ローディング中

Loading...

簡単に作れておいしいカレー。スパイスを多く使っているから長持ちすると思っている方も多いのではないでしょうか?実は菌が繁殖しやすい食べ物だったのです。カレーの正しい保存方法は?腐るとどうなるの?カレーをおいしく長く保存する方法をご紹介!

カレーはいつまで保存できる?

大人も子供もみんな大好きなカレー。特に作った次の日のカレーはとろみ感もアップしておいしいですよね。たくさん作って数日連続でカレーという方もいるのではないでしょうか?ですが、気になるのが保存方法です。「こまめに火を通せば常温でも大丈夫」「タッパーに移して冷蔵保存する」「密閉容器に入れて冷凍保存する」などご家庭によって色々な保存方法を耳にしますが、果たしてこれらは正しいのでしょうか。
カレーは2日目が最もおいしい、とはよく聞きますが、実は2日目のカレーは危ないと言われるほど菌が繁殖しやすいのをご存じですか。特に、お鍋に入れたまま常温保存している方は注意が必要!そこで、今回はカレーの正しい保存方法や長持ちさせるコツなどをご紹介します。

常温は危険信号!

実はカレーを常温保存した場合、食中毒を引き起こす菌が繁殖しやすい状態になるのです。一般的な細菌は高温に弱いため、十分な加熱によって殺菌できると言われていますが、なかには加熱しても死滅しない菌も存在するため、十分な注意が必要とされています。
これらの菌は食肉類の牛、豚、鶏肉の中にあるものですが、じゃがいもや人参などの根菜類にも付着しています。加熱されると「芽胞(がほう)」という硬い殻を作り生き延びることが可能で、常温に近い20~55℃になると食中毒を引き起こすほどに増えるそうです。ですが、冷蔵庫に入らない、仕事で忙しくてまとめて作っておく必要があるなど、どうしても常温保存が必要なケースも考えられるかと思います。そういった場合はどうすればよいのでしょうか。

どうしても常温保存する場合には

冬であっても菌の繁殖を招くので基本的には常温保存は控えることをおすすめしますが、どうしても常温で保存したい場合は次の手順で保存するようにします。
1、カレーを十分に加熱します。
2、冷めるまで蓋をせずに置いておきます。
※蓋を取った状態が気になるようでしたら、蓋をずらして被せておきます。
3、冷めたら蓋をして常温で保存します。
※できるだけ冷暗所が良いでしょう。
常温保存をする場合のポイントは「こまめに加熱すること」です。毎日朝、昼、夜の3回、中の具材までしっかりと火が通るまで加熱すると良いでしょう。その際、よくかき混ぜながら全体に火がいき届くようにします。食べる前も同じく、しっかりと加熱してから食べてくださいね。

常温での保存期間

常温保存の場合、保存期間目安は1日程度です。5℃以下の環境ならもう少し保存できる可能性もありますが、夏場や梅雨など気温や湿度の高い時期は1日も持たないこともありますので、注意してくださいね。

冷蔵庫で保存する方法

カレーを美味しく保存するには、冷蔵庫での保存がおすすめです。ポイントは「できるだけ早めに冷まして冷蔵保存すること」。自然に冷めるのを待ってからだと、表面だけ冷めて中が温かい状態になり菌が繁殖しやすくなってしまいます。次の手順で冷蔵保存をするとよいでしょう。
1、桶などに氷を入れた水を張り、その中に鍋を入れて、かき混ぜながら冷まします。
2、冷めたら、ジップ付きの密閉袋やタッパーに入れて冷蔵保存します。
※鍋ごと冷蔵庫に入れても良いですが、冷蔵庫にカレーのにおいが付いてしまう可能性があります。また、じゃがいもは傷みやすので、すぐに食べ切れない場合は取り除いておきましょう。

冷蔵庫での保存期間

冷蔵保存の場合は2~3日程度を目安に食べ切りましょう。すぐに冷蔵庫に入れても、その後はなるべく早く食べることをおすすめします。

冷凍庫で保存する方法

カレーは冷凍すると、具材のじゃがいも、人参がスカスカの食感になり美味しくなくなってしまいます。じゃがいもや人参は冷凍する前に取り除くか、潰してから冷凍するとよいでしょう。冷凍する際は、冷蔵庫で保存する際の手順で冷まし、フリーザーバックかタッパーに入れます。フリーザーバックの空気は抜いて、出来るだけ平らにしてから冷凍しましょう。

解凍方法

おいしく解凍するにはちょっとしたコツが必要です。冷凍したカレーは食べる前日に一度、冷蔵庫で解凍することがポイントです。凍ったまま電子レンジで温めたり、鍋に移して火にかけると、水分が蒸発してカレーがパサパサになってしまいます。
冷蔵庫で解凍後、食べる時に電子レンジで加熱するか、鍋に移して火にかけると美味しく食べることができますよ。じゃがいもや人参を取り除いている場合は入れ直します。加熱対応のフリーザーバッグの場合は、凍ったまま湯せんにかけて解凍することも可能です。

冷凍庫での保存期間

冷凍保存の場合でも、1ヵ月程度を目安に食べ切りましょう。冷凍庫に入れてしまえば、あまり賞味期限を気にしなくても大丈夫と思ってしまいがちですが、やはり冷凍している間も劣化は進みますので、なるべく早く食べきる方がよいでしょう。

夏のカレーの保存

寒い冬はもちろんですが、夏になるとスパイスの効いたカレーが食べたくなることってありませんか。しかし、夏場は気温や湿度が高く、菌の繁殖がより早く進んでしまいます。およそ数時間で悪くなってしまうため、キッチンに放置は厳禁です。
夏場の保存方法のポイントは急速にさまして、短時間で冷たくすること。冷蔵庫で保存する際の手順で冷ましたら、ジップ付きのフリーザーバッグなどに出来るだけ平らに薄く広げて、すばやく冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。

殺菌効果が期待できるスパイスを活用

カレーに含まれるスパイスには殺菌作用や防腐効果があります。その中でも得に殺菌効果に優れているおすすめのものをご紹介します。

カルダモン

カレーの主原料となっているスパイスです。防腐作用や強い消臭効果があり、肉や魚などの臭み消しにも使えます。

オレガノ

防腐作用や臭み消しの効果があり、肉料理に使うとよいスパイスです。チーズやトマトと相性がよく、イタリア料理や地中海料理によく使われます。

タイム

強力な殺菌作用と防腐効果に優れており、肉の臭み消しに使います。空気中の殺菌作用もあるので、室内に置いておくのもいいですね。スパイスとしてだけではなくハーブとしても親しまれており、ハーブティーにも使われています。

アジョワン

こちらは是非活用して頂きたいスパイス。カレーパウダーの原料で、強い殺菌作用と防腐効果が期待できます。殺菌力が強いと言われているチモールという成分を多く含んでおり、防腐剤や消毒液としても使われる程です。

クローブ

漢方でも使われ、殺菌効果や消臭効果が期待できます。香り付け程度に使うのがおすすめです。

ガラムマサラ

色々なスパイスを混ぜて作った香辛料です。辛味はなく、香り付けに使います。シナモン、ナツメグ、クローブを合わせる事が多いですが、殺菌作用や防腐効果のあるスパイスを混ぜて作ってもよいでしょう。

生姜

生姜は、殺菌作用と抗酸化作用に優れており漢方にも使われます。その他、身体を温める効果や、外部からの異物侵入を防ぐ効果もあり、風邪予防にも期待されています。

ニンニク

普段からお料理には欠かせないニンニク。強い殺菌作用、抗酸化作用、解毒作用があり、肉料理の臭み消しや、風味付けにも使われます。

おすすめの保存容器

カレーはにおいが移りやすい為、1食分ずつ保存容器にいれて保存するのが良いでしょう。おすすめの保存容器はタッパー、フリーザーバック、製氷機です。それぞれどのように保存すれば良いのかご紹介します。

タッパーウェアなどの保存容器

ポイントは、なるべく空気が入らないようにすること。空気が入ってしまうと風味が落ちてしまいます。
1、タッパーにラップを被せる。
2、カレーを入れる。
3、空気が入らないようにラップで包む。
4、蓋をしっかりと閉めて冷蔵庫(冷凍庫)で保管する。

フリーザーバッグ

フリーザーバッグはカレーを薄く広げて保存出来るため、短時間で冷やすことができておすすめです。無駄なスペースを取らないところもよいですね。ポイントは「しっかりと空気を抜くこと」です。
1、袋を半分くらい折り返します。
2、カレーを入れます。
3、袋を戻して薄く平らにし、空気を抜いて袋を閉めます。
4、冷蔵庫(冷凍庫)で保管します。

製氷皿

製氷皿の場合のポイントもなるべく空気が入らないようにすることです。アルミホイルで包んでから冷凍すると早く凍らせることが出来ます。
1、スプーンでカレーを製氷機に入れます。
2、空気が入らないようにラップをします。
3、冷凍庫で保存します。
解凍する場合は氷のように使う分だけ割って、レンジで解凍し鍋で再加熱します。

腐ってない?カレーをチェック

カレーが腐るとどのような状態になるのでしょうか?チェックする際は、以下のポイントについて見てみてくださいね。
■酸っぱいような臭いがする(異臭)
■酸っぱい味がする(納豆のような味)
■カビが生えている
■表面に白い膜がはっている
カレーはとても傷みやすいので、たとえ期間内であっても少しでもいつもと違うと感じたら食べないようにしてくださいね。

面倒でもすぐに保存を!

カレーの保存についていかがでしたか。作った翌日のカレーが美味しいと言われているだけあって、傷みやすい料理だとは思っていなかった方も多いのでははいでしょうか?冷凍保存をする場合は、野菜を取り除いたりと少し手間はかかりますが、このひと手間さえ加えれば、長期保存が可能になり、忙しい時にとても便利です。
ただし、食べる時は鍋で十分に加熱をしてから食べるようにしましょう。カレーを賢く冷凍保存し、家事の手間を少しでも減らしたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグ レシピ

今夜はハンバーグにしようと思っていたのにパン粉がない!そんな経験もあるのでは?そんな時、ハンバーグ作り諦めてしまいますか?そもそもハンバーグはパン粉がないと本当にできないのでしょうか?ハンバーグはパン粉がなく…

好きな肉料理ランキングがあれば上位間違いなしの生姜焼き。定食屋のように柔らかく仕上げる方法をご存じですか?自分で作るとなぜか固くなってしまう……そんな方に向けて今回は、生姜焼きを柔…

日々、食卓に登場する機会も多い玉ねぎ。気が付いたらタマネギに芽が出ていた、という経験はありませんか?芽が出てしまった玉ねぎは食べても平気だと思いますか?今回は、芽が出てしまった玉ねぎの扱い方や、玉ねぎの上手な…

唐辛子 カレー まとめ

暑い夏にも寒い冬にも、辛いものが食べたい!という方は多いのではないでしょうか。今回はそんな激辛マニアさんのために、東京の芝商店街にある「激辛ストリート」をご紹介します。一体どんな激辛メニューが味わえるのでしょ…

レシピ

様々な料理の香り付けに役立つごま油。ほんのちょっと使いたい時に代用できるものがあれば便利ですよね。ごま油がない時には、別の油で代用しましょう!代用できるものを知っておけば、わざわざ買いにいかなくてもすみますよ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ アレンジレシピ 調味料 まとめ

塩麹と同じ発酵調味料の醤油麹は、塩麹と比べてうまみが10倍もあるといわれ、加えるだけで味に深みが出ておいしさアップ。そのままでも使えて、和食にも洋食にも使える万能調味料なんですよ。今回は、そんな醤油麹の作り方…

レシピ キムチ

ピリ辛料理の代表ともいえるキムチは、お漬物としてだけでなくお料理の材料としても使われ、日本でもすっかり定着しましたね。キムチ鍋が代表的なレシピですが、「キムチの素」を使うとお手軽に、もっとお料理のレパートリー…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...