ローディング中

Loading...

「へぎそば」をご存知でしょうか?新潟県の魚沼地方が発祥で、つなぎに布海苔(ふのり)という海草を使った独特な製法で、特有な色と食感があります。都内でもへぎそばのお店が何店かありますが、本場の新潟で、おすすめのお店をご紹介いたします。

新潟の「へぎそば」をご存じですか?

新潟名産の[へぎそば]は、魚沼地方が発祥のつなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った独特なお製法のそばです。製法がユニークな上に、それを盛り付ける器もユニーク、そして盛り付け方もユニークです。なぜ、そんな全国的にも珍しい個性的な「へぎそば」はどうして生まれたんでしょうか?

そのヒミツを解き明かしながら、本場の新潟で食べられるお店をご紹介いたします!

へぎそばの発祥と歴史

「へぎ」とは、漢字で片木と書きます。片木は剥ぎ(そぎ)板で作った、おそばを盛るための平たく四角い器のことで「剥ぎ」が語源になっています。この折敷(おしき)で作った大きな長方形の角盆に、おそばを小さなリング状の束にして盛りつけます。

それでは、そんな個性的な「へぎそば」を本場の新潟で食べられる15店をご紹介いたします。

1. 名代生そば 由屋(よしや)

テレビ番組などで何度も紹介されている、十日町市にある有名店です。故・岡本太郎画伯もお気に入りのお店だったそうで、味は勿論のこと、ホスピタリティーあふれる親切な接客ぶりが評判です。お子様の入店もOKで、店頭にはなぜか、大きなウルトラマンのフィギュアが置かれていて目を惹きます。営業時間は、18:30にラストオーダーと早めの閉店なのでご注意ください。

へぎそば 小(2人前)

名代生そば由屋のへぎそば

1,800円

お茶と一緒に野菜の煮物やワラビのお浸し、漬物といった田舎料理がサービスで出されます。皮付きのアサツキもテーブルに用意されていて、おそばが来るまで皮を剥きながら待ちます。

へぎそはボリュームたっぷりで、小サイズでこの迫力です。他店にはない大きな特徴に、薬味はワサビではなく、何とカラシが出されます。へぎそばは江戸そばと違って布海苔の風味が強いので、この辛子が意外とよく合います。ぬめりのあるツルリとした食感お麺で、おつゆは出汁の利いた薄口です。へぎそばの味わいがよくわかるんです。

店舗情報

■店舗名:由屋
■最寄駅:土市駅
■住所:新潟県十日町市土市第4
■電話番号:025-758-2077
■営業時間:10:30~18:30
■定休日:火曜(祝日の場合は営業、祝日の後、1週間以内に不定休あり)
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150403/15001124/

2. 道光高原そば いたや

コース内にゴルフ神社がある「越後ゴルフ倶楽部」近くにお店があります。うっかりすると見落としてしまいそうな民家風の店構えです。山の中にありながら、評判は上々で開店と同時に多くのお客が集まります。店舗での営業はランチタイムのみで、夜は出前だけがOKだそうです。

五合そば

道光高原そばいたやの五合そば

1,500円

メニューの種類は少なめで、1人前は「へぎ」を使わないもりそば・ざるそばのメニューで、2人前(五合)、4人前(一升)は小分けにしたおそばが「へぎ」に盛られて出されます。量はかなり多め。ツルリとしたのど越しのよいおそばで、つゆは辛口。サックリと揚がった天ぷらも好評で、春先には山菜も登場します。

店舗情報

■店舗名:道光高原そば いたや
■最寄駅:越後広瀬駅
■住所:新潟県魚沼市泉沢140
■電話番号:025-799-3101
■営業時間:11:00~14:30(夜は出前のみ)
■定休日:月曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150401/15000165/

3. 中野屋 湯沢本店

スキー場でお馴染みお越後湯沢の駅前にお店があります。昭和45年の創業で、開店当初から県内産のそばの実を仕入れ、湿度・温度を一定に管理した専用の部屋で、石臼挽きの自家製粉をしています。お土産や地方発送も可能です。お酒は地元新潟産の地酒のほか、ワインやウイスキーも楽しめます。

へぎそば(2人前)

中野屋湯沢本のへぎそば

1,460円

主役のおそばは単品・セットメニューのほか、へぎそばは2人前~5人前まで注文できます。「花巻そば」は、海苔掛けそばになります。都内で花巻そばというと、かけそばにもみ海苔を散らしたものになりますが、新潟では冷たいそばも花巻を称するようです。布海苔をつなぎに使ったおそばはツルツルとした食感と強い腰が特徴です。うどんも出しています。

店舗情報

■店舗名:中野屋 湯沢本店
■最寄駅:越後湯沢駅
■住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2-1-5
■電話番号:025-784-3720
■営業時間:11:00~20:00
■定休日:木曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150404/15000123/
■公式HP:http://www.umaisoba.com/

4. 小千谷そば角屋

明治22年(1889年)創業の老舗です。関越自動車道の小千谷インターチェンジ脇にお店があります。小千谷は、昔から良質なそばの産地として知られ、天然の湧き水が豊富にあったことから、そば作りには最適な場所です。

へぎそば(2人前)

小千谷そば角屋のへぎそば

1,500円

良質なそば粉に加えて打ち方もお店独自の工夫を凝らし、腰の強いおそばを造り出しています。へぎそばの別名は「手振りそば」。茹であがったそばを振りながら取り上げたところからこの名がつきました。このそばの一丸めを一手振りと言い、3個盛り(450円)から注文が可能です。うどんやご飯ものなどメニューは多彩です。

店舗情報

■店舗名:元祖小千谷そば 角屋本店
■最寄駅:小千谷駅
■住所:新潟県小千谷市桜町4992
■電話番号:0258-83-2234
■営業時間:10:30~19:30
■定休日:不定休(公式HP参照)
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15001022/
■公式HP:http://www.hegisoba.com/

5. 福桝(ふくます)

市街地から離れた小地谷インターチェンジ近くにお店があります。おそばだけでなく、うどんも出していますが、ほとんどのお客が「へぎそば」を頼むようです。おひとりでしたら、5ケもり・7ケもり・10ケもり、グループなら5合もり(2人前)・5合もり(3人前)・7合もり(4~5人前)と人数や食欲に合わせて選べます。

七合そば(3人前)

福桝の七合そば

2,000円

こちらのお店では青森産の布海苔を使っているそうで、舌触りがよく、腰が強いのが特徴です。一方のそばつゆは江戸蕎麦とは対照的に薄味で、どっぷりとつけても大丈夫です。素材の磯の風味がよく味わえます。

店舗情報

■店舗名:福桝(ふくます)
■最寄駅:小千谷駅
■住所:新潟県小千谷市大字桜町1413-1
■電話番号:0258-82-2624
■営業時間:
ランチ 11:00〜15:00
ディナー 17:00~19:30(そばがなくなり次第終了)
■定休日:火曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15001869/

6. そば処 薬師

魚沼市の薬師山のふもとにお店があります。古刹のお寺を思わせるような落ち着いた雰囲気。おそばの他にうどんも出していて、そちらも人気ですが、ゆで時間は15分~20分掛かります。そのせいもあって時には長い行列ができる日もあります。おそばもうどんも全て国内産の粉を使用しているそうです。

合盛ざる

そば処薬師の合盛ざる

980円

へぎそばとうどんの合盛です。へぎそばは布海苔の他に上質な小麦粉を2〜3割を混ぜ、さらにそばの新芽を粉にしたものを加えています。都内のそば屋さんでも新芽やクロレラを混ぜて常に新そばのような鮮やかな色合いの麺を出すお店がいくつかあります。うどんも滑らかな喉越しです。

店舗情報

■店舗名:そば処 薬師
■最寄駅:小出駅
■住所:新潟県魚沼市七日市580-2
■電話番号:025-792-7187
■営業時間:11:00~19:30
■定休日:火曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150401/15001165/

7. しんばし

越後湯沢駅西口の温泉通りを右折して、道なりに10分足らずのロケーションにあります。初代店主が上越線の開通と同時に昭和初期に開業して以来、現当主まで4代に渡って手打ちそばの手法を守って来ました。

へぎそば(4人前)

しんばしのへぎそば

2,850円

こちらのお店では地産地消にこだわり、新潟県産のそばの実を甘皮から全て挽きぐるみで自家製粉しており、つなぎにはもちろん布海苔を使ってのど越しよく仕上げています。但し、へぎそばのお約束である小分けにはせず、まるで、うっそう蒼とした草むらを思わせるようなワイルドな盛り付けです。

そばのお共には、天ぷら(おひとり様用の小皿もあり)と甘辛く炊いた、身欠きニシンの煮付がオススメですよ。地元野菜と味噌を合わせた辛口の南蛮味噌「からいすけ」もぜひお試しを。地元の地酒も各種ご用意されています。

店舗情報

■店舗名:越後本手打ちそば しんばし
■最寄駅:越後湯沢駅
■住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢488-1
■電話番号: 025-784-2309
■営業時間:11:00〜20:00 (そばがなくなり次第終了)
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150404/15000122/
■公式HP:http://www.soba-shinbashi.net/index.html

8. 手打そば処 とみざわ

中魚沼郡の津南中学校近くにお店を構える人気店です。手打ちそばは、地粉を100%使って、こねる・打つ・切るのすべてを手作業行っているため、製造できる量に限りがあり、1日に提供できるのは60食ほど。11時の開店で、売り切れ終いです。夕方にはなくなることが多いようです。

せいろ(へぎ)小

手打そば処とみざわのせいろ(へぎ)

2,790円

へぎそばは、地粉100%の生粉打ちそばとは違って布海苔をつなぎに使っているので、つながりがよく、ツルリとした食感の細切りに仕立ています。「へぎ」と呼ばれる大きな長方形の器を使うため、小サイズでも3人前からの分量になります。もっそりとした生粉打ちそばや田舎そばとは違う食感と風味を楽しめます。時期が合えば、旬の山菜も堪能できますよ。

店舗情報

■店舗名:とみざわ
■最寄駅:津南駅
■住所:新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡丁7842-1
■電話番号:025-765-2535
■営業時間:11:00~19:00(そばがなくなり次第終了)
■定休日:木曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150403/15002443/

9. 小嶋屋総本店

へぎそばの元祖のお店がこちらです。新潟では江戸時代から魚沼地方を中心にそばの栽培が行われていましたが小麦は栽培されておらず、つなぎには山ごぼうの葉や自然薯(じねんじょ)などが使われていました。一方でこの地方は織物の産地でもあり、織物の糸をピンと張るために布海苔が使われていました。布のために使う海苔だったんですね。

布海苔が食べられる海草であるなら、おそばのつなぎに使えないかと考えたのが小嶋屋の初代重太郎でした。現在は布海苔を下北半島をはじめ、全国各地の厳選した地域から仕入れているそうです。

へぎそば

小嶋屋総本店のへぎそば

1人前756円~

そば粉は、新品種である「とよむすめ」を使い、石臼挽きによる自家製粉。甘皮から全てを挽きこむ挽きぐるみの製法で、しかも小麦粉を使わない風味の強いそばに仕上げています。その味わいのよさは郷土のご自慢ともなり、これまでに何度も皇室に献上されています。

店舗情報

■店舗名:小嶋屋総本店
■最寄駅:十日町駅
■住所:新潟県十日町市中屋敷758-1
■電話番号:025-768-3311
■営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150403/15000179/
■公式HP:http://www.kojimaya.co.jp/index.html

10. へぎそば わたや

大正10年頃の創業と伝わっています。初代の和田栄松が、町の有力者から製麺機を譲り受けておそば屋さんを始めたそうです。和田家はそれまで綿の打ち直しを家業としており、屋号が「綿屋」でした。

初代の栄松は49歳で早逝し、2代目のご子息は太平洋戦争で戦死。3代目が学校卒業を待ってようやく入店して苦労と努力を重ねて商売を広げ、現在は4代目お当主が社長に就任しています。

へぎそば

へぎそばわたやのへぎそば

1人前700円(税抜)

へぎそばは、その語源となった長方形の大きな「へぎ」に盛られるのが特徴ですが、こちらのお店では1人前のへぎそばをせいろに盛っていただけます。ツルリとのど越しがよく、磯の風味と腰の強いへぎそばが味わえます。

店舗情報

■店舗名:へぎそば わたや 本店
■最寄駅:小千谷駅
■住所:新潟県小千谷市本町2-3-34
■電話番号:0258-82-2258
■営業時間:
[平日] 11:00~15:00
[土日祝] 11:00~20:00
■定休日:月曜日(1~2回)
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15002470/
■公式HP:http://www.watayasoba.co.jp/index.html

11. そばや清兵衛

十日町市の山あいにある隠れ家的なおそば屋さんです。しかもランチタイムのみの営業。地元産の食材にこだわり、自家製粉・自家製麺を実践しています。同様に自家製麺のうどんも提供。昼だけの営業ですが、お酒やおつまみも用意しています。

天ぷらそばセット

そばや清兵衛の天ぷらそばセット

1,350円(税込)

このお店では嬉しい工夫がなされていて、複数の人数用は従来の大きな「へぎ」を使いますが1人前にはユーモラスな形のざるを使用。味わいはそのままに、おひとり様でも楽しむことができます。夏場には冷や麦も出され、お豆腐のレアチーズケーキが女子に人気です。

店舗情報

■店舗名:そばや清兵衛
■住所:新潟県十日町市真田丙1896-2
■電話番号:025-757-1298
■営業時間:11:00~15:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1504/A150403/15011127/
■公式HP:http://sobaya-seibe.favy.jp/

12. 須坂屋そば 新潟駅前店

都内にも支店を出している、へぎそばの有名店です。本店は近くに信濃川が流れ、そばの名産地としても知られる小千谷市にあり、へぎそばを出すお店が数多くあります。その支店で、新潟駅から徒歩4分というアクセスのよい場所にあるのが、こちらのお店です。

花手振り(1.5人前)

須坂屋そば新潟駅前店の花手振り

960円(税込)

東京では「花巻きそば」というと、かけそばにもみ海苔を散らしたものを指しますが、新潟では冷たい海苔かけそばも花巻そばと称するようです。手振り(へぎ)そばに海苔をかけたものが「花手振り」です。布海苔を練り込んだおそばに更に海苔をかけるという海草ダブル。磯の香りが漂います。

店舗情報

■店舗名:須坂屋そば 新潟駅前店
■最寄駅:新潟駅
■住所:新潟県新潟市中央区弁天1-4-29 IMAビル 1F~3F
■電話番号:025-241-7705
■営業時間:
[月~土] 11:00~翌1:00
[日・祝] 11:00~24:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000031/
■公式HP:http://suzakaya.web.fc2.com/

13. 一翔(いっしょう) 女池インター店

へぎそばの老舗「小嶋屋総本店」の直営店です。新潟バイパスの女池インターチェンジ前にお店を構えます。客数は95席と広く、子供さんも含めて家族連れで楽しめるファミレス的なそば居酒屋のスタイルになっています。「ちびっこセット」も用意されているんですよ。

とろろそば(大盛り)

一翔女池インター店のとろろそば

とろろそば(大盛り) 1,100円(税抜)

滑らかなへぎそばを一層ツルリといただけるのが、この「とろろそば」です。とろろにウズラの卵入りで栄養価も満点。とろろには刻み海苔がよく合います。大盛りでものど越しよくペロリと胃に収まりますが、おそばは消化がよいので安心です。

おそばに含まれているルチンは血液サラサラ効果があり、食物繊維も豊富に含まれているへぎそばは、ヘルシーな食品なんです。女子にはうれしい、美容と健康におすすめな食材なんです。

店舗情報

■店舗名:一翔(いっしょう) 女池インター店
■最寄駅:関屋駅
■住所:新潟県新潟市中央区鳥屋野307-5
■電話番号:025-282-1015
■営業時間:
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:00~23:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15004936/
■公式HP:http://www.kojimaya.co.jp/kojimaya/kmenu.html

14. 小国そば ふじ井

へぎそば発祥の地とされる新潟県小千谷市のお隣り、小国(おぐに)町のお店です。関越道の小地谷インターから車で20分ほど、上小国小学校の向かいです。そば・うどんの他、ご飯物やラーメンと豊富なメニューを用意しています。

5合そば(2人前)

小国そばふじ井の5合そば

1,550円

1人用のおそばは、へぎそばの束が7つの「七ケもり」(830円)からあります。十ヶもりは大盛りサイズになりますが、のど越しのよいへぎそばならスルリと食べられるでしょう。見た目も艶やかで美しいですね。天ざるや丼物とのセットメニューもありますよ。

店舗情報

■店舗名:小国そばふじ井
■最寄駅:塚山駅
■住所:新潟県長岡市小国町諏訪井52-4
■電話番号:0258-95-2366
■営業時間:11:00~19:30
■定休日:火曜日
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15005097/
■公式HP:http://www.ogunisobafujii.com/index.html

15. 越後へぎそば処 粋や

へぎそばの有名店で長年修業したご主人が、2013年に新潟市内のDeKKY401に満を持して開店しました。国産の厳選したした素材にこだわりがあります。一般的に「へぎ」は器が大きいので2人前以上が基本ですが、こちらのお店では小さめのへぎを用意して、1人前からいただけます。ほかに小盛へぎそば・サラダそば・甘味など女子向けのメニューが揃っています。

へぎそば(1人前)

越後へぎそば処粋やのへぎそば

780円

へぎそばは、小盛へぎそば(4手振り)400円~6人前(48手振り)4,680円がメニューに載っています。冬期(10月~5月まで)には、かも汁つけそば1,380円が提供されます。寒さに備えて脂を蓄えた鴨肉のうま味がたまりません。丼物やランチメニューのカレーも人気です。

店舗情報

■店舗名:越後へぎそば処 粋や
■最寄駅:新潟駅
■住所:新潟県新潟市中央区上近江4-12-20 DeKKY401 1F
■電話番号:025-282-7288
■営業時間:11:00~20:30
■定休日:年中無休
■参考URL:https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15014534/
■公式HP:http://www.ikiya2013.com/

へぎそばを食べに行こう

新潟県民の熱愛グルメ「へぎそば」のまとめは、いかがでしたか?

全国的に見ても、実にユニークな製法のおそばですね。都内でも味わえるお店がありますし、新潟近郊にお住いの方や旅行で訪れる機会があれば、是非とも本場の気になるお店を訪問して味わってみてください。新そばシーズンの秋には特におすすめですよ。

おいしくてヘルシーなおそばは、女性の味方です!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

新大久保 サムギョプサル ランチ エスニック 韓国料理 まとめ

今回は、新大久保で人気のランチを厳選!ひとりでも入りやすいお店や、ランチで嬉しい安いお店もご紹介します。新大久保の定番であるサムギョプサルといった韓国料理だけでなく、インドやトルコなど、旅行気分で楽しんでみま…

カレー スープカレー スープ レシピ まとめ

ココナッツミルクを効かせたエスニックなものから、出汁の旨みが身に染みる和風なものまで・・・カレースープがあると、それだけで食卓が豪華になりますよね。今回は、簡単にできておいしい、絶品カレースープレシピをご紹介…

町田 ランチ 東京 カフェ まとめ

ラーメン、焼き肉、イタリアンなど、さまざまな飲食店が点在する町田。今回は、遊びに出かけても面白い街・町田の、おすすめランチをご紹介します。ワンコインで食べられる安いランチを提供するお店や、食べ放題のお店など、…

鹿児島 お土産 まとめ

お土産選びは旅のお楽しみのひとつです。そこで本日は、絶対外さない鹿児島のお土産を一気にご紹介していきたいと思います。空港でゲットできる定番ものから、大切な人に贈りたい珠玉の商品、さらには自宅用に買いたいお土産…

アボカド サラダ パスタ まとめ

「森のバター」との呼び名が有名なアボカド。独特の食感と栄養価の高い果実です。まだまだ暑い日が続き体力が衰えてくる時期に、クリームチーズと合わせて食べてみませんか。濃厚なコンビネーションですが、毎日食べたくなる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 東京 ランチ まとめ

おいしい餃子を楽しめる東京都内の人気店をまとめました。どれも自信を持っておすすめできるお店ばかり!魅惑の羽根つき餃子があるお店、歴史を誇る老舗の名店、コスパ抜群のお店など、バラエティー豊富にピックアップ。行き…

東京 カフェ まとめ

最近少しずつ犬も入れるカフェが増えてきましたが、それでもまだ多くはありません。そこで、お散歩中やお出かけのときに立ち寄りたい東京都内で人気のドッグカフェを「7」つご紹介します!ワンちゃん用のメニューも充実した…

東京 和菓子 まとめ

「谷根千」とは谷中、根津、千駄ヶ谷周辺地区の総称、頭文字をとったものです。この地域は大規模開発が行われず、昔ながらの町並みを残しています。ゆったりとした時間を過ごしたい時に訪れたい散歩に最適なエリア谷根千の厳…

鎌倉 カフェ デート おしゃれ ランチ まとめ

鎌倉にきたなら、そこならではの雰囲気や料理を楽しみたいですよね!そこで今回はデートでも使えるおしゃれな古民家カフェを紹介します。鎌倉の雰囲気を楽しむなら落ち着いた味わいのある古民家カフェがよさそうです♩

焼肉 まとめ

お肉が好きな女子は必見♡このクオリティでこの値段なんてびっくり!コスパが良い!と評判の焼肉屋さんをまとめました♪とにかくお肉が食べたい!方はぜひ見てみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

とんかつ 東京 まとめ

東京にはおいしいとんかつ屋さんがたくさんあります。コスパ抜群のお店から本当においしいお肉が堪能できるお店まで、今回はおすすめのとんかつ屋さんをエリア別に紹介したいと思います。どこも魅力的で、行きたくなること間…

カフェ まとめ

今、「フクロウカフェ」が話題です。「フクロウカフェ」とはその名の通り、フクロウのいるカフェのこと。個人ではなかなか飼えないフクロウ達と触れ合える経験は、貴重で楽しいものです。今回は、東京のおすすめ店をご紹介し…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る