ローディング中

Loading...

2016年度の日本の世相を反映する料理として、株式会社ぐるなび総研が「今年の一皿」を発表しました。これを見るだけで、今年なにが流行したのかというのがすぐわかりますよ。どんな料理や食材が選定されたのか、ご紹介します。

2016年を表す「今年の一皿」が決定!

2016年度も、残すところあとわずかになってきましたね。日々新しい食材や調理法が注目され、今年もグルメ界ではたくさんの流行が生まれました。

そのなかでも、この一年を表現するにふさわしい「今年の一皿」がついに決定されました。さて、数ある料理・食材の中から選ばれた「今年の一皿」とはどのようなものなのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

「今年の一皿」って何?

株式会社・ぐるなび総研が、“もっとも今年度の日本を反映、象徴する料理”として、2014年から毎年年末に選定しているのが「今年の一皿」です。株式会社ぐるなびのユニークユーザーが検索したキーワードなどをもとに、ぐるなび会員のアンケート、メディア関係者の審査もおこなって決定されるものなんです。

これを見れば日本の世相、食のトレンドがわかるということで、流行語大賞にも通じるところがあるかもしれませんね。

過去の受賞料理は?

2014年「ジビエ料理」

農林水産省が6次産業(1次産業である農業が生産だけにとどまらず、食品加工や製造、販売まで手がけること)を推進するため、国産ジビエ(鹿やイノシシなど野生の鳥獣類)の有効活用に取り組み始めました。2014年度にそれに呼応するように、厚生労働省が野生鳥獣の狩猟や消費において、安全性を確保する目的で衛生管理に関する指針を打ち出し、いよいよジビエ料理の提供が日本で本格化した、というのが選定理由です。

コンビニエンスストアやファストフードでも、鹿が食用としてサービスされるようになったのは、2014年だったんです。これからますます国内でも、ジビエ料理は浸透していきそうですよね。
▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

2015年「おにぎらず」

2015年は、訪日外国人観光客数が過去最多を記録した年であり、海外ではイタリア・ミラノ国際博覧会で日本の食の魅力を発信する機会もありました。国内では「米離れ」も叫ばれるなか、おにぎりをにぎらない「おにぎらず」はその斬新なアイデアが受け、お米の新たなる可能性も見いだされるようになったのです。

見た目にも美しく、簡単で衛生的であり、にぎらないため具のバリエーションも豊富なので、お弁当でも家庭の食事としても便利で瞬く間に人気メニューになりましたよね。もともと家庭食として広がったおにぎらずが、逆に外食界に進出するという動きも見せています。

たしかに今や定番メニューとも言えるあるおにぎらず。作ったことがある方も多いのではないでしょうか?
▼関連する記事はこちら

2016年は「パクチー料理」!

選考理由

これまではエスニック料理の「薬味」という存在に過ぎなかったパクチーが、近年食事の主役となり、パクチーが山盛りになったサラダや鍋、カクテル、スイーツなどアレンジの方法も増え、飲食店も続々とパクチーを取り入れたメニューを採用するようになりました。

育てやすいことから、国内での生産者も増加し、有名メーカーの調味料やスナックで商品化されたことで、お茶の間にも普及しています。健康や美容効果も期待できることから、パクチーを積極的に摂取しようという人も多いんですよ。パクチーを愛する人は「パクチスト」と呼ばれることもすっかり有名になっています。
▼関連する記事はこちら

2016年そのほかの賞は?

準大賞「日本ワイン」

2015年10月に、国が定めるワインのラベル表示の規則に「果実酒等の製法品質表示基準」が設定され、国産ワインと日本ワインの違いが明確になり、消費者の関心も高くなりました。国税庁は、日本ワインを”国産ブドウだけを使って国内で製造された果実酒”と定義づけ、濃縮果汁など海外の原料を使用して国内で作るワインと区別しています。

2016年5月に三重県で開催された「伊勢志摩サミット」でも、日本ワインは各国首脳に提供され、ワールドワイドなワイン国際コンクールで賞を獲得したことからも、国内外で評価が高まり、今後さらに品質が向上することを期待されています。
▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

特別国際賞「シュラスコ」

鉄の串に牛肉やそのほかの肉類を刺し、岩塩などをふってじっくりと焼き上げる、ブラジルや南米の料理がシュラスコです。リオオリンピックをはじめとして、国際的なスポーツ大会の開催国ブラジルが注目を浴び、ブラジルの料理は一躍日本でも有名になりました。これまでは一部の専門店だけで販売されていましたが、メニューに取り入れる飲食店が増えたのが選定された理由です。
▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

特別賞 こうじ甘酒

甘酒は2つに分かれ、こうじから作るものと酒かすから作るものがあり、選定されたものは前者にあたります。世界的に発酵ブームが起きている中、日本の国菌である“こうじ菌”がクローズアップされ、日本の食文化を支えてきた菌として改めて見直されているんですね。「飲む点滴」とされるほどこうじ甘酒は栄養価が高く、猛暑の時期には各食品メーカーが夏の栄養補給にと、「冷やし甘酒」を販売しました。
▼関連する記事はこちら

特別賞「進化系餃子」

餃子の従来の具材である豚ひき肉、ニラ、キャベツだけでなく、さまざまな具材を入れて自由な発想で作られる餃子を「進化系餃子」と呼びます。餃子のタレは長い間、酢醤油やラー油とされてきましたが、スパイスや洋風ソースをディップして食べるなど、楽しみ方も変化していますよ。

またワインとともに、餃子をたしなむスタイルの専門店も出てきており、女性にも多く支持されるようになりました。B級グルメだった餃子がセンスアップして味、質、見た目もおしゃれになってきているんですね。
▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

特別賞「ローストビーフ丼」

白ごはんの上に、薄く切った赤身のローストビーフをこれでもか!とたくさん盛りつけた丼が、ローストビーフ丼です。グレイビーソースではなく、ごはんにもマッチする醤油ベースのタレをかけるのが特徴なのだとか。高級料理だったローストビーフを、日本人になじみ深いお米や醤油と合わせることで、親近感がぐっとアップし食べる人も多くなりました。

山なりに盛ったローストビーフは写真映えもするので、InstagramなどSNSで投稿する人も多数見られ、専門店では長蛇の列になることも……。赤身肉がヘルシーだというブームにものって、提供するお店もどんどん増えています。
▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

2016年のトレンドがまるわかり

いかがでしたか?こうして見ていくと、今年どのような料理、食材が流行したのか……というのがよくわかりますね。特に最近は、テレビでもパクチー料理専門店の紹介をする番組を目にすることが多くなっている気がします。さて2017年はどんな食が世間をにぎわせるのでしょうか?早くも期待が高まります。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

最近の100円ショップの商品は、見た目や質ともによいものが多く、たびたびSNSでも話題になりますよね。なかでも、今回はセリアの「スナックカップ」についてご紹介します。100円とは思えないクオリティに驚きを隠せ…

離乳食 まとめ

小ぶりなサイズがキュートなミルクパン。ドリンクを温めたり、茹で卵を作ったり、使い勝手が良いと人気を集めています。ひとり暮らしにはちょうどいい大きさで、離乳食も作れる優れもの!おすすめミルクパンや選ぶポイント、…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

まとめ

ワンプレートランチはおしゃれなだけでなく、後片付けも楽チンなので、ぱぱっと済ませたいときにぴったりなんです。今回は、ワンプレートランチにおすすめの食器や、おしゃれに盛り付けるコツをご紹介!おしゃ楽ランチで、素…

たまご まとめ

一見簡単そうな錦糸卵ですが、慣れていないとなかなか上手には作れません…。そこで今回は、たまごのスペシャリスト・たまごソムリエが失敗しない錦糸卵の作り方を伝授!色鮮やかな錦糸卵を使ってお弁当をかわ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

毎日食べるお米だからこそ、安くおいしく仕上げたいですよね♪そこで今回は、ご家庭に常備しているもので簡単においしくする方法を紹介します!簡単混ぜるだけでおいしいご飯の完成です♪

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ

「どんぐり」食べたことありますか?公園に落ちているたっぷりのどんぐりには、美容にうれしい栄養がたっぷり含まれているのです。素通りしてはもったいないですよ!おいしいどんぐりの選び方から、基本の食べ方、栄養素につ…

ドリンク カフェ

スターバックスでのオーダーって、いちいちドリンク名が長すぎて、まるで呪文のよう。あれこれカスタマイズしてみると、何から先にいうべきか混乱してしまいます。そこで自分が飲みたいドリンクを、恐れずに召喚するための呪…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/