ローディング中

Loading...

水割り、お湯割りなど、お酒好きな人が飲むイメージの焼酎。どれぐらいのアルコール度数があるかご存じですか?また、焼酎を購入する際に記載されている「甲類」と「乙類」の違いは?今回は、焼酎の度数や他のお酒との差、おすすめの飲み方を紹介します。

焼酎の度数ってどのくらい?

米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎、そば焼酎、泡盛など、焼酎には多くの種類があります。ひと昔前までは、焼酎=お酒好きの男性が飲むものといったイメージがありましたが、最近では男性だけでなく女性にも焼酎は人気です。焼酎BARなど焼酎ばかりを扱うお店も増えていて、若い人たちの間にも浸透しつつある様子。
食事やいろいろなおつまみとの相性もよく、つい飲み過ぎてしまいやすい傾向のある焼酎。アルコール度数どれくらいか気になりませんか?今回は、焼酎の度数や種類、おすすめの飲み方までまとめてご紹介します。

焼酎の度数

焼酎のアルコール度数は、商品によって様々ですがアルコール度数が20~25度のものが最も多いよう。なかには50度近いものもあるといいますから、お酒の中でも焼酎はアルコール度数の高いもの。お酒に強くない方は購入の際には確認してみてくださいね。

同じ銘柄でも20度と25度がある理由

焼酎は同じ銘柄であっても、アルコール度数が20度と25度の両方作られていることがよくあります。 これは、地域やユーザーによって好まれるアルコール度数が違い、それに合わせて作られているためです。
焼酎は、アルコール度数を調整し販売されるのが一般的。蒸留方法にもよりますが、例えば、蒸留したての芋焼酎のアルコール度数は30度以上で、これに水を加えることにより20度や25度に調整していきます。25度のものはストレートで飲まれることが多いのですが、強すぎると言う意見もあり、近年は20度のものが作られるようになったよう。
また、一部の銘柄では20度や25度以外の度数のものも作られています。度数の違いだけでなく、焼酎には甲類や乙類といった蒸留方法に違いがあり、さらに乙類の中でも米、麦、芋、そばなど、原料によって味わいや香りが異なります。シーンや食事によって飲み方を変えて幅広く楽しめるお酒なんですよ。

種類によって違う焼酎の度数

焼酎は、「甲類」と「乙類」に分類されます。耳にしたことはあるけれど、実際のところは違いがよく分からないという方も多いでしょうか。まず、「甲類」と「乙類」の違いは「蒸留法」の違いです。「甲類」は連続式蒸留、「乙類」は単式蒸留でアルコールが抽出されます。
酒税法上の正式な品目名では、甲類は「連続式蒸留焼酎」と乙類は「単式蒸留焼酎」に分類されますが、「甲類」「乙類」の呼称が広く世間に浸透しているため、現在も商品に表示されています。

甲類

焼酎甲類とは、かつては「新式焼酎」と呼ばれ、文字通り伝統的な焼酎に対して「新しい」焼酎です。麦、米、とうもろこし、糖蜜(さとうきび)などを原料として、連続式蒸留機で蒸留され作られます。アルコール度数は36度未満。連続式蒸留とは、アルコール含有物を連続して蒸溜することで、1度の蒸留で高純度のアルコールが取りだされ、無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴です。
コストが安く、大量生産に向いおり、クセのない味わいを生かして、チューハイなどのベースや、リキュールの材料、カクテル作りの際に用いられることもあります。梅酒などの果実酒づくりに用いられる「ホワイトリカー」や、アサヒビール「大五郎」、サントリー「鏡月」、眞露「JINRO」などが代表的な商品です。

乙類

焼酎乙類は、かつては「旧式焼酎」と呼ばれ、昔ながらの製法で古くから作られています。また、「本格焼酎」とも呼ばれているのがこの種類。麦・米・芋などを原料として、単式蒸留機で蒸留され作られ、アルコール度数は45度以下です。蒸留の仕組みが非常にシンプルなため、アルコール以外の香味成分も抽出され、原料の香りや持ち味が生き、独特の風味や味わいのある焼酎になります。
また、単式蒸留は高濃度のアルコールを抽出するためには何度も蒸留を繰り返さなければならないため、大量生産できず、コストや手間がかかり、甲類に比べると高値で販売されています。種類としては、麦焼酎、芋焼酎、米焼酎、そば焼酎、黒糖焼酎などで、代表的な商品は三和酒類「いいちこ」、薩摩酒造「さつま白波」、森伊蔵酒造「森伊蔵」などです。
原料の特徴をしっかりと味わうことができるので、ロックや水割り、お湯割りで風味をたのしむ飲み方がおすすめですよ。

そもそもアルコール度数って?

そもそもアルコール度数とはどのようなものなのでしょうか。酒税法では「アルコール分とは、摂氏15度の時において原容量百分中に含有するエチルアルコールの容量をいう」の規定があります。つまり、25度あるいは25%と表示された酒類は、100ml中に25mlのアルコール分があるのが条件になります。

度数と%(パーセント)との違い

アルコールの割合は、焼酎や日本酒では○度、ビールやワインでは○%と記されますが、「度」と「%」ではどのように違うのでしょうか。実は、アルコール濃度の「度」と「%」は表現が違うだけで同じです。つまり、アルコール度数25度の焼酎と、アルコール度数25%のワインもアルコールの強さは同じになります。

水割りの度数

ちなみに、焼酎を水で割った場合、焼酎の原液は水で薄まるためアルコール度数は下がります。例えば、焼酎:水を5:5で作った場合、アルコール度数25度の焼酎は、半分の度数になります。ちなみに、お湯割りの場合も同様ですので、ご自宅で焼酎を飲む際や、行きつけの居酒屋で焼酎を頼む際などの参考にしてくださいね。

日本酒の度数との違い

焼酎と日本酒。どちらも人気の日本のお酒ですが、どのような違いがあるのでしょうか。実はこの2つ、似ているようで全く違うのです。大きく違う点は作り方です。
焼酎は先ほどからお伝えしているように「蒸留酒」で、これは原料で醸造したお酒をさらに蒸留して作られます。それに対して、日本酒は「醸造酒」で、原料を麹菌や酵母によってアルコール発酵させて作られます。ブドウなどを原料としたワインもが蒸留酒で、日本酒と同じ作り方です。

日本酒の度数

通常、「醸造酒」というのは「蒸留酒」に比べるとアルコール度数が低くなります。これは、酵母によるアルコール発酵のみでアルコールが生成されるため、酵母菌の活動が止まればそれ以上アルコールが生成されなくなるためです。通常はアルコール度数は20度前後が限界で、それ以上にアルコール度数は上がりません。
では、日本酒の度数がどれくらいかと言うと、平均的な度数は大体15〜16度です。ちなみに、酒税法では日本酒のアルコール度数は22度未満と定められています。

日本酒の方が酔いやすいのはなぜ?

さて、焼酎と日本酒のどちらも飲む方がよく言われるのが、「焼酎よりも日本酒の方が酔いやすい」ということです。しかし、焼酎はアルコール度数が20~25度、日本酒は15~16度と、焼酎の方がアルコール度数が高いのです。では、日本酒の方が酔いやすいと言うのは、飲む人の体質の問題なのでは?と思ってしまいますよね。
しかし、実は焼酎より日本酒の方が酔いやすいというのには、きちんとした根拠があるのです。正確には、悪酔いしやすいと言ったほうがよいかもしれません。その理由は、製造過程にありました。日本酒は、先ほどお伝えしたように醸造酒です。
醸造酒というのは、麹菌や酵母でアルコール発酵させただけのお酒ですから、蒸留酒のようにその後の「蒸留」の過程がありません。その為、香り豊かな風味が得られる事と引き換えに、液中にどうしても原料の不純物、ビールなら酵母、ワインならブドウの皮などが含まれる事になってしまうのです。
そして、これが悪酔いの原因となるわけなのです。逆に、蒸留酒は蒸留の際に一緒に不純物も除去しているので悪酔いが少ないのです。日本酒が好きだけれど、ついつい飲みすぎてしまうという方は、一度焼酎に変えてみてはいかがでしょうか。

焼酎のおすすめの飲み方

では、最後に焼酎のおすすめの飲み方をご紹介しましょう。先ほどお伝えしたように、焼酎は割ることでアルコール度数を調節することが可能ですから、お酒に弱い方でも、美味しく飲むことができます。

緑茶割り

濃いめに入れた緑茶を冷ましておき、グラスに焼酎と氷を入れ、緑茶で割ればできあがりです。緑茶の爽やかな風味がとても飲みやすく、女性にもおすすめです。お好みで抹茶を加えてると、風味がさらに良くなりますよ。

ソーダ割り

果汁の入ったソーダ、カロリーゼロのソーダ等お好みのソーダで作れる焼酎のソーダ割りは女性に人気の飲み方です。カロリーゼロのソーダで作れば、カロリーをおさえながら、飲みごたえ十分の焼酎が楽しめますよ。レモンやライムを絞るのもいいですね。

牛乳割り

「え?本当に合うの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、騙されたと思って飲んでみてください。焼酎は牛乳で割ることでマイルドに仕上がり、とても飲みやすくなります。お好みでガムシロップを入れるとさらに飲みやすくなりますよ。寝る前に少量を温めて飲むと眠りにつきやすいそうです。

コーヒー割り

清潔な状態の保存瓶に、焼酎、コーヒー豆、氷砂糖を入れ、直射日光の当たらない場所で3週間熟成させます。2、3週間後にコーヒー豆を取り出したらでき上がりです。できたお酒に氷を入れて飲めば、コーヒーの香りが香ばしいアイスコーヒー焼酎が楽しめます。
牛乳で割ればカルーアミルクのような味わいにも。こちらにはお好みでガムシロップを足してもよいですね。作る過程で、途中から浮いていた豆が沈んでいき、どんどん色や味が濃くなりますので1日ずつ味見して、好みの味になるタイミングを見つけてくださいね。

アルコール度数を調節して、美味しく焼酎を飲もう

焼酎の度数についていかがでしたか?焼酎は、ビールやワイン、日本酒などの醸造酒のように、糖分、アミノ酸などのエキスは含まれていないため、腐ることがありません。賞味期限はありませんが、日光の当たる場所や温度の高い場所においておくと風味が落ちやすいので、保存する場合は冷暗所をおすすめします。
焼酎は一般のご家庭でも取り扱いやすいお酒ですので、お好みの飲み方を見つけて、ぜひ、おいしい1杯をたのしんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ランチ 北海道 まとめ 海鮮丼

豊かな食材を有する北の大地・北海道。その中心・札幌には、おすすめランチのお店がたくさんあります。ここでは札幌でランチが人気のお店を20店舗ご紹介。バイキングのお店や安くておいしいお店、個室があるお店や海鮮がお…

レシピ まとめ

常備しているはずなのに、あんまり使い道がわからないポッカレモン。賞味期限が近づき、困った経験をする方も多かったのではないでしょうか。そこで手軽にビタミンCが取れて、実は重宝するポッカレモンの簡単レシピをご紹介…

まとめ

奈良県の「イコマ製菓」が製造・販売している「レインボーラムネ」。幻のお菓子としていま大注目を浴びている人気絶頂の商品です。見た目や味、そして幻と呼ばれる理由や購入の仕方など、気になる情報について詳しくご紹介し…

じゃがいも ガレット レシピ まとめ

年中手に入るじゃがいもは、常備している方も多いですよね。じゃがいもを使ったガレットは、カットして焼くだけで豪華なおかずが完成。味付けは様々ありますが、チーズ味やソースを使ったガレットを中心にガレットレシピを紹…

今通販で話題になっている、熊本発「食べられるお箸」をしっていますか?しかも、まさかの畳味なんだとか!そもそもお箸が食べられるってどういうこと?ちょっと聞いただけではどんな物なのか想像できないですよね。今回はそ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

豆腐 レシピ

今回ご紹介するのは、フライパンで簡単に作れる「玉子豆腐の枝豆あんかけ」のレシピです。思わずホッとしてしまいそうな香りと味わいが私たちをやさしく包んでくれます。疲れたときに、この玉子豆腐を食べれば心温まる、そん…

おつまみ レシピ 豚肉

今回ご紹介するのは、辛味噌ダレがクセになる「やみつき辛味噌チャーシュー」のレシピです。お肉の旨味が噛むたび広がり、辛味噌ダレとの相性が抜群となっているひと品。子供から大人まで愛される、食欲そそるこの味わいに、…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る