ローディング中

Loading...

いちごをまとめて買ってみたものの、傷んで使えなくなった経験はありますか?いちごは冷凍で保存すれば長持ちするんですよ!今回は、いちごの上手な冷凍保存の方法や解凍のポイント、賞味期限、そしておいしく食べられるレシピをご紹介します。

いちごは冷凍保存がおすすめ

クリスマスから春にかけて、スーパーやケーキ屋さんに華やかに並ぶいちご。甘い香りには、思わず手が伸びてしまいます。いちごは、ビタミンCやポリフェノールが多く含まれているといい、女性にとっては嬉しい効果も多い果物です。本来のいちごの旬の時期は品種にもよりますが4月~5月。
ですが、クリスマスの需要が高いため、促成栽培の技術が進み、最近では12月後半から5月まで出回るようになりました。赤く可愛らしい姿をしたいちごですが、実は食べている部分は実ではないのをご存じですか?この部分は花托(かたく)の発達した花の一部で、種のように見えるいちごの表面に分布しているのが実なのです。驚きですよね。
さて、そんないちごですが、安い時期を狙ってまとめて購入したいと思うものの、気がつくと傷んでいた……といった経験はありませんか。いちごの保存期間は冷蔵庫で一週間程度とされています。
やわらかく、外部からの圧力に弱い為、買ってきた時点で重なっている部分が潰れて傷みはじめている場合も。すぐに食べられない場合は冷凍保存をおすすめします。とはいえ、できるだけいちご本来の風味を損なわずに冷凍保存するにはどういったことに気をつければよいのかご紹介します。

いちごの冷凍保存の方法

いちごは冷凍すると甘みが落ちてしまいます。ヘタを取り、水っぽくならない様にしっかりと水気を切ること、砂糖をかけて甘みを足して保存することがポイントです。

準備するもの

・フリーザーバック(密閉容器)
・砂糖

手順

1.いちごをよく洗い、ヘタや傷んだ部分を取り除きます。
2.水気をよく拭き取ります。
※いちごは水気に弱い為、念入りに水分を拭き取ります。
3.フリーザーバッグや密閉容器に入れます。
4.砂糖をかけて冷凍庫で保存します。
※いちごがしなびている場合は、ヘタや傷みを取り除く前に15分程、水やレモン水に浸けて給水させるとよいでしょう。

冷凍した場合の保存期間

冷凍保存期間は「1~2か月程度」です。凍ったまま食べたり、半解凍してシャーベット状で食べたり、牛乳と混ぜ合わせてフローズンにしたり様々な食べ方があります。練乳をかけてもおいしいですよ。

解凍方法

解凍する時のポイントは「冷蔵庫でゆっくりと自然解凍すること」です。いちごは冷凍すると細胞内の水分が膨張して破壊されてしまう為、解凍する時に水分が出て、べちゃとしてしまいます。バットなどにキッチンペーパーなど、水分を吸い取るものを敷いてから、ひとつづつ並べて解凍すると食感を保ったまま解凍できますよ。

いちごの賞味期限

そもそも、一般的ないちごの賞味期限はどれぐらいなのでしょうか。いちごを買ってきて冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は4~5日程度とされています。ていねいに下処理をして保存した場合でも1週間程度を目安に食べ切るようにしてくださいね。
この期間以内に食べきれそうもない場合、もしくは直近でいちごを使う予定がない場合はあらかじめ冷凍保存しておくと良いでしょう。冷凍すれば、2ヶ月ほど保存できますから、約10倍も長持ちさせられますね。

冷蔵庫で保存する時のポイント

ヘタを残したまま、洗わずに保存
いちごは水に弱い為、洗うとこすれて傷みを早めてしまいます。また水分を残すとカビの原因になります。
市販のパックからだして保存
実が柔らかく圧力に弱いいちごは、売られている時のような2段重ねの状態で保存すると傷みやすくなります。重ならないように別の容器に移し替えて保存するとよいでしょう。
1個ずつキッチンペーパーで包む
水に触れると早く傷んでしまうので、キッチンペーパーに包むと蒸発したいちごの水分を吸収してくれます。
ヘタを下にして置く
いちごは先端の方が甘くてやわらかく潰れやすくなっています。ヘタの方が硬くて丈夫なので保存する時はヘタを下にするようにしましょう。
保存容器には蓋をするかラップをする
水分を吸収させるためにキッチンペーパーを被せて蓋をして、野菜室で保存します。
卵のパックを活用する
卵のパックを利用して包んだいちごをヘタを下にしてひとつずつ入れ、閉まるようであれば蓋をして保存します。隣のいちごに触れて傷む心配もないのでおすすめです。

新鮮ないちごの選び方

買ってきたばかりのはずのいちごが既に熟しすぎていた・・・なんてことありませんか。いちごの状態は購入までの保存環境や運送状況により一言では言えないものの、できれば購入時により新鮮なものを選びたいですよね。そこで、次に新鮮ないちごを選ぶポイントをご紹介します。

全体的に赤くムラなく光沢があるもの

甘いいちごは表面が艶っぽく輝いており、ヘタの部分まで真っ赤に色づいています。反対に、黒ずんだいちごは収穫してから時間が経っている可能性が高いです。品種によって「赤さ」に差がある為、平均的に色づいているかで判断するとよいでしょう。

つぶつぶが立っているもの

種のような粒々を覆うように、実が盛り上がってハリがあるものを選びましょう。

ヘタが元気に反り返っているもの

ヘタの緑が濃く元気に反り返っているのが新鮮な証拠です。しおれているものは収穫してから時間が経っています。

腐った状態はどんな感じ?

新鮮ないちごの選び方についてご紹介しました。反対に、腐った状態のいちごはどのようになるのでしょうか。一般的に、以下の状態が見られた場合は、腐っていると考えて良いでしょう。
■異臭がする
■ぶよぶよしている
■カビが生えている
■黒っぽくなっている
■どろっとしている
傷んでいる部分が少なければ、その部分だけ切り取って食べることができます。また、黒っぽっくなっていたり、シワシワになっていても傷みが少なければ50℃のお湯に2分程つけるとハリが回復しますので、参考にしてみてくださいね。

冷凍いちごを使ったおすすめレシピ5選

冷凍いちごを使ってできる便利でおいしいレシピ5選をご紹介。どれも簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

1 いちごのジャム

いちごが沢山余っている時や甘さが足りなかった時は、甘酸っぱいジャムがおすすめです。トーストやヨーグルトにかけても美味しいですよね。ティータイムに、スコーンにつけていただくのもおすすめです。
鍋に冷凍いちご、砂糖、レモン汁を入れます。.砂糖をいちご全体になじませ、いちごが溶けてきたら中火にしてアクを取りながら煮込みます。30分程度煮込み、かさが減って艶ととろみが出てきたら完成です。熱いうちに瓶に入れて粗熱を取り、冷蔵庫で保存しましょう。

2 いちごのスムージー

冷凍いちごはヘルシーなスムージーとも相性ばっちりです。材料を全て入れてミキサーにかけるだけ!おしゃれなドリンクが出来てしまいます。市販の冷凍フルーツでもおいしく作れるので是非試してみてくださいね。
冷凍のいちご、ブルーベリー、ラズベリー、バナナ、牛乳、砂糖をすべてミキサーにいれて混ぜます。混ざったフルーツをコップに入れて、生のフルーツとミントの葉を飾り完成です。

3 いちごのフローズンヨーグルト

ほんのり甘くてさっぱりした味わいのフローズンヨーグルト。冷凍いちごを大き目に切り、アイスに混ぜるのがおすすめです。甘酸っぱいいちごの食感も加わりおいしさがアップします。
生クリームはボウルで8分立てにしておきます。ジャムとヨーグルトは混ぜ合わせて、砂糖などでお好みの甘さに調整してください。ジャム、ヨーグルト、ホイップした生クリームを合わせて冷凍庫に入れ、時々大きめのスプーンで混ぜながら凍らせます。いちごはアイスが完全に固まってしまう前に混ぜ込んでくださいね。

4 いちごのムース風

続いても食後のお口直しにぴったりなひんやりスイーツ。材料を混ぜて冷蔵庫で冷やすだけで、グラデーションがきれいなムースのでき上がりです。
冷凍イチゴに熱湯を回しかけて砂糖をまぶし、しばらく置いておきます。この間にゼラチンを溶かしておきましょう。いちごはラップをかけず電子レンジで数分加熱、一旦取り出してよく混ぜ、再び加熱します。いちご、ゼラチン、スキムミルク、レモン汁をミキサーにかけます。混ぜたものを容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。固まるといちごの果肉がしずんで自然ときれいな2層になりますよ。

5 シフォンケーキ

甘いのが苦手という方にもおすすめなのはシフォンケーキ。春を感じる、いちごがほんのり香る、ふわふわのケーキです。
冷凍いちごをミキサーで細かくします。卵黄に砂糖を加えて白くふんわりするまでハンドミキサーにかけます。お好みのオイル類とミキサーにかけたいちごを加えて全体を混ぜます。薄力粉を振るい入れ、泡だて器で再び混ぜます。卵白に砂糖を数回に分けて加え、角が立つまで混ぜます。 オーブンで焼きあげて完成です。焼き型をひっくり返して冷えてから型から外します。お好みで生クリームを添えるとおしゃれですよ。

冷凍いちごはおしゃれなスイーツにも使えて便利!

いちごの冷凍保存についていかがでしたか。生で食べるいちごもおいしいですが、他の料理にアレンジしてもまた違ったおいしさがたのしめますよね。また、いちごは美容にもよいとされる栄養成分や、食物繊維なども豊富なヘルシーなフルーツ。
いちごの赤い色は、盛り付けたヨーグルトに飾るだけでもポイントとして映えますが、パンケーキやワッフル、ケーキの飾ればプレート全体を豪華にしてくれます。たくさんいちごがあるときには、ぜひ冷凍保存でいろいろなお食事をためしてみてくださいね。
▼その他の冷凍いちごレシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 レシピ

そろそろあちこちで花火大会が話題になる季節になってきました。そんな夏の風物詩、花火をモチーフにした花火弁当をご存知でしょうか。今回は、お弁当箱の中で打ち上がる花火とはどんなものなのか、その詳細や作り方、アレン…

ごぼう サラダ レシピ マヨネーズ まとめ

初夏に旬を迎える新ごぼうは、柔らかく上品な味わいが魅力です。食物繊維が豊富に含まれているので、女性はたくさん食べたい野菜の1つです。今回は、ごぼうを使った人気のサラダレシピを20選ご紹介します。作り方も簡単な…

レシピ まとめ

ジューシーな味わいで人気のロールキャベツ。ロールキャベツの日の献立はどうしていますか?パンやご飯をつけ合わせるだけでもよいのですが、副菜をプラスしてバランスよく立てたいもの。きっと役立つロールキャベツにおすす…

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

ちくわ 鶏肉 レシピ まとめ

海苔や青のりを衣に使った「磯辺揚げ」。お弁当や居酒屋の定番メニューなので、誰でも一度は食べたことがあるのでは?この磯辺揚げ、作ってみるといろいろな食材にピッタリなんです!野菜や肉、魚介類と多彩なレシピがあるの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ブロッコリー サラダ まとめ

緑黄色野菜で、栄養価も高いブロッコリー。カロリーはもちろん低いですが、サラダに使うとボリュームたっぷりでかさを増してくれるのもうれしいポイントですよね。今回は和風から洋風まで、たくさんのブロッコリーサラダのレ…

パン まとめ レシピ サンドイッチ 食パン

シュープリーズと言うお料理がこの頃人気をじわじわと集めているようです。シュープリーズとは英語で「surprise」ビックリするという意味です。パーティーなどにぴったりな一品。一体どんなお料理なんでしょうか?

メロンパン レシピ まとめ

子どもから大人までみんな大好きな「メロンパン」。コンビニやスーパーでも買うことができる「メロンパン」ですが、最近では市販の「メロンパン」にちょい足しして楽しむ人が急増中だとか♪そこで今回はすぐに試せるアレンジ…

レシピ おつまみ まとめ

キャベツがおいしい季節です。食物繊維たっぷりでヘルシーなキャベツは、美肌にも効果がある優れもの食材!今回は、そんな女子に嬉しい食材「キャベツ」を使って簡単に作れる10種類のおつまみレシピをご紹介します。

おにぎり レシピ まとめ

天かすはうどんや蕎麦への人気のトッピングとしてだけではなく、簡単アレンジレシピにも使えるんです。味に強い特徴がないため、いろいろな素材と相性がよく、たくさんの料理に使うことができますよ。ご自宅にある方は試して…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

うどん レシピ まとめ

冷やしうどんのおいしい季節がやってきます。具材とつゆのアレンジでそのバリエーションは数えきれないほど豊富ですが、今回はそのなかから20種類の人気レシピを厳選してご紹介。しっかりおいしく食べて、暑い季節を乗り越…

豆腐 アボカド 揚げ物 豚肉 レシピ

今回ご紹介するのは、アボカドと豆腐を使ったヘルシーな揚げ物「肉巻き豆腐とアボカドの揚げ出し」。肉巻き豆腐とアツアツのアボカドが、だしの味とベストマッチ♩あっさりとしていてとても食べやすいのでぜひ作ってみてくだ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る