ローディング中

Loading...

その栄養価の高さから女性を中心に圧倒的な支持を得ているアボカド。アレンジ方法も豊富で良いですよね。しかし、食べ頃の見分け方や保存方法が難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなアボカドについてまとめてみました。

アボカドの保存ってどうしたら?

「森のバター」と言われているアボカド。濃厚でクリーミーな食感が特徴ですよね。サンドウィッチに入れたり、わさび醤油で食べたりとアレンジ方法が多彩なのも人気のポイントです。最近は、季節を問わずスーパーで手に入れることができ、身近な食材になっていますよね。

ですが、皮がきれいなグリーンの時に切ってみたらまだ硬くて失敗した、なんて経験をした方も多いのではないでしょうか。かと言って購入してどれだけの期間保存しておけば、ほどよい柔らかさになるのかも分からない……。

様々なジャンルの料理に使えて栄養価も高く、便利なアボカドですが食べ頃に見極めがなかなか難しいですよね。そんなお悩みを持つ方は必見です!今回は、アボカドの保存方法から食べ頃の目安など、目からウロコな情報をまとめてみました。

熟してないなら常温保存がベスト!常温での保存について

そもそもアボカドってどのように保存するのが良いのでしょうか。常温保存?冷蔵保存?いまいちよく分からないその保存方法ですが、実はおいしいアボカドをいただくためには保存の仕方と温度が大事だったのです!その詳しい保存方法を伝授いたします。

そこで、まずは常温保存の場合から見ていきましょう。

保存期間

アボカドはまだ熟していない時に収穫されるのが一般的です。スーパーで買ったアボカドを買ったその日に切るとカチカチだった・・・というのはこのためですね。

アボカドが触ってみて硬かったり皮が青いような時は、まだ未熟の状態です。熟すまでは常温で保存しましょう。常温の保存期間はアボカドが熟すまでです。皮が緑から黒色に変化しはじめ、指で触った時に少し押せるぐらいの弾力があれば食べ頃の場合が多いです。皮の色の変化などを見てちょうど熟した頃に食べたいですね。

保存温度

実は重要なのが保存温度。湿度などその他の要因によって多少変動するものの、一般的には8~12℃がベストだそうです。温度が27℃以上になると傷みやすくなってしまいますのでご注意してください。
常温で保存する場合は風通しの良い、日の当たらない場所がよいでしょう。

熟した後は冷蔵保存しよう !冷蔵での保存について

それでは、次に買ったアボカドが既に熟していた場合の保存方法についてご紹介したいと思います。一般的に、熟した後は冷蔵保存が良いとされていますが、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

保存期間

熟してから保存したい場合や、熟す前の固い物を使用したいときは野菜室や冷蔵庫で保存しましょう。保存期間は4~5日です。

保存温度

アボカドの保存で重要な温度設定。暑すぎてはいけないことは先ほどお伝えしましたが、実は冷やしすぎてもダメなのです。

27℃以上は傷みやすくなりますが、逆に5℃以下では低温障害といって黒く傷んでしまうことがあるようですので、冷蔵庫の温度も下げすぎないようにしましょう。アボカドの適正保存温度は5℃以上27℃以下です。硬いごつごつした皮に覆われたアボカドですが、実はとっても繊細な果実だったのですね。

カットしたアボカドも保存できる!?

カットする前のアボカドの保存方法についてご紹介しました。ですが、サラダやサブおかずなどに使用する場合、アボカドを半分だけ使いたいなんて事もありますよね。そんな時、残ったアボカドも保存することができるのでしょうか。

実はカットしたアボカドも保存できるのです!ここからはカットしたアボカドの保存期間や方法をご紹介いたします。

保存期間

切ってしまったアボカドの残り半分を保存する場合は、種付きの方を皮を剥かずに保存します。その際は、切り口にレモン汁をかけてぴったりとラップをして冷蔵庫で保存します。

スライスしたものはレモン汁やオリーブオイルをかけて、ラップをするかタッパーに入れ、密封して冷蔵保存すると良いでしょう。ちなみに、切ったアボカドの賞味期限は2日程度です。

保存温度

切ってしまったアボカドの場合は冷蔵庫での保存が基本ですが、低温障害になってしまわないよう5℃以下にはならないよう気を付けてくださいね。

変色を防ぐにはレモン汁、オリーブオイルを活用

切ったアボカドの保存で気になることと言えば茶色っぽく変色してしまう事ではないでしょうか。先ほど、アボカドの切り口にレモン汁やオリーブオイルをかけて保存することに触れましたが、これは変色を防ぐためなのです。種付きのまま保存するのも空気に触れる面を少なくするためです。

他にも、 玉ねぎと一緒に保存する方法もあります。
ざく切りにした玉ねぎを容器の下に敷き、その上にアボカドを乗せます。アボカドと玉ねぎが接する必要はないそうなので、皮が下になるように置いても問題ありません。この場合も、蓋やラップなどで密封するということを忘れないでくださいね。一緒に保存した玉ねぎはその後もちろん料理に使えますので、ぜひ活用してみてください。

冷凍保存でさらに長期保存が可能!

カットしたアボカドでも変色せずに冷蔵保存できるなんて目からウロコでしたね。ですが、アボカドの保存方法はこれだけではありません。よく熟したアボカドは、なんと食感も損なわず冷凍保存することが可能なのだそうです。次は冷凍保存についてご紹介いたします。

保存期間

熟したアボカドを半分に割り、種と皮を剥いた状態にし、レモン汁をからめてからぴったりとラップで包んで冷凍庫に入れましょう。

また、スライスしたりダイスカットしたもの、ペースト状にしたものも冷凍保存が可能です。ジッパー付き保存バッグにレモン汁と一緒に入れ、空気をしっかり抜いてから冷凍しましょう。ディップやサラダなどにすぐ使えて便利ですね。
上手に保存できれば、1ヶ月程度は持つそうですよ。

保存温度

いつも使用している冷凍庫に入れて大丈夫です。解凍する際は電子レンジなどを使用せず、自然解凍しましょう。

切る前のドキドキとさよなら!食べ頃のアボカドの見分け方

ここまで保存の方法についてご紹介してきましたが、次は食べ頃のアボカドの見分け方を見ていきましょう。どれぐらいを「食べ頃」とするかはアボカドをどう使うかによって変わってきますが、サラダなどにも使え、生食できるぐらい熟したものとはどういった状態のことを言うのでしょうか。

それは、皮が緑から黒に変わった頃で、軽く押してみると少し柔らかいけど弾力がある状態です。ディップやソースにする場合はさらに完熟したものを使用するとよいそうですよ。

まだ熟していないものを買ったら追熟しよう

さて、アボカドは熟していない時に収穫されるのが一般的だとお伝えしましたが、購入したアボカドを食べ頃まで熟させるにはどのようにすればよいのでしょうか。

多くの果物と同様、アボカドは植物ホルモンのエチレンを生成し、それによって熟成が進みます。より速く熟成させたい場合は、エチレンガスを発生させるリンゴやメロンなどの果物と一緒に保存しておくとよいでしょう。その際の温度は20度がベストです。

冬は温度が低く追熟が遅いのため、このような方法が早く食べ頃にするポイントですね。逆に夏は気温が高いためにすぐに追熟されますので、過熟にならないように気を付けてください。熟したアボカドは冷蔵庫に入れると追熟がストップし、そのままの状態で保存ができますよ。

購入時に知りたい!長持ちするアボカドの特徴って?

食べ頃の見分け方は分かりましたが、なかなかそのような状態で売られていないのがアボカドの実状。ですが、スーパーや青果店などでより長持ちするアボカドを選ぶポイントがあるのです!購入時からしっかり見極めて質のよいアボカドを選びましょう。

綺麗な形

どうせ切ったりペースト状にするし形は関係ない...と思っていませんか。実は、おいしいアボカド選びには形も重要なのです!アボカドを購入する際は、キレイな涙型になっているものを選びましょう。

皮にツヤとハリがある

新鮮かどうかを見分けるには皮の状態を見ることも重要です。まず、しわしわになっていないこと、そしてツヤとハリがあるもの、さらに色は黒と緑の中間くらいのものが数日間で熟し、献立も計画的に立てやすいでしょう。
より長く保存したい場合や、直近で使う予定がない場合は皮が緑色でまだ成熟していないものを買うのが良いですね。

弾力のあるさわりごこち

軽く触ってみて程よく柔らかく弾力があるものが新鮮で状態よく熟し始めている証拠です。こちらも長く保存したい場合は固いものを選ぶと良いですね。

ヘタがしっかりと身についている

まずヘタがしっかりと身についているものを選びましょう。もし、ヘタが取れてしまっているものなら、中が黒や茶色に変色していないかどうかをチェックしましょう。

またヘタと身に隙間がなく、ヘタの部分を押してみて、ぷよぷよとしていないものを選びましょう。柔らかくなっているものは中身が変色している恐れがあるので避けた方がよいですね。

これだけは避けたい!腐ったアボカドの特徴

最後に、これは食べない方がいい!というダメになってしまったアボカドの見分け方をご紹介いたします。

触っただけで崩れてしまう、中身が茶色や黒っぽく変色している、中身に茶色っぽい筋がたくさんでてきている、カビが生えているというアボカドは食べないほうがよいでしょう。

また、黒い斑点のようなものが出ている場合、食べても問題はないのですが、熟しすぎて筋っぽさが目立ち、おいしさが半減している可能性もあります。

腐ってしまう、美味しくなくなってしまう前に食べ頃の美味しい時を見逃さないようにしてくださいね。

よく見てタイミングを逃さず美味しいアボカドを

アボカドの保存の仕方や追熟の仕方、食べ頃や新鮮なアボカドの見分け方を一挙にご紹介いたしましたが、参考になりましたでしょうか。

サラダやディップ、最近は唐揚げなどたくさんのレシピも出ていてますます食卓に並ぶ機会が今後も増えそうなアボカド。切ってみるまで中がどんな状態かわからない、ではもったいないですよね。

食べ頃が分からず失敗した経験があり食べたいけれど難しい食材、と思っていた方は、ぜひもう一度スーパーでアボカド売り場に立ち寄ってみましょう。購入の時からいざ切ってみるときまで、今回ご紹介したポイントを参考によく見極めて、いつも美味しいアボカド料理が食べられるようにしたいですね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

サンドイッチ パン ランチ お弁当

今ツイッターで話題になっている、美味しいサンドイッチを作るコツってご存知ですか?なんでも、とある3つのポイントが共感を呼んでいるんですって。いったいどう味に差が出るのか…気になる作り方や違いを実食レビューでご…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

ドーナツ おやつ

ミスドとタニタのコラボレーションで開発された、野菜をテーマに開発されたヘルシー&カラフルなドーナツ「ベジポップ」が発売!従来のミスドの商品とは大きく違うこの新作を、みなさまよりもひと足早く味わってきました!

じゃがいも レシピ

玉ねぎを電子レンジ5分で調理するねとめしが「絶品」とツイッターで話題になっています!使う材料は、玉ねぎ、コンソメやバター、ポン酢、黒胡椒のたった5種類。本当に簡単に絶品ねとめしが作れるのか、作り方やアレンジな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お弁当のおかずや、おつまみとしても人気の高い魚肉ソーセージ。意外と低カロリーで、栄養豊富であることをご存じですか?そのため、最近ではダイエット食品としても注目されているんですよ!今夏は、魚肉ソーセージを取り入…

コーヒー カフェ 東京 専門店

コーヒースタンドが増えてきており、よりおいしいコーヒーがさまざまな場所で飲めるように!その中で、パブリックカッピングというイベントを行うお店が増えてきています。今回は、カッピングについてとパブリックカッピング…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る