ローディング中

Loading...

子供から大人までみんな大好きなポテトサラダ。実はポテトサラダを冷凍保存すると便利って知ってましたか?今回は、不動の人気メニューであるポテトサラダの冷凍保存の方法やポイント、解凍の仕方や余った場合のリメイクレシピをご紹介します。

ポテトサラダが余ったら冷凍保存

子供から大人まで大好きなポテトサラダ。そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチの具にしたり、衣をつけてコロッケにしてみたりとアレンジが効くのも人気のポイントです。でもついつい作りすぎてしまい、夕飯に食べて、お弁当にも入れたけど、たくさん余ってる!ということありませんか?

ですが、ポテトサラダにはマヨネーズを使うのが一般的。マヨネーズを使った料理は日持ちが気になるし・・・と悩む方も多いのではないかと思います。コンビニやスーパーのお総菜コーナーなどで購入するポテトサラダの場合は、使われているマヨネーズにお酢が使われていたり、添加物を使用していたりするため、賞味期限が自家製のものよりも多少長くなります。

それに対して、ご家庭で作るポテトサラダは、具材に生のきゅうりや玉ねぎなどの加熱されていないものも入ります。冷蔵保存した場合、ハムを入れていた場合は2日程度、それ以外でも4日程度と言われています。意外と短いですよね。

そんな保存方法に困ってしまうポテトサラダ。カロリーも高いため、一度にたくさん食べるのも躊躇してしまいますよね。そんな時は余ったポテトサラダを冷凍してしまいましょう!
ポテトサラダはその名の通り、メインの具材はじゃがいもです。「じゃがいもは冷凍保存には向いていないのでは?」という話もありますが、きちんとポイントさえ掴めば、冷凍保存は可能です。冷蔵保存より保ちが良い冷凍保存の方法について、ポイントとともにご紹介します!

冷凍の前に!ポテトサラダの具に注意

ポテトサラダを冷凍する場合、工夫をしないとどうしても水っぽくなってしまうのが難点です。冷凍保存をすることを前提に、水っぽくならずに、解凍後もおいしく食べられるポテトサラダ作りのポイントを抑えていきましょう。

じゃがいもは電子レンジで加熱

具材が水分をたくさん含んでいると、解凍時にべちゃべちゃになってしまい、とても食べられる状態ではありません。そのため、じゃがいもを蒸かす際は茹でるのではなく、電子レンジを利用しましょう。電子レンジを利用して、できるだけじゃがいもの水分を飛ばすようにして蒸かしてください。

じゃがいもはしっかり潰す

そもそも、じゃがいもは調理後、比較的痛みやすい食材です。

作った当日に食べるのであれば、形のある状態でゴロゴロ入っていた方がおいしいですが、形がある状態で冷凍すると、解凍した際にじゃがいもの内部がスカスカになり、味が劣化してしまいがちです。そのため、きちんと潰してマッシュポテト状にしたほうが冷凍した際の味や風味の劣化を避けることができます

きゅうりや玉ねぎなど水分が多い具材はなるべく避ける

シャキシャキの食感が食欲をそそるきゅうりや玉ねぎですが、こういった水気の多い野菜は解凍すると水分が出てしまい、ポテトサラダがべちゃべちゃになってしまう場合があります。

そのため、冷凍する際は具材として使用するのを避けた方が良いでしょう。どうしても入れたい場合は、じゃがいもをすり潰したものだけを冷凍し、解凍後に他の具材を加えるか、お皿に添えるようにすると食感や風味が損なわれず、おいしくいただけます。

冷凍に適したポテトサラダの具は?

冷凍保存に向いているポテトサラダの具としては、ハムやベーコン、コーン、ツナなどが挙げられます。人参も保存はできますが、形のある状態だと冷凍時にじゃがいもと同様にスカスカになってしまいます。細かくカットしすり潰して加えれば、じゃがいも同様に味や風味の劣化を防ぐことが可能ですので、参考にしてみてくださいね。

ポテトサラダの冷凍方法

冷凍保存に適したポテトサラダの作り方についてご紹介しました。では次に、冷凍する際のポイントを順番に見ていきたいと思います。

用意するもの

・フリーザーバッグ
・菜箸
・金属製のトレイ
・付箋
・サインペン

冷凍の仕方

1.ポテトサラダを冷凍保存する場合は、しっかり冷ましてから保存するようにしましょう。温かいまま保存してしまうと傷みやすくなってしまうためです。

2.しっかり冷ましたら、フリーザーバックなどに空気が入らないように敷き詰めていきます。最後にしっかりと空気を抜いて封を閉じ、平らにします。菜箸などの長い棒を用いてフリーザーバックの上から等分に切れ目を入れておけば、使う時に食べる分だけ解凍できて便利ですよ!

3.付箋にポテトサラダを冷凍する日付や具材をサインペンで記し、冷蔵庫で保存します。もし金属のトレイをお持ちの場合は、金属トレイの上に乗せて冷凍庫で保存すればポテトサラダを急速に冷凍させることができるので、より鮮度や品質を維持しながら冷凍できます。

なお、ポテトサラダが入っているフリーザーパックに霜が付き始めると風味が落ちる直前という意味ですので、早めに食べきるようにしましょう。

保存期間は?

冷凍保存の保存期限は、1か月程度です。一度冷凍してしまったポテトサラダは腐っているかどうかが分かりづらいですが、以下のような状態が少しでも感じられた場合は、食べずに廃棄するようにしましょう。

・糸を引いて、ネバネバしている
・変な臭いがする
・酸っぱいような変な味がする
・カビが生えている

解凍方法

ゆっくりと解凍した方が味や食感が保てますので、食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍するのがベストでしょう。

ですが、急いでいる場合やうっかり前日に冷蔵庫に移すのを忘れてしまった場合は常温での解凍か電子レンジで解凍します。なお、電子レンジで解凍する場合は、解凍機能を利用するようにしてください。

解凍した際に、もし水分が出てきてしまい、水っぽくなっている場合は、塩や胡椒などの調味料を足して調節してみてください。それでも水っぽい場合は、食パンに冷凍したポテトサラダとチーズを乗せてトースターでこんがり焼いたり、ポテトグラタンやオムレツの具材、春巻きの具材などに利用するのも良いでしょう。

お弁当に活躍!冷凍ポテトサラダ

作り置き冷凍ポテトサラダは、忙しい朝のお弁当作りに大活躍です。おすすめのレシピ3選をご紹介します。

ポテトサラダが酉に変身?!

ポテトサラダを使って、今年の干支である酉を再現したSNS映えバツグンのレシピです。ベーコンでポテトサラダを巻き、カニカマでトサカを、黒ごまで目を、コーンで口を作れば、可愛らしい酉の完成!

コンビニで売ってるような簡単食材で、お子様も大喜びの可愛らしいキャラおかずができてしまいます。

ポテサラフライ

お子様ウケ必至の、見た目もかわいらしい一品です。

ポテトサラダに、ゆで卵、ミックスベジタブル、チーズ、マヨネーズ、小麦粉、塩、胡椒を混ぜて、一口サイズに丸めます。それに溶き卵、パン粉をつけ、少量の油でカリッとするまで転がしながら揚げます。

ライスボールのような見た目のポテサラフライの完成です。お弁当に入れても良いですし、小さめに作ってデコレーションしたピックを刺せば、ホームパーティにもピッタリです。

ポテサラサンド

マスタードが効いた少し大人のたらこ風味のポテサラサンドイッチです。

たらこ、オリーブオイル、マヨネーズを和えて、たらこディップを作ります。パンの上にポテトサラダ、たらこディップ、マスタードの順でのせて、出来上がり!切ると淡い綺麗なピンク色が断面に見えて、食欲をそそりますね。

パンは軽くトーストしてサクッとした食感を楽しむのも良いですし、霧吹きをしてしっとりさせておくのもおすすめです。

冷凍に適した具材を利用してポテトサラダを有効活用!

いかがでしたか。そのまま食べるだけではなく、いろいろな料理にアレンジでき、大活躍してくれるポテトサラダ。

ポテトサラダは加熱した具材と、きゅうりや玉ねぎなどの生の具材を混ぜ合わせて作ることが多いため、非常に傷みやすい料理です。冷凍できないイメージもあるポテトサラダですが、これらのポイントを参考にして作り置きしておけば、冷凍保存も可能です。ぜひ試してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

横浜を中心に展開する「横浜 くりこ庵」では様々なたい焼きを販売しています。中でも話題を呼んでいるのが、最弱ポケモンと呼ばれているコイキングのたい焼き。キャラとしては最弱ですが、味はおいしいと評判!今回は、そん…

ニラ レシピ

栄養価が高いスタミナ野菜、ニラ。そもそもニラって生でもおいしく食べられることをご存じですか?特に春と冬のニラは味わい深いことで知られています。今回は、ニラを生でおいしく食べる方法や、保存法、おすすめレシピなど…

牛肉 レシピ トマト

レンジだけで本格的な「ハッシュドビーフ」なんて作れるの……!? なんて思った方もいるのではないでしょうか。それが、作れてしまうんです♩「忙しいから時短で料理を済ませたい!」という方…

カレー チーズ レシピ

今回は、カリカリ食感が楽しめる「焼きカレーライスボウル」のレシピをご紹介します。チーズのコクとカレーの辛さにカリカリ食感が絶妙にマッチし、いつもと違った味わいが楽しめますよ♩大人から子どもまでみんなに愛される…

おにぎり レシピ まとめ

大人から子どもまで、みんなが大好きなおにぎり。お弁当にも欠かせない、日本人の大好きな食べ物です。そんなおにぎりですが、いつも同じ具ばかりで握っていませんか?今回はちょっと変わった具だけど、絶対においしいおにぎ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

たこ焼き レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

たこ焼き器の活躍の場はタコパだけじゃない!お菓子やおかずなど、たこ焼き器を使った人気アレンジレシピをご紹介します。マンネリ気味なお弁当のおかず作りやホームパーティーの料理作りにも活躍してくれますよ。ぜひ参考に…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

レシピ まとめ

「ラクうまごはん」「のっけごはん100」の作者、瀬尾幸子さんのラクで美味しいレシピを探してみました♪あまり手間ひまかけないのに美味しく作れるコツや、作り置きしておくと便利な一品もご紹介。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

シャーベット オレンジ フルーツ

ミニストップの「贅沢なアイス」シリーズに第2弾が登場!濃厚なオレンジシャーベットにオレンジ果肉と皮付きオレンジスライスをトッピングし、ホワイトチョコでコーティングした見た目も贅沢なひと品です。いったいどんな味…

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...