ローディング中

Loading...

赤ワインとコーラで作るスペイン発祥のカクテル「カリモーチョ」をご存じですか。そのままでは何となく物足りない安価な赤ワインも、コーラと合わせることで、甘みと酸味のバランスが絶妙なオシャレカクテルに大変身!今回は、そんなカリモーチョに迫ります。

赤ワインとコーラで作る「カリモーチョ」

赤ワインとコーラを混ぜたカクテル、「カリモーチョ」をご存じですか。ワインとコーラってどうなの?と思う方もいるかもしれませんが、なんとこれで安いワインもおいし~くなってしまうのです!

このカリモーチョ、スペインでは若者に人気の超メジャーなカクテルなのだそうです。赤ワインベースのカクテルと言うと、キール、キティ、サングリア…など女子受けしそうなオシャレなカクテルがたくさんありますが、この「カリモーチョ」はコンビニでも手軽に買える材料で作れるのでオススメです!

味もサングリアに似ていて、赤ワインは美容と健康に良いので飲みたいと思っているけど、そのまま飲むのはちょっと苦手…と思っている方でも楽しんでいただけるのではないでしょうか。今回は、そんなカリモーチョに迫りたいと思います!

スペインのカクテル「カリモーチョ」とは?

先ほどもお伝えしたように、カリモーチョは「赤ワイン」と「コーラ」で簡単に作れるカクテルです。主にスペインで広く親しまれていて、サングリアと同様の庶民的な飲み物なのだそうです。若者が赤ワインを飲めずにコーラでごまかしたのが由来とも言われています。

カリモーチョが生まれたのはメキシコ?

その起源には様々な説があるそうですが、メキシコで生まれた古いカクテルと言われています。スペインの植民地だったメキシコはワイン文化が広まりっており、また、最も早くコカコーラが進出した国の1つと言うことから、おそらくこの頃に「カリモーチョ」というカクテルが生まれたとされています。

名前の意味は?

スナック菓子でお馴染みの「カラムーチョ」のような変わった名前ですが、スペイン語で書くと「kalimotxo」となるそうです。この名前の由来はカリモーチョを考案した「Kalimero君」と「Motxo君」と言うウエイターの名前がヒントになっているのだとか。自分の名前が後々カクテルとして広く受け継がれていくとは・・・当時は考えもしなかったでしょうね。

カリモーチョの作り方

基本のカリモーチョレシピ

まずは、基本の作り方を抑えておきましょう。と言っても、「カリモーチョ」の作り方はとっても簡単!安いワインや酸っぱくなってしまったワインで十分です。

【材料】
赤ワイン…適量(甘めがオススメ)
コーラ …適量

【作り方】
氷をいれたグラスに、赤ワインとコーラを「1:1」の割合でそそぎ、軽くかき混ぜて完成です。お好みでレモンやライムを添えても爽やかで美味しくなります。

コカコーラとペプシコーラ、どちらがおすすめ?

コーラの代表と言えば「コカコーラ」と「ペプシコーラ」!この2つは味に違いはあるのでしょうか?それぞれ、簡単に概要を見ていきましょう。

【コカコーラ】
1886年、アメリカ合衆国のジョン・ペンバートンが開発し、現在は「ザ コカ・コーラ カンパニー」が製造、販売しています。日本へ輸入されたのは1914年で、「カリモーチョ」を日本で初めて商品として開発し、発売したのはコカコーラなのだとか。

【ペプシコーラ】
1894年、アメリカ合衆国の薬剤師ケイレブ・ブラッドハムが「消化不良の為の治療薬」として開発し、現在は「ペプシコ・インコーポレイテッド」が製造、販売しています。日本へ輸入されたのは1947年ですが、薬剤師が治療薬として販売していたため、当時は一般販売は行っておらず、1954年頃から一般販売されるようになりました。

どちらのコーラも、多数の有名人がコマーシャルに出演し大流行となった訳ですが、発祥の歴史に微妙な違いがあったのですね。

さて味の違いですが、一般的に「コカコーラ」はペプシと比べて「辛口、炭酸とキレが強い」といった特長を持っています。対して「ペプシコーラ」は「後味がスッキリ、炭酸が弱め」という特長があります。もともと治療薬として発売された為、薬っぽい味に感じる方もいるようです。

ですが、透明なグラスに「コカコーラ」と「ペプシコーラ」を注いで飲み比べてみる実験では、ほとんどの人が違いが分からなかったそうです。人にもよると思いますが基本的には味に大きな違いはなさそうですね。

ある調査によると、ヨーロッパ、アメリカ、南米は「コカコーラ」、中東~南アジアでは「ペプシコーラ」が人気があるとの結果も。どちらで割ったカリモーチョがお好みか、ご自身で飲み比べてみるのも楽しそうですね!

どんなワインがカリモーチョにおすすめ?

カリモーチョの条件は「安いワインを使うこと」‼

もともとは酸っぱくなってしまい、お店で出せないワインをカクテルにしたのが始まりなので、安いワインで十分です。種類としては「フルボディでタンニンのしっかり効いたタイプ」、または真逆の軽めの「フルーティなワイン」がカリモーチョに合うそうですよ。甘めのワインのほうが飲みやすく、女性好みのおいしさなのだとか。

セブンイレブンでは、カリモーチョにおすすめのワインとして、スペインの「コオペラティーバ・アグラリア・サンタ・キテリア イゲルエラ」という赤ワインが販売されているそうです。お値段も1134円とお手頃でフルーティな味わいとのことで、1度試してみてはいかがでしょうか?安いワインがおすすめと聞くと、なんだか気軽に試せそうですね。

赤ワインで作るおいしいカクテルレシピ

それでは、赤ワインで作れるおすすめのカクテルレシピをいくつかご紹介したいと思います。あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

ローザ・ロッサ

イタリア語で”赤い坂”を意味する「ローザ・ロッサ」。赤ワインとアマレットにジンジャーエールを加えたカクテルです。アマレットのやわらかな甘味は赤ワインとの相性もばっちり。ジンジャーエールを加えることでキリッとした爽やかさが広がります。渋みの穏やかなイタリアンワインと合わせるのがおすすめで、食前・食中・食後どの時間帯でも楽しんで頂ける味わいです。

【材料】
■赤ワイン…60ml
■ディサローノアアマレット…30ml
■ジンジャーエール…30ml

【作り方】
氷を入れたワイングラスに注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。

ティント・デ・ベラノ

”夏の赤ワイン”という意味の「ティント・デ・ベラノ」。アンダルシア地方でよく飲まれているカクテルで、すっきりとした味わいです。炭酸水で割って飲むので、アルコールが苦手な方にも楽しんで頂けるのではないでしょうか。甘めの炭酸水で割るとさらに飲みやすくなりますよ。

【材料】
■赤ワイン…50ml
■炭酸水…50ml~100ml

【作り方】
氷を入れたグラスに注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。お好みでレモンやミントを浮かべても美味しいです。

キティ

英語圏での”キャサリン”という名の愛称や、”子猫ちゃん”という意味の「キティ」。赤ワインにジンジャーエールを加えた、甘味のあるとても飲みやすいカクテルです。アルコール度数も低めで女性に人気があります。

【材料】
■赤ワイン…90ml
■ジンジャーエール…90ml

【作り方】
氷を入れたグラスに注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。お好みでレモンを浮かべても美味しいです。

レストレーション

”王政復古”という意味の「レストレーション」。ストロベリーリキュールと合わせているので甘味があり飲みやすいですが、赤ワインとブランデーを合わせているのでアルコール度数は結構高めです。ブランデーのきいた芳醇な味わいが特徴です。

【材料】
■赤ワイン…60ml
■ブランデー…15ml
■ストロベリー・リキュール …15 ml
■レモン・ジュース … 1/2 tsp (2.5 ml)
■ソーダ水…適量

【作り方】
氷を入れたグラスに注ぎ、軽くかき混ぜて完成です。

マイラ

カクテルグラスを使い、赤ワインにウォッカとスイートベルモットを加えたおしゃれなカクテルです。ワインの持つ芳醇な風味と爽やかなドライテイストの味わいが人気を集めています。食前やカクテルタイムにいかがでしょうか。口当たりは飲みやすいですが、アルコール度数は高めになっています。

【材料】
■赤ワイン…30ml
■スイートベルモット…15ml
■ウォッカ…15ml

【作り方】
ミキシンググラスに注ぎ軽く混ぜ、カクテルグラスに注いで完成です。

安いワインは迷わずカリモーチョ!

いかがでしたか。
こんなに手軽でおいしいなんて、試してみないと損ですよね。ホームパーティなどでも喜ばれること間違いなしです。

カリモーチョの味わいは、洋食や中華、お肉やこってり系の料理によく合うそうです。意外にも、味噌ベースの和風料理との相性がばっちりなのだとか。今夜は「もつ煮込みにカリモーチョ」なんていかがでしょうか…!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

山椒は、いろいろなお料理に使われてきた日本の伝統的な調味料です。しかし、和食や焼きものだけではなく、さまざまな食材ととても相性がいいのです。今回は、山椒の実や山椒粉を使ったお料理のレシピに加え、保存方法なども…

まとめ

お料理は盛り付けや彩りなど、味だけではなく見た目も大きく影響しますよね。今回ご紹介するのは、見た目で騙されちゃう「そっくりフード」の数々!ホームパーティーで出したら注目の的になること間違いなしですよ。さっそく…

京都 まとめ

京都旅行はただ食べ歩きするだけじゃもったいない!旅のプランに和菓子体験を取り入れるのが通の歩き方ですよ。「甘春堂」や「老松」など和菓子作り体験教室を開催しているおすすめの和菓子店を10店舗ご紹介しますので、京…

レシピ

ほっくほく食感の新じゃがいもと甘みたっぷりな新玉ねぎで作る「塩バター肉じゃが」のレシピをご紹介します!醤油ベースの肉じゃがに飽きたあなたにおすすめです♩ニンニクの香りと、バターのコク深い味わいがやみつきになり…

ワイン まとめ

イタリア料理のレシピに登場することも多いバルサミコ酢ですが、ただのお酢で代用はできないのでしょうか?作ってみたいお料理にバルサミコ酢が必要だったら、みなさんのお家には常備されていますか?万が一なくてもバルサミ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 炊き込みご飯 ラーメン まとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

レシピ お菓子 アレンジレシピ まとめ

お菓子などによく使われるナッツ類の代表的存在とも言えるアーモンド。ついカロリーを気にしがちですが、栄養豊富でダイエットやアンチエイジング効果もあるんですよ!そんなアーモンドを使って、朝食やおやつ、おかずを作っ…

レシピ まとめ たまご

朝食にぴったりのスクランブルを、アレンジして食べちゃいましょう!そのままでももちろん美味しいんですが、アレンジするとまた違った味わいを楽しめます。いつものスクランブルエッグにちょっと飽きちゃった方必見です♡

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

タコス レシピ メキシコ料理 まとめ

タコベルの日本再上陸でなにかと話題のテクス・メクス料理。テクス・メクス料理とは、メキシコ風のアメリカ料理のことでとっても食べやすくて一度食べるとクセになるおいしさ。実はおうちでも簡単に作れるって知ってましたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

吉祥寺 カフェ 東京 まとめ

ショッピング、ファッション、グルメなどで度々話題になる吉祥寺。そんな吉祥寺で快適に過ごすために知っておきたい電源・WiFiが使えるカフェをまとめました。休みの日にゆったり仕事をしたい時にもピッタリですよ♪

吉祥寺 カフェ まとめ

都会ながらも自然が多く、子連れでもおでかけしやすい人気のスポットとして親しまれる吉祥寺。今回はそんな吉祥寺で子連れのママにオススメのカフェをまとめました。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...