ローディング中

Loading...

漆の器って憧れませんか?最初に買うなら朱色のお椀がいい。「高価だし、買うなら失敗したくない」「扱いも手入れも大変そう」なんて、考えたりしますよね。でも漆器って実は、日常にこそ使うべき器だったんです。

手ざわりが愛おしい。

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
ずっと憧れていたんです、漆の器。最初に買うなら朱色のお椀がいい。でも、「高価だし、買うなら失敗したくない」「扱いも手入れも大変そう」なんて、悩み続けてはや数年……。そんな憧れの漆器をFOODIE編集部で使ってみることにしました。

まずは最初に知っておきたい基礎知識を、漆器専門店・玉川漆器株式会社の本宮ひろみさんに教えてもらいました。漆器って実は、日常にこそ使うべき器だったんです。

そもそも漆器って、どんなもの?

「もともとは、木や竹などでできた器の表面に『漆』を手塗りで仕上げたものを漆器といいます。近年はウレタン塗装やカシュー塗りなど表面に塗装を施している器も登場し、それらは『合成漆器』と呼びます」

ふだん使いの陶器や磁器などに比べると、扱いを間違えたら最後、すぐに使えなくなってしまいそうなイメージもありますが……。

「漆=装飾だと思われがちですが、本来は補強のためのもの。水や湿気に弱い『木』の器を長持ちさせるための塗装なんです。つまり、漆器は非常に耐久性に優れているということ。最近ではウレタン塗装やカシュー塗りなど安価なものも増え、それらは漆に比べて扱いも手軽です」

いつものお皿と同じように。知っておきたい3つのポイント

丈夫なものだとはいえ、やっぱり扱いが心配な漆器。でも、基本的にはいつものお皿とほぼ同じように使うだけ。細かなルールや約束は無いに等しいくらいですが、最初に知っておきたい、最低限のポイントを紹介します。
ポイント① どんな料理を盛りつけてもOK!

ポイント② お手入れは中性洗剤で。研磨剤はNG

ポイント③ 「乾燥」と「日光」を避けて保管を
料理は汁物でも油物でもなんでも盛り付けてOKですが、あまりに熱いものは変色の可能性が。

食べられるくらいの温度が安心です。食べ終えたらいつもの洗剤とやわらかいスポンジで普通に洗えばOK。研磨剤入りの洗剤は表面が傷がつくのでNGです。

「洗い終わったら拭きあとが残らないようやわらかい布で拭き取り、直射日光が当たらない場所へ収納を。長期間収納するときには乾燥させないため、紙や布などに包み収納してください」

いよいよ実践! 漆のお椀を使ってみました。

最初に買うなら、木製・天然漆がおすすめ

今回 は、「最初に買うなら長く使えるものを」と本宮さんが選んでくれた、「木製・天然漆」の煮物椀。お味噌汁やお吸い物もたっぷり入れられて、日常使いにも便利な大きさです。

簡単な料理なのに、なんだかとても美味しそう

きれいなお吸い物を盛ってみたい……とも思いましたが、「日常の料理を入れて使ってみてください」という本宮さんのアドバイスを受け、ごくごく簡単なかきたま汁を入れてみました。

いつも通りに料理して、熱が落ち着いてから盛りつけます。器が漆器に変わるだけで、見た目の印象が一気に華やかに。食べてみると口当たりがとってもやわらか。熱が伝わりにくくて持ちやすい点も魅力です。いつもより格段に美味しく感じる……これぞ漆器マジックです。

食べたあとは、いつも通りに洗うだけ

食後は、中性洗剤とやわらかいスポンジで洗います。塩分が残ると白く跡に残ることもあるそうなので、汚れが残らないように注意しました。

このとき、ほかの食器、たとえば陶器や磁器、金属類とぶつけてしまうと負けてしまいがちなのが漆器。へこんだり、傷がついたりを避けるため最初に洗ってしまったほうがよさそうです。

また、食後に流しに置かれた漆器を見て、「すぐに洗わなきゃ水分が……!」と焦る必要もないそう。数時間水に浸す程度なら問題ないそうなので、ほかの食器と同じタイミングで洗えばOKです。

きちんと乾燥させて、日が当たらない食器棚へ

洗い終わったら、しっかり水分をふき取り、拭きあとが残らないようやわらかい布で拭きあげてから収納します。

つい、大切に大切に、再び箱に入れて棚の奥などにしまい込みたくなりますが、高温多湿な場所や、極端に乾燥する場所はNG。光を避けるため、扉付きの戸棚へ入れました。ほかの器にぶつかって傷がついたり、変形したりしないよう漆器同士で重ね、これで完璧です!

毎日使うほどにツヤが増し、見た目が美しく変化

敷居が高く感じていた分、驚くほど簡単だった漆器の扱い方に思わず拍子抜け。また、手間と時間をかけて丁寧に作られた漆器を使うことで、いつもの慌ただしいご飯が、ちょっと落ち着いた時間になるのも、うれしい発見でした。

「漆器は使うほどに手の脂でツヤが増すんです。来客用に高級なものをとお考えの方も少なくありませんが、自分用にこそ上質な本漆の器を選ぶのが賢い選択です」

何年か使って漆が薄くなったり、はげてしまったりしても塗り直すことができるのも漆器の魅力。一生ものの長いおつきあい、はじめてみたくなりました。
提供元:

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー まとめ

カレーを作る際の隠し味、どんなものを使っていますか?隠し味に使う食材によって風味が変わります。隠し味の味が強くならないように注意!入れる量も大切なポイントですよ。入れるタイミングなども合わせて詳しくご紹介して…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

フルーツ

沖縄や小笠原諸島などで栽培されているパッションフルーツ。どのような食べ方がいいのでしょうか?パッションフルーツのおいしい食べ方とおすすめレシピのほか、旬や賞味期限など、魅力あふれるフルーツについて詳しくご紹介…

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

ネット上には、プレゼントにピッタリのかわいいキャンディタグが無料で沢山配信されています。そこで、中から厳選して「10」個ご紹介しますので是非ご覧ください!誕生日やクリスマスはもちろん、バレンタインのメッセー…

まとめ

海外のお家のキッチンってとっても洗練されているように感じませんか?日本でもそのエッセンスを取り入れれば簡単に洗練されたキッチンが作れるのです。今回ご紹介するトレンド、すべて今評価が高い物ばかりですのでぜひチェ…

おしゃれ まとめ

夫婦やカップルにとって、ペアの物ってとっても嬉しいですよね。定番なのはマグカップだと思いますが、今回はとってもかわいくておしゃれな"おちょこ"をご紹介します。これらのおちょこで是非二人揃ってお酒を飲んで中を深…

おしゃれ まとめ

100円ショップの「seria(セリア)」をご存知ですか?このお店はとってもおしゃれでかわいいものが揃ってるんです!そんな商品にさらに一手間加えてもっとおしゃれにしてみませんか?今回はDIYしたキッチンやテー…

まとめ

Flying Tiger Copenhagen(フライングタイガーコペンハーゲン)はデンマークの100円均一と言われています(実際は100円以上のものも販売)明るくてユニークなデザインが豊富なので毎日の生活を…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ トマト カレー

濃厚でコクのある「100%トマトジュースカレー」のレシピをご紹介します。トマトジュース由来の酸味と旨みが煮込むほど濃厚に!調理にはそれほど時間がかからないので、手早くカレーを作りたい人にもおすすめです!

スイーツ 京都

京都にある宇治茶の名店「錦一葉」の、とある抹茶スイーツが話題になっているのはご存知ですか?その名も「錦一葉フォンデュ」。とっても上質で濃厚な抹茶の香りを、雅な雰囲気で楽しめるフォトジェニックなスイーツだそうで…

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...

ページTOPに戻る