ローディング中

Loading...

年中食べることができ、色々なメニューで大活躍するなすの保存方法せっかくならばおいしい状態を一日でも長く保ちたいですよね。今回は、なすの長期保存方法から選び方、おいしいレシピまで、たっぷりとご紹介します。

なすをおいしく保存!

煮ても良し、揚げても良し、お漬物にしてもお味噌汁に入れてもおいしい・・・とアレンジ方法が多彩ななす。近年ではハウス栽培も盛んで、季節に関係なくいつでもおいしいなすを買うことができるようになりました。

そんな便利でおいしいなすですが、正しい保存方法をご存じでしょうか?傷みやすく、繊細ななすを上手に保存して、できるだけ長くおいしい状態を保てるようにするにはどうすればいいのでしょうか?今回は、そんななすの保存方法やレシピをご紹介します!

なすをおいしく食べられる期間と保存方法は?

なすの保存期間は何日程度か知っていますか?常温保存、野菜室での保存、冷凍保存、そして干しなすにした場合、それぞれ何日ぐらいであればおいしいまま保存できるのかご説明します。そして、どうすればおいしく保存できるのか、最適な保存の方法もご紹介します。

常温の場合

まず常温保存の場合です。

なすは冷やしすぎると低温障害を起こす野菜なので、10度前後の常温保存でおいしい状態を保つことをおすすめします。多少面倒でも1本1本を新聞紙で包み、風通しのいい場所で保存してください。なすは水分が多く蒸発しやすい野菜なので、新聞紙で包むことで水分を蒸発しにくくし、しなびてしまうのを防ぎます。

ただし常温だとどうしても痛みやすいので、3日程度で食べきるようにしてください。もちろん、早ければ早いほど新鮮でおいしい状態で食べられます。

冷蔵庫の野菜室の場合

冷蔵庫の野菜室で保存すると一週間近くは日持ちします。ですが、冷やしすぎるとどうしても低温障害を起こして縮んでしまうので、5度以下にならないよう気を付けてくださいね。なお、野菜室の平均的な温度は3度から8度ですが、季節や設定によって変わってきます。

野菜室で保存する場合はなす1本1本をラップで包み、乾燥でしなびないようにします。野菜室は風通しのない保存場所なので、新聞紙ではなくラップで包むほうが向いています。ラップがない場合は、新聞紙で包んでからジッパー袋に入れての保存も可能です。

冷凍庫の場合

なんと意外なことに、なすは冷凍保存が可能です。冷凍すると1か月近くはおいしい状態を保つことができます。ただし、そのまま冷凍すると固くなって切れないため、必ず切ってから冷凍してください。むしろ切ったなすはすぐに酸化して黒くなってしまうため、常温や冷蔵保存よりも冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存の方法はとても簡単です。まず水洗いをして食べやすい大きさにカットします。大きめの鍋やボウルにたっぷりの水を張り、切ったなすを入れて10分ほど放置し、アクが抜けたら水を捨てます。そのあとは、キッチンペーパーで水分をしっかりふき取り、ジッパー袋に入れて空気を抜いて冷凍庫へ入れてください。

このときのポイントは水分をきちんとふき取ることです。表面に水がついているとなすがくっついてしまい、いざ食べようと思ったときに解凍待ちの時間がかかるなど不便が出てしまいます。

干しなすにしてしまう場合

なすが安売りされていて買ったはいいけど、野菜室も冷凍庫もいっぱい!という場合は干しなすにして保存しましょう。冷凍よりもさらに長く、半干しのもので2か月、完全に干したものは1年も常温で保存することができます。干しなすにすると長期保存もできるだけでなく、栄養価と旨味がアップするというメリットもあります。

では、干しなすの作り方をご紹介します。

まず、洗ったなすを縦半分から3~4等分に切るか、もしくは2cm幅で斜めに切ってください。使いたいメニューを想定して、使いやすい大きさに切ると後々便利です。酸化による変色を防ぐため、切ったなすを薄いレモン水か薄めたお酢にくぐらせます。薄さは水1リットルに対してレモン汁を大さじ1杯程度で大丈夫です。そのなすに軽く塩を振ってザルやネットなどに並べて天日干しをし、水分を飛ばします。

1日干すと半干しの状態になります。このままジッパー袋に入れて保存することも可能です。3日程度干すと完全に水分も抜けて、1年程度、長期保存できます。完全に干すために必要な日数は季節や天気などにも左右されるので、干し椎茸のような状態まで乾燥できたら完成だと思ってください。

完全に干したなすもジッパー袋に入れて常温、もしくは冷蔵庫で保存しましょう。

食べられるかどうか確かめたい

なすはそのままの状態だとつやもあっておいしそうなのに、切ってみると傷んだような色をしていることがありますよね。では、なすは傷むとどのような状態になるのでしょうか。食べられる状態なのか、やめた方がいいのか、判断基準をご説明します。

痛んでいる状態

なすは痛んだり腐ったりすると徐々に見た目に変化が出てきます。カビが生えているものはすぐに廃棄してください。他の野菜にもカビが移るリスクがあります。

皮を触ってみて、ぐにゃっとしているものもやめましょう。多少しわがある程度なら大丈夫です。また、皮全体の色が濃い紫色から茶色くなっているものも食べないほうがいいでしょう。部分的に茶色くなっている場合、その部分は切り落とし濃い紫の部分は中の状態で判断してくださいね。

また、切ったときに黒ずんでいるもの、黒い斑点があるものも食べるのは控えた方がいいでしょう。少し黒い斑点が出てきている程度なら食べても問題ない場合もありますが、そもそも味は落ちています。

低温障害になっている状態

なすは冷やしすぎると低温障害になりやすい野菜です。前述のとおり、5度以下で保存するのは避けた方がいいでしょう。ですが、うっかり野菜室の設定温度が低くなっていることもありますよね。また、畑からスーパーや八百屋までなすを選ぶ際、冷蔵車の温度が引くすぎた場合にも低温障害は起こります。

では、低温障害になったなすはどのような状態になるのかご説明します。

まず、見た目でわかりやすいのが、皮がぼこぼことくぼんでいるものです。傷んできているときとは違い収穫してからの時間は短いので、全体的に皮がしなびているのではなく、ところどころへこんでいる状態です。そして、切ると中が黒ずんでいたり、真っ黒になっていることもあります。なんとなく水っぽいようなものも低温障害です。

なお、低温障害になったなすは食べても差し支えありませんが、味や栄養、食感は落ちているので、味付けの濃いメニューなどで食べることをおすすめします。

新鮮ななすの選び方は?

いくら保存方法がうまくなっても、新鮮ではないなすを選んでしまっていては元も子もありません。より長期保存を可能にするために、まず、なすを買うときに新鮮なものをしっかり選びたいですよね。

ここでは、新鮮ななすの選び方を説明します。

なすはスーパーなどで1本ずつ、もしくは数本が袋に入った状態で売られていることが多いかと思います。鮮度を見分けるためには1本ずつのものの方が選別しやすいです。

なすを選ぶ際にまず見るべきポイントはヘタです。ヘタはよく見るととげが生えています。このとげが痛いくらいのものは新鮮です。また、へたが実よりも大きくピンと張っていて、切り口がみずみずしいものを選びましょう。

実がヘタよりも小さいものは収穫が早かったなすなので、味も薄く水っぽいです。そして皮の色が濃い紫色でつやがあり、傷がないものを選んでください。なすは水分が蒸発しやすいので、傷があるとしなびやすくなってしまいます。

なすを使ったレシピ

それでは冷蔵や冷凍などの手段を利用して、保存しておいたなすを使ったレシピをご紹介します!どれもとても簡単ですので、忙しい方にぴったりですよ。

干しなすの炒め物

お湯で戻した干しなすとひら天をゴマ油で炒めた簡単レシピです。砂糖と醤油で味付けするので、野菜が苦手な子どもにも食べやすい味付けでごはんのお供にぴったり!サッと作れるので、急な来客でおつまみが必要なときにも最適です。

ナスと豚肉のパスタ

なすと相性抜群の良い豚肉を使ったパスタです。作り方は簡単で、茹でたパスタに塩コショウで炒めたなすと豚肉を混ぜて味をつけるだけ。味付けにたまねぎのドレッシングを使うので、失敗知らずで誰でも簡単においしく仕上げることができます。忙しい休日ランチの時短メニューにもおすすめですよ。

レンチン豚なす冷やしうどん

こちらはなんと火を使わない電子レンジだけでできる簡単メニューです。豚肉、なす、オクラに青じそと生姜で食欲をそそる香りづけをします。味付けは麺つゆに酢と砂糖だけなので、買い足しなしで作れます。さっぱりと食べやすい冷たいうどんのため、食欲のなくなりがちな夏にもぴったりです。

賢く保存してなすをおいしく食べよう

安くてアレンジ方法も豊富、食卓の味方であるなすの保存方法についてご紹介しました。

買ったばかりで傷んでいないはずのに中が黒っぽい、なんでだろう?というような疑問も解決していただけたかと思います。お肉や油ものとも相性が良く、さっぱり食べられるなすを正しく保存して、料理のレパートリーを増やしてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

にんにく

にんにくを使った料理は、油跳ねしたり、焦げてしまうこともしばしば。でも、レンジを使えば簡単においしいにんにく料理を作ることができるんですよ。ホクホクに仕上がってレシピにも大活躍!にんにくをレンジで賢く調理しま…

ズッキーニ レシピ

美味しい夏野菜のひとつであるズッキーニですが、正しい保存方法をご存知ですか?ズッキーニは傷みやすい野菜なので、間違った保存方法ではすぐに食べられなくなってしまいます。今回は、ズッキーニに適した保存方法や保存期…

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

レシピ

気づくとしなしなになってしまうキュウリ、キュウリは冷凍保存で長持ちさせられます。キュウリの上手な冷凍方法と保存期間についてご紹介。ちょっと多めに買った場合も、冷凍庫に入れてしまえば最後までおいしく食べられます…

レシピ本に書いてある「しそ」を買いに行ったとき、「大葉」なら売っているのに……なんて経験はありませんか?そもそも、大葉としそって違うものなのでしょうか?この疑問、一気に解決しましょう!じつは意外な答えがありま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

みなさんはどんなカクテルが好きですか?今回は基本のカクテルベースを4つと、各カクテルベースを使った代表的なカクテルをご紹介します!ぜひ自分の好みにあったカクテルベースを探してみてください!

レシピ 作り置き まとめ

節約アドバイザー武田真由美さんをご存知ですか?彼女は食材を上手に使い切ることで、二人暮らしで食費週2,500円を実現されています。決め手はストックおかずを作っておくこと!今回はまとめて作って冷蔵・冷凍できる鶏…

レシピ まとめ サラダ

私がコールスローをはじめて知ったのはケンタッキーのメニューでしたが、今や日本でもすっかり定着してきましたね。そんなコールスローのアレンジレシピをご紹介します。

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫!餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー 六本木

2017年6月22日(木)から期間限定で「ブラックニッカ 香るバー」が六本木ヒルズにオープン!ニッカウヰスキーアンバサダーの玉山鉄二さんと、吉田沙保里選手がオープンイベントに登場しました。イベントの様子や、バ…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

シフォンケーキ スイーツ ケーキ

シフォンケーキを作りたいけど専用の型がないから作れない!特有のシフォンケーキの型ですが、代用品でも焼けるんです。型の中央の穴の理由は?穴がなくても焼けるの?身近にある代用品でシフォンケーキをおいしく焼く方法を…

レシピ アレンジレシピ まとめ

淡白で繊細、美味といわれる低脂肪のヒラメ。刺し身や寿司、煮付けなどで知られているヒラメは、フランス料理でも多く用いられている魚です。今回は、そんな透き通るような白さを持つヒラメを、さらにおいしく食べられるレシ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る