ローディング中

Loading...

レタスは新鮮なうちに食べきるのが理想ですが、使いきれないことも多いのでは?そんなときは冷凍保存をしちゃえば長持ちするんです。今回はレタスの冷凍保存方法や賞味期限、冷凍レタスを使ったおすすめレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

傷みやすいレタスは冷凍保存がおすすめ

一玉を丸ごと買っても、使いきる前に傷みはじめてしまうレタス。鮮度が落ちると苦みも出てしまうため、早めに食べきりたいけれど、なかなか全部は使い切れない……。そんな時は、傷んでしまう前に冷凍保存をするのがおすすめです。

生で食べた食感とは多少異なってしまいますが、色々な加熱調理に使えますし、何しろ保存が効くのでとても便利!

冷凍保存には不向きと思われがちな葉物野菜もポイントを抑えれば風味を損なわずに保存が可能なのです。今回はそのポイントと、冷凍保存後のレタスを使ったおすすめレシピをご紹介します。

レタスの冷凍保存方法

レタスは95%が水分と言われており、水分が多いお野菜なので、本来は冷凍には向いていない食材です。ですが、冷凍方法と冷凍後の調理方法など、きちんとポイントを抑えれば冷凍で保存することが可能なのです。それでは、その方法とはどういったものなのでしょうか。

準備するもの

・キッチンペーパー
・フリーザーバック

冷凍方法

1 レタスを洗って、キッチンタオルで水気を良く拭きます。
2 食べやすい大きさに手でちぎります。(包丁で切ると酸化を早めてしまうため。)
3 変色した部分を取り除きます。
4 ちぎったレタスをフリーザーバックなどに入れ、密封し冷凍保存します。

冷凍する際のポイント

フリーザーバックに入れる際に、たくさん詰め込まないようにしてください。冷凍時は急速冷凍が鮮度を保つコツですので、小分けにするようにしましょう。

保存期間

冷凍保存したレタスの保存期間の目安は1ヶ月です。それを過ぎると食べれないわけではないですが、鮮度も落ちていきますので早めに使いきるようにしましょう。

冷凍レタスの解凍方法

冷凍したレタスは室温解凍すると、水が出てベタッとしてしまうので、解凍せずに凍ったまま調理するのがおすすめです。チャーハンなどにも利用できますが、汁物や包み蒸しなら、出た水分も一緒にいただけるので栄養面的にも良いかもしれません。

サラダにはむかない

レタスは水分が多いお野菜なので、解凍時に水が出てベタッとし、色が悪くなります。また、レタス独特のシャキシャキ感が失われるため、一度冷凍したレタスは生のまま食べるのではなく加熱調理をしてください。

冷凍以外の保存方法と保存期間

冷凍保存以外の場合はどのぐらいの期間、保存が効くのでしょうか。1玉丸ごと冷蔵保存する場合や、ちぎって冷蔵保存する場合、水に浸す場合など保存方法によって保存期間も異なるので、一つずつ見ていきましょう。

常温保存 保存期間目安:1日

レタスは冷蔵保存が基本で、常温保存があまりできません。水に浸ければ多少日持ちしますが、常温のまま置いておくと約1日でレタスの葉が元気を失ってしまいます

一度包丁を入れてしまったものは、すぐに酸化して黒くなってしまいますので、必ず冷蔵保管をするようにしてください。

カットして冷蔵保存 保存期間目安:1〜2日

包丁でカットしたり、ちぎったレタスはフリーザーバックやタッパーなどに入れ密封して保存してください。カットすると空気に触れる部分が多くなり、すぐに酸化し変色してきたりしますので、丸ごと保存する場合より日持ちがしません。可能なら、丸ごと保存して、使う分だけ手でちぎるようにしましょう。

保存期間目安は1〜2日程度です。部分的に変色してしまった場合は、変色した部分を取り除きながら使用してくださいね。

まるごと冷蔵保存 保存期間目安:1〜2週間

まるごとレタスを保存する場合は、中心にある芯をくりぬき、濡らした新聞紙やキッチンペーパーを挟んで、芯だけを濡らした状態で保存すると長持ちします。レタスを袋に入れる前に、新聞紙で包んでから保存するとさらに乾燥対策になります。

保存する際には芯部分を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存してくださいね。

水に浸し保存 保存期間目安:3〜4日

ボールなどの容器に、レタスがひたひたになるくらいまで水を入れて保存します。レタスからは大切な栄養成分であるビタミンが流れてしまうので、栄養的にはあまり良くないかもしれませんが、変色せずにシャキシャキ感が持続します。保存期間目安は3〜4日程度です。

お湯で洗って保存 保存期間目安:1週間

沸騰したお湯と水を同量混ぜた50℃のお湯にレタスを2~3分つけます。取り出したら、水気を切り、新聞紙で包むか、タッパー、フリーザーバックなどに入れて冷蔵庫で保存してください。レタスは、丸ごとでもカットしたものでもどちらでも大丈夫ですが、丸ごとの場合は、吸水しやすいように茎を一度切ってくださいね。

見た目も味も採れたてのように、1週間近く保存ができます。使用するときに、またお湯につけるとシャキシャキ感がさらに得られます。お湯に浸けて平気?!と思われるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。

冷凍レタスがおいしく食べられるレシピ

冷凍レタスを使ったおすすめのレシピを2つご紹介していきます。これまで、冷蔵庫で保管したまま、食べ頃を逃してしまっていた・・・という方も、このレシピを参考に料理の幅を広げてみましょう。

冷凍レタスとほうれん草のスープ

ほうれん草を適当なサイズにカットし、レタスを冷凍庫から出しておきましょう。鍋に塩、胡椒、鶏がらスープの素、水、料理酒入れ、さらにほうれん草と冷凍レタスを入れます。2分ほど煮たら乾燥春雨を入れ、最後に一滴ごま麻油を入れたらできあがりです。

冷凍レタスの健康スムージー

冷凍レタスと冷凍バナナ、牛乳、マスクメロン、きな粉をドロっとするまでミキサーにかけ、グラスに移せば完成です。

事前にレタスとバナナを冷凍させることで、氷を入れずに済むので、味が薄まる心配がないのも嬉しいポイントですね!

冷凍レタスを活用していこう!

レタスは冷凍保存ができて色々な料理にも活用できますが、やっぱり新鮮なものを買いたいですよね。特にレタスは傷みが早いお野菜ですので、以下のポイントを参考に、できるかぎり鮮度の良いものを買うようにしてください。

【鮮度の良いレタスの見分け方】
1. 葉の巻き方がふんわりしていて、重くないもの
2. 芯部分の切り口の直径が2~3センチで、白くて変色していないもの
3. 葉の部分がみずみずしくてツヤツヤしており、ハリのあるもの

サラダとして生食で食べたい時は冷蔵保存のものを、加熱調理して食べる場合は冷凍保存のものを、と使い分けると良いかもしれません。冷凍保存を活用して、日々の食卓に緑を添えましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キャベツ レシピ まとめ

「なす×キャベツ」のレシピは、定番の味噌炒めや味噌汁のほかにも、サラダやオーブン料理など、さまざまなレシピがあります。今回は、普段のおかずからおもてなしに使えるレシピまで15選紹介します。今日の献立が決まって…

レシピ キャベツ じゃがいも まとめ

玉ねぎのお味噌汁は、玉ねぎの甘みがあっておいしいですよね。一緒に入れる具材はじゃがいもやキャベツが定番ですが、他にもおいしく食べられるものがありそうです。どんな具材と相性がいいのか、今回は厳選した15種類のレ…

ごぼう サラダ レシピ マヨネーズ まとめ

初夏に旬を迎える新ごぼうは、柔らかく上品な味わいが魅力です。食物繊維が豊富に含まれているので、女性はたくさん食べたい野菜の1つです。今回は、ごぼうを使った人気のサラダレシピを20選ご紹介します。作り方も簡単な…

レシピ 和食 まとめ

カレーの付け合わせとしておなじみの福神漬け。名前の由来ってご存じですか?カレーの必需品なのに、そもそも材料は何だったかな?という方、お家での作り方や手軽なアレンジレシピをお伝えしますので、ぜひ試してみてくださ…

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

まとめ レシピ

100円ショップをはじめニトリなどで購入できる、便利な調理器具スキレット。今回スキレットレシピを25選ご紹介します。朝食のパンケーキ、おしゃれディナーを叶えるチキンやアヒージョを使ったレシピなど盛り沢山!お手…

クレープ スイーツ ハイブリッドスイーツ

クリームブリュレとクレープがコラボしたコムクレープのスイーツ「クレープブリュレ」。もちもちのクレープ生地の中には、生クリームやカスタードクリームなどがたっぷり。こんがりとキャラメリーゼされた独特の味わいはクセ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る