ローディング中

Loading...

ほんのり甘くて瑞々しい新玉ねぎですが、一方で保存方法に困る方も多いようです。ここでは、正しい保存期間や長持ちさせるコツなど新玉ねぎに関する知識をご紹介。保存食にできるおすすめレシピも載せているので、ぜひ作ってみてくださいね!

新玉ねぎの保存方法が気になる

甘くてみずみずしい新玉ねぎ。菜の花と同様、春の訪れを感じられる野菜のひとつではないでしょうか。

新玉ねぎは収穫してすぐに出荷されるため、新鮮で水分もたっぷり。生のままサラダにしたり、丸ごとお料理しても良し。ですが、そのみずみずしさゆえに日持ちしないのが残念なところです。

食べられる期間が限られている、旬のお野菜だからこそダメにしてしまうのはもったいない!ということで、今回は新玉ねぎを少しでも長持ちさせる保存法や、保存食にできる新玉ねぎレシピをご紹介します。ポイントを抑えて新玉ねぎをムダなくおいしくいただきましょう。

新玉ねぎの保存期間

新玉ねぎは通常の玉ねぎに比べると水分を多く含んでいるため、日持ちしないというのが難点といえます。まずは、どのくらいの期間保存が可能なのか、常温、冷蔵、冷凍とそれぞれ簡単にまとめてみました。

常温保存での目安

常温で風通しのよい場所で状態よく保存できた場合の目安は1か月~2か月とも言われています。ですが、気温や湿気の高い状態だったり、密着された状態などコンディション次第で1週間程度でダメになることもあるそうですので、その時の状況に応じて正しく保存したいですね。

冷蔵保存での目安

冷蔵庫の野菜室での保存だと、新聞紙に包んで入れておけば保存期間は一週間程度だそうです。ただし、新聞紙で包まず、そのまま冷蔵庫の野菜室に入れてしまうと密封性が高くなり、4日ほどで傷んでしまうこともあるそうです。ひと手間かかりますが、新玉ねぎを少しでも長い期間おいしくいただくために、ここは惜しまず手間をかけるようにしましょう。

冷凍での目安

やはり長期保存に向いているのは冷凍保存です。冷凍庫での保存の場合、1か月以上は日持ちします。

ですが、冷凍保存の際はそのまま入れるのは良くありません。新玉ねぎは生のまま冷凍で保存してしまうと、解凍時に食感や風味が損なわれてしまうため、調理の用途に応じて、あらかじめみじん切りやスライスしてから冷凍するようにしましょう。

長持ちさせる保存方法

日持ちのしない新玉ねぎですが、上手に保存すれば長持ちさせられることが分かってきました。では、ここからは少しでも長持ちさせられる保存方法をご紹介します。

常温保存の仕方

常温保存の場合はネットにそのままいれて風通しの良い場所で吊るしておくのが一般的に適していると言われる保存方法です。

新玉ねぎは水分が多く傷みやすいので、空気のこもらない風通しの良い場所で行なうことがポイントです。また、直に床や棚などに置いてしまうのも好ましくありません。新玉ねぎとの接地面に湿気が溜まってしまい、そこから傷んでしまう可能性があります。ネットの先にひもでつなげて熱風がこない場所に吊るしておきましょう。

冷凍保存の仕方

続いては冷凍保存の方法です。ひと手間必要ですが、その分お料理の時の時短に役立ってくれますよ。

まず、スライス保存法。新玉ねぎを自分が使いたい大きさに切ってジッパー付き保存袋に入れます。使いたい量ずつ入れると使う時に便利ですよ。また、薄く平たく入れてから冷凍すると使いたい分だけパキっと割って使えるため便利です。ただし、一度冷凍してしまうとシャキシャキとした食感はなくなってしまうので、サラダには向きません。

続いては、炒めてから保存する方法です。新玉ねぎをスライスかみじん切りをして、しんなりするまで炒めてから冷凍保存します。

さらに、もう一つおすすめの冷凍保存方法としては玉ねぎ氷にして保存する方法です。新玉ねぎをペースト状にして冷凍保存する方法、一時テレビでも放映され話題となりましたよね。

方法はとても簡単で、新玉ねぎを電子レンジで15分から25分加熱します。加熱が終われば新玉ねぎをミキサーに入れ、水を入れペーストを作ります。
※水の量の目安は新玉ねぎ4つに対し220㏄です。あとは製氷皿などにいれ固形状に冷凍します。新玉ねぎ氷はスープやみそ汁などに入れて使えますよ。

料理に使う際は、どの方法の冷凍でも解凍せずにそのまま使いましょう

冷蔵保存の仕方

冷蔵庫で保存する場合は、新玉ねぎを新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室に入れて置きます。そのまま入れるのは密封性が高く湿度も高いのでNGですよ!

ストッキングを使った保存方法

基本的に新玉ねぎは湿気の少ない風通しの良いところで保存するのがベストです。ここでなんとストッキングが大活躍してくれるのです!しかもとっても簡単!

まず、ストッキングの右足と左足を分けるために半分に切ります。足が入るところに新玉ねぎを一つ入れすぐ上を縛ります。またもう一つ入れすぐ上を縛る...を繰り返すと大体4~5個入ります。それを風通しの良いところに吊るしましょう。その際、台所は意外と湿気があるので注意しましょうね。

余った新玉ねぎの保存方法

カットしてしまった新玉ねぎが残ってしまった!という時は、すぐに使い切ってしまうのであれば冷蔵庫や野菜室での保存が可能です。切り方別のポイントをご紹介いたします。

半分にカットした場合

切ったした玉ねぎは、その切り口が空気に触れることによって少しずつ劣化していきます。半分に切った際は空気が極力入らないよう、ラップできっちりと包み、切り口を上にして野菜室で保存しましょう。

スライスした場合

スライスした場合は、水に浸けて冷蔵庫で保存しましょう。また、みじん切りにしたものははその日のうちに使ってしまうか、どうしても使い切れなかった時は炒めてから冷凍保存するのがベストだそうですよ。

炒めた新玉ねぎも保存できる!

炒めたものは冷凍保存ができます。冷凍だと長期保存が可能になるだけでなく、日々のお料理の時短にもなるためおすすめです。

スライスした新玉ねぎを軽く炒める、あるいはあめ色になるまで炒めてあめ色玉ねぎにしてから冷凍します。どちらもジッパー付き保存袋へ薄く延ばしながら入れたり、1回分ずつラップでくるみ冷凍保存しましょう。

炒めたものはカレーやシチュー、オニオンスープ、ハンバーグなどを作る際に使うとよいでしょう。また、飴色玉ねぎの冷凍はトマトソースやミートソースを作る際に時短になってとても重宝しますよ。

長持ちする新玉ねぎの見分け方は?

身と皮の間に隙間がない

新玉ねぎは何といっても鮮度が命です。身と皮の間に隙間がなく色が良いものを選びましょう。表面の皮が乾いていてつやがあるものが新鮮な証拠だそうです。傷があったり、皮がぐにゃっと柔らかくなってしまってるものは中身がダメになってしまってる可能性があるので要注意です。

形がまるく重たいもの

形は丸いものがよいです。楕円の形をしていると収穫時期が悪く熟してる可能性があるので早く傷んでしまうかもしれません。また、実際手に取って重さを確認しましょう。たっぷりの水分を含んでいるものがみずみずしく良いものですから、ずっしりと重たいものを選びましょう。

上部を押して固いもの

新玉ねぎは上部が柔らかいと既に傷んできている証拠ですので、軽く押して確認してみましょう。上部を触ってみて固く、きれいな色をしているものを選ぶようにしましょう。

通常の玉ねぎの保存は?

通常の玉ねぎの保存の仕方は新玉ねぎの保存の仕方とは少し違います。

丸ごとの場合は、常温保存が可能です。日陰で風通しが良く湿気の少ないところに吊るしておきましょう

半分などにカットした玉ねぎは、空気に触れないようにしっかりとラップをして、冷蔵庫で保存します。スライスした玉ねぎはジップ付きの袋に入れて冷蔵保存すると良いかと思います。 スライスまたはみじん切りの玉ねぎは冷凍保存も可能です。ジッパー付き保存袋に入れて冷凍しましょう。使う際は解凍せずに調理してくださいね。

保存食に!新玉ねぎのマリネレシピ

新玉ねぎはマリネにして保存食として置いておくことも可能なため、忙しい日の一皿にもなりますね。そこで、新玉ねぎのおいしさそのままで長持ちさせられるマリネレシピを3品ご紹介します。

新玉ねぎとパプリカのマリネ

新玉ねぎを薄くスライスして水にさらし、パプリカとチーズも切ります。玉ねぎの水気を絞ったらオイルと調味料を混ぜ、すべて混ぜ合わせれば完成です。

新玉ねぎと生ハムのマリネ

新玉ねぎをスライスして15分ほど置きます。きゅうりとトマトをカットし、新玉ねぎ、きゅうり、酢、砂糖、オリーブオイルを混ぜます。生ハムを混ぜて冷蔵庫で30分ほど冷やしたら、残りの材料を混ぜれば完成です。

タコ入りマリネ

新玉ねぎを薄くスライスし、アイスプラントは適当な大きさにちぎって冷やします。タコはスライスし、クレイジーソルトとオリーブオイルでマリネします。タコと新玉ねぎを混ぜ、ポン酢を加えて和えたら、アイスプラントとミニトマトを加えて完成です。

旬の味を楽しもう

日持ちがしないと言われていた新玉ねぎの保存法、いかがでしたか。食べられる期間が限られているからこそ、少しでも長持ちさせて全部使い切れるようにしたいですね。ついついたくさん買ってしまった際は、ぜひ今回ご紹介した保存法を試してみてください。

そして購入の際は、よく見て傷みやすいものを買ってしまわないように気を付けましょう。甘くみずみずしい新玉ねぎ、上手に保存、調理して余すことなくいただきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

レシピ パスタ まとめ

独特のとろみと塩気がやみつきになる「なめたけ」ですが、みなさんはどんなレシピに活用されていますか?今回は自宅で簡単に作れる自家製なめたけのレシピをはじめ、麺類やおつまみにできるなめたけの使い方をご紹介。もちろ…

スイーツ レシピ まとめ

世界中の誰もが知っていると言っても過言ではないスヌーピー。あの愛らしい姿は日本でも大人気ですよね。今回は、そんなスヌーピーをモチーフにして注目されている、インスタグラマーsaoriさんが作るスヌーピーレシピを…

おにぎり トースト レシピ

インスタグラムなどでは次から次へと斬新なアイデアのトーストレシピがアップされ話題になっています。今回ご紹介するのは、三角形がかわいい「おにぎりトースト」の作り方です。アレンジは自由自在!簡単でかわいい「おにぎ…

レシピ

寒くなると恋しくなる肉まん、難しそうに感じる肉まんレシピですが、一般的な調味料で、コツを掴めば案外簡単だったりするんです。ここでは本格肉まんが作れる基本の作り方、また蒸し器不要の時短術まで、実際に作ってご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ポテトサラダ レシピ サラダ まとめ

ポテトサラダといえばマヨネーズが必須かと思いきや、そうでもないようです♪マヨネーズなしのヘルシーポテトサラダ紹介します。意外とバラエティ豊富なので好きな方法で作ってみてください。

レシピ まとめ たまご

疲労が溜まる仕事やストレスの多い生活をしている彼の食事に卵を加えてあげませんか?茹でる、煮る、焼く。卵はオールマイティに活躍できる栄養のある食材です。普段の食事に卵を一つ加えてエネルギーとパワーをアップさせま…

離乳食 レシピ まとめ

赤ちゃんの中には食べ物を飲み込むことが苦手な子もいます。そんな時には「とろみ離乳食」がおすすめ。とろみをつけることで飲み込みを手助けし、食べやすくしてくれるそうです。今回は、赤ちゃんが食べやすくなるとろみ離乳…

パン まとめ レシピ サンドイッチ 食パン

シュープリーズと言うお料理がこの頃人気をじわじわと集めているようです。シュープリーズとは英語で「surprise」ビックリするという意味です。パーティーなどにぴったりな一品。一体どんなお料理なんでしょうか?

レシピ まとめ スープ

スープジャーとは、本来スープやシチューを保温して持ち歩けるというグッズなのですが、これに材料を入れるだけで調理もしてくれる♪ということで最近話題なんだそうです。そんな夢のようなグッズがあったのか!ということで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ 離乳食

赤ちゃんの離乳食や病気の時、介護食、最近ではダイエットとしても食べられているお粥。5倍粥や7倍粥、5分粥、全粥とさまざまな種類がありますよね。今回は5倍粥に注目して、ご飯から鍋で作る方法、炊飯器から作る方法、…

箱根 そば 蕎麦 まとめ

雄大な自然に囲まれ、おいしい水に恵まれた箱根には、絶品そばが食べられる名店がたくさんあります。今回はそんな、こだわりと誇りを持った箱根のそば屋さんを12店ご紹介。箱根に出かける際は、ぜひ参考にしてみてください…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る