ローディング中

Loading...

甘くておいしいアイスクリーム。その種類の多さに思わず目移りするほどですが、小さな頃に食べた懐かしいアイスをもう一度食べてみたいと思いませんか?ホームランバーやメロンボール、宝石箱など、思い出に残る昭和レトロなアイスをご紹介します♩

思い出のアイスはありますか?

年中販売されているアイスクリーム。冬に暖かい部屋で食べるのも格別のおいしさですよね。現在ではプレミアムアイスクリームなども続々登場し、老若男女問わず楽しめるデザートです。

しかし、昭和のアイスは基本的に子どもが夏に食べるもの。駄菓子屋さんの店頭などでも安価で売られており、手軽に楽しめるおやつでした。今はもう販売終了しているものから今もなお親しまれているロングセラーアイスまで、懐かしのアイスをご紹介します!

~70年代に人気だったアイス

1. ホームランバー

ホームランバーといえば、誰しも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。その誕生は昭和35(1960)年、協同乳業から発売されたもの。なんと半世紀以上に渡って親しまれています。

今でこそ定番の棒付きアイスですが、当時アイスクリームといえばカップ入りが普通でした。おいしさに加えてその斬新さもあり、売れ行きも大変よかったそうです。また、当たりつきアイスも、このホームランバーが初めてだったのだとか。1本10円と安く、子どもたちが駄菓子屋さんで手軽に買えることも人気のひとつだったそうです。

2. 雪印 バニラブルー

昭和28年発売開始。昭和時代の代表的なカップアイスでしたが、現在は北海道地区限定で販売されているそう。他のアイスも同じですが、当時のパッケージは紙のフタが特徴的で、懐かしさを感じさせますね。

青いパッケージが印象的ですが元々は赤、青、黄の3色あったようです。そしてのちに青カップがバニラブルーと名称を変えて定番商品となったのだとか。

3. 井村屋 メロンボール シャーベット

なめらかな食感とフルーティーなメロンの風味が楽しめるメロンボール。その発売は1973(昭和48)年と、なんと40年以上もの歴史があります。メロンといえば今ももちろん高級な果物ですが、昔は今以上に高級な果物でした。そんなめったに口にできないメロンを手軽に味わえるメロンボールは、何だか特別なアイスに思えましたよね。

メロンをかたどったかわいい容器も大きな特長のひとつ。小物入れとして利用した方も多かったのではないでしょうか。

4. 森永製菓 チョコモナカジャンボ

パリッとした板チョコの食感がおいしい、チョコモナカジャンボ。その販売は1972(昭和47)年と40年以上もの歴史がありますが、当初はシンプルに「チョコモナカ」という商品名でした。現在の「ジャンボ」とは何が違ったのでしょうか。

実は当初の「チョコモナカ」には最大の特長である板チョコが挟まれていなかったのです。当時はモナカの内側にチョコスプレーをかけたものであり、現在のように板チョコが挟まれるようになったのは1996年のこと。そうしてようやく「チョコモナカジャンボ」となったのでした。

ちなみに販売から8年経った1980年には、「チョコモナカデラックス」となり、真ん中にチョコソースが加わったものになったのだとか。チョコレートメーカーの森永製菓でこその発想ですね。パリパリ食感ががウリのチョコモナカジャンボですが、長い年数を経て進化してきたようです。

5. 森永 バニラエイト

レトロでポップなパッケージが目を引くバニラエイト。1970年から2000年頃まで発売されていました。ちなみにバニラエイトの「エイト」の由来は、乳脂肪分が8%であることから商品名にもされています。。アイスクリームは乳脂肪分の含量により規格が異なりますが、このバニラエイトは高級な「アイスクリーム」として扱われており、当時100円程度と他のアイスより高価でリッチな味わいが楽しめました。

6. 井村屋 あずきバー

和風アイスの代表的存在である、あずきバー。1973年から発売されており、40年以上経つ現在でもトップクラスの人気を誇るアイスです。カチカチの食感と、さっぱりした味わいは他にないおいしさですよね。あずきバーを食べると、祖父母の家に必ずストックしてあったことを思い出します。年代を問わず人気であることもロングセラーの所以なのでしょう。

7. グリコ パナップ

1978年発売開始。バニラアイスクリームにフルーツ味などのソースが入ったおなじみのアイスです。パナップという商品名は、「パフェ」と「カップ」を合わせた造語なのだとか。
今でこそファミリーレストランなどでも手軽に味わえるパフェですが、当時はおしゃれで特別なデザートという位置付けでした。長いスプーンですくって食べる縦長のパナップは、そんなおしゃれなパフェを食べているような気分にさせてくれたのかもしれませんね。

ロングセラーのパナップですが、実は大きく変化しています。それは、元々ソースが縦に入っていたのを横にし、ミルフィーユをヒントに、ホワイトチョコレートを層にして加えたこと。これまでとは違うパリパリとした食感に再びハマる人も多いのだとか。こうしてこれからも多くの人に親しまれていくのでしょう。

8. 明治 うまか棒

1979年発売開始のロングセラー。最初は九州地方限定でしたが、のちに全国展開されるようになりました。バニラアイスにピーナッツ入りチョコレートがコーティングされており、ナッツの香ばしさもあいまって食べごたえのあるものに。駄菓子の「うまい棒」と似た名前ですが、もちろん関連はありません。九州発祥ならではのネーミングですね。

80年代に人気だったアイス

1. エスキモー ダブルソーダ

1984年発売の「ダブルソーダ」。2本の棒が刺さっており、真ん中で割って仲よく半分こして味わえます。兄弟や友達同士で分け合って食べた方も多いのでは?また、翌年の1985年には「ダブルレモンライム」も発売されています。こちらも爽やかな味わいで、暑い夏に食べたくなるアイスです。

2. 森永 アイスバーガー ラーメンアイス カレーアイス

森永乳業のアイスバーガーは1979年発売。アイスバーガーは、スポンジケーキでドライアップル入りのアイスをサンドし、チョコレートでコーティングしたものです。本物のハンバーガーが入っていそうな容器に遊び心を感じますね。

赤城乳業のラーメンアイス、カレーアイスは共に1980年代の発売。当時このようなユニークなアイスが続々と登場し、目玉焼きアイス(エスキモー)、きつねうどんアイス(赤城乳業)、たこ焼きアイス(ロッテ)などバラエティ豊かでした。

3. 井村屋 たまごアイス

ゴム容器に詰められた卵型のアイス。このようなゴム容器のアイスはさまざまなメーカーで発売され、昭和時代は駄菓子屋で手軽に買える人気のものでした。しかし当初はゴム独特のにおいがあり、味もゴム特有の苦さがあったのだとか。現在では徐々に改良され、ほぼ無味無臭。スプーンで食べるのとも、棒付きアイスとも異なる、独自のアイスです。

4. 雪印 宝石箱

バニラアイスクリームにカラフルな氷粒が散りばめられており、その氷粒が宝石に例えられているという、何ともロマンチックなアイス。発売期間は昭和53(1978)~昭和58(1983)年と意外と短い発売期間に加え、販売終了から30年以上経っているにも関わらず、未だに話題のぼるアイスです。復刻版が発売されたこともあったようですが、現在は残念ながら非売品。またの復刻を心待ちにしている方も多いでしょう。

5. フタバ食品 エルコーン

メロンシャーベットとバニラアイスクリームを緑色のコーンに詰めたエルコーン。かき氷シロップのようなチープさも感じますが、サッパリと爽やかな味わいです。食感もサクサクで暑い時に食べたくなる味。レトロなパッケージもかわいいですね。

6. ロッテ クロキュラー

1983年発売開始。「君の舌を黒くするぞ」というCMで有名になったとおり、アイスでは珍しい色合いが特徴です。真っ黒のアイスは、色に似合わずストロベリー味。中のピンク色のアイスはオレンジ味で、食べていると不思議な感覚になりそうですね。また、「アオキュラー」「アカキュラー」というシリーズ商品も発売されました。

7. ロッテ 雪見だいふく

1981年から発売され、30年以上愛されているロングセラー。真っ白なバニラアイスが、これまた真っ白な求肥に包まれているビジュアルは雪玉を連想させてくれます。雪見だいふくは、冬アイスの定番という方も多いのではないでしょうか。

今でこそさまざまなアイスクリームがあるため、どちらかというと「定番」「ほっとする」
イメージの雪見だいふくですが、「お餅+アイス」の組み合わせは当時としては大変新鮮だったことでしょう。ちなみにその誕生は、前年の1980年に、マシュマロにアイスクリームを入れた「わたぼうし」というアイスがヒットしたことにあります。
これを元に、アイスといえば夏に食べるものという昔からの常識を覆し、冬にもアイスを楽しんでほしいという思いから開発されたのだとか。発売当初から約10年間はバニラ味のみの発売でしたが、最近では生チョコレート味や苺チーズケーキ味などさまざまなフレーバーが発売されています。また、雪見だいふくを使ったアレンジレシピも密かなブームとなっているのだそう!色々なおいしさが楽しめますね。

8. フタバ食品 3色トリノ

チョコ、バナナ、いちごの3つの味わいが楽しめる3色トリノ。1978年フタバ食品より発売されました。イタリアの国旗をイメージしたような(?)デザインもかわいいですよね。ちなみに関西圏では「王将」というアイスがメジャーで、こちらもチョコ、バナナ、いちごの組み合わせ。それぞれの味が混ざってもおいしい組み合わせです。

ちなみに復刻されており、現在でも購入することができます。気になる方はぜひお試しください。

9. エスキモー ビエネッタ

1983年発売のビエネッタ。現在でもメジャーなアイスですが、ケーキのようなその外観と高級な味わいは、特別なアイスという印象を持ちます。アイスクリームと薄いチョコレートを何層にも重ね合わせた独特の食感が何ともいえずおいしいですよね。現在ではカップアイスもあるので、より手軽に楽しめるようになりました。

10. フタバ食品 里もなか

1982年にフタバ食品より発売されている「里もなか」。現在でも親しまれているロングセラー商品です。パッケージやネーミング、マロン味ではなく「くり味」……と、至るところに素朴さが感じられます。似た商品に、マロンアイスに栗あんの入った「里のくり」がありますが、これはそのモナカバージョン。他にも、「里あずき」「里のかぼちゃ」など「ふる里シリーズ」の派生商品がありました。

90年代から人気のアイス

スーパーカップ

安くておいしい、それでいてたっぷりの量が魅力的のスーパーカップ。販売は1994年と20年以上の歴史があるにも関わらず、どのスーパーやコンビニでも手に入るとってもメジャーなアイスです。
ちなみに普段「スーパーカップ」で通じるこのアイス。正式名称は「明治エッセルスーパーカップ」であることをご存知ですか?そもそもこの「エッセル」とはなんなのでしょうか。実は、1994年の発売より前に、「エッセル」というアイスがスーパーカップの前身として発売されていました。エッセルとは「エクセレント」と「エッセンシャル」という2つの言葉が混ざった造語だそう。考えてみれば納得がいきますね。

もう一度食べたくなる!

色々な懐かしいアイスをご紹介しましたが、あなたのお気に入りだったアイスはありましたか?お風呂上りの楽しみは変わらないとはいえ、ひとつのアイスがもたらしてくれる嬉しさは、子どもの頃にはかなわないもの。今ではもう味わえないアイスも多くあり、ぜひとも復刻してほしいと願うばかりです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

鹿児島 お土産 まとめ

お土産選びは旅のお楽しみのひとつです。そこで本日は、絶対外さない鹿児島のお土産を一気にご紹介していきたいと思います。空港でゲットできる定番ものから、大切な人に贈りたい珠玉の商品、さらには自宅用に買いたいお土産…

キャベツ レシピ 豚肉 まとめ

おいしくてすぐ手に入る、何よりお財布にやさしい、豚こまとキャベツは主婦の味方!そんな豚こまとキャベツを使って簡単&コスパ最高!な、家計も胃袋も大満足なレシピをご紹介。安い・簡単・おいしいの三拍子揃ったレシピを…

銀座 イタリアン デート ランチ まとめ

ハイセンスな街、銀座はショッピングだけでなくグルメももちろんおすすめ。銀座のイタリアンは高級なお店が立ち並ぶ銀座ならではのクオリティの高さはもちろん、おいしいお店がいっぱいですよ。今回は、銀座でおすすめのイタ…

クッキー アレンジレシピ スイーツ まとめ

焼きたての香ばしい香りとサクサク感が魅力の手作りクッキーは、市販のものとは違ったおいしさが人気ですよね。基本の型抜きレシピから道具や材料が少なくても簡単に作れるアイデアをご紹介します。今人気のかわいくデコレー…

渋谷 ニューヨーク

ニューヨーク発のシリアル・アイスクリームバー「キス トリーツ(KITH TREATS)」の日本1号店が、東京・渋谷にオープン!KITHのオーナーであるロニー・ファイグが手がける、シリアル・アイスクリームバーで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ランチ おやつ まとめ

食事の時間も予算も削ってアトラクションを楽しみたい! そんなアクティブ派のために気楽に食べられておいしいフード・ポイントをご紹介(๑╹ڡ╹๑)

チョコレート スイーツ まとめ

今年のバレンタインのトレンドは「板チョコ」と最近話題になっていますね♪プレゼントするなら当然おしゃれな板チョコレートがいいでしょう!おすすめのブランドを紹介します。男性だけではなく、友達や家族にプレゼントして…

秋田 お土産 お菓子 まとめ

秋田といえば豊かな自然と伝統を誇る東北有数の観光地。十和田湖、奥入瀬渓流などは四季それぞれに美しい表情を見せてくれます。そして、秋田にはおいしいものもたくさん!秋田に行ったら買うべきお土産をご紹介します。

中華 まとめ お土産

点心は主食でもスナック感覚でも食べられますし、嫌いな人はいないのではないかと思いますが、なんとネットのお取り寄せで名店の点心を味わうことができちゃうんです!ここではそんなメニューの数々をご紹介したいと思います。

まとめ

待ちに待った春到来ですが...これからの時期気になるのは紫外線によって生まれる「活性酸素」です。顔のシミやシワなどを増やし、ガンや動脈硬化・糖尿病などの病気の引き金になるとも言われているのがこの物質。どんな食…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ ランチ デート

“休日のスープストックトーキョー”をテーマとした「also Soup Stock Tokyo(オルソ ソープストックトーキョー」が、東京・自由ヶ丘にオープンします。友達や恋人、家族といっしょにこだわりのスープ…

料理を作り置きするときなどに、ホーロー容器って便利ですよね。今回ご紹介する無印良品のホーロー容器は、オシャレなうえにかなりすぐれものだと話題になっているのだとか。そこで、その特徴と使い方のアイデアをまとめてみ…

soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ...

ページTOPに戻る