ローディング中

Loading...

無塩バターは、お菓子やパンのレシピで見かけますが、スーパーで品薄なことも多いですよね。他のもので代用したらお菓子はおいしく作れないの?有塩、無塩の違いってなに?など意外に知られていないバターとバターの代用品あれこれをご紹介します!

無塩バターとは

普段家庭で使うタイプのバターは、生乳の中の水分を脂肪分と分離させて、その脂肪分を加工しています。無塩バターはその工程で塩を混ぜていないものを言い、塩を混ぜて加工している物は有塩バターとして店舗に並びます。バターを使うことでお料理の仕上がりもコクが増して、香りが豊かになりますね。お菓子だけではなく、パンやお料理にも用途がさまざまで常備しておきたい油脂のひとつです。

お菓子作りに欠かせないのは”無塩バター”

バターには油脂類の中でもめずらしく、揮発性脂肪酸(きはつせいしぼうさん)という成分が含まれています。熱を加えることで揮発し、サクサクやしっとりなど、洋菓子の長所を引き出してくれるだけではなく、香りもよいので食欲が増します。
例えばバターは練りこむことで気泡を自分から取り込んでいき、クッキーなどはサクッとした仕上がりに、バターを練りこまないケーキやフィナンシェなどはしっとりした仕上がりになります。焼き上がりのオーブンから漂う香りはなんとも言えない幸せな気持ちにさせてくれます。

無塩バターがない時は有塩バターでも大丈夫?

スーパーでバターが品薄なことがあり、“おひとりさま1点限り”の札もよく見かけますね。また、無塩バターは酸化しやすく、有塩と比べて賞味期限も1か月ほど短いことから早めに使い切らなくてはいけません。有塩は、用途性も幅広く、保存性もあることからサイズもさまざまなものが売られていてとても便利なバターです。
有塩バターを買ってお菓子作りにも応用させたい所ですが、残念ながらお菓子作りにはおすすめできません。なんと有塩バターには製造過程で100gあたり1.5gほどの塩が含まれています。お菓子作りで生地を引き締めたり、甘みを引き立たせるために塩を若干加えることがありますが、その容量を十分に満たしてしまい、完成度を落としてしまうのです。
洋菓子の魅力を引き出すためのアイテムなはずが、有塩バターを入れてしまって思ったような味にならないこともあります。特に、フィナンシェやマドレーヌなどのバターの油脂から出るしっとり感を演出するようなお菓子は要注意です。
また、バターによってどれくらいの塩が入っているかグラム数はバラバラなので、有塩バターを使って、レシピの“塩”を抜くのもできれば避けましょう。

バターが使えない時の代用品って?

それではバターが使えない時の代用品はどんなものがあるのでしょうか?今回は、なるべく身近な食品をピックアップしましたので、キッチンにあるか確認してみてください。

マーガリンも進化している

マーガリンとバターは同じ油脂の仲間ですが、バターは動物性油脂由来に対し、マーガリンは植物性油脂由来です。バターと違って空気を多く含んで、冷えても固まりにくいので作業が楽にできます。何と言っても価格がバターよりも安価なので、ご自宅でパンを焼く方やお菓子を頻繁に作る方にもおすすめです。
通常はバター売り場のそばに「製菓用マーガリン」という名前で陳列されていますが、製菓材料などを取り扱う店舗では「コンパウンドマーガリン」というものも同じ並びで陳列されていることもあります。これは、コクや風味がもう少し欲しいという方のために、マーガリンにある一定の割合でバターや動物性油脂が配合されているものです。バターが品薄の時期には、この製菓用マーガリンやコンパウンドマーガリンの方が手に入りやすいので探してみてくださいね。
上記のようなマーガリンを使うことで、ケーキは冷めても固くならず軽い食感になりますし、クッキーなどの焼き菓子は空気をより多く含んだ焼き上がりが期待できるので、サクサクな食感を楽しむことができます。これまでのレシピの“バター”の分量をそのまま“マーガリン”に置き換えて分量を変えることなく作れるので、とても便利ですね。

わざわざ買いにいくのは面倒!サラダ油で代用もOK

健康のことを考えて、「お菓子は食べたいけれどバターもマーガリンも使うのは嫌!」という方も多いはず。そんな方は心配いりません。サラダ油でも十分お菓子作りができるのです!ただし、サラダ油はバターやマーガリンと違って水分量が多いため、レシピの分量よりも50%~60%程度に抑えて少しずつ入れてみましょう。パイ生地といった油脂の層を重ねてできるお菓子も水分が多い関係で代用には不向きです。油脂のあまり必要としないクッキーやビスケット、メレンゲのチカラを借りてふんわり感でカバーできるマフィンで試してみてくださいね。

作りたいお菓子で代用品を考えて

いかがでしたか?バターが品薄の時でも、代用品を使うことで身体に負担のかからないお菓子を作ることもできますし、今日は濃厚なお菓子が食べたい!と思う日は思い切って無塩バターでお菓子作りやパン作りに挑戦してみるのも楽しそうですね。油脂を変えるとお菓子の食感も違ってきますので、それぞれに合った分量を研究してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

クッキー

六本木にオープンしたスヌーピーミュージアム内にある「ピーナッツカフェ」にて、『アイスサンドクッキー』が発売されます。クッキーにスヌーピーが描かれた、食べるのがもったいないくらいかわいいスイーツですよ♩

バウムクーヘン クッキー

学芸大学駅前にある「マッターホーン(MATTERHORN)」から夏季限定スイーツにモカソフトが登場!予想以上のおいしさと話題になっています。フォトジェニックな見た目にも注目が集まっており、インスタに写真を投稿…

クッキー レシピ お菓子 スイーツ アメリカ おしゃれ

まるでポテト!? アメリカ発の「クッキーフライ」がインスタグラムを中心に話題になっています。今回は気になる作り方やレシピのコツをお伝えするべく、実際に作ってみました。味や食感、みなさんのアイデアを含め実食レビ…

スイカ クッキー

イトウ製菓から、「すいかチョコチップクッキー」と「ミニすいかチョコチップクッキー」が発売されます。すいかの果肉と、種に見立てたチョコチップが練りこまれた夏にピッタリのスイーツです。お子様も喜ぶこと間違いなし♩

クッキー レモン

ゴディバから、オリジナルクッキーの新フレーバー「シトロンショコラクッキー アソートメント」が登場!サマーシーズンだけの期間限定で発売中です。夏にぴったりなさわやかなレモンフレーバーのクッキー、あなたも試してみ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

羽田空港 お土産 スイーツ 東京 まとめ

羽田空港には、選びきれないほど多くのお土産があります。でも、空港にいる時間はわずか……。そんなときにおすすめしたい、喜ばれること間違いなしのお土産をまとめてみました!旅行や帰省のときなどの参考にしてみてくださ…

サンドイッチ テイクアウト おしゃれ まとめ

同じサンドイッチでもお店によって味付けや個性が違います。お店のこだわりがつまった絶品サンドイッチ。わざわざ訪れる価値はあります。一度食べたらリピート間違いなし!あれもこれも何個でも食べられそうです。

まとめ

自然と触れ合い、清々しい時間を過ごせる「ハイキング」はやっぱり春ですよね〜♡ 寒い冬とは違う、爽やかな空気と新緑を目にするとワクワクしてきます♪普段アウトドア派じゃない人や初心者さんも心配いりません!コレでポ…

いちご 和菓子 スイーツ まとめ

春を感じるこの季節。いちご大福が店頭に並ぶとウキウキしますよね。今回は東京で購入できるいちご大福10選をお届けします。皮がお餅タイプ、求肥タイプ、黒餡、白餡、こし餡、粒餡など様々な組み合わせの中からお好きなタ…

おにぎり お弁当 レシピ まとめ

お弁当の人気メニューになりつつある、オイルおにぎり。今回はごま油を使ったおにぎりのアイデアレシピをご紹介していきます。香ばしい香りが食欲をそそってくるので、子どもから大人まで大好物になってしまうかも……!ぜひ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

パフェ 新宿 カフェ スイーツ

いまSNSを中心に話題になっている「パフェドゥトンヌ」。大きさもさることながら、色鮮やかで美しすぎるビジュアルが大人気のパフェです。実際味はどうなのか、どこで食べられるのか、中身はどんなものが入っているのか、…

スイーツ レシピ おやつ アレンジレシピ くるみ

秋は「くるみ」がおいしい季節!今回はInstagramで人気の「くるみのキャラメリゼ」についてご紹介します。なんと5分で作れ、しかもいろいろなアレンジが利く、優秀なおやつに早変わりするんですよ。あなたもこの秋…

koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 自他ともに認める【健康オタク】。青汁...

ページTOPに戻る