ローディング中

Loading...

春を連想させる食べ物のひとつ、三色団子。お花見には欠かせない甘味ともいえる三色団子の意味や作り方、アレンジレシピをお伝えします。まるい3つの色が重なったかわいらしい三色団子を桜の下で食べて、春を満喫しませんか?

春の風物詩!三色団子

皆さんは、春と聞くと何を連想しますか。パッと思い浮かべるものは人それぞれだと思いますが、おそらく多くの人が「桜」と答えるのではないでしょうか。普段、それほど花に興味がない人でも、この時期には満開の桜を眺めたくなる、日本人には欠かせない存在ですよね。そして、桜といえばお花見、お花見に行けばお団子。ピンク、白、緑の串に刺さった三色団子を片手にするお花見はたのしむ人をよく見かけます。
しかし、慣れ親しんできた三色団子の色合いの意味はご存じでしょうか?ただかわいらしい配色をしているだけではないんですよ。実は、それぞれに意味があったのです。今回は、三色団子にまつわるお話と、三色団子を使ったおすすめのアレンジレシピもご紹介いたします!

三色それぞれの意味

1.三色で春を

三色団子の色については諸説ありますが、ピンク、白、緑の三色で春を表しているといわれています。ピンクは桜や春を、白は白酒を。あまり聞きなれない「白酒」ですが、白酒は、3月3日の桃の節句に飲むお酒のことです。白酒の白にも意味があり、まだ雪が残っている早春を表しているという説や、温かい春の白い空を表しているという説もあります。三色目の緑は、芽吹く緑やよもぎを表しているといいます。
ピンク、白、緑、ただの「かわいらしい」色合いではなく、それぞれが春にまつわる意味を持って並んでいたんですね。

2.三色で季節を

三色で春を表しているとされる説がある一方で、三色で季節を表しているという説もあります。「春」を意味し、桜や桃の花、春の日差しをイメージしたのがピンク。ピンクには厄払いの願いもこめられ、解毒作用のあるクチナシで赤味をつけ健康を祈っています。
「冬」の白酒や春霞をイメージしているのが白。白には血圧低下、清浄の願いがこめられ、ヒシの実を入れて作られています。緑色の餅は母子の健全を祈り、「夏」の新緑や草木の緑をイメージしています。母子草やよもぎで作られています。
また三色は、春を象徴する草芽吹く大地、春霞の空、春の陽光の季節をイメージしたもの。これらの意味があり、三色の並び順も、下から緑、白、ピンクと並べて大地から陽光までを表現しているんだそうですよ。これは、雛祭りの菱餅も一緒。こういった縁起物には、ただの色合いだけでなく、深い意味が込められていたのですね。

3.三色で縁起物

かつて、お花見はもともとは庶民の行事ではなく、身分の高い者たちが行う神聖な行事とされていました。お花見の際に、身分の高い人たちに献上するために縁起のよい色が付けらるようになったと言われているそうです。
ピンクと白は縁起がよく、緑は邪気を払ってくれる色とされており、神様が喜ぶ色だと言われていたからなのです。時が経っても受け継がれるものにはやはり意味があるのですね。

おうちでできる!三色団子の基本の作り方

和菓子は作るのが難しいイメージがありますが、三色団子は簡単に作れる和菓子のひとつ。手作りの三色団子を食べながらお花見するのも楽しいと思いますよ。
ボールに上新粉、片栗粉、砂糖、ぬるま湯を加えて混ぜ、なめらかになるまでこねます。生地を3等分し、それぞれに桜の塩漬けをみじん切りにしたものを混ぜます。ピンクのお団子用には食紅を加え、もうひとつに緑のお団子用として抹茶粉を混ぜます。白いお団子はバニラエッセンスを少々使います。
3色の生地ができたらそれぞれ適度な大きさに丸めます。鍋にたっぷりの湯を沸かしたら、それぞれの団子を茹で、茹で終わった団子は冷水にとって冷やします。余分な水分を飛ばし、団子を彩りよく串に刺したらでき上がりです。

三色団子のアレンジレシピ5つ

よくある三色団子ではつまらない!という方に、三色団子のアレンジレシピをご紹介したいと思います。もっと三色団子をたのしめるようになりますよ!

1.ほうじ茶と豆乳ヨーグルトの三色団子

お砂糖を使わず、豆乳ヨーグルトを使用したヘルシーな三色団子。豆乳ヨーグルトの優しい甘みを生かしたこちらの団子は、素朴で懐かしい味わい。ピンク色の部分がほうじ茶味なのも珍しい作り方。
ピンクのお団子用にほうじ茶を作ります。焙烙(ほうろく)か、フライパンを熱して茶葉を加えて煎ります。煎ったほうじ茶の葉を急須に入れてお湯を注ぎ、濃いめのほうじ茶を出します。玄米粉の半量をボールにいれ、ほうじ茶を加えて熱いうちにこねます。
緑のお団子用には、よもぎ粉にお湯を注ぎふやかしておきます。残りの玄米粉にふやかしたよもぎ粉を加えて同じようにこねます。お団子は、べたつかずしっとりしている状態に。固い場合にはお湯、ほうじ茶生地はほうじ茶を足してください。それぞれを丸めて茹でます。
団子が浮かんできてからさらに2分くらい茹で、氷水に取ります。白いお団子は白玉粉の生地で作ります。生地に豆乳ヨーグルトを加え、まとまるまでこねたら同じように茹でます。茹で上がった三色を串に刺したらできあがりです。

2.中華風三色団子のスープ

「甘味」としてのイメージが強い三色団子ですが、おかずとしてたのしむこともできます。淡い団子の色使いがかわいらしい上に、心も身体も温まります。市販のお団子を使用すれば時短にも!
お団子には、鶏ごぼうのすり身、海老すり身、イカすり身などを混ぜて三色をそろえます。丸めておきます。沸かしたお湯に顆粒のガラスープを入れ、お団子を入れます。春雨、キクラゲも食べやすくカットして入れます。団子が浮いてきたら、味を整えて、でき上がりです。

3.ずんだあん三色団子

枝豆をすりつぶした仙台の名物「ずんだあん」の緑を使った三色団子アレンジ。他の2色は、こしあんときな粉。素朴な甘みのきなこに、豆のつぶつぶ食感が楽しいずんだ、濃厚な甘みのこしあんと和菓子の甘味を存分に味わえる3種のお団子です。
白玉粉は少しずつ水を加えながら柔らかくなるまで混ぜます。ひと口サイズの大きさに丸めて、熱湯で茹でて冷水にとります。ずんだあんの枝豆はさやから出して薄皮をむき、フードプロセッサーまたはすり鉢でペースト状にします。鍋に水と砂糖と塩を入れて火にかけます。砂糖が溶けたらOKです。ずんだあんに加えて混ぜます。白玉にできたあんをそれぞれかけてでき上がりです。

4.鈴カステラの三色団子

こちらはたこ焼き器を使って鈴カステラを作り、チョコレートをトッピングして色味をつけたひと品です。ホットケーキミックスを使用しているので作り方も簡単。一度にたくさんできるので、ホームパーティーやお子さまのおやつにもぴったりです。
ホットケーキミックスと牛乳と卵を混ぜます。混ぜたら、三等分します。分けたものに抹茶と食紅を別々に入れます。たこ焼き器を温めて油を敷き、たこ焼きを作るように作ります。すべて作り終わったら、お好みでホワイトチョコを溶かし、食紅を入れます。ホワイトチョコが溶けたら、食紅を入れたものをピンクのカステラにトッピング。抹茶、プレーン、食紅の順で串に刺せばでき上がりです。

5.アイスクリームの三色団子

3種類のアイスクリームをお餅で包み、串に刺して三色団子風に。ストロベリー、バニラ、抹茶のアイス以外にも、他の味で三色を作るのもよいですね。
アイスクリームをスプーンなどですくって小さく丸めていきます。 各フレーバーを丸めたら冷凍庫でしっかり冷やし固めます。耐熱性のボールにアイスを包む餅生地の白玉粉、砂糖を入れ、水を2~3回に分けてだまのならないように加えます。
餅生地にラップをして電子レンジで加熱します。加熱後一度取り出して混ぜ、再びラップをして加熱します。全体を混ぜたものに片栗粉をまぶします。生地を等分し、あら熱が取れたら、冷凍庫で冷やし固めたアイスを餅生地で包みます。竹串に抹茶、バニラ、ストロベリーの順に刺したらでき上がりです。

発想豊か♩いろいろ三色団子風4つ

餅生地を使わない、こんな食材も三色にできるの?とちょっとおどろく三色団子風。作ってみたくなったらぜひ試してみてくださいね。

1.マッシュポテトの三色団子

ステーキやハンバーグの付け合わせで登場するマッシュポテトを丸めて三色団子風にアレンジ。じゃがいものほくほく感とバター、牛乳が合わさったクリーミーな味は、お子さんにも喜んでもらえるはずですよ。
蒸してマッシュしたじゃがいもを3等分にし、それぞれにバター、牛乳、塩をひとつまみずつ入れて混ぜ合わせます。茹でたホウレン草をみじん切りにして水気をとり、マッシュポテトと合わせて緑色のお団子を作ります。
少量の水で溶いた食紅でピンクのマッシュポテトを作ります。プレーンを含めて3種類のマッシュポテトをお好みの大きさに丸め、串に刺したらでき上がりです。

2.じゃがいも三色団子

こちらもじゃがいもを使った三色団子風レシピ。3色すべて自然の食材で色を表現。彩りも良いメニューはお弁当のおかずにもおすすめです。
干し海老をすり鉢ですって粉状にします。じゃがいもをレンジで加熱して皮をむき、熱いうちにつぶして、塩で味付けしたものを好きな大きさに丸めます。お皿に青海苔を入れて、じゃがいも団子をゴロゴロ転がします。すり鉢に入った干し海老の方にもじゃがいもを入れて転がし、ピンクの団子を作ります。三色を串に刺したらでき上がりです。

3.三色団子風おにぎり

三色団子に見立てたころんとした小さなおにぎり。食べやすいサイズで、小さなお子様にもおすすめです。ラップで丸めて作れば手も汚さずにできますよ。
ご飯をラップに包んで丸めます。わかめご飯の素を混ぜたおにぎりは青海苔もまぶして緑色の団子風に。白米にいりゴマを適量振ったものは白いお団子、ピンクのお団子に見立てるのは桜でんぶを付けます。最後に三色を串に刺せばでき上がりです。

4.うずらで三色団子

艶やかな見た目と食べやすい形が、お花見のお弁当にぴったり。1串入るだけでお弁当箱の中が一層華やかになりそうですよ。
ビニール袋にうずらの卵を入れ、カラフルふりかけ、水、塩こしょう、調味料を一緒に入れて一晩置きます。半日~1日漬け込んだうずらの卵の水分をキッチンペーパーなどでふき取ります。三色のうずらをそれぞれ串に刺したらできあがりです。

三色団子を家族で楽しもう!

三色団子についていかがでしたか?簡単にできるものばかりなので、お気に入りのレシピがあればぜひ挑戦してみてくださいね。ちなみに、日本には四季がありますが、お団子は三色。「秋」を表した色が足りないのです。これにも意味があり、「秋」ない=飽きないということで、飽きがこないほどおいしいものということで、昔から受け継がれてきたもののようです。
そんな三色団子を食べながら春を満喫するとともに、日本の風情ある文化に思いを馳せてみるのもよいかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

キヌアは普通の精米と比較して少ない炭水化物でタンパク質が2倍、食物繊維が8倍、また10倍のカルシウムを含んでいるそうです。低GI値でもあるので、他のヘルシーな食材と組み合わせればダイエットに有効な食品なんです…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとアレンジのレシピ…

トリュフ レシピ まとめ アレンジレシピ

普段の料理にかけるだけで高級感をプラスすることが出来るアイテム、トリュフ塩。ここでは、そんなトリュフ塩の魅力と、実際に使っているレシピを紹介しています。

レシピ まとめ 天ぷら 揚げ物

天ぷら粉を持て余してしまうことはないですか?そんな時に役立つアイディアレシピをご紹介。是非参考にしてくださいね。ちなみに天ぷらの語源はポルトガル語の「tempero」(調理)、スペイン語の「templo」など…

レシピ まとめ

これからますます外に出たくなる季節になりますね。最近すでにチラホラBBQしている人も見かけます。もし、これからその予定があるなら要チェック☆お肉をさらに美味しくする漬けだれレシピをまとめちゃいましたので、参考…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ おにぎり まとめ

冷ごはんでも作れる焼きおにぎりのアレンジレシピのご紹介です。食事にはもちろん、小腹が空いた時や夜食にもピッタリ!見た目も可愛く、簡単で美味しいアイディアレシピをぜひ参考にしてみてください♪

カフェ コーヒー 清澄白河 チョコレート

清澄白河「The Cream of the Crop Coffee(ザ・クリーム・オブ・ザ・クロップ)」は、有名ショコラティエ『ピエール マルコリーニ』と系列の本格ロースタリー兼カフェ。これまでとは一線を画す…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る