ローディング中

Loading...

あなたは本当に美味しい卵焼きを食べたことがありますか?誰もが一度は食べたことがあるおかずの定番ですが、作るとなると簡単そうで、意外と難しい。そこで今回は、いつもの目玉焼きがグッとおいしくなる、美味しい卵焼きを作るコツをご紹介します

卵焼きって案外むずかしい……?

いきなりですが、皆さんはお弁当のおかずと言えば何を思い浮かべますか?
唐揚げ、エビフライ、ポテトサラダ……いろいろありますが、全世代で共通のおかずと言えば「卵焼き」ですよね!
お弁当だけでなく、朝ごはんのおかずやお酒のお供など、様々なシーンで出てくる卵焼き。女性の方なら、一度は作ったこともあるのではないでしょうか。

ふわふわの美味しい卵焼き、作ったことのある方なら分かると思いますが、意外にうまく作れないんですよね。固くなってしまったり、崩れてしまったり……料理の基本とも言えるおかずだからこそ、きちんと作れるようになっておきたいと思いませんか?
実は、卵焼きを作るのにはいくつかの“コツ”があるんです!
そこで今回は、卵焼きを作るコツをご紹介していきます。

おいしい卵焼きの作り方

まずは材料選び

「材料選びが大事!」と言っても、高いものを使うというわけではありません。多くのプロが実践している、卵焼きの黄金比率が存在するのだとか。
それは、卵(Mサイズ)3個に対してダシ汁80ミリリットルという比率。ほかに味つけをしたい方は、しょう油や塩、砂糖をお好みの分量で加えてください。
この比率で卵焼きを作ると驚くほどにふっくらジューシーに仕上がり、食べたときにダシがじゅわっと出てくるのだそう。考えただけでわくわくしますね!

ポイントは、混ぜすぎないこと

ボウルに材料を入れたら混ぜるのですが、ここでポイントが。
「混ぜすぎない」こと。白身まですべてが混ざるようにするのではなく、少し残っているくらいがちょうどいいようです。
おすすめなのは、箸先をボウルの底につけたままかき混ぜるという方法。泡立て器で混ぜてしまうと混ぜすぎて泡立ってしまう可能性もあるので、道具は箸がベストです。
黄身と白身が切れているのが確認できれば、それでOK!

白身が気泡を中にとどめる役割を果たしてくれるので、ふんわりとした卵焼きに仕上がりますよ。

焦げを恐れず強火で焼く

「焦げてしまわないように……」と、弱火でいつも作っていませんか?焦げることが怖いのは分かりますが、おいしい卵焼きを作りたいのであれば強火で作ってください!
フライパンをきちんと熱することが重要で、高温にすると流した卵液にたくさんの気泡が生まれるそうです。

見極め方は、箸先に卵液をつけてフライパンに落としてみてください。ジューッと、静かながらにきちんと音がするくらいがちょうどいい温度だとされています。

一度にたっぷりの卵を流し込む

いつも卵は、どのくらいに分けて入れていますか?あまり細かく分けすぎると、厚みがなく薄い卵焼きになってしまいます。卵は、3回に分けて作りましょう。
“たっぷり”というざっくりな言葉では分からないと思いますので、おたまを使って入れてみてください。
1回目はおたま1杯分の卵を流し入れ、大きな気泡だけを潰していきます。表面がドロドロとしてきたら奥から手前に向かって三つ折りにし、奥に寄せて空いた部分に油を引きます。
2回目はおたま2杯分の卵を入れ、1回目と同じように畳みます。
3回目は残りの卵をすべて流し入れ、畳んだあとにヘラで軽く上と横から押さえつけて形を整えます。
なぜ、卵をたっぷりと流し入れるのがいいのでしょうか?
それは、フライパンの温度を上げすぎないためです。やはりフライパンが熱すぎると焦げてしまいますが、火を弱めてしまうと中まで火を通すのに時間がかかります。
ふっくらとした卵焼きを作るためには、「強火にして」「たっぷりと卵を流し入れること」が大事なんです!

おわりに

いかがでしたか?
今回ご紹介した作り方は、いつもとは少しずつ違っていたのではないでしょうか。たった少しの工夫だけで、卵焼きは格段においしくなるんです!
これからはぜひ、ふっくらジューシーな卵焼きを作ってみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ワイン

料理に使おうと思ったら白ワインがない……そんなとき、ちょうどいい代用品があればいいと思いませんか?新しいものを開けても使いきれないし、他のもので代用できたら重宝しますよね。今回は白…

プリン マフィン レシピ

今、インスタグラムなどで話題になっている「プリンマフィン」をご存じでしょうか?プリンがあれば誰でも簡単にできちゃうお手軽なおやつなんです。今回はそんな「プリンマフィン」の作り方や、アレンジレシピを紹介いたしま…

レシピ

春から夏にかけて旬を迎える新じゃが。ほくほくとした食感が人気ですが、新じゃがは皮まで食べる?皮をむいて食べる?どちらもおいしくいただけますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、そんな新じゃがと皮の関係に…

レシピ

新じゃがいもと鶏むね肉を使った「鶏肉の粒マスタードクリーム煮」」のレシピをご紹介します。鶏もも肉と間違えてしまいそうなほどジューシーな鶏むね肉、ホクホク食感の新じゃがを、マスタードの効いたクリームソースでいた…

レシピ

「薄力粉がない!」料理をはじめた後、台所でそのようなことはありませんか?そんな時に、薄力粉の代用として活躍してくれる身近なものをご紹介します。台所から離れない状況でも、代用品を知ればわざわざ買いに行く必要はあ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン スイーツ お菓子 レシピ まとめ

イタリアの焼き菓子ピッツェルを知っていますか?薄焼きクッキーなのですが、形も美しくおいしそうです。ピッツェルプレートなるものも売られているようですが...そのおすすめレシピをご紹介します。あなたも作ってお友達…

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

コーヒー レシピ まとめ

コーヒーフレッシュって袋買いして、結構いっぱい入っているものですよね?余ってしまうこととかありませんか?そんな時に便利なおすすめなレシピがありますよ!上手に使ってさらに料理の味をアップさせてくださいね^^

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

スイーツ カフェ ロサンゼルス まとめ

ご紹介するお店は見た目も味も最高で、なんで日本に進出しないんだろう…?と思うぐらいキュンキュンするお店ばかり!さらにさらに、年末年始の旅行でLAに行く人は必見の内容ですよ♪海外で活躍するモデルf…

恵比寿 ビストロ パフェ フレンチ デート

恵比寿にある「ビストロ-間-」では、厳選野菜のフレンチを味わえるんです。しかも『野菜のパフェ』や『蕪のポタージュ』のように食べやすく料理してあるので、気楽に楽しめちゃいます☆

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...