ローディング中

Loading...

買ったあと数日で黒くなってしまうバナナ。一人暮らしの方や一度に大量に購入する方は、保存方法に困っている人も多いのでは?そんなバナナの冷蔵庫での保存方法や長持ちさせるコツを紹介します。簡単にできるポイントばかりなので、ぜひ試してみてください。

知って得する!バナナの簡単保存方法

一年を通して購入することができ、価格も安定してリーズナブルなバナナ。朝食としてそのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れたり、ケーキやパンに取り入れたりと様々な使い方がありますよね。腹持ちも良く、素早くエネルギー源になってくれることから、忙しい方の朝食としてもおすすめの果物です。

ですが、バナナはたった数日で黒くなってしまうことや傷んでしまうことも多く、どうすれば上手にバナナを保存することができるのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、少しでもバナナを長持ちさせるために、上手な保存方法をご紹介します!

バナナを長持ちさせるポイント

バナナは購入後、すぐであれば房のままでなく1本ずつ小分けにして保存した方が長持ちします。また、皮がキッチンのシンクや冷蔵庫の板などに触れることがないよう、保存場所にも気を配った方が良いでしょう。バナナは触れた場所から傷みが始まってしまうため、上手なバナナの保存方法としては吊るすことをおすすめします。

バナナをそのまま保存すると追熟が早くなり、傷みに拍車をかける原因にもなってしまいます。それでは、具体的に保存方法の手順をご説明していきましょう。

バナナハンガーでの保存方法

バナナは上記のように出来るだけ触れる部分を少なくして保存する方が長持ちします。バナナハンガーを使って吊るし、保存するというのが一番理想的な方法ですね。

準備するもの

・バナナハンガー
・ラップまたはビニール袋

手順

1.購入したバナナを1本ずつに分けていきます。 ビニール袋に入ったバナナは袋から取り出し、小分けにしましょう。
2.バナナを1本ずつラップやビニール袋で優しく包みましょう。
3.涼しい場所にバナナハンガーを置き、1本ずつ包んだバナナを吊るして保存します。

保存期間

夏場は常温で保存する場合、3日程度保存が可能です。冬場は気温が少々下がり、バナナを保存する際もちょうど良い温度となりますので、常温であれば10日前後保存が可能でしょう。

房から外す保存方法

バナナを1本ずつ房から外して上手に保存する方法をご紹介します。バナナハンガーがない場合は、こちらを参考にしてください。

準備するもの

・バナナを包むためのラップやビニール袋

手順

1.バナナを房から外し1本ずつラップやビニール袋でしっかりと包みます。
2.バナナを寝かせてしまうと傷みが早くなるので、山のようににカーブしている側を上にして保存しましょう。

保存期間

冷蔵庫などに入れず、常温の場合には上記と同様に夏場は3日程度、冬場であれば10日前後保存が可能です。冷蔵庫に入れる場合には10日前後を目安に食べましょう。

夏におすすめの冷凍保存方法

夏場は常温保存をするとバナナはすぐに傷んでしまいます。気温が高いため追熟も早まってしまい、黒く変色してしまうこともあるでしょう。夏は冷凍しておくのがおすすめです。

冷凍させたバナナはそのままでもアイス感覚で食べることができるのですが、フルーツやヨーグルトとミキサーにかけても程よくシャリシャリ感が残り、バナナ本来のクリーミーさも楽しめます。ちなみに、冷凍保存をすると追熟が止まってしまうので、ある程度熟した状態で冷凍保存しましょう。

準備するもの

・ラップまたはアルミホイル

手順

1.房から外したバナナの皮をむきます。
2.ラップまたはアルミホイルで1本ずつ丁寧に包みましょう。
3.包んだバナナをビニール袋などに入れ冷凍庫で保存します。 この時、ラップで包んだまま冷凍してしまうと食べるときにはラップが剥がしにくくなってしまうことがあります。 そのため、アルミホイルでバナナを包んでから冷凍する方が、食べる時の手間を省くことができるでしょう。

潰して保存

バナナの形を残したままの冷凍保存ではなく、潰した状態にしたものを冷凍する方法もあります。こちらの方法でもやはり追熟し、完熟した状態のバナナを潰して保存することに注意してくださいね。

完熟したバナナを適度な大きさにカットし、ラップで包んだ上から手や麺棒などで適度に潰します。ペースト状にしてしまうのでも構いません。しっかりとラップで包んだら、フリーザーバックに入れて冷凍しましょう。

保存期間

冷凍したバナナは冷凍している間に変色してしまうこともありますが、1ヶ月前後は冷凍保存をしておいしく食べることができます。ですが、これはあくまでも目安なので、食べる前に必ず見た目やニオイを確認してくださいね。

カットしたバナナの保存方法

皮をむいているいないに関わらず、一度カットしてしまったバナナを保存するとバナナはすぐに変色してしまいますよね。次に、この状態のバナナを保存するための方法をご紹介します。

準備するもの

・レモン水または薄い酢水
・密閉容器やフリーザーバック

手順

1.皮がついた状態のバナナは切り口に、皮をむいているバナナは全体的にレモン汁もしくは薄い酢水をつけます。 皮をむいてしまったものはレモン汁や薄い酢水に強いさっとくぐらせると良いですね。
2.フリーザーバックや密閉容器に入れてしっかりと蓋を閉め保存します。

保存期間

冷蔵庫で保存する場合は、2日を目安に食べるようにしましょう。冷凍保存の場合、カット後すぐに冷凍すれば1か月程度は可能ですが、冷凍中も少しずつ劣化は進みますのでなるべく早く食べた方がよいでしょう。

冷蔵庫での保存について

バナナを冷蔵庫で保存する場合、バナナの追熟についても考えておかなくてはなりません。バナナは木から外した後で追熟が進み、甘くおいしい状態になります。しかし、追熟前の段階で冷蔵庫に入れてしまうと追熟がその段階でストップするため、甘味の少ない状態になってしまうのです。

冷蔵保存をする場合も冷凍保存と同様、追熟をしっかりと考慮しながら上手に保存しましょう。

バナナが追熟するのはエチレンガスが発生するためです。購入した後ビニール袋に入れたまま常温保存すると、エチレンガスが出すぎてしまい、追熟し過ぎて傷んでしまいます。ある程度の追熟が進んだら袋から取り出し、冷蔵庫に入れましょう

準備するもの

・ラップやビニール袋などバナナをしっかりと包めるもの

手順

1.バナナを購入時のビニール袋から出し一本ずつラップやビニール袋に包みます。
2.房のまま保存する場合には、房の部分にラップをしっかりと巻きつけます。
3.新聞紙に包み冷蔵庫に入れましょう。

黒くなるのを防ぐ方法

バナナは冷蔵庫に入れていても皮がどんどん黒くなってしまいます。これを防いで綺麗な状態のバナナを冷蔵保存するための方法は、「50度前後のお湯にバナナを5分程度つけてから保存」です。以下で、その手順をご紹介します。

1.50度前後のお湯にバナナを5分程度浸けます。
2.お湯から取り出したバナナを常温で1時間ほど放置します。
3.ラップやビニール袋で包んだバナナを冷蔵庫の野菜室で保存します。

保存期間

冷蔵したバナナは10日を目安に食べきるようにしましょう。

バナナの食べごろを見極めよう

バナナをおいしく保存するためには、まずおいしいバナナの見分け方を知っておかなくてはなりません。保存の前に、まずは新鮮なバナナを選んで購入しましょう。

新鮮なバナナを選ぶには?

新鮮なバナナは黒い斑点などが非常に少なく、見た目にも凹んでいる部分や黒ずみなどがほとんどありません。

軸がしっかりとしていて、皮は緑色が少なく、黄色くなっているものを選びましょう。皮は硬いものの方が新鮮ですが、熟していない可能性がありますので、この辺りは見極めが必要です。

皮や角の状態

皮については、前述の通り固すぎるものは熟す前なので、しっとりと柔らかいものを選びましょう。

また、バナナには縦方向に角がありますね。皮をむくときにはこの角を境に皮はいくつかに裂けることになります。この角が極端に角ばっているものは追熟しておらず、非常に若い状態なので、食べてもおいしくありません

ある程度丸みを帯びているバナナは新鮮でなおかつ甘みも増している状態だといえます。食べごろの状態を見極めるのであれば、皮にいくつかの斑点が出ており、バナナの香りがしっかりと出ているものが良いでしょう。

バナナは腐ったらどうなる?

新鮮な状態のバナナを把握し、正しく保存するためには腐った状態のバナナを見極めることも必要です。

バナナは腐ってしまうとブヨブヨと、とても柔らかくなってしまいます。皮や中身の一部分だけが茶色くなっている場合もありますが、これは腐っている状態ではありません。腐ってしまうとドロドロで液状化してしまうだけでなく、ニオイも変化します。

また、軸の部分全体にカビが生えているようなものも腐っている可能性が高いため食べない方が良いでしょう。

バナナの保存は冷蔵と冷凍を使い分ける

バナナは購入後、持ち帰った後で追熟するため、バナナを保存する際はこちらの追熟を意識して、適切なタイミングで冷蔵庫や冷凍庫で保存してくださいね。完熟の一歩手前まで追熟させてから保存することで、最も美味しい状態のバナナを長い期間食べることができるでしょう。

冷蔵保存と冷凍保存をうまく使い分け、様々な食べ方を楽しんでみてはいかがでしょうか。
▼保存方法を覚えておけば、もっと長持ち!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

にんにく

にんにくの皮むきでイライラしたことはありませんか?小房を包んでいる薄い皮が実に貼りついて取れない……!そんなお悩みも、にんにくを冷凍するだけで解決するんです。詳しいむき方を、写真と一緒にご紹介します♩…

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

お菓子

最近じわじわ人気が高まっている、お菓子袋のリメイク。中でも話題になっているのが、お菓子袋を使ったポーチです。自分好みな菓子袋を手に入れたら、100均でファスナーをゲット!あとはちょっとした工作道具さえあれば、…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

おしゃれ まとめ

macaroni編集部のスタッフが厳選した商品を紹介している連載企画。今回は、カフェ風のおしゃれ雑貨を多く取り扱っている100円ショップ「セリア」のおすすめアイテムをピックアップ。キッチンやリビングで使いたく…

ベルギー まとめ

フルーティーできめ細かい泡立ち、苦みもなくすっきりとした飲み口の「白ビール」。いま日本でも白ビールが人気で、多くの銘柄が販売されていますが、国内外でおすすめの白ビールをご紹介します。気になったものがあったらト…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る