ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

こんがり揚がったフライに、たっぷりのソースをかけていただく「アジフライ」。お魚が苦手でも、アジフライなら好き!という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなアジフライの基本的な作り方をおさらいして、おいしいアジフライを作ってみましょう!

背開きを習得して、よりおしいアジフライを作ろう

衣サクサク、身はふっくら。お好みの味付けで頂く、定番のおかず「アジフライ」。

スーパーや定食屋さんでも見かけるポピュラーな料理ですね。揚げ物のなかでも、食卓に上がることが多い一品ではないでしょうか。できあいのアジフライも良いですが、時間がある時は、ぜひ鯵をさばくところから作ってみませんか?

新鮮な鯵をさばいて、サックリと揚げたアジフライのおいしさは格別です!お醤油にタルタルソース、ウスターソースなど、好きな調味料をかけて、ふっくらとした身を頬張りましょう。

アジフライを作る時は、鯵を背開きにするのがおいしさのポイント。三枚に下ろすよりも身が肉厚になるので、かじった時の食感に差が出ます。

また、形も良く、より一層良い仕上がりに。基本をおさらいして、いつものアジフライよりも、もっとおいしくいただきましょう!

『基本のアジフライ』の作り方

分量(2人分)

鯵 2尾
薄力粉 大さじ3〜4
塩胡椒 少々
A 卵 1つ
A 酒 大さじ1
パン粉 適量
揚げ油 適量

鯵のおろし方(背開き)

①包丁を尻尾から頭に向けて刮いで、うろこを取る。
②ゼイゴを包丁で削ぎ落とす。
ゼイゴとは、尻尾の両側にある硬いトゲトゲの部分のことです。尻尾側から包丁を入れ、包丁をノコギリのように入れて取り除きましょう。
ゼイゴを取り除いた状態。
③頭と腹ビレを切り落とす。
包丁を斜めに入れ、一気に切り落としましょう。
ゼイゴを取り除き、頭を切り落とした状態。
④下腹に切り込みを入れ、外側・内側を流水でよく洗う。
内臓を取り出し、よく洗い流しましょう。
⑤背びれを包丁やキッチンバサミで取り除く。
⑥背を手前にして、中骨の上に包丁を入れ、中骨にそって切って開く。
⑦骨はキッチンバサミ等で切り落とす。
身に残った小骨は、ピンセット等で取り除きましょう。これで、背開きは完成!最初は上手にできなくても、2尾目、3尾目と徐々に骨の位置や感覚がつかめて上達していきますよ。

アジフライの作り方

①背開きした鯵に塩胡椒を振り、5分ほど置く。
水分が出てくるので、キッチンペーパー等で拭き取りましょう。塩を振ることで臭みがぬけます。
②薄力粉を全体にまぶす。
まぶし終えたら、軽く叩いて余分な粉を落としましょう。
③混ぜておいたAに、粉をまぶした鯵をくぐらせる。
粉と同じく、くぐらせた後はよく水気を切って、余分な卵液を落としましょう。
④パン粉をまぶして、衣をつける。
全体に軽く押すようにしてパン粉をしっかりまぶしましょう。

衣付けが終わったら、軽く叩いて余分なパン粉は落としましょう。余分な粉・卵液・パン粉をはたき落とすことで、揚げた時に衣が均等につき、きれいな仕上がりになります。
⑤170℃の油でカラッと揚げる。
⑥反対側もカラッと揚げる。
調理器具によって加熱時間や温度は異なります。火加減を調整して、中火で色よく揚げましょう。
⑦バットにあけて、余分な油を落とす。

器によそってでき上がり!

ウスターソースにタルタルソース、お醤油など、お好みの味付けでどうぞ!

揚げたては衣がサックリ、身はホクホク!そして、調味液が浸ったところの衣の食感の変化も、これがまたいいんですよね。

アジフライは鯵本来の味わいが存分に楽しめる王道な料理!ポピュラーだからこそ、コツをおさえるとよりおいしく仕上がります。

塩を振ってちょっと置くことで、臭み抜きをしたり、卵液に酒を加えることでカラッと揚げたり、ちょっとした手間がおいしさの秘訣です。

スーパーや魚屋さんでは、声をかけると背開きにしてくれるところもあります。時間がない時や、まだ自信がない時はさばいてもらって、まずは揚げ方をマスターするのもいいかもしれないですね。

さばくことも、衣をつけると多少の不格好さはわからなくなるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。自分でさばいたアジフライは格別ですよ!

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

海老 飲茶・点心 おつまみ

ピラフにパスタ、何かと便利な冷凍海老。今回はそんな冷凍海老を使った点心のご紹介です。つなぎにはんぺんを使うので、コストパファーマンスも◎。たっぷりの紫蘇の香りが効いていて、ヘルシーなのに満足感の高い一品です。

おつまみ とうもろこし

スイートコーンより一足早く旬を迎えるヤングコーン(ベビーコーン)。小さくてまるごと食べられるヤングコーンは、スイートコーンとはまた違ったおいしさがありますね。今回は、そんなヤングコーンで作る焼きもろこし風のお…

バター おつまみ

辛みの少ない新玉ねぎは、この季節だけのお楽しみ。みずみずしくて甘いので、素材の風味をそのまま生かした料理に使うのがおすすめです。今回は、なんと電子レンジで作れる簡単レシピをご紹介!新玉ねぎの美味しさをまるごと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

今、ブームになっている「おにぎらず」の人気アレンジレシピを10種類まとめました。握る必要がないので簡単で尚且つ食べやすいので、お弁当に入れる方も多数♡「おにぎらず」という響きも可愛いですよね♪

レシピ まとめ

多数のファッション雑誌で活躍し、歌手のZeebraさんの奥様でもある中林三和さんの作る料理がとても美味しそうなんです♡盛り付けも女子度高すぎです♡しかも簡単なので、時間がない方でも作りやすいんですよ♪

レシピ まとめ

焼肉のたれといえば、焼肉に使うものですよね。でも、焼肉以外の料理でも美味しく使えちゃうんです。どんなレシピに使えるのか、気になりますよね♡今回は、焼肉のたれを使ったレシピを10種類紹介いたします。

レシピ まとめ キャベツ

春キャベツのおいしい季節です。香ばしいアンチョビと合わせると一段とおいしさが引き立つようですよ。アンチョビと言うとちょっと高価にも思えますが、最近は100円ショップでも扱いがあるようです。手軽においしく旬のも…

バナナ 揚げ物 レシピ 串揚げ まとめ

皆さんバナナをどうやって食べますか?と聞かれたらそのままと答える人がほとんどではないでしょうか。バナナに火を通す方はあまり多くないはず。でもバナナってフライにしたらすごく美味しいんですよ~♪そんなレシピを紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

おしゃれ

あなたの料理の腕前をグッとアップさせるこのキッチングッズたち。さらに見た目もオシャレでパーティーでも使えます!見たら全部欲しくなってしまいそうな「カット専用キッチングッズ」を紹介します。

ハンバーガー

皆大好きマックのチーズバーガーですが、そのチーズバーガーを使った衝撃の実験が2010年にイギリスで行われました。それは『胃酸と同じ効力を持つ塩酸にチーズバーガーを浸けてみる』という実験。チーズバーガーは消化さ…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/