ローディング中

Loading...

コンビニやスーパーでもよく目にする日本人に馴染みのあるコロッケ。身近なコロッケですが、「コロッケ」って日本語ではないんですよ。さらに英語でもないんです。では、一体どこの国のお料理なんでしょう?英語ではなんと言うのか気になりませんか?

コロッケは英語?

サクサクと軽い食感の衣と、口に入れた瞬間に広がるじゃがいもの優しい風味。子供から大人までみんな大好きなコロッケは、心まで温まるようなおいしさですよね。作るには手間がかかりますし、最近はコンビニでもおいしいコロッケが手軽に買えることから、ご自宅でイチからコロッケを作るという方も減ってきているかもしれません。しかし、昔も今もコロッケはしばしば日本の食卓に登場する代表的な家庭料理といってもよいでしょう。
そんな日本人になじみのある、よく知られたコロッケですが、いったい何語だか知っていますか?英語?いいえ英語ではありません。もちろん日本語でもありません。今回は、「コロッケ」の語源や、英語ではなんと言うのかご紹介します。

コロッケはフランス語

コロッケは、もともとどこの国の食べ物かご存知の方はいるでしょうか?事実どこの国のお料理かに関しては諸説あるそうですが、フランスのcroquette(クロケット)、オランダのkroket(クロケット)が起源とされています。西洋からもたらされたクロケットが、日本では「コロッケ」と呼ばれるようになったとされています。
洋食文化が日本に入ってきたのは明治時代とされており、当時のレストランではその頃からコロッケが提供されていたそうです。料理書にも作り方などが登場していたそうで、日本に洋食文化が入ってきたころとほぼ同時にコロッケの普及も広がったようですよ。
ちなみに、そもそもの「クロケット」は、日本のクリームコロッケのようなもので、ホワイトソースベースの具材にパン粉をつけて揚げたものです。これをヒントに、ポテトコロッケや挽肉をまぜたミートコロッケ、野菜コロッケ、カボチャコロッケなど、様々なコロッケメニューが日本で誕生しました。

コロッケの由来

明治の文明開化とともに諸外国から様々な洋食文化が入ってくる前は、日本の食生活は自分が住んでいる身の回りで採れる米、野菜、果物、業界などを中心とした質素な食生活でした。そこに西洋の牛肉を中心とした食文化が入ってきたのが、日本で洋食が食べられるようになった始まりです。
洋食が伝わった後、お米が主食の日本人は白米に合うメニューを次々に生み出し、とんかつ、カレーライス、シチュー、ハヤシラス、牛丼、そしてその中にお惣菜の王様コロッケが誕生したのでした。
また別の一説として、ホワイトソースがベースのクロケットを、具材を日本人に馴染みのあるジャガイモに代えて作ったのが始まりとも言われています。このジャガイモのコロッケを初めて売り出したのが、大阪のお肉屋さんという話や、銀座の資生堂パーラーだとも言われているそうですが、売り始めた当初はあまり普及しなかったといいます。
さまざまな普及説がある中で、コロッケを一気に世の中に広めたのが「コロッケの唄」だという話があります。「え?何それ?」と思う方が多いかもしれませんよね。その気になる唄の歌詞の一部がこちら。

コロッケの唄

ワイフもらって嬉しかったが…
今日もコロッケ
明日もコロッケ
是じゃ年がら年中コロッケ…
帝国劇場で上映された「ドッチャダンネ」という笑劇中の一曲で、これがコロッケを日本中に流行らせ、常に家庭料理の人気上位を占めるお惣菜として広めた“記念すべき唄”だと言われているそう。ひとつの唄によって、これほどまでにコロッケを日本の国民食にまで仕立てあげたと思うと驚きですね。

コロッケは英語でいうとなに?

コロッケがフランスやオランダのクロケットからきたことはわかりましたが、では英語では何というのでしょうか?西洋のクロケットが日本に伝わった後、独自に発達したコロッケ。なんと、英語にはこれにあたる“単語”がないそうです。フランス語の「a croquette」もフランス語圏内以外の方には通じない場合もあるため、何でできていて、どんな食べ物なのかを説明する方が伝わりやすいよう。
レシピ本などには「a croquette」や「Japanese style croquettes (Korroke)」などとフランス語で表記されています。では、海外旅行などで英語圏の国を訪れた際はどのように伝えればよいのでしょうか。

「コロッケ」を英語圏の人に説明するには

英語で表現して伝える

英語圏の方に「コロッケ」を説明するときの表現方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。ちなみに日本好きの外国人には「コロッケ」で伝わる場合もあるようなので、合わせてためしてみるのも面白いかもしれませんね。

■fried mashed potato
直訳すると「マッシュポテトを揚げたもの」ですが確かにこれなら伝わりそうで納得ですね。

■A fried bread-crumbed food containing mashed potatoes, ground beef, and vegetables.
そのまま読むと、「粉々にしたパンを揚げた食べ物で、マッシュポテト、ひき肉、野菜を含んでいる」食べ物と、そのまま丁寧に説明しています。これならイメージしてもらいやすそうですね。

■Deep fried mashed potatoes covered with bread crumbs.
「マッシュポテトをパン粉で包んで揚げたもの」こちらでも伝わるそうです。

「ジャパニーズコロッケ」は有名?

西洋の「クロケット」から発展して日本で親しまれるようになった「コロッケ」ですが、オリジナルとは全く別の料理として親しまれています。なかでも、ジャガイモとひき肉を混ぜた日本ではベーシックとされているコロッケは、西洋では一般的ではないようで、クロケット作りには「パン粉」も使わないのだといいます。
そのため、現在では「Panko」(パン粉)「Korokke」(コロッケ)という単語が西洋の揚げ物「クロケット」とは全く別のものとして認識されているそうです。日本好きの外国人や、英語圏の国や地域によっては「ジャパニーズコロッケ」で伝わる場合もあるそうですよ。

他のフライを英語でいうと?

日本で人気の家庭料理のひとつに揚げ物がありますが、海外にも日本の揚げ物に似通ったフライ料理があり、外国人の方にもとても人気があるのです。特に日本ならではの味付けや、衣のサクサク感にはまってしまう外国人も多いのだとか。では、代表的な揚げ物である「メンチカツ」「エビフライ」「トンカツ」は英語でどのように伝えればよいのでしょうか?

メンチカツの英語は?

お肉のジューシーさと衣のサクサク感がたまらない「メンチカツ」。英語では「minced meat cutlet 」(ミンスド ミート カットレット)と表記するそうです。「メンチ」とは英語でひき肉を意味する「mince」(ミンス)からきているのだとか。関西地方ではにらむことを”メンチを切る”と言い、イメージが悪いことからメンチではなく、「メンチカツ」と呼ぶそうです。
また“カツ”とは「カツレツ」を省略したもので、英語の肉の切り身を意味する「cutlet」(カットレット)やフランス料理の「cotelette」(コートレット)が語源となっており、あばら肉という意味の古いフランス語「coste」(コースト)に由来するとされています。

エビフライは英語で?

ぷりっぷりっの触感がたまらない「エビフライ」は、実は日本発祥の食べ物なのですよ。その始まりは、西洋にあったフィッシュフライと江戸料理の天ぷらが結びついてできたという説や、1900年に東京銀座の「煉瓦亭」で豚カツ・メンチカツが人気だったことから着想を得て、同様のフライ料理としてエビを使ったものが考案されたという説があるそうです。
英語でエビフライは、「Deep-fried Shrimp」(ディープフライドシュリンプ)もしくは「Deep-fried Prawn」(ディープフライドプラウン)と表記します。ちなみに、英語で「えび」は「Shrimp」(シュリンプ)「Prawn」(プラウン)のいずれかで表記しますが、違いはエビの大きさにあるようです。和英辞書によると「Shrimp」は小型のエビ、「Prawn」は車エビなど中~大型のエビと記載がありますが、イギリス英語とアメリカ英語でも考え方に違いがあるようで、イギリス英語ではエビの総称を「Prawn」、アメリカ英語ではエビの総称を「Shrimp」と呼ぶとも言われています。
では「エビフライ」はどちらの言い方が一般的なの……?ということですが、ネイティブの方は「fried prawns」を使う方が多いそう。ですが、国や地域によっては「Deep fried Shrimp」と言ったり表現は時々、様々なようです。どちらも“揚げたエビ”という意味で伝わるようですね。

とんかつは英語で?

「トンカツ」も日本発祥の食べ物で、こちらも銀座「煉瓦亭」の木田元次郎さんが豚肉を使った「ポークカツレツ」を売り出したのが「トンカツ」の起源とされています。「カツ」は英語の「cutlet」(カットレット)を省略したもので、肉の切り身そのものを意味し骨付きの背肉を意味するフランス語の「cotelette」(コートレット)が語源です。
英語ではトンカツを「pork cutlet」と表記するのが一般的です。西洋にも「pork cutlet」という表現する料理があるので、日本のトンカツを強調したいときには「Japanese pork cutlet」と伝えたほうが違いが伝わりそうですね。

アメリカへ行ったらコロッケを注文してみよう

いかがでしたか。コロッケが英語ではなかったことに驚かれた方も多かったでしょうか。しかも、語源はフランスのクロケットとはいえ、結局のところフランスで食べられているものとは異なるものが現在の日本の主流なわけですから、コロッケという言葉も料理も日本オリジナルに近い印象も感じられました。
アメリカへ行って、コロッケを見かけたら、ぜひ「fried mashed potato」(フライド マッシュド ポテト)を使ってオーダーしてみてくださいね。コロッケプリーズでは通用しないことが多いのでご注意を。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本の食卓に欠かせない「沢庵(たくあん)漬け」ですが、今回は、そんな沢庵の名前の由来についてご紹介したいと思います。沢庵和尚に関する説など、さまざまな言い伝えがあるんですよ。併せて、沢庵の色の秘密などもお話し…

メロンパン パン 神戸

独特の見た目とふんわりと甘い味わいで、不動の人気を誇る「メロンパン」。ところで、そのネーミングの由来はなんなのでしょうか?今回は、メロンパンの名前の秘密や、神戸民がメロンパンを「サンライズ」と呼ぶ理油など、盛…

日本酒を入れる徳利(とっくり)ですが、徳利とはお銚子とは違いのでしょうか?漢字もちょっと変わっていますよね?今回は徳利とお銚子の違い、漢字の由来をご説明します。独特の形の徳利、実は使い方にマナーがあるんです。…

「シーチキン」と「ツナ」、似たようなものを指しているようだけれど、名前が違うのは何故……と思ったことはありませんか?今回は、そんな素朴な疑問を解決します!違いはあるのでしょうか、それとも同じものなのでしょうか…

パン デニッシュ

コロンとした形の「ブリオッシュ」を食べたことありますか?ブリオッシュとはパンなのかお菓子なのか、またその形の意味や由来など、今回はブリオッシュについてのあれこれをご紹介。ダルマのような可愛らしい見た目ですが、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

クッキー スイーツ

不二家の「カントリーマアム」がアイスになって登場しました!口どけなめらかなアイスのしっとり感、クッキーのゴロゴロ感、チョココーティングのパリパリ感が楽しめるそうで、ファンならぜひ食べておきたい商品です。

スイーツ

ライザップの完全監修による糖質を抑えたスイーツ3品「コミットチョコパフェ」、「コミットプリンパフェ」、「濃厚コミットチーズケーキ」が、2016年5月1日(日)より2ヵ月限定で発売が決定!ミニストップで先行発売…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る