ローディング中

Loading...

みなさんはお肉やお魚を冷凍保存するときどのように保存していますか?一般的に冷凍保存する場合、小分けしてラップに包んで冷凍する人が多いのではないでしょうか。今回は、ラップよりも優れた保存効果を持つアルミホイルでの冷凍方法を紹介します。

アルミホイルは冷凍OK?

食品の保存には、アルミホイルがよいというお話を聞いたことはありますか?基本的には食品の保存の際にはラップを使う人が多いと思いますが、じつは、アルミホイルがとってもよいはたらきをしてくれます。アルミホイルはガスグリルでお魚を焼くときに使ったり、オーブントースターで使ったりと、火加減の調整に使うことが多いですよね。
じつは、この使い道以外にも食品保存の方法として、さまざまな使い方があるのです。今回紹介するのは、アルミホイルを使った冷凍保存方法!アルミホイルはラップよりも冷気の伝わり方が速く、急速冷凍をすることができます。外側に食品名と冷凍した日付を書いておけば、あとはラップと同じように使うだけで急速冷凍できるので、食品の質を保った状態で保存できますよ。

アルミホイルで鮮度を保つ?

先ほども書いた通り、アルミホイルは冷気伝導が速いため、鮮度を保って保存できます。特にまとめ買いしたお肉やお魚、パンなどの保存にとっても適しているのです!では、それぞれの保存方法について説明します!

お肉の冷凍方法

お肉を大量に買ってしまって一気に食べ切れなかった場合、冷凍保存しますよね。その時にぜひおこなってほしいのは、アルミホイルを使った保存方法!アルミホイルにそのままお肉をのせ、できるだけ空気が入らないようにぴったりと包んで、そのあとラップに包む方法です。
もしくは、ラップでくるんだあとアルミホイルを重ねて包む方法。どちらでも同じような保存効果が得られます。もちろん、アルミホイルに包むだけでも構わないのですが、万が一ドリップが出ることが心配であれば、二重にしたほうが安心ですよね。

魚の冷凍方法

お魚もお肉と同様、大量に買ってしまって一気に食べ切れなかった場合、冷凍保存しますよね。そのときはお肉と同じ方法でアルミホイルにそのままお魚をのせていただき、できるだけ空気が入らないようにぴったりと包み、その後ラップに包む、もしくはラップでくるんだのちにアルミホイルを重ねて包んでください。
お刺身などの場合は、1回に食べる量ごと、切り身の場合はひと切れごとにアルミホイルに包んでおくと食べる時に利用しやすいと思います。
食べる時はお肉もお魚も解凍して調理すると思いますが、アルミホイルは電子レンジでは利用できません。ですので、電子レンジで解凍することを考慮すると、ラップで一度包んでからアルミホイルで包んで冷凍保存し、解凍する際にはアルミホイルを取って、ラップの状態で解凍するようにしてください。

パンの保存方法

食パン1斤やバケット1本などの大きめのパンを買った場合、一気に食べられないですよね。でもダメにしたくない!というかたもぜひアルミホイルを使って冷凍保存していただきたいです。食パンやバケットは1回食べる分量にカットしておき、1枚ずつアルミホイルに包んで冷凍保存します。
パンをアルミホイルで包んで冷凍するメリットは、アルミホイルのまま温めたオーブンに入れて解凍することにより、焼き立てのような食感を得ることができるということ。また、アルミホイルに包んでいるので、焦げ付きの心配もありません。アルミホイルなら、パンの食感やおいしさを復活させてくれますよ。

アルミホイルは色々な保存に使える

冷凍保存意外にもアルミホイルはさまざまな食品の保存に使えます。

バナナ

まずはバナナ。この前買ったのに、もうバナナが黒ずんでいる…という経験はありませんか?バナナの先端と房の根元にアルミホイルを巻くだけで、バナナの傷みを軽減することができます。すぐに全部食べられないから長持ちさせたい場合、ぜひやってみてください。

もも

常温保存しがちなもも。気づいたら傷みが進んでいたりしますよね。このももの保存にもアルミホイルが使えます。ももをひとつずつ空気漏れがないようにぴったりとアルミホイルで包み、冷蔵保存しましょう。これだけで1か月程度保存でき、おいしく食べられるというのだからうれしいですね!デリケートなももを、アルミホイルで優しく包んであげてくださいね。

しょうが

しょうがも保存方法に困る食品のひとつ。このしょうがの保存にもアルミホイルがひと役買ってくれます。しょうがは袋から出して乾かし、キッチンペーパーで包みましょう。その上からアルミホイルで包んで冷蔵庫に入れましょう!これだけですごく長持ちします。

セロリ

冷蔵庫に入れておくだけでもしんなりしてしまうセロリ。このセロリを保存する際にもアルミホイルで包んでおきましょう。アルミホイルに包んで冷蔵庫に入れるだけで長持ちしますよ!

おにぎり

おにぎりは特に夏!アルミホイルで包んで保存すると腐りにくいです。遮光性もあるので、屋外で食べるお弁当には最適な保存方法です!屋外で食べることがわかっている時は、アルミホイルを使いましょう。
また、いますぐ食べないという余ったごはんは、熱々の状態でラップに包み、その上からアルミホイルで包んで冷凍すると、解凍した時にふっくらなごはんで食べられるそうです。

優秀なアルミホイルで食品を新鮮に!

いかがでしたか?アルミホイルにこんなにすてきな使い方があったとは。驚きの連続でしたよね。アルミホイルを有効活用して、食品を無駄なく使って節約上手になりましょう。食品保存が上手な人は節約上手にもなれますよ。今から、アルミホイルをストックしておき、いつでも食品に対応できるよう備えておきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー まとめ

カレーの具材といえばニンジンやじゃがいもなどが定番ですが、じつはさまざまな具材を楽しめるんです。野菜やお肉はもちろんのこと、えっ!?という変わり種まで。今回は、カレーにおすすめの具材をジャンル別にご紹介します。

小松菜

冬が旬の小松菜は、いろいろなメニューに使える身近な野菜です。茹でて使うことがほとんどですが、小松菜を茹でる時、どれくらいの時間が正しいのか知っていますか?茹でるときにひと手間プラスするだけで、グンとおいしさが…

麻婆豆腐 豆腐

家庭でも簡単においしく作れる麻婆豆腐を作る際、木綿豆腐、絹ごし豆腐どちらを使えばよいのでしょうか?絹?木綿?今回は、麻婆豆腐に使う豆腐の種類や、煮崩れしにくい下ごしらえのコツなどを詳しく解説します!

ビーフシチュー まとめ

プロ並に仕上げたい!ビーフシチューのおすすめの隠し味を使えば、市販のルウでもおいしい味にシアがrます。今回は、市販のルウに隠し味を加え、コクたっぷりのビーフシチューに仕上げる方法をご紹介します。ぜひ試してみて…

唐揚げ

食卓に登場することが多い唐揚げ。サクッとジューシーに仕上げる揚げ時間って、どのくらいがベストなのでしょうか?今回は、おいしく唐揚げを仕上げる揚げ時間や、揚げ方のコツをおつたえします。おすすめレシピもご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

おにぎり お弁当 レシピ

Instagramでも人気の「おにぎり卵焼き」。卵焼きを三角おにぎりのように作る料理なんですよ。かわいくお弁当のすきまを埋めるにも役立つ便利なひと品の作り方と、おにぎり卵焼きがどのようにお弁当で使われているか…

まとめ

おいしいまぐろで知られる三崎港ですが、そのグルメスポットやレジャー施設をたっぷりと楽しめる「みさきまぐろきっぷ」が京浜急行から発売されています。「みさきまぐろきっぷ」とグルメスポットを、まとめてご紹介いたしま…

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...

ページTOPに戻る