピをご…

「ソテー」の意味ってご存じですか?「ムニエル」や「グリル」、「ロースト」と何が違うのでしょうか?洋食の調理法には様々な呼び方がありますが、今回はソテーの意味を中心に、それぞれの焼き方の違いをご紹介します。

レシピ にんにく スペアリブ

下茹でして炊くだけ!「炊飯器バクテー」のレシピをご紹介します。ボリューム満点でお肉も柔らかい、おいしい料理が簡単に作れます♩にんにくがたっぷり入っているので、スタミナが足りない!という方は作ってみてはいかがで…

レシピ

ほどよい食感が残るモヤシの茹で時間は、どれくらいがよいのでしょう…?今回は、シャキシャキのおいしいモヤシにする茹で時間をご紹介!心地よい歯ごたえを残すポイントは、やはり短時間の加熱。白くキレイな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

横浜 イタリアン 中華 フレンチ うなぎ プリン まとめ

横浜といえばまず中華街やみなとみらいをイメージする方が多いと思いますが、横浜駅の周辺にも和洋中、幅広いジャンルの名店が揃っています。この記事では、グルメな方におすすめしたい横浜駅周辺の7店をご紹介します。

代官山 カフェ コーヒー 中目黒

中目黒のCAFÉ FAÇONが提案する代官山の新しいコーヒーコミュニティ「CAFE FACON ROASTER ATLIER(カフェ ファソン ロースターアトリエ)」は、コーヒーの…

RUI@

栄養バランスを考えた、簡単に作れる料理を毎日考えています。 少しで...

http://ameblo.jp/toroirui/