ローディング中

Loading...

レタスは新鮮なうちに食べきるのが理想ですが、一玉買っても使いきれない場合、冷凍保存が大活躍します!今回は、レタスにも活用できる冷凍保存方法や保存期間、解凍方法、冷凍レタスのおすすめレシピなどを詳しくご紹介します。

傷みやすいレタスは冷凍!

一玉を丸ごと買っても、使いきる前に傷みはじめてしまうレタス。鮮度が落ちると苦みも出てしまうため、早めに食べきりたいけれど、なかなか全部は使い切れない……。そんな時は、傷んでしまう前に冷凍保存をするのがおすすめです。

生で食べた食感とは多少異なってしまいますが、色々な加熱調理に使えますし、何しろ保存が効くのでとても便利!

冷凍保存には不向きと思われがちな葉物野菜もポイントを抑えれば風味を損なわずに保存が可能なのです。今回はそのポイントと、冷凍保存後のレタスを使ったおすすめレシピをご紹介します。

レタスの冷凍保存方法

レタスは95%が水分と言われており、水分が多いお野菜なので、本来は冷凍には向いていない食材です。ですが、冷凍方法と冷凍後の調理方法など、きちんとポイントを抑えれば冷凍で保存することが可能なのです。それでは、その方法とはどういったものなのでしょうか。

準備するもの

・キッチンペーパー
・フリーザーバック

冷凍方法

1 レタスを洗って、キッチンタオルで水気を良く拭きます。
2 食べやすい大きさに手でちぎります。(包丁で切ると酸化を早めてしまうため。)
3 変色した部分を取り除きます。
4 ちぎったレタスをフリーザーバックなどに入れ、密封し冷凍保存します。

冷凍する際のポイント

フリーザーバックに入れる際に、たくさん詰め込まないようにしてください。冷凍時は急速冷凍が鮮度を保つコツですので、小分けにするようにしましょう。

保存期間

冷凍保存したレタスの保存期間の目安は1ヶ月です。それを過ぎると食べれないわけではないですが、鮮度も落ちていきますので早めに使いきるようにしましょう。

冷凍レタスの解凍方法

冷凍したレタスは室温解凍すると、水が出てベタッとしてしまうので、解凍せずに凍ったまま調理するのがおすすめです。チャーハンなどにも利用できますが、汁物や包み蒸しなら、出た水分も一緒にいただけるので栄養面的にも良いかもしれません。

サラダにはむかない

レタスは水分が多いお野菜なので、解凍時に水が出てベタッとし、色が悪くなります。また、レタス独特のシャキシャキ感が失われるため、一度冷凍したレタスは生のまま食べるのではなく加熱調理をしてください。

冷凍以外の保存方法と保存期間

冷凍保存以外の場合はどのぐらいの期間、保存が効くのでしょうか。1玉丸ごと冷蔵保存する場合や、ちぎって冷蔵保存する場合、水に浸す場合など保存方法によって保存期間も異なるので、一つずつ見ていきましょう。

常温保存 保存期間目安:1日

レタスは冷蔵保存が基本で、常温保存があまりできません。水に浸ければ多少日持ちしますが、常温のまま置いておくと約1日でレタスの葉が元気を失ってしまいます

一度包丁を入れてしまったものは、すぐに酸化して黒くなってしまいますので、必ず冷蔵保管をするようにしてください。

カットして冷蔵保存 保存期間目安:1〜2日

包丁でカットしたり、ちぎったレタスはフリーザーバックやタッパーなどに入れ密封して保存してください。カットすると空気に触れる部分が多くなり、すぐに酸化し変色してきたりしますので、丸ごと保存する場合より日持ちがしません。可能なら、丸ごと保存して、使う分だけ手でちぎるようにしましょう。

保存期間目安は1〜2日程度です。部分的に変色してしまった場合は、変色した部分を取り除きながら使用してくださいね。

まるごと冷蔵保存 保存期間目安:1〜2週間

まるごとレタスを保存する場合は、中心にある芯をくりぬき、濡らした新聞紙やキッチンペーパーを挟んで、芯だけを濡らした状態で保存すると長持ちします。レタスを袋に入れる前に、新聞紙で包んでから保存するとさらに乾燥対策になります。

保存する際には芯部分を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存してくださいね。

水に浸し保存 保存期間目安:3〜4日

ボールなどの容器に、レタスがひたひたになるくらいまで水を入れて保存します。レタスからは大切な栄養成分であるビタミンが流れてしまうので、栄養的にはあまり良くないかもしれませんが、変色せずにシャキシャキ感が持続します。保存期間目安は3〜4日程度です。

お湯で洗って保存 保存期間目安:1週間

沸騰したお湯と水を同量混ぜた50℃のお湯にレタスを2~3分つけます。取り出したら、水気を切り、新聞紙で包むか、タッパー、フリーザーバックなどに入れて冷蔵庫で保存してください。レタスは、丸ごとでもカットしたものでもどちらでも大丈夫ですが、丸ごとの場合は、吸水しやすいように茎を一度切ってくださいね。

見た目も味も採れたてのように、1週間近く保存ができます。使用するときに、またお湯につけるとシャキシャキ感がさらに得られます。お湯に浸けて平気?!と思われるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。

冷凍レタスがおいしく食べられるレシピ

冷凍レタスを使ったおすすめのレシピを3つご紹介していきます。これまで、冷蔵庫で保管したまま、食べ頃を逃してしまっていた・・・という方も、このレシピを参考に料理の幅を広げてみましょう。

レタスチャーハン

ハムは適当な大きさに、レタスは手で食べやすい大きさにちぎります。フライパンに溶き卵を流し入れ、半熟の状態で一度取り出します。フライパンに油を足し熱し、ハム、ごはん、取り出した卵を入れ炒めます。コンソメとカレー粉を振り入れ、ほぐしながら炒め合わせます。レタスを加えて軽く炒め、塩やこしょうで味を調えれば完成です。

レタス入りにゅう麺

簡単でおいしい!包丁いらずで、お鍋が一つあればできちゃう中華風にゅうめんです。しょうがなど薬味をプラスすれば、寒い季節に嬉しい、からだの芯からぽかぽかと温まる一品になりますよ。

レタスは一口大にちぎります。鍋で水と鶏ガラスープの素を沸騰させたら、そうめんを加えます。再度煮立たせたら卵を入れてほぐし、レタスも加えます。卵に火が通ったらできあがりです。

レタスのスープ

お湯を沸かし、梅、鶏ガラスープ、ごま油を加えます。次に大根、レタスの順番に加えたら塩で味を調え、溶き卵を入れて火を止める。いりごまをかけたら完成です。

冷凍レタスを活用していこう!

レタスは冷凍保存ができて色々な料理にも活用できますが、やっぱり新鮮なものを買いたいですよね。特にレタスは傷みが早いお野菜ですので、以下のポイントを参考に、できるかぎり鮮度の良いものを買うようにしてください。

【鮮度の良いレタスの見分け方】
1. 葉の巻き方がふんわりしていて、重くないもの
2. 芯部分の切り口の直径が2~3センチで、白くて変色していないもの
3. 葉の部分がみずみずしくてツヤツヤしており、ハリのあるもの

サラダとして生食で食べたい時は冷蔵保存のものを、加熱調理して食べる場合は冷凍保存のものを、と使い分けると良いかもしれません。冷凍保存を活用して、日々の食卓に緑を添えましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ハンバーグ

揚げ物やハンバーグの材料のパン粉ですが、ない場合はどうします?パン粉は他の食材で代用が可能。なくてもハンバーグやコロッケを作ることができますよ。キッチンによくあるものを、パン粉の代わりに使ってみませんか?代用…

レシピ 麻婆豆腐 カレー

人気テレビ番組で大活躍中の家事えもん。いつも目からウロコのレシピを紹介してくれるので、お茶の間の主婦の味方ですよね。今回紹介するのは家事えもん考案の、レトルトカレーを使った魔法のようなレシピです。今夜作りたく…

和菓子 おやつ いちご レシピ

今回ご紹介するのは、「妖怪おはぎ」のレシピです。その名の通り、なんとも言えないブサカワ感あふれるひと品。もちもちの食感と、香り豊かなきな粉と黒ごまが相性抜群!いちごの酸味もプラスされ、さっぱりと食べやすく仕上…

レシピ おつまみ

レンジとトースターを使って手軽にできる、「餃子の皮でカルツォーネ」のレシピをご紹介します。外はカリカリ、割ると中からチーズがとろ〜り♩おつまみやお弁当にぴったりなひと品です!簡単なので、ぜひ作ってみてはいかが…

ドーナツ レシピ ホットケーキミックス チーズ

外はカリカリ、中はモチモチ食感を楽しめる、まんまるで可愛らしい見た目が特徴の「ゼッポリーネ」のレシピをご紹介します。これはもう、ひとつ食べたら止まらない……!カラフルなピックをさし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる…

バター まとめ

最近は深刻なバター不足...スーパーの棚からバターがなくなったなんて話も耳にしますが、じゃあバターの代用品になる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバター代わりの食材についてお話したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ワイン ぶどう

アサヒビールが大々的に発売を発表した新作国産ワイン「サントネージュ 摘みたての贅沢」。豊かな果実感にこだわったという味と香りは、デイリーワインの常識を大きく覆すものでした!今回は、大注目のこの商品の詳細をレポ…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

おしゃれ

100円ショップ「ダイソー」と「GIRLS’ TREND(ガールズトレンド)研究所」が、コラボレーション商品を発売!ノートやペンケース、鏡、ポーチ、紙コップなど100円だなんて思えない商品がたくさ…

アボカド

チュウハイやサワーなど主に割り物として馴染みのある焼酎。実はお酒のなかでも高い美容効果が期待できるといわれています。今回は、焼酎界の若きリーダーの一人、中村酒造場取締役の中村慎弥さんに焼酎の基礎知識と美容効果…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...